2017年05月13日

キープシークレット、力強い登坂を見せる

2017-05-05

在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コース・坂路でハロン15
次走予定:未定

厩舎長「だいぶこちらの環境にも慣れてくれましたし、坂路で併せていても周りを気にすることなくしっかり登坂してくれるようになりました。普段は時折幼い面を見せるものの、調教では従順に対応してくれるので、このまま入厩に備えてドンドン乗り込んでいきたいと思います。馬体重は480kgです」


2017-05-12

在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コース・坂路でハロン15
次走予定:未定

厩舎長「この中間も順調そのものです。坂路で併せると少し気の若さを見せますが、先週よりだいぶ集中して走ってくれるようになりました。最後まで力強く登坂してくれますし、ハロン15秒の動きも日に日に良くなっています。具体的な入厩日は決まっていませんが、いつ声が掛かってもいいように引き続き乗り込みを続けていきたいと思います。馬体重は481kgです」



しがらきでの調整は順調に進められており、坂路で15秒ペースで乗られています。
コンスタントに乗り込まれていますが馬体重も安定しており、このまましっかりと
乗り続けられれば入厩の予定も出てきそうですね。
 
キープシークレット_2017-05-01 

takak417 at 15:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)キープシークレット(ウーマンシークレット15) | 2015年産

ロイヤルアフェア、夏頃の入厩を目標に鍛えていく

2017-05-01

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン1516秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン25秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調に調教を行っています。休まず運動を続けられていることで、徐々に体力面が強化されてきていますし、馬体はまだ緩いところが残っているものの、これから汗をかく時期になってくれば見た目も良くなってくると思います。続けて乗り込んでいても脚元を含めて疲れが出ることはないですし、今後は夏頃の入厩を目標にしっかりと鍛えていきたいと思います」馬体重508kg



坂路をメインに順調に調教が積まれています。
アクシンデントなくコンスタントに調教が続けられているのがいいですね。
馬体にはまだ緩いところがあるとのことですが、成長力のある血統ですし、これは
今後調教を進めていく中で徐々に解消されてくるでしょう。
夏頃の入厩を目標にするとのことなので、このまましっかりと乗り込んでいって
もらいましょう。
 
ロイヤルアフェア_2017-05-01 

takak417 at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ロイヤルアフェア(ゴールドティアラ15) | 2015年産

レッドウィズダム、角居厩舎に帰厩

2017.05.05

(吉澤ステーブルWEST)
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重532キロ。
牧場スタッフ「もういつ帰厩させても問題ありません。2週続けて13-13と15-15を積んでパワーも体力も十分ついています。去年はまだ頼りなさがあって成長途上だなと思うところがありましたが、いまは古馬らしくすっかりたくましくなりました。坂路を駆け上がってくる姿も迫力がありますからね。あすもしっかり時計を出す予定です」


2017.05.12

(吉澤ステーブルWEST→角居厩舎)
本日の検疫で栗東トレセン・角居厩舎に帰厩しました。
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重532キロ。
牧場スタッフ「きょう牧場を出発しました。馬体に成長が感じられますし、調教でも併走馬を置き去りにして好タイムで走っています。体も動きもぐんぐん上昇しているところでの帰厩。ちょうどいいタイミングだと思いますよ」
※次走は6月3日(土)阪神8レース・3歳上500万下(D1800m)にC.ルメール騎手で出走を予定しています。


吉澤ステーブルでの調整を終え、栗東に帰厩しました。
この休養期間中に更に馬体も成長したようですし、動きも非常に良くなってきた状態
で帰厩できたので、トレセンでどのような動きを見せてくれるのか楽しみですね。
次走は6月3日阪神500万下を予定しているとのこと。降級戦ですし、鞍上もルメール
騎手と強化されるので、久々の勝利を期待したいところです。
 

takak417 at 15:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レッドウィズダム(プレシャスラバー13) | 2013年産

レッドアルカナ、今週の新潟で出走

2017.05.03

(国枝厩舎)
角馬場→ウッドコース
5/3(水) 南W 助手 71.6-56.0-41.2-13.1 馬なり
内カレンリスベット馬なりに5Fで1.2秒先行2F併入
助手「入厩後も順調に調整しています。まだ歩様に硬さはありますが、体も増えて帰って来ましたし、前回よりは体調は上がってきているかなという感じがします。今日の1本でどのくらい変わってくるか見ながら調整していきます」


2017.05.04

(国枝厩舎)
引き運動
国枝調教師「追い切った後なので、厩舎周りの引き運動で調整しました。追い切り後の馬体チェックでも特に問題はないですし、変わらず順調ですね。次走は5/14(日)の新潟8R(若手騎手・芝2000m)を引き続き杉原騎手で予定しています」


2017.05.10

(国枝厩舎)
角馬場→ウッドコース
5/10(水) 南W 内田博 70.5-55.6-41.5-12.9 馬なり
内フロンテアクイーン仕掛けに5Fで0.6秒先行2F併入
内田博騎手「先行して併入しましたが、特に気になるところはなかったです。今日跨った感じだと現級ならいい競馬が出来そうですけどね。もしかすると、返し馬でテンションが上がってレースまでに消耗してしまって、レースに行くとダラッと伸びた走りになってしまうのかもしれません」


2017.05.11

(国枝厩舎)
引き運動
助手「追い切った後なので、厩舎周りの引き運動で調整しています。体は増えてきていますが、まだもう一段グッとくるところがないのが現状です。それでも前回よりは体調は上がってきているので、これでどんな競馬をしてくれるかですね」


14日の新潟、芝2000m戦への出走が確定しました。
順調に調教を重ね、馬体重も増えてきているようですが、まだ物足りないところが
あるようですね。最終追い切りには内田騎手が騎乗して、現級ならいい競馬が出来
そうとのコメントを出してくれているので、何かのきっかけで変わり身を見せて
くれることを期待したいですね。
 

takak417 at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レッドアルカナ(シークレットジプシー13) | 2013年産

レッドルグラン、坂路での調教ペースを上げる

2017.05.05

(吉澤ステーブルWEST)
周回キャンター2000m、坂路1本。542キロ。
牧場スタッフ「今週も坂路にて15-15のペースで乗っています。稽古を重ねてきたことと気温の上昇で代謝が上がってきたのか、体も絞れて来ましたし、徐々に毛も抜けて見た目も良くなってきました。動きはさすがというところを見せていますので、この調子で状態を上げていきたいですね」


2017.05.12

(吉澤ステーブルWEST)
周回キャンター2000m、坂路1本。540キロ。
牧場スタッフ「今週から坂路のペースを15-14に上げて乗っています。これまでしっかり土台を作ってきたので、ペースを上げても動きは変わらずしっかりしています。体付きもだいぶ良くなって来ましたね。まだ帰厩のメドなどは立っていませんが、引き続き乗りながら筋肉を付けていければと思います」


引き続き吉澤ステーブルで順調に調整が続けられています。
坂路での時計も15-14まで一段とペースを上げており、体も絞れてきたとのことです
ので、このままペースで乗り込みを続けられれば帰厩のめども立ってきそうですね。
 

takak417 at 15:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レッドルグラン(ブレンダ12) | 2012年産