トップページ » 欲望 / 小池真理子

欲望 / 小池真理子 4

欲望 (新潮文庫)欲望 (新潮文庫)
小池 真理子

新潮社 2000-03
売り上げランキング : 26476
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一言で「耽美」。

三島由紀夫あっての話。
実は、三島由紀夫は避けていて読んだ事がない。けれど、特徴のある作家なので、何となくその世界感はわかる。「欲望」を読んで、やっぱり一度は読んでおかないといけないな、と思わされた。三島を知っていたら、より深くこの本も理解できると思う。

単なる恋愛ものとは違う、深い本。
男女4人が繰り広げるストーリー。美しい妻を持ちながら飾り物のように触れようともしない男、体中から性を感じさせる女、事故で性的不能になった男、それを愛した女。自分が求めるものは何なのか、人を愛するということは…。
心だけ愛している、愛されているというのは、とても美しいけれど、奇麗事に過ぎないのかもしれない。体が満たされたらそれでいいのか…。
さまざまな苦悩をかかえながら、時は過ぎていく。

ずっしりと暗く重たい本だけれど、美しさにあふれていて、透明感もある。複雑で読みごたえがあった。

たかこ 
トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星