2017年12月31日

レッドイリーゼ、新馬戦を快勝!

2017.12.06 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
12/3(日)W 55.5-40.9-13.0 馬なり
12/6(水)W 72.4-56.4-41.7-13.6 馬なり
外ハッピーランラン馬なりを5F0.4秒追走1F併せ併入
松岡騎手「レースに乗せてもらう事になりましたので、追い切りに乗せてもらいました。角馬場からそこまで煩い面も見せてこなかったですし、ウッドコースの下ろしがけもスムーズに走れていましたね。道中も折り合いを欠くことはなく、走りも素軽かったです。4コーナー付近の馬場がボコボコしていたので、コーナーワークで脚を取られはしましたが、直線に向いて立て直してからはスッと加速するが出来ましたし、バネがある馬でフットワークも良かったですよ。上がってからの息の戻りも早く、歩様も気になりませんでした。背中の感触も良いものがあるので、来週のデビュー戦が早くも楽しみですね」
手塚調教師「今日は松岡騎手の背にウッドコースで追い切りました。日曜日にウッドコースにて1本目の追い切りをやりましたが、その時も動きはしっかりしていましたし、今日は4コーナーでもたつくところはあったものの、ジョッキーが乗ってくれた事もあって、直線に向いてからは良い走りをしていましたよ。昨日はカリカリするようなところもありましたが、今日は全体を通して落ち着きもあったので、ここまでは順調に進められていますね」


2017.12.07 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「今日は厩舎周りを曳き運動で調整しています。追い切った翌日ということもあって、今日はチャカつくところが多かったですね、もともと気の強い馬なので。それでも歩様はしっかりしていたし、普段の生活や馬房にいる時は大人しいので、そこまで心配はしていませんよ。飼葉の食いも良いので、今日は裸馬で443キロと先週から増えているのも良い点ですね。来週レースを使う予定なので、良い状態で使えるように、この後もしっかり調整していきます」


2017.12.13 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
12/10(日)坂路 56.4-40.9-26.6-13.2 馬なり
12/13(水)W 69.8-54.2-40.1-13.4 馬なり
外ウインヴォラーレ馬なりを5F0.4秒追走1F併せ併入
 
松岡騎手「今週も追い切りに乗せてもらいました。角馬場から落ち着いていましたし、追い切りでも、行き急いで前の馬を追い掛ける事なく自然体で走れていましたね。今日は4コーナーで脚を取られる事もなかったですし、スムーズに加速ができました。バネがすごい馬なので、追ってからの反応が抜群でしたし、今日のウッドは重くて終いは時計が掛かったのですが、ラスト1Fの伸びがとても良かったです。大物感を漂わせる乗り味ですし、走りのセンスもありますよ。先週は兄のレッドアンシェルが強い勝ち方を見せていましたが、この馬もオープンまでいける能力があると感じています。デビュー戦に乗れることを本当に嬉しく思います。結果を求められる馬なので、良い結果を出せるように頑張りたいです」
手塚調教師「今日のウッドコースは時計が掛かっていましたが、イリーゼはそういった馬場も苦にしませんね。本当に潜在能力の高い馬だと思いますし、期待されているのを感じていますので、何とかレースまで無事に送り出して勝たせてあげたいです。予定通り今週の中山競馬を松岡騎手で使います。想定段階で登録頭数が多いので、まずは抽選を突破して欲しいと思います」
※想定では29頭が出走を予定しています。


2017.12.14 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので、厩舎周りを曳き運動で調整しています。先週に比べて落ち着きがありますし、脚取りも良かったです。しっかり飼葉も食べてくれるので、裸馬の状態で計って445キロと先週より僅かでも増えているのは良いですね。あとは頭数が多いのでまずは抽選を突破したいところです。稽古時と同様レースでもメンコはしますが、装鞍所やパドックなど初めての場所でも落ち着いていてくれればと思います」
※今週の競馬は除外のため、28日(木)中山5R(芝1600m)に松岡騎手で向かいます。


2017.12.20 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
12/17(日)坂路 57.1-41.6-26.9-13.1 馬なり
12/20(水)W 86.8-71.6-56.4-41.6-13.5 馬なり
中ウィキッドアイズ強め0.4秒追走終い併入
外オーヴァーライト強め0.4秒追走終い併入

助手「今日は角馬場で体をほぐしてからウッドコースで追い切りました。3頭併せの3番手から、終いは内側に入れました。除外の影響で予定は延びましたが、煩いところも見せずに下ろしがけからリラックスして走れていました。道中もリズム良く動けていて、仕掛け処でも自分からスッと並び掛けてくれました。最後も持ったままの手応えで、やれば突き抜けていたと思います。良い感触でした。上がってからも何事もなかったようにケロっとしていて歩様も問題なかったので、心肺機能も高い馬だと思います。変わらず好調子を保っています」
手塚調教師「先週は残念ながら除外になってしまいましたが、気持ちを切り変えて28日の中山に向けて調整を進めています。先週の段階で状態は整っているので、今日は無理しない範囲にとどめておきましたが、終始楽な手応えでしたし、手綱を緩めればグーンと加速して行きそうな感じでした。この稽古から分かるとおり、引き続き好状態を維持していますよ」


2017.12.21 : 美浦:手塚貴久厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので、厩舎周りを曳き運動で調整しています。今日は馬がイライラしていたのもあって、運動中に何度も尻っ跳ねをしていました。こちらが抑えられないほどではなかったので、特に問題はないのですが、追い切りでは走り足りていないのか元気が有り余っているようです。歩様はしっかりしていましたし、馬体重は鞍を着けずに447キロと先週から増えているのも収穫です。レース時は輸送もありますし、もう少し増やしたいですね。来週の木曜がレースになるので、日曜日に最終追い切りを行い、月曜日は運動だけ、火曜日にゲートを確認する流れになっています」


2017.12.25 : 美浦:手塚貴久厩舎
昨日ウッドコースで追い切りました。本日は曳き運動の調整。
12/24(日)W 68.8-53.3-39.3-13.5 馬なり 
内オーヴァーライト強めに5F0.8秒先行1F併せ0.4秒先行
外ウィキッドアイズ馬なりを5F0.4秒追走1F併せ併入

松岡騎手「昨日の追い切りに乗せてもらいました。3頭併せの2番手から進める形。だいぶやる気になっていましたが、走っている時は至って冷静。終いは強めにやって欲しいとの事だったので、ある程度しっかり追いましたが、今までの追い切りの中で1番反応が良かったです。最後は2頭併せになってしまいましたが、気を抜くこともなく、まだまだ動けそうな勢いでした。上がってからの息の入りや歩様も問題ありません。除外はありましたが、却ってそれが良い方に出たと思えるくらい調子はいいと思います。能力のある馬に乗せていただくので、結果で応えられるよう頑張りたいです」
手塚調教師「昨日の追い切りには、松岡騎手がわざわざ中山競馬場から美浦に戻って乗ってくれました。終いをしっかり伸ばす形でしたが、動きは抜群と言っていいほど。軽快さが目立ちますし、除外の影響は全く感じさせません。先週からも調子は上向いています。予定通り今週の中山を松岡騎手で使います。今日は厩舎周りを曳き運動で調整しましたが脚取りはスムーズでした。体重は計っていませんが、飼葉の食いも安定しているので、上手く輸送をクリアして、レースでは440キロ台で出走させたいですね」


2017.12.28 : 12月28日レース後コメント(1着)
松岡騎手「パドックで跨った時は落ち着いていましたし、返し馬でも先頭で引っ張って走るなど煩くなるようなところはありませんでした。あとはゲートをすんなり入れるかどうかだったのですが、気の悪いところを出して入るのを嫌がっていましたね。他馬には迷惑を掛けてしまいますが、馬が納得して入ってくれるまで待つ感じでやりました。何とか入ってくれてからも、また後ろから出てしまうように、この後もゲート練習は日頃からやった方がいいと思います。レースはスタートを五分で出てくれましたし、道中では引っ掛かることはなく、逆にフワフワ走っている感じでしたので、終始促しながら進める形。3コーナーからもう1段階ギアを上げていき、4コーナーでは大外をまわりましたが、一瞬の小脚が速かったですし、直線に向いてからは切れ味がものすごくありました。最後は流す余裕さえありましたし、今日は完勝と言っていいでしょう。レースを外から見ている方には道中の手応えで大丈夫かなと心配されたかもしれませんが、乗っていた自分としては3コーナーで上がっていった時に勝てると思ったほど手応えが良かったですよ。現時点での印象ですが、距離は1800mくらいまでなら大丈夫ですね。まだまだ気性面での幼さはありますが、持っているポテンシャルは相当高いと思います。もちろん来年の桜花賞を目標にしている馬ですので、この後も良い結果を出していけるようにしたいですね。今日はイリーゼのデビュー戦初勝利に騎乗できて嬉しく思います。ありがとうございました」

手塚調教師「デビュー戦を無事に勝利で飾れて良かったのと同時に、ゲートで他馬に迷惑を掛ける形になってしまい申し訳ありませんでした。レースのプランは普段から稽古に乗ってくれている松岡騎手にお任せする形でしたが、前半は初めてのレースでフワフワしていたところはあったものの、勝負処では反応はしっかりあって直線に向いてからは素晴らしい脚を使ってくれましたね。この馬の入厩前から松岡騎手が厩舎にやってきて、イリーゼに乗せて欲しいと志願してきてくれたほど能力を感じ取ってくれていたので、そんな松岡騎手で勝てたことが本当に嬉しいです。ゲートは再審査にならず注意だけで済みましたが、これからゲート練習は普段からして、慣らせていかないとダメですね。次走についてですが間隔を詰めて使うと煩くなってきそうですし、この後は馬の状態を見ながらになりますが、中山の菜の花賞または東京の春菜賞あたりを使おうと思っていますよ。ひとまず今日は結果を出すことが出来て良かったです。頑張ったイリーゼを褒めてあげてください」


当初予定していたレースは除外となってしまいましたが、今年の最終開催日となった
28日の中山、芝1600mの新馬戦に出走、見事デビュー勝ちを果たしてくれました。

一番心配された気性面は、ゲートで気難しいところを見せてしまいましたが、レース
では全く問題なかったようで一安心です。初めてのレースということもあり、道中は
フワフワした走りで松岡騎手に促されながらの追走となりましたが、行き脚がついた
3コーナーから4コーナーにかけては大外を回って上がっていき、直線では素晴らしい
切れ味を発揮してマイペースで先行していた馬をまとめて交わしてくれました。
大外を回ってゴール前では流していたので完勝と言って良い内容でしょう。

レース前の追い切り時から、松岡騎手からはかなり強気な言葉が出ていましたが、
入厩前からこの馬の素質を買って手塚調教師に売り込みをかけていたのですね。
来春は「この馬で桜花賞へ」という松岡騎手のコメントが実現することを期待したい
と思います。



レッドイリーゼ_2017-12-06




takak417 at 16:19|PermalinkComments(1)2015年産 | レッドイリーゼ(スタイルリスティック15)

ロイヤルアフェア、順調に良化

2017/12/08
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「この中間もウォーキングマシンでの運動を継続しています。馬体重は519㎏と前回計測時に比べて少し増加傾向にありますので、脚元への負担を考えてもこれくらいのところで維持していきたいですね」


2017/12/15
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「引き続きウォーキングマシンでの運動を行っています。この中間に左後肢のレントゲン検査を行いましたが、順調に良化していることが確認できましたので、少し運動時間を延ばして負荷を強めています。今後も状態に合わせて徐々に進めていきたいですね」


2017/12/22
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「この中間もウォーキングマシンでの運動を続けています。飼い葉はしっかりと食べていますし、体調を崩すことなく元気に過ごしています。ただ馬体重は532㎏と徐々に増えてきてしまっている状況で、脚元への負担を考えてもあまり大きく増えすぎないよう気を付けていきたいと思います」


引き続きウォーキングマシーンでの運動を続けながら、左後肢の回復を待っている
状況です。この間もレントゲンを撮って状態は良化していることが確認されており、
運動時間も少し伸ばされています。
馬体重が532kgと大きく増えてきていますが、成長期に運動を控えていることもあり
致し方ないところ。この時期に鍛えられないのは勿体ないですが、一日でも早く
次のステップに進めるよう、もうしばらくは辛抱が必要ですね。

ロイヤルアフェア_2017-12-20
 

takak417 at 15:58|PermalinkComments(0)ロイヤルアフェア(ゴールドティアラ15) | 2015年産

キープシークレット、集中した走りを見せる

2017/12/08
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17
次走予定:未定

厩舎長「先日、矢作調教師が状態を確認したところ、『気が張ったところも見られないですし、落ち着きを取り戻していますね。気難しいところが邪魔をしてしまっていますが、能力の高い馬だと思っているので、何とか良いところを引き出したいですね。出来れば年内に戻したいと考えていますので、態勢を整えていてください』と仰っていました。こちらに移動後は順調に調教が行えていますし、普通キャンターでは気の悪いところは見せていないので、徐々にハロンペースを上げて態勢を整えていきたいと思います。馬体重は481kgです」


2017/12/15
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15
次走予定:未定

騎乗スタッフ「まだ走りに対して幼いところを見せる時がありますが、集中している時はなかなかいいキャンターを見せてくれますし、跨った感触も悪くないので、気持ちと走りが上手く噛み合えば走ってくる馬だと思います。帰厩するのはそう遠くないと聞いていますので、今週から坂路でハロン15秒の調教を開始していますが、しっかりとした脚取りで登坂出来ていますから、予定が決まるまでしっかり鍛えていきたいと思います。馬体重は487kgです」


2017/12/22
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15
次走予定:未定

厩舎長「この中間も坂路でハロン15秒の調教を週に2回行っていますが、動きに関しては良い走りで登坂してくれていますし、気持ちも悪い方に向くことなく集中しています。今の精神状態でレースに向かうことが出来れば、もっといい走りが出来るはずなので、少しでも穏やかな状態で送り出せるように努めたいと思います。馬体重は485kgです」



ノーザンしがらきで調整中です。
しがらきでは気難しさを見せることもなくしっかり集中して走ることができており、
動きに関しても良い走りで登坂しているとのコメントがでています。
もてるポテンシャルは矢作調教師にも評価されているので、何とか競馬場に行っての
精神状態を保てるようになってもらいたいですね。
年が明けて気性面の成長が少しでも見られることを期待したいと思います。
 

takak417 at 15:50|PermalinkComments(0)キープシークレット(ウーマンシークレット15) | 2015年産

フレンチノワール16、オンオフの切り替えができる馬

17.12.26 : 社台ファーム

マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重483キロ。

この中間も順調にペースアップできています。今週は直線走路でラスト2F32.5-14.9のラップをマークしました。馬体に締まりが出て動ける体つきに変わってきています。普段はおっとりしていますが、動かすとピリッとするようにオン・オフの切り替えのできる馬。これでもまだ余裕のある体つきなので、乗り込んで更に締めていきます


社台ファームの直線ダート坂路での乗り込みが進められています。
ラスト1ハロン15秒を切る時計も出しており、ここまで極めて順調にきていますね。
馬体にはまだまだ余裕があるようなので、これから春先にかけて調教が積まれていく
中でどのように変わってくるか楽しみです。

フレンチノワール16_2017-12-26 

takak417 at 15:40|PermalinkComments(0)フレンチノワール16 | 2016年産

レッドウィズダム、1月13日の出走に向けて栗東に帰厩

2017.12.08 : 吉澤ステーブルWEST
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重538キロ。
週2本15-15を消化するなど帰厩に向けてペースを上げました。汗をかきにくい時期のため調教でふかをかけても体が増えてきていますが、動きに重苦しさは感じません。あすも時計を出す予定ですが、来週からもう少し時計を詰めていくことにしています。


2017.12.15 : 吉澤ステーブルWEST
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重530キロ。
この中間の調整も順調です。今週水曜日にも15-15を消化しましたが、体は太めでも、フレッシュな状態にあるためやる気を全面に出して走っています。来週予定されている帰厩に備えて、あすも時計を出すことにしています。


2017.12.21 : 栗東:角居勝彦厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 61.5-45.9-30.3-15.3 馬なり
助手「坂路を軽めに1本上がりましたが、休養を挟んで帰ってくるたびにしっかりしてきていますね。体はまだ立派なのでこれから絞っていきたいところです」
※1月13日(土)中京8R(500万/D1800m)を予定。


馬房の都合がなかなかつかなかったのか、かなり時間がかかりましたが、ようやく
栗東に帰厩しました。吉澤ステーブルではしっかりと乗り込まれていましたが、
馬体重が530kgとかなり増えているので、これからレースに向けて絞っていく必要が
ありそうです。
この休養で更に馬体がしっかりしてきたとのことなので、2018年はポテンシャルを
しっかりと発揮して活躍してれることを期待したいですね。

レッドウィズダム_2017-12-08 

takak417 at 15:25|PermalinkComments(0)レッドウィズダム(プレシャスラバー13) | 2013年産