りんご授粉















嫁です。

今年は開花がめっちゃ早まるとの噂はどこへやら。
割と例年通りの時期に授粉と相成りました。

しかし、花自体の数が少なめのため、丁寧に花粉をつけます。

サンふじの畑の中に数本王林を植えているので、風任せな部分と、各地におかれた蜂箱からやってきたミツバチにせっせと運んでもらう方法と、この人海戦術を合わせて、受粉されていることを祈るのみです。


ちなみに、前回の旦那のブログを補足説明。

開葯(かいやく)っていうのは蕾を開いて花粉を取り出すことなのですが、私らではできない作業なので、農協に委託してやってもらいます。

王林が無いとサンふじが出来ないというのは、サンふじが自分で花粉を作れないため。
で、たとえばシナノスイートとか陽光とか、別の品種の花粉でも授粉出来なくはないのですが、王林の方が貯蔵しても発芽率高く、王林自体もそこそこ人気のある品種のため、うちの近隣では王林を花採り用に置いているところが多いのです。

勉強になりますね。
っていっても、実は私も発芽率の数字とかは最近知ったところ。(汗)
まだまだわたしらも勉強中です。

ところで、この半月ほど、嫁、畑に出ておりません。
出産いたしまして、一ヶ月検診までは自宅でおとなしくしております。
畑に家事にと嫁の分までこき使われている旦那に皆様応援のメッセージを。