2009年03月19日

DVDをBGMに推敲作業はまだまだ続く

昨日のライブの余韻が余韻が覚めないまま、今日は論文Iの推敲作業を現在まで。

途中佐川が荷物を配達。
氷室京介のDVDが6点も届く。

去年はソロ20周年ということで、ベスト盤のリリースとアニバーサリーライブがあったわけだが、特に今年に入ってDVDのリリースラッシュが続いている。
1月には、アニバーサリーライブの模様を収録した『KYOSUKE HIMURO 20th ANNIVERSARY TOUR 2008 JUST MOVIN'ON-MORAL~PRESENT-』が、2月には当時氷室自身の判断でお蔵入りしていた『L'EGOISTE』がリリースされた。

特に後者は、氷室最大のヒット作である『Memories of Blue』を受けてのツアーであったこと、大阪公演で全部のセットリストを消化したものの、体調不良のため納得いくパフォーマンスができなかったと、そのライブに来ていたオーディエンスを無料で招待して行われた異例のアンコールライブであったこと、さらに近年の氷室のインタビューで「当時何故だめ出ししたのかわからない」という発言があったこともあり、まさに待望中の待望のリリースであった。
今の充実したサポートメンバーと比べると、ちょっと演奏面に違和感を感じてしまうが、それでもノリにノっている時期の氷室なだけに素晴らしいパフォーマンスだ。
残念なのはオープニングにスタッフロールが流されているせいで、当時会場のスクリーン上で流された映像がカットされたことと、MC未収録の点だが、近年のフル収録という方針に反した編集なので、収録が行われた直後に編集が終わっていた可能性が高い。

そして、今月のリリースは、初のDVD化となる旧作の再発6点。
忙しくて観る暇がないので、とりあえず旧作ではカットされていたMCを追加収録したという『THE ONE NIGHT STANDS TOUR COLLECTIVE SOULS 1998』を流しながら作業を続行。
(他の5点はオリジナルと同じ内容)
当時、このライブはCDとDVDでリリースされ、僕もかなりの頻度でリピートした、氷室のライブ作品としては1、2に入る名作だ。
問題のMCの部分に来て思わず作業の手が止まる。
このMCの「オレのプライドはここにあった」発言は伝説と化していただけに聞けて嬉しい。
あと、ANGELの歌詞を変えた理由などが語られていて興味深かった。
このMC追加によって初めて、この作品におけるANGELが完成されたと言っても過言ではない。
残念なのは、当時のセットリストを完全に収録していないことだけど、ないものねだりかな?

このブログを書いたら、推敲作業再開。
さあ、もう一息で完成だ。
なんとか明日の研究会の際に提出できそう。

takakatumata at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 研究 | 音楽

2009年03月18日

オウェイシス!

・午前中
1)論文Iの作業
読めば読む程もっと手を入れたくなる
悪い癖だ
締切を3/20と自分で設定したので、明日(3/19)中に決着をつけるつもり
2)作業中に副査の先生から電話
こちらからアポを取ろうと思っていたところに、心配して電話を下さった
来週末に会うことに
「まずは業績の点検から」「点数が足りてなければ、内々に話をすることも無理だからね」
うーん。おそらく「まだその段階にない」と言われそう
業績倍増計画開始

・午後
移動開始
めーえきで、新刊本を探すが売り切れ
うーん
喫茶店で論文Iの作業

・夕方
日本ガイシホール(旧レインボーホール)へ移動
オアシスのライブ
1stシングル"Supersonic"から追っかけているバンドだけど、実はこれが初生オアシス
あのオープニングSEが流れたあとに、"ロックン・ロール・スター"からスタート
これで盛り上がらないわけがない
心配だったのはリアムのコンディションだったけど、喉の調子も含め絶好調だった
でも、マンチェ訛のMCはところどころ意味がわからなかったりして(笑
セットリストはヒット曲のオンパレードに最新作ディグ・アウト・ユア・ソウルを混ぜたという、まさに今のオアシスのベストヒットメドレー
数年前に出たベスト盤ストップ・ザ・クロックスを再現しているかのようだった

最新作の曲はやっぱりサイケ色が強い
でも、一時のような観客を置いてきぼりにした、ダークでどろどろのじゃないから踊れる
シング・アロングは無理だけど

今回からドラムをやっているクリス・シャーロックのドラムも最高だった!
ザックのドラムも生で聞いてみたかったけどね


<作業メモ>
・論文I→3/20に投稿 ←Now!
 "幻の博論"の序論を単品化
 業績倍増計画その1
・報告要旨(締切は3月末)
 昨年研究会Cで報告したもの
 この報告をもとに論文Eを執筆
 執筆依頼が来ていたのを忘れてた
・論文Dのリライト→来週頭に投稿
 論文F・Iで作った枠組みを序文・結論に取り入れる
 前回の査読で理論的枠組みを示してほしいという意見が付いたため
 (実証部分についてはコメント付かず)
 業績倍増計画その2
・某自治体史
 書く気が起こらない
 お金もらってるからやらねばならないのはわかるけど、今は自分の研究モード
 とりあえず、3月末までに一部分を提出予定
・博論要旨(1か月以内に作成して先生に見せる約束)
・"幻の博論"第3章の検討
 うまくいけば単品化=投稿
 業績倍増計画その3
・書評


takakatumata at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 | 研究

2009年03月17日

第2部開始にむけての助走

残務処理をしていたら午前5時に就寝。
その後10時間以上寝て、午後3時に起きる。
寝過ぎで体が痛い。

とにかく、すぐ動かないと、また自分の研究ができなくなると思い、論文Iの執筆準備に取りかかる。

論文Iは、"幻の博論"の序論部分を単品化したもの。
自分の研究の方法論的枠組みを示したい。
これを公にしておかないと、いつまでたっても査読が通らない気がしているので、これから取りかかることにした。

いわば、論文博士に向けての助走だ。

論文博士については、副査(かつ大学院のとりまとめ役)の先生と相談せよと指導教授から指示されたので、来週辺りにアポを取って相談にうかがう予定。
学位請求論文提出に関するスケジュールは、それから設定しなければならない。
今度こそは余裕を持って進めたい。

今週末までには完成させ、某誌へ投稿予定。


<作業リスト>注記はこちら
・論文I
 単品化作業→今月中に投稿 ←Now!
・報告要旨(締切は3月末) ←New!
 昨年研究会Cで報告したもの
 この報告をもとに論文Eを執筆
 執筆依頼が来ていたのを忘れてた
・論文Dのリライト
 論文F・Iで作った枠組みを序文・結論に取り入れる
 前回の査読で理論的枠組みを示してほしいという意見が付いたため
 (実証部分についてはコメント付かず)
・某自治体史
 書く気が起こらない
 お金もらってるからやらねばならないのはわかるけど、今は自分の研究モード
 とりあえず、3月末までに一部分を提出予定
・博論要旨(1か月以内に作成して先生に見せる約束)
・書評

takakatumata at 16:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 研究 | 雑記

デーロン日誌 1部完

かっちん先生の次回作にご期待下さい

完成してプリントアウトを始めたら、指導教授から電話が

やっぱり無理らしい
私立大学ってうるさいんだなあ
主査・副査が役持ちっていうのも良いこと/悪いことある

倍に跳ね上がる審査料の事をしきりに気にして下さっていた

論文博士でもいけると踏んで下さっているのだからがんばらねば

審査陵が増える分だけ博論の量も増量サービスで

いやあ久しぶりにいい日々を過ごした
せっかくなのでこのモードでいきまっしょい
(without完徹モード)

これからはじまる某自治体史の原稿催促と、講義準備の波に飲み込まれないように



<作業リスト>注記はこちら
・博論要旨(1か月以内に作成して先生に見せる約束)
 まずはこれから作っていこうということになった
 難癖つける人はケチをつけるところをいくらでも探し出せるけど、
 そんな人をギャフンと言わせるくらいパーフェクトをめざして
・書評
 依頼が来てから数年放置
 いいかげんやらねば
・論文I
 単品化作業→今月中に投稿
・某自治体史
 書く気が起きない
 お金もらってるからやらねばならないのはわかるけど、
 今は自分の研究モード

takakatumata at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 研究 | 雑記

2009年03月16日

でーろん日誌 その10

第2章の調整は、午前1時過ぎに終了し、そのまま最後の第1章の作業に入る。
第2章(論文B)は自信作なんだけどなあ・・・今ひとつ洗練されていない感じ。
論文Bはは『日本史学年次別論文集』に再録されたし、第三者からの評価もそれなりにあるはずだ。
これでもか、これでもかとやり過ぎたのだろう。
贅肉をそぎ落とす作業が必要だけど、時間がない。
もし、こんな僕にも著書なんて話があった場合、真っ先にしなければならない問題だ。

第1章は思ったより良い感じ。
全部で130枚ぐらいあるので、「章」というより「部」とか「編」なのだけど。

さあ、もう一息だ。
指導教授が電話をくれることになっているので、それまでには何とかしたい。

1.既に書いた論文の調整(数字は作業の順番)
 1章(論文A+E):「はじめに」を2本の「はじめに」から換骨奪胎
         2本の論文を1章に結合
         文章の加除修正
2.博論提出必要な書類の作成
  博論要旨

takakatumata at 02:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 研究 | 雑記
MyblogList
Archives
shinobi