2020年05月29日

参議院東日本大震災復興特別委員会

46C068CB-E5C2-4224-A210-13087DF0BF66

午前中は、参議院本会議。
地域共生社会の実現のための社会福祉法等の一部を改正する法律案の趣旨説明および質疑が行われました。そのほか議了案件の採決など。

午後は、参議院東日本大震災復興特別委員会。私は、この委員会の委員でもあります。
水曜日に、参議院本会議で審議入りした復興庁設置法等の改正案について、委員会での審議がスタートしました。

復興庁設置法は、来年3月末までとなっていた復興庁の設置期限をさらに10年間延ばした上で、復興大臣が引き続き「復興の司令塔」を担う内容です。

併せて審議される福島復興再生特別措置法改正案は、移住の促進、営農再開の加速化、福島イノベーション・コースト構想の推進、風評被害への対応などが盛り込まれています。

復興途上である東北は、今回の新型コロナウィルスの影響でさらに厳しい状況にあります。
復興が着実に進むよう、体制だけでなく内容もしっかりと見ていく必要があります。  
Posted by takamaron at 23:55

2020年05月28日

雇用保険法の臨時特例に関する法案審査

D08E0ED6-0C04-42CF-B0A9-3C4DA40D6740

本日、自民党の厚生労働部会・雇用問題調査会・雇用調整助成金PT合同役員会が開かれ、新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための雇用保険法の臨時特例等に関する法律案について審議が行われました。
休業手当を受けることができない方に直接休業支援金をお支払いする制度を設けること、失業手当の給付日数を60日延長できるようにすること、雇用保険の安定的な財政運営のため一般会計からの繰り入れを行うことなどが柱です。
法案については了承されましたが、雇用調整助成金の申請については、まだ十分な対応ができているとは言えませんから、引き続き改善を促していきたいと思います。

図は、お問い合わせのあった国家戦略特区法の改正案の概要です。
国家戦略特区制度を活用して、世界最先端の「まるごと未来都市」を実現させるためのデータの連携基盤を整備したり、複数分野の規制改革を一体的に行えるようにするものです。
現時点で、54の団体からアイデアが寄せられています。
希望した地域(自治体の一地区ということもあります)が行うということ、申請においては構想を実現する上で主要なプレイヤーに反対がないことを確認する住民合意を証する書面を添付いただく等の内容になっています。

北九州市で新型コロナウィルスの感染が拡大しています。
第二波との懸念もあり徹底的な調査が行われていますが、感染経路の不明な方が多く、お住まいの地域も分散しています。
佐賀県も同じ北部九州にあるため、心配です。状況を注視するとともに、全力で対応にあたっておられる方に必要な支援が行き届くよう努めたいと思います。
  
Posted by takamaron at 23:28

第2次補正予算閣議決定

450D6ABB-3BA5-47EC-A846-D25DF166E11A
037A6450-74AE-4CD8-BCE3-3F3836933EAE

本日、令和2年度第2次補正予算案が閣議決定されました。一般会計の追加の歳出は総額31兆9114億円と、過去最大規模の補正予算となります。

添付した図を見ていただければ、
(1) 雇用調整助成金の日額上限を1万5000円に引き上げ、休業中の賃金支払いを受けることができなかった中小企業で働く方に本人申請により月額で最大33万円を給付する制度などに4519億円
(2) 企業の財務基盤強化や無利子・無担保の融資制度など資金繰り支援に11兆6390億円
(3) 売り上げが落ち込んだ事業者に、賃料の3分の2を半年分給付する制度に2兆242億円
(4)医療従事者への慰労金、ワクチンや治療薬の開発、医療用マスク等の配布など医療提供体制等の強化に2兆9892億円
(5)地方創生臨時交付金の2兆円拡充、低所得のひとり親世帯への給付、雑所得や給与所得収入で確定申告しているフリーランス等への持続化給付金の対応などに4兆7127億円
(6)影響が長期化した場合に備えての予備費の10兆円積み増し
などの内容となっています。

財政投融資や金融機関の融資などを合わせた「事業規模」は117兆1000億円程度となります。
早期に成立させ、一刻も早くそれぞれのところにお金が行き渡ることが求められます。

午前中は、本会議がありました。
復興庁設置法の改正案について、趣旨説明および質疑が行われたほか、委員会で議了された案件の採決が行われました。
スーパーシティ構想の手続きなどを定めた国家戦略特別区域法の改正案についても採決が行われ、可決・成立しました。
スーパーシティ構想とは、AIやビッグデータなどの最先端の技術を活用した「まるごと未来都市」を実現しようとするものです。
複数のサービス間でデータを連携するため、セキュリティが守られるのかとか、本人の同意なくデータが使われるのではといった懸念が示されていますが、対策をとったうえでの実施が前提となります。

午後は、打ち合わせやレクが続きました。  
Posted by takamaron at 01:05

2020年05月26日

イベント開催制限の段階的緩和

A7559FE5-4DA8-4E84-97BA-C682C618CA14

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言は解除されましたが、イベントや展示会の開催制限の段階的緩和の目安も併せて発表されています。
約3週間ごとに3段階のステップに分け、感染の状況も確認しながら段階的に解禁していくという流れです。
現時点では、イベント等において屋内では100人、もしくは収容率50%の小さい方、屋外でも200名と比較的小規模のイベントしか開催できません。
順調にいけば、6月19日にはステップ2に移行し、屋内外とも1000人、7月10日にステップ3に移行すれば屋内外とも5000人、8月1日以降は、人数上限をなくす方向です。
ただ、8月1日以降も収容率の50%は維持される方向ですから、屋内においては収容人数に制限がある状況は続きます。また、屋外においてもできれば2mの間隔を求めていて、屋外行事のあり方も変わってきます。
どのような形でイベント等を行っていくか、関係各位のご労苦は本当に大きいものがあると思います。知恵を絞りながら、新しい形を模索していくしかありません。

朝は、自民党の政調全体会議。第二次補正予算について、政府から説明がありました。明日にも、閣議決定される予定です。

午後、参議院法務委員会がありました。
ほとんどの質疑が、前東京高検検事長の黒川弘務氏が麻雀賭博で辞職した件についてでした。
皆が自粛する中、緊急事態宣言中に複数回賭博を行なっていた黒川氏は言語道断ですが、政府の訓告という処分についても、ほとんどの人がおかしいと感じていることを重く受け止める必要があると思います。
  
Posted by takamaron at 23:10

2020年05月25日

緊急事態宣言全面解除

本日、東京、神奈川、埼玉、千葉、北海道の5都道県で続いていた緊急事態宣言が解除され、全面解除となりました。
全面解除は約1カ月半ぶりですが、外出もあまりできないこの期間は、とても長く感じました。
皆さんにとって、待ち望んだ解除だったと思います。外出自粛や三密を避ける行動を実践していただいた皆様方のご努力の賜物です。心から感謝申し上げます。
ただ、東京では24日に14人、本日8人の新規感染者が確認されていますし、神奈川と北海道では直近1週間の10万人当たりの感染者が目安の0.5人を下回っていません。引き続きの注意が必要であることは言うまでもありません。

基本的対処方針では、おおむね3週間ごとに感染状況を確認しながら、外出自粛、イベント自粛、休業などの要請を段階的に緩和するとしています。段階を経ながら、元の日常に戻っていく、その中で新しい生活様式も取り入れていただくということだと思います。

二次補正についても、ようやく内容が固まって来ました。明日、党での議論が行われます。内容については、改めてご報告します。

  
Posted by takamaron at 22:59

2020年05月24日

新しい生活様式

ED09F80F-5C2D-4322-A950-4354A7983A33

政府は明日、専門家の意見を聞いた上で、北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川の5都道県の緊急事態宣言を解除するかどうか決定します。

全国において解除されても、専門家会議は再び感染が拡大しないよう「新しい生活様式」に切り替える必要性を提言しています。
その内容を別添していますが、マスクの着用、手洗いをこまめにすることが必要であること、「三密」を避けることなど、これまでそれぞれに取り組んでいただいていることが改めて書いてあります。

各場面別の生活様式についても触れてあります。
その中で、娯楽・スポーツ等では「歌や応援は十分な距離かオンライン」、冠婚葬祭などの親族行事では「多人数での会食は避けて」という記載があります。

スポーツイベントでは、甲子園大会のように中止になるケースか、開催されても無観客であることが多くなりました。歌やカラオケなどの文化活動を通じてのコミュニケーションも制限されます。

また、結婚式において多人数での会食を避けるのも容易ではありませんし、葬儀などはどうしても密集が生じてしまいます。

これまで、人と人とが触れ合うことで生まれてきた連帯感や絆を、新たな生活の下でもどのように維持していくべきか、模索していかなければなりません。
  
Posted by takamaron at 23:55

2020年05月23日

9月入学の検討

すでに学校が再開している地域もありますが、新型コロナウイルスの影響による学校の休校が長引いて、カリキュラムの消化が難しいこともあって、入学や進学の時期を4月から9月にずらす、「9月入学制度」が検討されています。

世界では、9月入学が主流なため、留学をしやすくなったり、留学生を受け入れやすいとの声もあります。

ただ、現行は4月入学で制度を運用しているため、変更するといろんな支障が出ます。

来年から一斉にスタートする場合、来秋入学の小学校入学児童が他の学年と違い、年長児と9月1日生まれまでの年中児の計17カ月の学年となり、約1.4倍の人数が同じ学年となることで、特定の学年のみが受験や就職で不利益になる可能性があります。また、3月で卒園する予定だった5歳児が8月まで保育園にとどまるとなると、多くの待機児童が生まれる可能性もあります。

もう一つ、21〜25年度の新入生を13カ月の学年とし、26年9月入学から12カ月に戻す「段階的実施案」も検討の遡上にのぼっています。その場合、入学時期が21年は5月、22年は6月と入学月が1ヶ月ずつずれ、その後の中・高・大・就職に至るまで学年により時期がずれる混乱が生じます。

そこで、9月から小学1年生になる前に、4月に「ゼロ年生」として入学させる案が浮上しているとの報道があります。4月から5ヶ月間ゼロ年生で学んでから、9月に1年生に進級する案です。その場合、生まれ月による学年のずれはなくなり、保育園の待機児童問題にも対応しますが、ゼロ年生を受け持つ教員の確保やその費用負担などの問題も出てきます。

いずれにしても、該当するお子さんの人生がかかっています。しっかりと論点を詰めながら検討を進めていく必要があると思います。

  
Posted by takamaron at 23:30

2020年05月22日

党の二次補正案

A3322DE8-A3AF-4B32-862D-B600FC312652

自民党は、令和2年度第2次補正予算に向けた提言を取りまとめ、総理に手交しました。
提言をベースに政府内でも作業を進め、来週にも閣議決定され、6月上旬に国会に提出される予定です。

コロナについては収束まで長期化する中で、さまざまな分野においてかつてない厳しい状況にあります。

今回の補正予算に盛り込むべき内容の柱として、
〕夙費の拡充
⊃祁織灰蹈癖餝膸抉膰鯢婉發梁臧増額と対象拡大等
ひとり親家庭、学生さん等への支援、災害対応による生活・学びの継続支援
げ板楕篏、雇用調整助成金・持続化給付金拡充、資本性資金導入等による雇用・事業継続支援
With コロナ、Beyondコロナの新たな生活、産業様式の確立
γ亙創生臨時交付金の拡充
を提言しています。

どれも、強いご要望を頂いてきたものばかりです。一方で、これまでもそうでしたが、情勢は刻々と変化するため、機動的に対応できるように予備費を確保することも必要です。
1次補正と併せて、早く執行できるように、全力をあげていきたいと思います。

  
Posted by takamaron at 23:55

2020年05月21日

雇用調整助成金オンライン受付の不具合

本日、新型コロナウイルス感染症対策本部で大阪府、京都府、兵庫県の緊急事態宣言解除が決まりました。今回の解除が見送られた首都圏の4都県と北海道は25日にも専門家の評価を踏まえ解除するかどうかを判断することになります。新規感染者がさらに減少し、全国全てで解除されることを願って止みません。

雇用調整助成金について、5月19日より、平均賃金額の算定について、一定規模以下の事業所(従業員が概ね20名以下)は簡略化する特例措置が実施され、支給申請がよりやり易くなりました。

そして、申請窓口に行くのも大変だし、行っても混んでいて待たされるとの声を受け、20日にはオンライン申請がスタートしましたが、申請画面にアクセスすると、ほかの申請者の名前やメールアドレス、それに電話番号などが見られる状態になっていたという不具合が生じ、オンライン受け付けがストップしました。

初回登録時にIDが割り振られますが、複数が全く同時刻に登録作業を行った場合に、同一のIDが付与されていました。そのため、同じIDで後から登録する方の入力画面に、先に登録した方の情報が表示される状態となっていました。

他者の情報が閲覧できたのは、同時刻に登録した方のみですが、機微に触れる個人情報が他に見られていたことは、決してあってはならず、厚労省には猛省を促したいと思います。
申請を待っている多くの事業者がいます。一刻も早く不具合を修正して、再開できるよう努めなければなりません。


  
Posted by takamaron at 23:41

2020年05月20日

新型コロナウィルス参考人質疑

822F4116-877F-40A7-B924-418EBEB59E08

衆・参の予算委員会で、新型コロナウィルス感染症対策に関して参考人質疑が行われました。

参考人は、新型インフルエンザ等対策有識者会議・基本的対処方針等諮問委員会会長の尾身茂さん、新型コロナウィルス感染症対策専門家会議座長の脇田隆宇さん、慶應義塾大学経済学部教授で新型インフルエンザ等対策有識者会議・基本的対処方針等諮問委員会委員の竹森俊平さんの3名。

参議院の質疑において、15分間質問を行いました(写真)。
―外国と比較して日本の現状をどのように分析しているのか、⊇外国へ政府が発信すべき内容、PCR検査能力は上がったが、必要な方に検査は行き届いているのか、PCR検査能力、検査対象が今のままでいいのか、シ从兮从としてもワクチン、薬の開発や医療提供体制の充実を行うことが有効であるか、Υ鏡者が減少傾向にある今、次に備えてやるべきことは、といった点について伺いました。

新型コロナウィルスで、これまでアメリカでは9万人近い方が、欧州でも英国、イタリア、フランス、スペインといった国では約3万人の方がお亡くなりになられています。比較的死亡者を抑えられたと言われるドイツでも8千名近い方がお亡くなりになられています。
お亡くなりになる方がいないよう努めるのが前提ですが、日本のお亡くなりになられた方が700名台と現時点では欧米と比較した場合に感染が抑えられている理由について、尾身先生は、
々駝韻侶鮃意識が高いこと、▲侫蝓璽▲セス含めた医療制度がしっかりしていること、4鏡初期におけるクラスター対策の効果があったこと、す駝韻諒々の理解があること、などを挙げられました。

情勢は刻々と変わりますが、大切なことはその時々の判断をあとで検証できるようにすることです。
今日は、参考人の方々から、貴重なお話を伺うことができたと思います。



  
Posted by takamaron at 23:58

2020年05月19日

国民医療を守る議員の会提言

3E295E87-07C2-4715-B650-B21F33470777

明日、衆・参の予算委員会で、「新型コロナウィルス感染症への対処等」をテーマに参考人質疑を行うことが決まりました。
衆議院が13時から、参議院が15時30分から行われます。
参議院の質疑において、私が16時ごろから15分間質問に立つことになりました。NHKのテレビ中継も行われる予定ですから、ご都合がつけば見て頂ければと思います。

私が事務局長を務める国民医療を守る議員の会で、二次補正予算に向けた緊急提言を取りまとめ、本日、加藤厚生労働大臣と、西村担当大臣に提言書を手交し、説明をしました(写真)。
PCR検査の拡充、感染症患者を受け入れる医療機関の支援、医療従事者の確保、コロナ以外の通常の医療の確保、患者等が発生した医療機関への休業補償、検査キットや治療薬やワクチンの開発普及、介護サービス提供体制確保などが盛り込まれています。
新型コロナウィルス感染を警戒して多くの方が医療機関の受診を控えておられ、それが医療機関の経営に大きな影響を与えています。病院経営が立ち行かなくなり、閉鎖するところが続出すると、地域の医療提供に大きな穴が開くことになりますから、支援策を検討しなければなりません。
診療報酬を上げると、患者さんの窓口負担も増えてしまうので、他にどのようなやり方が可能なのかを模索していきたいと思います。  
Posted by takamaron at 21:47

2020年05月18日

雇用調整助成金PT

F9247D00-1B82-4CE2-834D-CF8CFE4A423C

本日、検察庁法の改正案、国家公務員法の改正案などの今国会成立を断念することが決まりました。

国家公務員や検察官の定年を延長することは必要だとの声がある一方、検察庁法改正案については検察権に政治的影響が及ぶことが懸念されると、多くの方から反対の声が上がっていました。

先に定年延長された特定の方との結びつきや、コロナ対応のどさくさに紛れて押し通そうとしているとの疑念を持たれたまま、成立に向かえば禍根を残すところでした。
ここで立ち止まったことは、良かったと思います。

コロナウィルスを収束させた上で、落ち着いた環境で、じっくり議論していく必要があります。

16:00、政調、雇用調整助成金PTがありました(写真)。各論点について、様々なやりとりがありました。
内容についてはPT座長のもとで、今後政府との調整が進められます。
方向性が明らかになった段階でご報告したいと思います。
  
Posted by takamaron at 23:13

2020年05月17日

緊急事態宣言一部解除後の週末

本日、新型コロナウィルスの東京都の新規感染者は5名で、感染経路不明者はいらっしゃいませんでした。
大阪府も、約2ヶ月ぶりに新規感染者ゼロとなりました。

多くの方々のご努力で、感染者が減ってきている点は、喜ばしいことだと思います。

一方で、緊急事態宣言の一部解除に伴い人出が増えたとのデータがあり、特定警戒都道府県においてもその傾向が見られます。

「百里の道も九十里を半ばとす」(「百里の道は九十九里をもって半ばとす」という方もおられます。どちらがメジャーなのでしょうか?)という諺もあります。
緩みから再び感染拡大に向かわないよう、引き続きお気をつけいただければと思います。



  
Posted by takamaron at 23:52

2020年05月16日

免許更新について

E498ACB8-913D-407E-8F16-82FFFB90CE59

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、地元に戻ることができない日々が続いています。

この間、運転免許の更新時期になりました。

佐賀県においては、5月11日から運転免許の更新業務が再開されました(集中を避けるために、日曜日の業務は休止されています)。

私のように期間内の更新が難しい人の場合も、3ヶ月間、更新期間の延長手続きを受けることができます。
私は郵送により手続きをしましたが、スムーズにできました。

また、有効期限が過ぎてしまった方も、6ヶ月以内であれば学科・技能試験を受けずに再取得ができます。

各種申請においても、柔軟に対応していただけるケースが多いですから、必要に応じてご利用いただければと思います。  
Posted by takamaron at 23:00

2020年05月15日

テレビ会議

214D7C98-0093-4DAC-B319-DC5275AFA416

午前中は本会議。

午後は、テレビ会議で、参議院自民党幹部に雇用調整助成金の議論について報告をしました(写真)。

雇用調整助成金については、来週月曜日に党のPTで再度議論を行い、方向性を見出していくことになります。

大企業と中小企業の扱い、個人給付の場合の給付率、解雇の有無で差を設けるか、始期・終期をどうするか、不正防止策など議論すべき論点はたくさんあります。
事務を丁寧に行えば支給まで時間がかかりますから、割り切りも大切です。
少しでも使い勝手のいいものになるよう、議論に加わりたいと思います。

また、新型コロナウィルスを受けて、新しいライフスタイルのあり方に関する勉強会にも参加しました。


  
Posted by takamaron at 22:55

2020年05月14日

39県緊急事態解除

D7D4F1C6-CF8D-410F-A760-306238D1A755

緊急事態宣言が、佐賀県を含む39の県で解除されました。
今日に至るまで、営業や外出を自粛し、皆さんが感染拡大防止のための取り組みを実践していただいた賜物です。心から敬意を表します。
一方で、8都道府県は緊急事態宣言が続きますし、解除された地域も感染者が増加すれば再び緊急事態宣言の対象となることもありますから、引き続き感染拡大防止に留意しつつ、少しずつ社会経済活動を広げていくしかありません。
そういった意味で、これからも息の長い取り組みが必要です。ご理解をいただきますようお願い致します。

政府は、今年度の第2次補正予算案の編成に着手すると表明しました。
新型コロナウィルス対応は、刻々と状況が変化します。医療提供体制の確保や治療薬・ワクチンの開発、雇用を守る支援、家賃支援、学生さんの支援など、幅広い論点が網羅できるよう、党内でも議論を進めていきます。

総理は、雇用調整助成金について1日8330円の上限を15,000円まで特例的に引き上げることを表明しました。
1ヶ月に実際に働くのは22日程度ですから、15,000円だと月額の上限は33万円になります。これまでの8,330円だと月額上限は18万3千円あまりで、十分ではないとの声が多くありましたから、大幅に改善されます。私も上限引き上げのご要望を多くいただき、声を上げてきましたから、盛り込まれて良かったと思います。
また、休業手当は使用者側の都合で働く方に休んでいただく場合に支給する手当です。今回の新型コロナウィルス対応に関しては、使用者側の都合ではないと、申請を行わない事業者もあることから、雇われている人が直接申請して給付を受け取ることができる制度も検討されます。

本日、自民党の政務調査会内に、雇用調整助成金プロジェクトチームが発足(写真)し、私は副座長を務めることになりました。
来週にかけて、制度設計を詰めていきます。さまざまな論点がありますが、早急に結論が得られるように取り組みたいと思います。

  
Posted by takamaron at 22:31

2020年05月13日

雇用問題調査会役員会

1E55491F-EC52-4478-9CD7-C69F1493BF68
E48B108D-E48F-4818-9ECB-6AF90440BD75

午前中は、参議院本会議。

午後は、党の雇用問題調査会の役員会(写真)などがありました。

雇用調整助成金について、実務に詳しい全国社会保険労務士会連合会から話を伺いました。
窓口の電話がつながらないとか、要件が頻繁に変更になり混乱をきたしているなど、実態に沿った話を伺いました。

手続きを簡素化してきていますが、それでも手続きが煩雑との声が多くあります。
要件を満たしていれば支給まで2週間程度とのことでしたが、書類の不備などで何度もやりとりをしなければならないケースもあり、さらなる簡素化が求められます。
今月中にはオンライン申請ができるようになるとのことですが、事業所の逼迫具合からするとスピードが大切です。

支給上限引き上げの具体的議論も始まります。多くの事業者に使っていただけるよう、実務的な問題も含めてフォローしていきたいと思います。  
Posted by takamaron at 22:28

2020年05月12日

学生支援

B8563AA1-EEC2-464F-8982-80DE33BE7AF4
4D1B5118-B473-46E5-BA04-8AEE4FD2044C

新型コロナウィルスの影響でバイトの収入を失い、また親御さんもコロナの影響で収入が減少し仕送りが困難になるなど、生活が厳しい学生さんたちが急増しています。

この間、国会でも議論されてきましたが、自民党は、アルバイトの収入が減って生活が厳しい学生に10万円を、特に困窮している学生には20万円を給付するとした支援策をまとめました。大学生のほか専門学校生や留学生なども対象に、40万人から50万人への給付を想定しています。
今後は、政府においても検討が進められることになります。

また、すでに実施が決まっているものについて、添付しています。
今年度から、世帯が一定の所得以下の方を対象に、大学や短大、専門学校などの授業料減免と、給付型奨学金を内容とする修学支援新制度をスタートさせています。
私立大学の自宅外生でいえば約91万円の奨学金が返済不要で給付されます。
通常は、年2回の申し込みですが、今回のコロナウィルスで家計が急変した学生さんについて、随時受付をします。これは、これまであった貸与型の奨学金についても同様です。

また、授業料の納付を猶予したり、分納を認めることを国として呼びかけ、大学でいえば検討中も含め96.4%が行うとしています。

そのほかにも、世帯主に1人につき10万円をお支払いする特別定額給付金の対象に当然学生さんも入ります。手元の資金がない場合に社会福祉協議会が行う緊急小口資金の貸し付けもご利用いただけますし、一定の要件で返済不要となります。
また、アルバイト先から仕事を休むように言われた場合には、雇用調整助成金の特例措置で一定額受け取ることも可能です。

大学や短大、専門学校生にとって、この時期は自分の将来を見据えて専門的な素養を身につける極めて大事な時期です。新たに検討する給付と併せて、学生さんたちが学業を断念しなくてもいい環境整備を目指したいと思います。
  
Posted by takamaron at 23:55

2020年05月11日

予算委員会集中審議

3EDDE863-8605-41E9-9D5C-7BD542F27044
130FA27F-51BB-4751-A938-BA3C403D5EFB

本日、午前中は衆議院で、午後は参議院で予算委員会の集中審議が行われました。
参議院では、現下の諸課題(新型コロナウィルス感染症への対処等)をテーマに3時間コースで行われました。
今月末まで緊急事態宣言が延長されていますが、14日に一部解除を行うかどうかの判断をすること、またその状況も見ながら2次補正の編成の判断も行うことなどが示されました。

PCR検査体制について。
国は、1日2万件の検査体制を構築するとし、原時点で1日あたり17,614件の検査能力があります。
一方で検査の実施状況を表で添付していますが、4月23日の9,381件が最高で、最近は3千〜4千件台の日が多くなっています。
検査できる最大能力と、実際に実施している件数に大きな開きがあるのが現状です。

感染が収束に向かっていて、検査するべき人が減少しているのであれば問題ありませんが、本来PCR検査を受けた方がいい方が、何らかの原因で検査まで至っていないとしたら、改善しなければなりません。

厚生労働省は「帰国者・接触者相談センター」への相談を通じて専門外来を受診する目安を変更しましたし、保健所の体制を強化するとしていますが、それ以外にもボトルネックになっているところを改善して、必要な方がPCR検査にたどり着ける状況を一刻も速く構築しなければなりません。

併せて、新型コロナウイルスに感染したことがあるかどうかを調べる「抗体検査」や、精度は落ちるものの感染を短時間で調べられる「抗原検査」をどのように導入していけば効率よく効果が出せるかの検討も急がれます。  
Posted by takamaron at 23:46

2020年05月10日

母の日

7997FC3E-CDC4-4FBA-B76D-3D7D44764630

今日は、母の日。
各国で日にちが違いますが、5月の第2日曜日が一番多く、日本も含まれます。

日ごろの母の苦労をいたわり、母へ感謝を表す日とされます。

自分の母への感謝に加え、子どもが生まれてからは息子の母になる妻への感謝を表す日にもなりました。

外出もほとんどできず、子どものストレスを受け止めるのも大変ですし、子どもが感染してはいけないと、家の中のいろいろなところを消毒するのも一苦労です。

いつも大変なお母さんですが、新型コロナの影響でさらに大変な世の中のお母さんたちに、心から感謝を捧げたいと思います。

  
Posted by takamaron at 23:01