Amazfit Bip の使い方は先にユーザガイドに記載しましたが、ちょっとしたTIPSだけ記載しました。
uodate 2018.6.27
-----------------------------
**** 目次 ****
1. Chinese version → English versionにする
2. Line を通知する
3. 通知がすぐに消えてしまうのを解消する
4. 電池の残量をすぐに確認する
5. 天気予報が出ない
6. 心拍数を計測する
7. 時計を見た時に明るくするには
8. iPhone「ヘルスケア」App との連携について
-----------------------------
1. Chinese version → English versionにする
iPhoneでEnglish versionにします。international versionを購入していない人はBipのアップデートをするたびに中国語に変更されます。
以下についてはChainese versionを購入した人のみが対象です。最近購入した人のほとんどはinternational versionだと思うので以下の内容は関係ないです。

※この部分に関しては現在「Amaztools」アプリで簡単に変更できるようになりましたので別の記事を参考にしてください。今までの内容は全削除しました。



2. Line を通知する
ライン通知の設定方法です。iPhone は App アイコンにバッジを表示するだけで画面には表示させたく無い時の設定です。
(1)iPhone の「設定」-「通知」-「LINE」
img_4_m






















 「履歴に表示」をONにしてないとAmazfit Bipに通知されません。

(2)iPhoneアプリ「Mi Fit」の設定
 ・Mi fitを起動し下のところで「Profile」を押す。
img_17_m






















・「Amazfit Bip」を押す。「App alerts」を押す。
img_18_m
























・「Line」のところをスライドする。
img_19_m
























3. 通知がすぐに消えてしまうのを解消する


 Line通知があるとBipに振動がありますがBipに表示されるのは2秒程度ですぐ消えてしまいます。もっと時間を延ばせないか色々調べてみましたがiPhoneではできません。アンドロイドのアプリ「Notify」にはたぶんあります。まあそんなに不便もしないのですが、そんな時には以下の方法で通知履歴を見ましょう。

(1)Amazfit Bipの横ボタンを押す。
(2)画面を下から上にスライド。

スライドを繰り返すと過去の履歴が見られます。日本語で表示されます。

履歴が無いときにはこの画面が出ます。
s-img_37_m











すべての履歴を削除したいときには履歴の一番下のゴミ箱マーク「Clear」を押します。


4. 電池の残量をすぐに確認する
(1)Amazfit Bipの横ボタンを押す。
(2)画面を上から下にスライド。
img_20_m










右上の83%が電池の残量です。「Connected」はブルートゥースにつながっています。
 ここのDNDってたぶんDo Not Disturb(通知せず)のことかと?
選択すると「Select a DND mode」と出ます。「Now」で通知が一切こないモードになります。「DND is off」でいいと思います。


5. 天気予報が出ない
天気を獲得できないときがときどきあります。というかほとんどエラーで出ません。
s-img_6_m











正常な時はこのように出ます。
s-img_7_m










天気を取得しないときのメッセージがこれです。「Weather」を選択してこの表示となります。
s-img_28_m









この原因はたぶんサーバーかアプリのバグです。そのうち修正されるかもしれませんがとりあえず以下のようにして回避します。

Get location automatically」はあきらめて「City」に直接都市名を英語で入力することにより、ほぼエラーを回避できます。ではその方法です。

(1)iPhoneでMi fitを起動し下のところで「Profile」を押す。
img_14_m























(2)「Amazfit Bip」を押す。
(3)下のほうから「Weather settings」を押す。
img_41_m





















(4)「City」を押す。
(5)「Get location automatically」のチェックを外す。
img_43_m










(6)下に「Enter a city name」とでてくるので都市名を英語で入力する。
img_44_m












(7)下に候補が出てくるので選択する。
img_45_m








(8)設定完了。都市名は一部の入力でもOKです。(chiyoとか)都道府県名も一緒に出ますので候補があっているかどうかきちんと確認しましょう。
img_42_m











(9)Mi Fitを再起動する。
  iPhoneでMi Fitアプリを一度終了させてから起動させます。Amazfit Bipを再起動しなくても大丈夫です。

欠点はGet location automatically」ではないので決まった都市の天気しかわからないことです。

あとこのままでもたまに(1週間に1回くらい)天気を取得できないことがあります。その時は上の方法をもう一度繰り返すと取得できます。


6. 心拍数を計測する
24時間ずっと測定するモードとその都度測定するモードがあります。
(1)24時間測定モード
 ・Mi fitで設定します。「Profile」の中から「Amazfit bip」を選びます。
img_23_m




















・画面の下の方の「Heart rate detection」を選びます。
img_24_m



















・Heart rate detectionから「Automatic heart rate detection」を選びます。
img_25_m
















・Detection frequencyから時間を選びます。「30min」でいいかと。
img_26_m















(2)その都度測定モード
 ・Bipの横ボタンを押す。
 ・左にスライドして「Status」を選ぶ。
s-img_21_m











・この画面が出て心拍数の計測が始まるので約十秒待つ。計測中はハートマークがドキドキします
s-img_22_m










「bpm」のところに心拍数が表示されます。


7. 時計を見た時に明るくするには
Amazfit Bipを傾けたときに画面を明るくすることができます。
全てMi Fitで設定します。
(1)「Profile」から「Amazfit Bip」を選びます。
(2)下の方から「Lift wrist to view info」を選びます。
img_32_m



















(3)表示の仕方は3種類あります。
 「Lift wrist to view info」を選んで決めます。

img_33_m
















img_34_m
















・「All day turn on time」  常時ON
・「Schedule turn on time」 指定した時間の間のみ
・「Turn off」        常時OFF

 「Schedule turn on time」を選んだ場合には開始と終了時間を入力します。
img_35_m















「Start time」~「End time」の間だけONになります。


8. iPhone「ヘルスケア」App との連携について
img_69_m






















 Amazfit Bipのデータを確認するにはMi fitで十分ですがどうしてもiPhoneアプリ「ヘルスケア」で確認したいときがあれば以下の手順により可能です。
ただしヘルスケアではAmazfit Bipのデータ吸出しができないのでAmazfit Bip→Mi fitでデータ吸出し→ヘルスケアで行うことになります。
 確認できるデータは歩数、心拍数、睡眠分析です。ちなみに上は、歩数、心拍数、睡眠分析がAmazfit Bip、体重がWithings Smart Body Analyzer、体温がNokia Thermoからのデータを連携しています。

以下、連携の方法です。

(1)iPhoneのモーションを切る
iPhone自体に歩数計の機能がついていますのでiPhoneとAmazfit Bipをそのまま連携すると歩数は時間帯ごとに多い歩数で計算されます。結果、1日の歩数はAmazfit Bipの計測数より若干多くなります。これを解消するために以下のように行います。
 iPhoneの「設定」-「プライバシー」ー「モーションとフィットネス」を選びます。「フィットネス・トラッキング」をオフにします。
img_70_m









(2)ヘルスケアの設定
 iPhoneで「設定」-「プライバシー」ー「ヘルスケア」からMi Fitを選びます。
img_71_m











 "MI FIT"にデータの書き込みを許可:のところから「心拍数」「睡眠分析」「歩数」を選びます。
img_72_m























(3)「ヘルスケア」アプリ内の設定
 「ソース」を選択し「Mi Fit」を選択する。

img_73_m















「心拍数」「睡眠分析」「歩数」を選択する。
img_74_m






















(4)その他
・データはアプリを再起動してもすぐには入ってきません。もちろん「Mi Fit」でAmazfit Bipと連携後でないとヘルスケアにデータは入りません。ヘルスケアがどのようなタイミングで歩数を拾ってくるのか不明です。

・よく使う項目に追加に表示したいときは各項目の中にあります。
img_75_m