2020年07月02日

ブログ引っ越しました。

ご覧いただきました福岡たかまろブログは、引っ越しをいたしました。

引越し先:https://profile.ameba.jp/ameba/fukuoka-takamaro/

今後とも、何卒、宜しくお願いいたします。  
Posted by takamaron at 09:51

2020年06月30日

測量設計議員連盟総会

383FF13B-8753-4592-A84B-D30CA3C3D7BA

測量設計議員連盟の総会が行われました(写真)。
議員連盟の会長は田中和徳復興大臣がお務めですが、私は事務局長をしていて、司会進行を務めました。
担い手確保や、インフラ台帳のデジタル化など、議連の検討状況について報告をしたのちに、全国測量設計業協会連合会から要望を承りました。

また、議連のもとに、/靴燭並量設計業のあり方PT(プロジェクトチーム)、街づくりPT、C論卍敢PT、ぅ疋蹇璽鹽活用PTが設けられることが決定しました。
それぞれのPTのもとで、議論をさらに活発化させていきたいと思います。  
Posted by takamaron at 23:19

2020年06月28日

田園風景

3CD79EAA-FC06-4AA4-9AA9-A82843C5B20B

佐賀に戻ると、豊かな田園風景に心が落ち着きます(写真)。

加えて、東京だと職場や繁華街以外にも人の往来が多く、コロナ感染を防ぐ観点から常に気をつかいますが、佐賀だと人が密集する場所が限られているため、気持ちのメリハリをつけることができます。

感染症対策の観点からも地方に居住することの良さが見直される契機になるのではと思います。
そして、この間、テレワークなどの環境も随分進みました。
厳しい状況を乗り越えるだけでなく、その後の社会について、さらに議論を深めていく必要があります。
  
Posted by takamaron at 23:59

2020年06月27日

北部九州に豪雨

005D367E-EF75-4713-AE4B-3733C4261DA4

佐賀に戻りました。

今日は、北部九州は朝から激しい雨に見舞われました。佐賀県との県境にある福岡県久留米市では観測史上最大となる1時間92.5ミリの雨量を記録。佐賀県伊万里市でも87.5ミリを観測しました。
(写真は佐賀と福岡県の間にある筑後川。雨で水嵩がかなり増しているのが見ていただけると思います。

各地に警報や避難情報も発令されました。
夜になっても強い雨が降っていますが、昨年の豪雨で痛んだところの対応が追いつかないうちの大雨ですからとても心配です。
明日にかけてまだ降るとの予想もあります。今後もお気をつけてお過ごしいただければと思います。

  
Posted by takamaron at 23:12

2020年06月26日

コロナ下での選挙

1ABB661E-C313-416B-A9CB-22C393DD0232

本日も、東京都で54名の新型コロナウィルスの新たな感染者が確認されました。
国内全体では100人を超えて、1ヶ月半ぶりの高水準となります。

一方で、東京都は現在知事選挙が行われています。
コロナ下での選挙戦の進め方が問われますが、22名が立候補されていて、いまだにどなたの選挙カーとも遭遇しませんから、ネットなどを使った訴えにウェイトを置いておられる方が多いと考えられます。

選挙ポスター(写真)も、コスプレのような方もおられますし、ホリエモン新党では、立花候補以外のお二人は、名前もわからなければ、顔写真もありません(堀江氏は候補者ではありません)。
すごく分かりにくい感じがしますが、公選法上は合法とのことです。

選挙のやり方や、それに対する規制のあり方について、時代の変化や、新型コロナウィルスの教訓も踏まえて、考える必要があると思います。  
Posted by takamaron at 23:55

2020年06月25日

新型コロナウィルス関連肺炎対策本部

E23B01F8-5071-41BF-ABE1-86E1307C5746

本日、佐賀県と長崎県は局地的な大雨に見舞われました。
避難勧告であったり、避難準備情報などが出されました。大きな被害についてはまだ確認できていませんが、明日以降も雨の予報が続いていて、心配は尽きません。
昨年の豪雨災害の復旧途上でもありますし、新型コロナウィルスの影響で避難所もこれまで以上の対策が求められます。
被害が拡大しないことを祈るばかりです。

13:30より、新型コロナウィルス関連肺炎対策本部が開催されました(写真)。政府から対応状況について説明を聞いたあと、骨太の方針2020に向けた提言案について議論が行われました。
提言には、〆椴行に備えた感染拡大防止、医療提供体制の再構築等、雇用情勢等に応じた臨機応変の対策の実施、新型コロナウィルス感染症対策に係る対応などの項目ごとに、多岐にわたる項目が盛り込まれています。
実現に向けて、与党側からも後押しをしていきたいと思います。

そのほか、国民歯科問題議員連盟の総会においても骨太の方針や来年度の予算に向けた意見が交わされました。

また、障害児者問題調査会においては、第一次補正および第二次補正における障害福祉分野の対策について説明を受けたあと、千葉県から北総育成園での施設内集団感染への対応についてヒアリングを行い、意見交換しました。  
Posted by takamaron at 23:55

東京で55人の感染者

3ECDCD2D-0F30-409F-9EB2-B18C473FDA73

東京都で新たに55人の感染者が確認されました。
50人を上回るのは5月5日以来となります。
ホストクラブや、同一の職場など感染ルートが確認されているケースばかりではありませんから、さらなる感染拡大が懸念されます。

社会経済活動が活発化してきた矢先のこの数字ですから、ショックは大きいです。
専門家の分析も踏まえて、どのような対応をするべきか、検討を進める必要があります。  
Posted by takamaron at 00:03

2020年06月23日

外食での感染対策

国会が閉会しても、骨太の方針、来年度予算に向けての各種会議が行われています。

それぞれで提言などをまとめて、実現に向けて働きかけていくことになります。

最近、外で食事をする機会も出てきましたが、それぞれ感染対策を工夫されています。
お店をこまめに消毒し、お客さんには消毒液が置いてあるところは一般的ですが、入場の時に非接触型の体温計で検温したり、アクリルのパーテーションで仕切りがしてあったり。

また、蜜を避ける意味で、席の間隔を空けてあるところも多くあります。その場合はお店に入ることができる人数が以前よりも少なくなりますから、お店にとっては売り上げが減少してしまいます。

いまだ厳しい状況にある飲食店に対し、利用されている方も、馴染みのお店に営業を継続してもらいたいと、応援する気持ちが込められていると聞きます。

コロナ後の社会は変容しますが、そうした人と人との心の繋がりが途絶えないようにしなければと思います。  
Posted by takamaron at 23:52

2020年06月21日

新型コロナウィルス接触確認アプリ

0DC7D7E7-9E7C-4B69-B41D-771143446A29

本日も佐賀県内で面談など行いました。

厚生労働省は、19日に新型コロナウィルス接触確認アプリ「COCOA」をリリースしました。

スマートフォンのブルートゥース機能を使って、新型コロナウィルスの感染者と接触した可能性について通知を受けることができるシステムです。

政府による監視といった、プライバシーを気にする声を多くいただきますが、個人情報をとることはありませんし、位置情報を記録することもありません。近接したかどうかの情報は、ご本人のスマートフォンの中にのみ記録される仕組みです。
また、いつでも利用を中止することで過去の記録を削除することもできます。

私も早速ダウンロードしました。国内の6割の方が利用することで効果があるとされており、現在は試行判ですが、是非インストールしていただければと思います。

  
Posted by takamaron at 23:45

2020年06月20日

佐賀にて

D89F9CF5-86AC-454F-A144-356D1E5608D9

今日は、県内数カ所で面談など。

3月末以来、ようやく佐賀に戻りましたが、車で走っていると変わったなと感じる地点がいくつもあります。
また、田植え作業をされている方も散見されました(写真)。
都会の密集から地元に戻るとほっと心が落ち着きます。

夕方以降、久しぶりに実家で過ごしました。  
Posted by takamaron at 23:51

2020年06月19日

地元へ

2C0BC0EE-480B-4A89-8957-F2781CB9E21E

10:00、新型コロナウイルス関連肺炎対策本部 再流行コンティンジェンシープラン・プロジェクトチームに出席しました(写真)。
新型コロナウィルスの第二波、第三波がくるかもわからない中で、第一波での教訓と、客観的なデータに基づく緊急時対応計画を定めようとするものです。
これまでの議論に基づく取りまとめ案について議論が行われて、上川座長に一任となりました。

19日から、政府が全国を対象に県をまたぐ移動制限を解除したことを受けて、午後のフライトで帰省しました。
佐賀ー羽田便は、通常だと5往復ですが、現在は東京からは9:35発の1往復のみの運行となっているため、福岡空港便に乗りました。
移動制限解除を受けて、座席はほぼ満席でした。

一方で、今日は東京都で35人の新規感染者が確認されています。そうした状況も勘案しながら、地元での活動も段階的に増やしていくことになろうかと思います。
今日も何人かの方とお会いしましたが、電話で聞くよりも、よりイメージを持って新型コロナウィルスの影響を伺うことができたと思います。
国の政策に繋がるよう努力していきます。
  
Posted by takamaron at 23:59

2020年06月18日

要望活動

2D65CBFB-9538-4AC3-8D2F-2DDC596BC56D
7B450E8A-37EE-4A1F-AC32-2B018CB2444D

東京都知事選挙が告示され、過去最多の22名の方が立候補されました。
現下の情勢で盛り上がりに欠けますが、いまだ感染が続く新型コロナウィルスへの対応や、延期されたオリンピック・パラリンピックの舵取りについても、しっかりとした議論を戦わせていただきたいと思います。

また、午前中には参議院自民党鹿児島県知事選挙打合せ会がありました。6月25日告示、7月12日投開票の鹿児島県知事選挙において、自民党は現職の三反園訓さんを推薦することを決定しています。
職域や他県からの支援の要請がありました。

国会は閉じられましたが、7月にもまとめられる経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)や、来年度の予算の概算要求などに向けての動きも活発化してきています。

今日は、私が幹事長を務めるセルフメディケーション推進勉強会で、岸田政調会長と橋本厚生労働副大臣に、また私が事務局長を務める製薬産業政策に関する勉強会で橋本厚生労働副大臣にそれぞれ要望や提言を渡しました(写真)。

自分自身の健康に責任を持ち、軽度の身体の不調は自身で手当てするという、セルフメディケーションの推進を、これまで同様に骨太の方針にも位置付けていく必要があります。
また、医薬品の流通も新型コロナウィルスの影響で平時と異なる状況にある中、本年9月に予定されている薬価調査や来年度の中間年改定は見直すことが求められます。

ほかにもさまざまな論点に関して、議論を重ねた内容をまとめて、お渡ししました。盛り込まれるよう、引き続き働きかけていきたいと思います。  
Posted by takamaron at 23:55

2020年06月17日

通常国会閉会

E97AD551-6982-4DE4-98ED-82F2A3444A03

第201通常国会が閉会しました。
新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、議論しなければならないことは多くある一方、蜜を避けるためになかなか会議が開けない、これまで経験したことのない国会だったと思います。
私が所属する予算委員会でも、令和元年補正予算、令和2年度本予算、令和2年度第1次補正予算、令和2年度第2次補正予算と4つの予算審議を行うということも、あまり例のないことでした。

新型コロナウィルスに関しては、新規感染者数が減少する一方で、まだまだ収束には時間がかかりそうなことや、第2波の恐れもあります。

このような状況の中、「国会を止めるな」という運動がツイッター上などで広がりました。
国会を通じて情報をお届けするとともに必要な対策を講じることはとても大切なことです。
一方で、政府において国会対応にあたる方と、新型コロナウィルス対策にあたる方が重複しているケースも多くありますから、閉会した上で現場の対応に注力していただくことも意味はあると思います。

双方の考え方から、本日与野党間で協議が行われ、閉会中審議のルール化について合意がなされました。
閉会中審査は、当面の間、衆議院で毎週水曜日、参議院で毎週木曜日に行うというものです。

開会予定には、予算委員会も含まれていますから、その内容について協議していくこととなります。
これだけの危機に、国会が機能停止していると思われないようしなければなりませんし、これまで以上に地元の声を丁寧に伺った上で、国の政策に反映させるように努めたいと思います。
  
Posted by takamaron at 23:54

2020年06月16日

少子化社会対策に関するPT

20D4DA47-3D50-49DB-821D-961DFDDD044E
ACF3A287-4670-48E1-A488-71A65DA2BDDB

8:00、自民党の人口減少社会対策特別委員会少子化社会対策に関するPTの立ち上げに伴う役員会がありました(写真)。
PTの座長に前の少子化担当大臣を務められた松山政司先生が就任され、私は座長代行を仰せつかりました。

5月29日にまとめられた少子化社会対策大綱の内容について、内閣府から説明を受けたあと、7月の骨太の方針に向けた議論として、〃觝Щ抉隋↓∋勸蕕討箒軌蕕砲かる経済的負担の軽減、0藥休業等の定着促進、男性の育児休業の取得促進、ど塲ゼN鼎悗了抉隋↓ヂ垉〇童対策、保育人材の確保をテーマに議論を行いました。

昨年生まれた赤ちゃんは86.5万人と1899年(明治32年)の統計開始以降最低で、合計特殊出生率も1.36と落ち込みました。
政府はこれまでも、さまざまな少子化社会対策を講じてきていますが、結果として出生率が下がってしまっているのは、アプローチの仕方に問題があると考えられ、原因分析が必要です。

また、出生数86.5万人に対して、人工妊娠中絶の数が年間約16万件に及ぶことへのご意見もありました。出産を断念した理由の分析、および対応策も求められます。

私は、長い目で見たときの日本の一番の国難は人口問題だと思っています。しっかりとした議論を多角的に行っていきたいと思います。

佐賀県や県内の市町におかれては、さまざまな政策や予算の要望に中央省庁を訪問されるケースが多くありましたが、新型コロナウィルスの影響でここのところできない状況が続いています。
本日、伊万里市から国土交通省道路局長への西九州自動車整備促進の要望活動がオンラインで行われ、古川代議士、山下参議院議員とともに参加しました(写真)。

事業ごとに多くの方に佐賀からお越しいただくのも大変だなといつも感じていましたから、コロナ後の社会のあり方としてオンラインでの要望活動も悪くないと思いました。

そのほか、私が事務局長を務める測量設計議員連盟役員会など。  
Posted by takamaron at 22:56

2020年06月15日

地域活性化推進小委員会

B2E3460A-AABC-46BB-AB60-816E3712DE32

午前中、私が事務局長を務める2020年オリンピック・パラリンピック東京大会実施本部、地域活性化推進小委員会が行われました(写真)。スポーツコミッションについてヒアリングを行ったあと、提言案の議論を行いました。
東京2020オリンピック・パラリンピックの開催が約1年延期されたことに伴い、東京だけでなく東京2020大会を契機に地域活性化を図ろうとしていた地方にも大きな影響が出ています。
新たな生活のあり方の中で、地方にとってどのようなオリンピックのレガシーを残し、スポーツにより地域経済を活性化させるのかといった視点からの提言となっています。

夕方、新型コロナウイルス関連肺炎対策本部 再流行コンティンジェンシープランPTに出席しました。
コンティンジェンシープランとは、緊急時の対応計画です。新型コロナウィルスの第二波、三波再に備え、データを基にどのような備えを行う必要があるか検証します。PTとして、今週中の取りまとめを目指します。  
Posted by takamaron at 22:20

2020年06月14日

東京都で新たに47名の感染者

C59EE9F4-E942-4C8A-B725-43F14EF3021E

本日、東京都で新たに47名の方が新型コロナウィルスに感染していることが判りました。
40名以上は、5月5日以来です。

収束に向かっていると思っていただけに、一報を聞いたときに衝撃が走りました。

感染経路不明者が少なかったのが救いですが、油断大敵ということを痛感させられます。

東京でも外出される方が増えている上に、マスクを着けていない方も増えました。
暑くて息苦しいのもありますが、さらに感染が拡大して経済活動に制限がかかると、これまでの自粛で苦境にある多くの事業者が、事業の継続を諦めざるを得なくなります。

日本の感染が他国に比べて抑えられているのは、多くの方が自ら感染防止に努めていただいている積み重ねです。
自らや、大切な方の健康を守るためにも、経済活動を活発化させながらも、引き続き感染防止の意識を持ってお過ごしいただきたいと思います。  
Posted by takamaron at 22:53

2020年06月12日

第2次補正予算が成立

44F5DF07-DAF9-469C-8D6E-A472AFC6150B
9DA3FB98-993E-417A-8939-96578EF26395

令和2年度第2次補正予算が、午前中の参議院予算委員会審議を経て、午後の参議院本会議で可決・成立しました。歳出総額は31兆9114億円、事業規模は117兆1千億円で、補正予算としては過去最大となります。

内容については、添付させていただいていますが、仝柩冂汗綾成金の拡充、∋餠盞り対応の強化、2板損抉腟詆婉發料論漾↓ぐ緡田鷆‖寮の強化、イ修梁召箸靴特亙創生臨時交付金の拡充、低所得のひとり親世帯への追加給付、持続化給付金の対応強化のほか、農林漁業者の経営継続補助金の創設や文化芸術活動への支援、教育関係の各種支援などが盛り込まれています。

また、予備費が10兆円盛り込まれていて、額が大きすぎるのではという議論が予算委員会でも行われました。財政民主主義に反するのではないかというものです。
政府は、半分の5兆円について、雇用維持や生活支援に1兆円、事業継続支援に2兆円、医療提供体制強化に2兆円とする内訳を示した上で、総理は「今後起こり得るさまざまな事態に迅速かつ十分に対応し、国民の健康と雇用、事業を守り抜いていくためだ」としました。

私は、不測の事態に迅速に対応する意味で、予備費を多めに計上することは止むを得ないと思いますが、使う際には、何にどのように使うのかをしっかりと説明すること、迅速に対応するためというのであればその通り迅速に対応することが求められます。

申請受付や給付を行っていただいている政府機関や地方公共団体には、本当にご尽力いただいていますが、申請数が多いこともあって、スピード感に欠けるとの指摘も多くあります。
迅速かつ適切な執行がなされるよう、チェックしていきたいと思います。
  
Posted by takamaron at 22:56

2020年06月11日

参議院予算委員会で第2次補正予算の審議

431B74AD-30E3-4BC9-A0C0-3666B3552EB2

参議院予算委員会で令和2年度第2次補正予算の審議が始まりました。
今日は、朝9:00から7時間コースで審議が行われました。

以前もお伝えしましたが、参議院の場合は片道方式といって質疑者が質問のために起立した時間のみがカウントされます。
テレビ中継ありの場合は、質疑時間1に対して、答弁が1.5の割合で計算するため、7時間の420分に対して、質疑時間は168分となります。

ただ、野党は質問を短くして多くの答弁を引き出す傾向にあり、質疑者によっては質疑時間1に対して答弁が3かかるケースもあり、参議院の場合は時間が延びる傾向にあります。

今日は、委員会が終わったのが18:00ごろで、8時間あまりの審議となりました。
お昼1時間の休憩を挟んで、午前3時間、午後5時間続けての審議は、正直疲れます。

特に、理事を拝命しているため、質疑者が答弁に納得せずに質疑を中断した場合、議事の整理を行わなければなりません(写真)。内容を聞き漏らさないよう、集中し続けることが求められます。

明日も、残余の質疑が行われたあと、討論・採決まで行われる予定です。
最後まで緊張感を持って臨みたいと思います。  
Posted by takamaron at 22:51

2020年06月10日

明日から参議院予算委員会で補正予算の審議

令和2年度第2次補正予算は、本日衆議院本会議で可決され、参議院に送られてきました。

参議院予算委員会での審議については、9日に決定する予定でしたが、調整に時間を要し、本日お昼前の理事懇談会でようやく決定することができました。

明日(11日)と明後日(12日)の2日一巡、8時間コースでNHKのテレビ中継入りで行われます。

明日は、9時ごろから質疑がスタートして、17時ごろまで行われます。

会期末を間近に控え、与野党の攻防も激しくなってきています。緊張感をもって臨みたいと思います。  
Posted by takamaron at 23:32

2020年06月09日

Go To キャンペーン

7B407CDB-1927-4871-B6D9-1C9B7A0CCD47

衆議院予算委員会では、今日から令和2年度第2次補正予算の審議が始まりました。
参議院においても、明後日からの審議に向けて協議を行いましたが、開催に向けての合意を得られることができませんでした。明日、再度協議を行います。

国会審議においても、「持続化給付金」の事業を、国から委託された社団法人が大手広告代理店の電通に再委託している件について、多くの質疑が行われています。支出に問題がないか、しっかりとした説明を行わなければなりません。

また、観光や飲食、イベントなどの需要喚起のためのGo To キャンペーンについても、事業委託先を公募中でしたが、一括の公募を見直して、事業分野ごとに執行団体を公募し直すことになりました。
費用の構図を分かりやすくすることで、チェックが効く体制を構築することが求められます。

一方で、Go To キャンペーンそのものの是非について問う意見もあります。
佐賀県にも、多くの素晴らしい観光地や温泉などがあり、そこには素敵な宿がたくさんあります。
参議院予算調査室が作成したレポートを添付していますが、家計調査の宿泊料支出ではこの4月が前年同月比▲94.7%、またREITによる客室稼働率はコロナ前の80%台後半から90%台前半に比べて4月には9.8%から30.1%と、壊滅的な状況にあることが分かります。
コロナ収束後には、需要喚起策を講じなければ経営継続は困難です。
収束に力を注ぐ一方で、その後を見据えた政策を示すことも重要だと思います。  
Posted by takamaron at 22:31