音楽

2009年05月03日

追悼

また、前回の更新から間が空いてしまった。
某自治体史の通史編の原稿に、授業の準備、それに自分の研究というルーティーンワークをこないしているうちにゴールデンウィークがやってきた感じ。
某自治体史の原稿は連休明けまでになんとか完成させたい。

連休突入1日目の5/2は(昨日まで授業があった)、ぐったり完全休養日。
氷室京介のKYOSUKE HIMURO COUNTDOWN LIVE CROSSOVER 05-06 1st STAGE/2nd STAGE [DVD]を見ながら過ごす。

4時間の内容は圧巻。
2部構成のうちの1stの方は、氷室の喉の調子と観客のノリが今イチだけど、ライブではやらなくなったレア曲が見られたり、やけくそ気味に客を煽る(計算されたステ−ジングに定評のある氷室には珍しい)氷室が見られて大満足。
サウンドのmixが今イチ(高音がシャリシャリしているのが気になる)なのが残念だけど。
一方、2ndは、打って変わってベスト・アクトと言っても良い位。
個人的にベスト3にはいる昨年の20周年ツアーと比べても遜色がない。
(ちなみに1位はOne Night Stands)
一発勝負に弱いというジンクスがここにも出ていた。

これで、ここのところのDVDのリリースラッシュも終わり。
DVDを見ていると、生のライブを見たいと思ってしまうけど、公式サイトの会員コンテンツで試聴が可能な、氷室のVoice Commentによれば、次回のアルバムリリース&ツアーはかなり後になりそう。
まあ、2年連続でライブがあること自体が奇跡だったわけだが。

4/29リリースの"Safe and Sound"も聞きまくりです。
氷室自身も興奮気味に上記コメントで語っているけど、夢のようなコラボレーションだった。
昨日発売のロッキング・オンのキャラクター・オブ・マンスで大きい写真が、ジェラルド(マイケミカルロマンス)のインタビューにも写真が掲載されているけど、違和感を感じるとともに、改めて凄い出来事であったと実感。
だいたい、ロッキング・オンは、ソロ以降の氷室をスルーしてきたからなあ。

久しぶりにブログを更新しようと思って、ネットにつなぐと、トップページに信じられない文字が。
忌野清志郎さんが亡くなったという。
去年の再発&イベント出演キャンセルのニュースを聞いて覚悟はしていたけれど、あまりにも早すぎる。
ジェット機が参加したライブイベント(R&R&R)のアンコールで和弥さんが"雨上がりの夜空に"を選曲したけど、誰もがみんなその意味を汲み取って(MCでは選曲の意味を語らなかった)、全快を祈る大合唱となったことが忘れられない。
間寛平さんのアースマラソンにVTRで応援歌を贈っていた様子をみて、快方に向かっていたとばかり思っていたのに。
僕の父と同い年齢だよ・・・

清志郎さんがいなければ、今の日本の音楽シーンは変わっていたと思います。
氷室も不遇時代、挫折して群馬へ帰る直前に行ったのがRCのライブで、ステージだけに集中している多くのファンたちの様子などを目の当たりにして、音楽に対する情熱を取り戻し、結成したバンドがBOOWYだったのは有名な話。

ここに哀悼の意を表します。
あちらでも先に行った音楽仲間とセッションしていることを祈って。
合掌

takakatumata at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月05日

PAUL WELLER | JAPAN TOUR 2009 @ 名古屋 CLUB DIAMOND HALL 05/04/2009

PW_GUITAR_PICK
17:30開場(約30分押し)
18:20開演(約20分押し)
20:00終演

◆SET LIST
1 Wild Blue Yonder
2 All I Wanna Do
3 Out Of The Sinking
4 22 Dreams
5 The Changingman
6 From The Floorboards Up
7 Sea Spray
8 Porcelain Gods
9 Invisible
10 One Bright Star
11 Empty Ring
12 111
13 All On A Misty Morning
14 Brand New Start
15 Wild Wood
16 Echoes Round The Sun
17 Come on/Let's Go

EN1
18 7&4
19 Broken Stones
20 Whirlpool's End

EN2
21 That's Entertainment (Electric Guitar Ver.)



takakatumata at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月28日

うぐぅ/HimuRock!

昨日は研究会B。
会場へ向かう途中のバスの待ち時間を利用して、昼食をとりながら(今日はラーメンではなかった!)、前日コピーしてきた文献を読む。
かゆいところに手が届かない論文だった。
もっと突っ込める筈なんだけどなあ・・・でも、それをやると時間・調査費共にとんでもないことになるので、このアイデアは没かな。
まあ、論理展開的には本筋じゃないからあきらめるか。
これを諦めきれずに泥沼にはまったのが、修論とここ数年だから。

ちょっと遅れたけど、氷室関係で凄いニュースが来ましたねえ。
マイケミのジェラルドとのコラボですか。
このことは去年のライブのMCで話していたみたいですが、まさか100%他の人が創った曲を氷室が歌うことになるとは思いませんでした。
カバーはあったけど、オリジナルとしては初のことです。
公式サイトにトレーラーが来ていましたが、最近の氷室の趣味そのままの曲ですね。
で、なぜこういうコラボ形態になったのか納得。
iTune Store先行配信ということですが、コラボはこの1曲だけではないことを願っています。



takakatumata at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月21日

作業は続く・・・

昨日はブログを書いてから氷室京介『KING OF ROCK SHOW 88'S-89'S TURNING PROCESS [DVD]』を観る。



このライブ映像は、VHS時代に何度も観たので新鮮さはないが、今の氷室を知っているだけに若さが目立った。
髪を逆立ててる氷室はやっぱり格好良い!
今のライブでのパフォーマンスも好きだけど、バンド解散後の1stツアーということもあり、バンド時代の雰囲気が残っていて良い感じ。
あと、氷室の顔をかたどったマスクをつけたダンサーを従え、ダンスを踊るという、ソロというのも意識したパフォーマンスもあり、興味深かった。

そして、今日は一日中まったりと論文Dの修正作業。
論文Iで作った分析視角を踏まえ「はじめに」を改造し、この事例を取りあげる意義を協調するという作業。
頭の中では青写真が出来上がっているのに、いざパソコン画面に向かうとうまくピースが組み合わされない。
ごちゃごちゃいじっているうちに日付変更線をまたいだとさ。

なんとか明日(3/22)中には完成させたいなあ。


takakatumata at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月19日

DVDをBGMに推敲作業はまだまだ続く

昨日のライブの余韻が余韻が覚めないまま、今日は論文Iの推敲作業を現在まで。

途中佐川が荷物を配達。
氷室京介のDVDが6点も届く。

去年はソロ20周年ということで、ベスト盤のリリースとアニバーサリーライブがあったわけだが、特に今年に入ってDVDのリリースラッシュが続いている。
1月には、アニバーサリーライブの模様を収録した『KYOSUKE HIMURO 20th ANNIVERSARY TOUR 2008 JUST MOVIN'ON-MORAL~PRESENT-』が、2月には当時氷室自身の判断でお蔵入りしていた『L'EGOISTE』がリリースされた。

特に後者は、氷室最大のヒット作である『Memories of Blue』を受けてのツアーであったこと、大阪公演で全部のセットリストを消化したものの、体調不良のため納得いくパフォーマンスができなかったと、そのライブに来ていたオーディエンスを無料で招待して行われた異例のアンコールライブであったこと、さらに近年の氷室のインタビューで「当時何故だめ出ししたのかわからない」という発言があったこともあり、まさに待望中の待望のリリースであった。
今の充実したサポートメンバーと比べると、ちょっと演奏面に違和感を感じてしまうが、それでもノリにノっている時期の氷室なだけに素晴らしいパフォーマンスだ。
残念なのはオープニングにスタッフロールが流されているせいで、当時会場のスクリーン上で流された映像がカットされたことと、MC未収録の点だが、近年のフル収録という方針に反した編集なので、収録が行われた直後に編集が終わっていた可能性が高い。

そして、今月のリリースは、初のDVD化となる旧作の再発6点。
忙しくて観る暇がないので、とりあえず旧作ではカットされていたMCを追加収録したという『THE ONE NIGHT STANDS TOUR COLLECTIVE SOULS 1998』を流しながら作業を続行。
(他の5点はオリジナルと同じ内容)
当時、このライブはCDとDVDでリリースされ、僕もかなりの頻度でリピートした、氷室のライブ作品としては1、2に入る名作だ。
問題のMCの部分に来て思わず作業の手が止まる。
このMCの「オレのプライドはここにあった」発言は伝説と化していただけに聞けて嬉しい。
あと、ANGELの歌詞を変えた理由などが語られていて興味深かった。
このMC追加によって初めて、この作品におけるANGELが完成されたと言っても過言ではない。
残念なのは、当時のセットリストを完全に収録していないことだけど、ないものねだりかな?

このブログを書いたら、推敲作業再開。
さあ、もう一息で完成だ。
なんとか明日の研究会の際に提出できそう。

takakatumata at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
MyblogList
Archives
shinobi