千葉県議会議員『松戸たかまさ』の県政レポート

千葉県議会議員「松戸たかまさ」の考える政策、議会で取り上げた政策を中心に、出来る限り分かりやすく書いていきます。

2月議会代表質問 〜部活動における外部人材の活用について〜

文部科学省は昨年9月に、公立中学校・高等学校の休日の部活動を地域の活動として地域の団体が担うこととし、休日の部活動指導を教員が選択できる環境を整え、休日の部活動を段階的に地域に移行させていく方策を取りまとめました。
また来年度から2年かけて各都道府県で選ばれたモデル校で実践研究を行い、2023年度から休日の部活動の地域移行を段階的に導入し、全国展開を目指していくとのことです。


こうした国の動きを受けて、千葉県の部活動における外部人材の活用について取り上げました。


(質問)
部活動の外部人材の活用は、部活動の内容に精通した指導者による専門的な指導が受けられるとともに、働き方改革が叫ばれている教員の負担軽減につながることになる。部活動における外部人材の活用状況はどうか?また今後どのように取り組んでいくのか?推進するにあたり課題をどう考えているか?
(回答)
今年度は、県から市町村に配置した専門的な知識・技術を有する「部活動指導員」46名を含めて計591名が運動部で活動している。部活動指導員については、専門家の指導により生徒の意欲や技能が向上したとの声がある一方、人材の確保が難しく、費用負担をどうするかといった課題も存在する。県としては今後、各競技団体などと連携し、市町村に情報提供するなど、人材確保を進め、部活動指導員のさらなる配置を図る。


生徒にとって、また教員にとってどのような形が良いのか、引き続き千葉県と協議・検証していきたいと思います。


千葉県議会議員
松戸たかまさ

2月議会代表質問 〜新技術の活用について〜

【新技術の活用について】
これまで何度も県議会で取り上げてきたテーマです。
ようやく国の方も本気で取り組む姿勢を示しているので、千葉県でも一気に進めたいと思います。
またこのテーマは、間もなく行われる千葉県知事選挙に立候補される予定の方々の得意分野でもあります。今後の進展が楽しみなテーマです。


(1)来年度におけるICTの取り組みついて
(質問)
行政のデジタル化に向けて千葉県としてどのように取り組むのか?
(回答)
来年度、「デジタル・業務改革担当部長」を新設し、デジタル化にかかる国・市町村との連携窓口や、庁内各部局の関連施策の調整機能を一元化する。また従来からある「千葉県ICT利活用戦略」については、ICT環境が大きく変化しているため、見直しを検討していく。


(2)インフラの維持管理等への新技術の活用について
(質問)
効率的かつ効果的にインフラの維持管理を進めるためにも、積極的にAIやドローン等の新技術を活用するべきではないか?
(回答)
現在、舗装の点検で路面状況の診断にAIを導入し、橋梁点検においてはドローンの活用を試行的に実施している。今後も新技術の活用については有効であると考えており、積極的に取り組む。


千葉県議会議員
松戸たかまさ

2月議会代表質問 〜東日本大震災からの復旧・復興について〜

【東日本大震災からの復旧・復興について】
東日本大震災から10年が経過しようとしています。
その間、千葉県でも様々な復旧・復興のための事業を実施してきました。
今回の代表質問では、そうした取り組みの一部ですが取り上げました。


(1)災害医療体制の整備について
(質問)
様々な復旧・復興事業を推進してきたが、その中でも災害医療体制の整備強化は非常に重要だと考え、県議会でも多くの議論がなされてきた。これまでの取り組みと今後の取り組みはどうか?
(回答)
これまでの10年間で災害拠点病院を震災当時の19病院から26病院に、医療救護活動の中心となる災害派遣医療チームDMATの隊員数を122人から309人に増やした。また医療機関の耐震化率を平成22年の53.2%から76.8%まで改善させた。今後も引き続き医療救護活動にあたる医療者の養成や医療機関の耐震化率の向上等に努めていく。


(2)防災教育について
(質問)
災害時に児童生徒の命を守るため、この10年間でどのような防災教育を行なってきたのか?また今後どのような防災教育を行うのか?
(回答)
県教育委員会では、毎年度、防災教育のモデル校を指定し、防災教育調査の結果をもとにテーマを設定し、防災教育や家庭・地域と連携した合同防災訓練等を行なった。今後も災害の教訓を風化させることなく、防災教育の充実に取り組んでいく。


千葉県議会議員
松戸たかまさ

2月議会代表質問 〜新型コロナウイルス感染症対策〜

2月定例県議会の代表質問で取り上げた内容及び県の回答について、ダイジェストで書きたいと思います。まずは新型コロナウイルス感染症対策についてです。


(1)ワクチン接種準備について
(質問)
予防接種については市町村の役割となっている。千葉県は先日、ワクチン接種体制整備班を設置したが、県としてどのような支援を行うのか?
(回答)
市町村が実施するワクチン接種に対して、広域的な視点から助言・調整等を行うとともに、専門的な医療相談等を受ける体制を構築する。


(2)新型コロナの後遺症について
(質問)
厚労省が公表している資料によると、患者によっては急性期症状が遷延することがあるとのこと。回復者への電話調査によると、発症から60日経過後にも、嗅覚障害(19.4%)、呼吸困難(17.5%)、倦怠感(15.9%)、咳(7.9%)、味覚障害(4.8%)があることが判明した。こうした後遺症に対して県としても対応するべきだがどうか?
(回答)
国から示される研究成果を適宜、県HPに掲載するなど、正確な情報を発信する。また後遺症に関する相談があった場合には、医療機関への受診を案内する。


(3)感染拡大に伴う児童生徒の心のケアについて
(質問)
「コロナうつ」ともいえる症状が蔓延している。千葉県としてどのような対策を実施しているのか?
(回答)
JR主要駅や市町村の生活困窮窓口などに不安解消のためのリーフレットを設置。児童生徒についてはスクールカウンセラー等の相談時間を通常の1.5倍程度に増やして対応している。令和3年度は、スクールカウンセラーを小学校11校増の174校、全中学校、高等学校4校増の89校に設置し、教育相談体制を充実させる。


この他にも医療提供体制など聞きましたが、日々刻々と状況が変わる中で、議会という場では明確な答弁は難しかったと思います。皆様からいただく要望等については、引き続き担当者に対して直接伝えさせていただきたいと思います。


千葉県議会議員
松戸たかまさ

2月議会代表質問

本日より千葉県議会2月議会の代表質問がスタートしました。
今回、取り上げたテーマは以下の通りです。


(1)新型コロナウイルス感染症対策について
・地域の医療提供体制整備
・ワクチン接種準備
・心の健康問題

(2)高病原性鳥インフルエンザについて

(3)東日本大震災からの復旧・復興について
・災害発生からの10年間における復旧復興の取り組み
・災害医療体制の整備
・防災教育

(4)ICT、AI等新技術の活用について
・千葉県における新技術導入に向けての新たな体制構築
・ICT利活用戦略の改定
・新技術を活用したインフラの維持管理

(5)環境問題について
・気候変動への適応
・自動車環境対策

(6)教育問題について
・教職員の働き方改革
・部活動における外部人材の活用


今回の県議会は上記の通り、新型コロナウイルス感染症対策、デジタル化推進、来年度予算案など多岐にわたるテーマを議論することとなっています。
3月2日の閉会日まで全力で取り組んで参ります。


また今回の定例県議会で森田健作知事が勇退する意向を表明しています。
そのため閉会後には新人候補者同士の千葉県知事選挙がスタートします。
知事選挙といっても、現在の状況を踏まえれば積極的に活動するのは難しいと思いますが、各候補予定者がどのような千葉県にしようとしているのか、一人でも多くの方に発信して欲しいですね。

BCA4AAB5-7428-40D5-AD4F-0B238E68493D


千葉県議会議員
松戸たかまさ

新型コロナウイルスワクチンに関する千葉県の取り組み

新型コロナウイルス感染症のワクチンに関する様々な情報が出ていますが、千葉県の今後の取り組み、方向性についての情報を入手しましたので共有させていただきます。
新型コロナウイルスワクチンの情報は非常に流動的ですので、現段階での情報として受け止めていただければと思います。

(1)千葉県にワクチン接種のための専門チームを組織。

(2)現在、コロナ対応を担う医療従事者への接種を進めるためのリスト作成を進めている。各医療機関や救急隊員等を所管する市町村等に対して、接種させるべき人材の調査を依頼中。千葉県がリスト化し、接種を進める。2月末までを見込む。どのくらいの規模になるか、調査結果があがってくるまでは不明。

(3)接種の具体的な会場等の調整、市民へのワクチンクーポン券の配布は各市町村が担当。

(4)副作用への不安や実際に症状が出た際の相談窓口についてはまだ議論中だが、千葉県にも市町村にもコールセンター的機能を持たせる計画である。県は専門的助言、市町村が受けきれない相談を扱うなど最大限バックアップ。

(5)ファイザー社のワクチンはマイナス70℃保管。必要な冷凍庫をどこに設置するかを1月中に検討し、設置市町村とも協議していく。

(6)接種を受ける県民の負担はなし。ただ、会場や人員等の確保のため、国庫(国の予算)で賄えないケースがあり、その場合には各自治体が財政負担する可能性あり。

新しい情報については随時更新していきます。何か知りたい点やご意見等ありましたら、私まで連絡ください。

千葉県議会議員
松戸たかまさ

2021年度当初予算案 〜森田健作知事最後の予算(ガッツ・コロナ予算)〜

千葉県の2021年度一般会計当初予算案が発表されました。
総額1兆9,898億1,700万円(新型コロナ感染症対応経費3,312億1,600万円を含む)にのぼり、8年連続で過去最大を更新することになります。

今年は3月に千葉県知事選挙が行われるため、義務的経費や継続事業費が中心の骨格予算となりますが、多額の新型コロナ感染症対策費用が計上されているため、前年度と比較して9.4%も増加することになりました。

なお、政策的判断が必要な新規事業は、新たな知事が6月補正予算で肉付けする予定となっています。1千億円前後の新規事業が追加されると予想されています。

今回の2021年度当初予算案の主な施策は次の通りです。

1.新型コロナウイルス感染症対策
(1)感染症患者受入れのための空床確保事業:234億円1,000万円
(2)軽症者等のための宿泊施設確保事業:47億700万円
(3)臨時医療施設整備運営事業:30億円
(4)患者受入協力金:28億8,000万円
(5)検査体制の確保:12億3,500万円

2.デジタル社会の推進
(1)介護事業所等におけるロボット・ICT導入支援:1億9,107万円
(2)県立学校ICT環境整備事業:6億7,363万円
(3)デジタル技術の活用等による業務改革の推進:9,656万円
(4)ICTを活用した児童相談所業務改善:4,254万円
(5)スマート農業導入支援:3,000万円

3.子ども・子育て
(1)私立学校経常費補助:116億8,537万円
(2)私立学校等就学支援:84億9,000万円
(3)千葉県保育士処遇改善事業:19億9,950万円
(4)特定不妊治療費助成事業:18億4,200万円
(5)学校におけるいじめ対策・不登校児童生徒支援:9億7,623万円

4.福祉・医療
(1)(仮称)千葉県総合救急災害医療センター施設整備事業:31億3,049万円
(2)千葉県社会福祉センター整備事業:15億6,843万円
(3)医師確保関係事業:10億1,388万円
(4)介護人材確保事業:4億4,897万円
(5)千葉リハビリテーションセンター再整備事業:2億7,544万円

5.安全・安心
(1)非常用自家発電設備等整備事業:5億7,552万円
(2)備蓄物資整備事業:2億5,300万円
(3)水道施設緊急電源確保事業:8,270万円
(4)氾濫推定図作成事業:7,000万円
(5)河川監視カメラ設置事業:6,400万円

6.オリンピック・パラリンピック
(1)ホストタウン・事前キャンプ地における新型コロナ感染症対策:8億7,000万円
(2)聖火ランナー準備・運営事業:2億950万円
(3)事前キャンプ受入事業:1億8,000万円
(4)東京2020ライブサイト等イベント実施事業:2,300万円
(5)東京2020大会の文化プログラムを契機とした文化力向上事業:438万円

7.産業・雇用・基盤整備
(1)中小企業振興資金:3,800億円
(2)道路ネットワーク事業:590億3,282万円
(3)千葉県農産産地パワーアップ事業:3億9,650万円
(4)飼料用米等拡大支援事業:3億5,580万円
(5)森林整備事業:3億1,716万円

千葉県議会議員
松戸たかまさ

12月代表質問の概要 〜コロナ禍における居住支援について〜

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、経済的な理由で住居を失った方や失うリスクの高い方が増加しており、こうした方々への居住支援の必要性は非常に大きなものとなっています。今回の代表質問でも、県としての居住支援について取り上げました。


県からの回答は以下の通りです。


(1)住居を失う恐れのある方々などに対する経済的支援としては、原則として3ヶ月間、家賃相当額を支給する住居確保給付金がありますが、新型コロナウイルスの影響を踏まえ、本年4月20日からは、離職や廃業された方に加えて、収入減により、これと同じ程度の状況に至った方についても支給対象としているところです。

(2)本年4月から10月までの県内の住居確保給付金の支給決定件数は、政令市・中核市を除いて3,049件と、前年同期の78件と比較して約39倍に増加しています。

(3)また、受給者に対しては、生活困窮者の自立相談支援機関がハローワーク等と連携して就労支援などを行なっており、今後も関係機関と連携しながら生活再建に向けた支援を行なってまいります。


以上が県からの回答ですが、この住居確保給付金の支給期間は原則として3ヶ月、最長でも9ヶ月となっており、春頃から給付を受けた方々への支援が年末年始で無くなってしまうことが懸念されていました。千葉県の担当者ともこの点についてどのように対応していくのか協議していたところ、先日、厚生労働省から住居確保給付金の支給期間を、最長9ヶ月から12ヶ月に延長するとの発表がありました。


住居関係の問題については私もたくさんの相談をいただいております。住居確保給付金の支給延長はありがたいことではありますが、決して楽観視できる状況ではありません。引き続き居住支援については県と協議していきたいと思います。


千葉県議会議員
松戸たかまさ

被災者住宅支援の進捗状況

B75B1E8D-2BD2-4FB3-AFFD-6B5D9E732B9F

本日は県土整備常任委員会が開催されました。


昨年の一連の台風や大雨により、千葉県は大きな被害を受けました。
特に住宅被害では、国の支援制度の対象外となる一部損壊被害が多く発生したため、千葉県では独自に支援制度を創設し、住宅復旧の支援を行なってきました。


1年近くが経過した現段階では、申請件数は22,950件(うち工事完了件数17,778件)、申請額は約25億円(予算額40億円)となっているとのこと。
この事業は今年度で終了してしまうので、復旧を更に迅速に進め、また支援漏れがないよう要請しました。


県としても、見積書がなくても仮受付を行うなど柔軟な措置を実施しながら、支援漏れがないように取り組んでいくとの回答をいただきました。


またこれまでお願いしてきた地元の案件(河川の不法投棄撤去や道路改良等)について、対応状況の説明をいただきました。
河川の水位の問題や地元との調整のために一部未解決の案件もありましたが、大半は対応していただいておりました。
引き続き地域の問題を取り上げ、改善していきたいと思います。
55B8B387-D966-464D-B35E-E48B1620095E

B886D1BA-52CE-43DB-B6C1-A202C817E0CB

AFC9A326-23A3-44A9-A75C-F951BB460286


千葉県議会議員
松戸たかまさ

12月代表質問の概要 〜千葉県の医療検査体制について〜

12月定例県議会の代表質問で、私達が取り上げたテーマについて報告させていただきます。


まずは新型コロナウイルス感染症に対しての千葉県の医療検査体制についてです。


(1)千葉県内の医療機関への支援
医療現場は、一年近くに及ぶ新型コロナ感染症への対応で医療従事者も疲弊し、病院経営も逼迫しています。千葉県内の病院における医業収益は、前年同月と比べて、5月の段階では12.5%の減少であったのに対して、9月は0.9%の増加になっているとのことですが、感染拡大の状況を踏まえると、依然、予断を許さない状況です。

医療機関に対する支援策の執行状況として、11月末日現在、入院患者受入協力金は、補助対象62医療機関のうち53機関に対し9億7千万円、病床確保支援補助は、補助対象56医療機関のうち32機関に対し約22億2千万円をそれぞれ交付決定したとのこと。

こうした支援が、早急に医療機関や医療従事者に行き届くよう取り組むのと同時に、県独自の追加支援策を検討するよう要請しました。


(2)県保健所への支援
千葉県の保健所は、濃厚接触者への行政検査、感染患者の健康観察、症状が急変した場合の救急搬送等、多くの業務を抱えていますが、保健師等のマンパワーには限界があります。マンパワーの増強を図ることや業務の分担を図ることを通して、効率的・効果的に業務を進める必要があります。

これまで県では、臨時職員を順次17名増員し、延べ2,200名を超える応援職員を派遣するとともに、人材派遣会社の活用により45名の職員を派遣するなど、保健所の体制強化に努めてきたとのことです。また発熱患者等の増加に備えて、発熱相談コールセンターに看護師等を配置し、これまで各保健所が担ってきた健康相談への対応を集約化することなどにより、保健所の負担軽減を図っているようです。

今後も、保健所の体制強化を図るとともに、外部委託やICT利活用等により、業務の効率化および迅速化を図るとの回答を頂いたので、引き続き感染対策の最前線である保健所機能の強化を図っていきます。


(3)検査体制の整備
インフルエンザとの同時流行に備え、地域のかかりつけ医や診療所における検査・診療体制の整備を進めており、県として1,100箇所の医療機関で検査・診療が行えるよう体制整備に取り組んでいます。

その一方で、感染疑いや濃厚接触者に対する行政検査に加え、感染者が多数発生している地域やクラスター発生地域での医療機関、高齢者施設等での一斉・定期的な検査の実施も国から求められていますが、現状ではまだ実施されていません。船橋市などのように独自に高齢者への任意検査を実施する自治体も出ており、千葉県としても検査体制の拡充を進めるよう要請しました。


千葉県議会議員
松戸たかまさ
livedoor プロフィール

松戸 たかまさ

1978年松戸生まれ松戸育ち。
実家はラーメン屋。

大学&大学院では経済政策を専攻。
投資銀行・衆議院議員秘書を経て、現在千葉県議会議員。

※詳しい自己紹介は私のHPを見てください。

Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ