神道行者の金井南龍が神秘体験で知った白山王朝は、天皇家以前の天皇家・白山王朝というのが存在していて、文献的には換骨奪胎されメチャクチャにいじくられているが茨城の皇祖皇太神宮天津教の「竹内文献」が白山王朝の古記録であると。
白山神界を奉戴していたのが白山王朝で、白山神界はモンブラン、エヴェレスト、キリマンジャロ、ロッキー、アンデス・・・これらはすべて白山神界の拠点であり、日本の白山神界は天皇家が白山王朝を滅ぼして、しかし、人間を殺すことはできても、永遠なる生命をもつ神や眷族は殺すことはできないので、根の根の底に押し込めて霊的な封印をして封じ込めていたのを、金井南龍が昭和35年8月9日の台風の日に封印を剥がしたと。

これは金井南龍が5人で対談している「神々の黙示録」(徳間書店 1980年)にあるが、他に天皇家のアマラスは八合目のアマテラスであり九合目、十合目のアマテラスがいるとか、あるいは私には到底受け入れがたい説も含まれるが、こういった分野を研究したい人もいるかも知れないので参考までに取り上げた。伊勢のアマテラスが八合目の神という説は金井南龍のまったくのオリジナルである。彼の他に同じ説を唱える者はいない。そのうちにこれをぱくり、金井南龍の説とは言わずに自分の教えとして説くものが現れるだろう。

2010年12月13日の近時雑事12で、金井南龍を取り上げていた。転載しよう。
(2013年7月10日)
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

昔、金井南龍という神道行者がいた。
アマテラスは女神であるが、古い記録では男神だったという研究がある。金井南龍に言わせれば、このテーマは難なく解決する。彼の独自の説では、というか鎮魂帰神して高天原の天照神界へ観光旅行した彼に言わせれば、「高天原の天照神界には、アメリカの空軍というように将官、佐官、尉官、エトセトラーの、神々が其のヒエラルキー(お立ちになっている菊座の弁の数が階級章となる)に応じて何百柱となくお在します。そして之等を統轄なさって居られる(軍司令官)のは、天照神界の頂上に立つ女神御一柱である。もしも男神を求めるのであるならば、八合目以下には沢山居られる。そして古事記に天皇家の皇神として示顕なされたのは十六弁の菊座をつけて居られる八合目の女神である。「さすら」昭和56年3月号 19頁

過去に、このような説を唱えた行者がいたということだけ記して、その内容の真偽については触れず、今日は今から酒を飲んで寝る。

幻想の白山王朝 2」←クリック
幻想の白山王朝 3」←クリック

http://blog.livedoor.jp/takakimi569/archives/65893795.html