一本杉公園みどりの会のblog

多摩市一本杉公園を主な作業場所とする、多摩グリーンボランティア森木会の活動班を紹介するブログです。多摩GV森木会は、多摩市と協定を結び、市有地の雑木林の管理を行っています。みどりの会の活動日は、毎月第2・第4土曜日です。一緒にやってみたい方は、多摩市グリーンライブセンターまで、お電話ください。

9月11日の活動 旧有山家の裏の森の下草刈とナメコの榾木の本伏せ

 やっと旧有山家裏の森まで草刈の順が回ってきました。あとは、古道の森を残すのみです。この調子では、今年は見晴らしの森の2巡目で終わりになりそうです。もう、見晴らしの森もかなり草が伸びていました。
 今回から体験入会で一名増えています。うれしい限りです。初級講座もコロナ禍でZOOM講座が中心となり、やってみる体験講習が出来ないので、皆さん欲求不満になっているのでないでしょうか。体験入会大歓迎です。
 ヤマザクラだけでなくコナラにナメコ菌を植えたらどうなるかという実験を試みて、地面に寝かせる本伏せを行いました。来年が楽しみです。


DSC00995

DSC01010DSC01005
DSC01016
DSC01015
DSC01003
DSC01002
DSC01001




 

8月28日の活動 熱中症に厳重警戒しながら

 夏草との競争の日々です。といっても、新型コロナウイルス禍と夏休みで、思うように作業は進みません。まだ、1周目が終わりません。暑さ指数計が29℃を示し、草刈作業には厳重警戒の状態ですが、休憩を多くとって実施しました。といっても、やっぱり長くは続けられません。早々に終了しました。写真だけをみると、木陰で涼しそうなんですが、風が無くて蒸し暑かったのが元凶です。
 この先古道の森の草刈も残っていますし、先に刈った見晴らしの森も、元に戻りそうです。まだまだ終わりが見えません。
 
DSC00984 (2)
DSC00985
DSC00986
DSC00987
DSC00988
DSC00989
DSC00990
DSC00991
DSC00992

7月24日の活動 ナラ枯れ被害が拡大中

熱中症に対応しながらの草刈作業です。作業時間を短縮しているので、なかなか作業が進みません。一方ナラ枯れの被害は激増しています。特に「山桜の森」のコナラはほとんど壊滅状態です。特に下草刈をしている見通しの良い木は、法面に有ってササに囲まれている木よりも被害が多いように見えます。それとも観察しづらいだけなんでしょうか。山桜の森が丸坊主となることはほぼ確実なので、その後をどうするか早急に対策を考えねばなりません。原っぱとするかそれとも植樹するか。
 古道の森で変な堀跡を見つけた。昆虫採集にしては、広い面積を掘っている。なんか野生動物の採餌跡のようだ。木肌に体をこすりつけた痕のようなものもみられる。一体何者だろう。


DSC00932
DSC00954
DSC00951
IMG_0315
IMG_0314
IMG_0312
DSC00937
DSC00947


山桜の森のコナラが枯れ始めている
DSC00941_LI


ノメイガの仲間
DSC00960
多摩グリーンボランティア森木会
多摩グリーンボランティア森木会
ギャラリー
  • 9月11日の活動 旧有山家の裏の森の下草刈とナメコの榾木の本伏せ
  • 9月11日の活動 旧有山家の裏の森の下草刈とナメコの榾木の本伏せ
  • 9月11日の活動 旧有山家の裏の森の下草刈とナメコの榾木の本伏せ
  • 9月11日の活動 旧有山家の裏の森の下草刈とナメコの榾木の本伏せ
  • 9月11日の活動 旧有山家の裏の森の下草刈とナメコの榾木の本伏せ
  • 9月11日の活動 旧有山家の裏の森の下草刈とナメコの榾木の本伏せ
  • 9月11日の活動 旧有山家の裏の森の下草刈とナメコの榾木の本伏せ
  • 9月11日の活動 旧有山家の裏の森の下草刈とナメコの榾木の本伏せ
  • 8月28日の活動 熱中症に厳重警戒しながら