トップページ » 神様のカルテ 2 / 夏川草介

神様のカルテ 2 / 夏川草介 4


以前読んだ「神様のカルテ」の続き。いい話だったなぁ。1ほどは夢中になれなかったけど、読み終わった後に読んで良かったと思える1冊。

医療現場の実情は本当はこんなに美しくないとは思うけれど、イチさんや進藤先生が成長していく姿は読んでいて思わず応援してしまっているし、それを支えるハルさんも素晴らしい女性だなぁ、と感心。

でも、イチさんの変人ぶりはちょっと減ったような…。夏目漱石ばりの古風な口調・文体の方が味が出ていて好きだったわ。


たかこ 
トラックバックURL
トラックバック
3. 「神様のカルテ 2」夏川草介  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2011年01月31日 13:37
神様のカルテ 2(2010/09/28)夏川 草介商品詳細を見る 夏目漱石を敬愛する栗原一止は、相変わらず温厚篤実の一内科医として不眠不休で働いているし、本庄病院は、外来・病棟、昼夜を問わず満員御礼の大盛況だ...
2. 「神様のカルテ2」夏川草介  [ ナナメモ ]   2011年01月28日 21:52
JUGEMテーマ:読書 主人公栗原一止の医学部時代の親友であり 「医学部の良心」と呼ばれた新藤辰也が東京の病院から 本庄病院に赴任してきた。 一止の期待とは裏腹に、新藤の医師としての行動は かつての姿からは想像も出来ない姿であり、一止は戸惑う。 前作をよんでか...
1. 神様のカルテ2 夏川草介  [ 苗坊の徒然日記 ]   2011年01月27日 23:32
神様のカルテ 2著者:夏川 草介小学館(2010-09-28)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 医師の話ではない。人間の話をしているのだ。 栗原一止は夏目漱石を敬愛し、信州の「24時間、365日対 ...
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星