千葉県議会議員『松戸たかまさ』の県政レポート

千葉県議会議員「松戸たかまさ」の考える政策、議会で取り上げた政策を中心に、出来る限り分かりやすく書いていきます。

議員特権の象徴「地方議員年金」が復活!?

議員特権の象徴として批判されていた議員年金ですが、私が初当選した2011年に地方議員年金は廃止されています。
今は、地方議員は国民年金に加入しているのですが、最近になって突如、議員特権の象徴とされてきた地方議員年金を復活させようとする動きが水面下で広がってきているのです。


地方議員年金は、1961年に任意加入の年金制度として発足し、1962年には強制加入の制度となりました。
しかし、この議員年金は国民年金と比べ、掛け金に対して支給される年金の額が非常に多く優遇された制度であったために、制度の施行中から非難の声が多く上がっていました。


結局、市町村合併等で掛け金を払う現役議員の総数が減っていったのに対して、年金を受給する元議員が増え財政状況が悪化したため、旧民主党が政権交代を果たした2011年に地方議員年金は廃止されることになりました。


ただ、議員年金は廃止されましたが、既に退職した議員への年金の支給は続いているのです。
財源の問題から廃止になった制度であるため、当然積み立て資金は枯渇しており、現在では税金によって支給が行われているのです。
経過措置によって支給される年金は減額されていますが、議員年金廃止後も、結局は税金で廃止に伴う経費を負担する形になっているのです。


そのような状況の中、ここにきて地方議員年金を復活させようという動きが広がりつつあるのです。


2016年7月に突如として、全国都道府県議会議長会において、廃止された議員年金に代わる新たな地方議員の年金として、報酬比例部分のある公的年金制度への加入を求める決議がなされたのです。
そして今年に入ると、全国の半数以上の地方議会で、新たな地方議員年金の復活を国に求める意見書を可決しているのです。
このような地方議員年金の復活の動きは千葉県内にも存在しています。
尻拭いのために多額の税金を投じてまでしてようやく廃止した議員年金制度が、形を変えて復活しようとしているのです。


新たな地方議員年金を復活させる目的は、最近の地方議会の担い手不足を食い止めることであるとしていますが甚だ疑問です。
地方議員は与えられた任期の中で、きっちりと地域のために仕事をする存在です。
その期間の中で議員報酬等を頂いているにもかかわらず、議員を引退した後の年金までも公費で賄われるというのは私には理解できません。
また地方議員年金が復活したから議員になることを決意するような方に、地域の未来を本当に任せることができるものでしょうか。


地方議員年金を復活させると、新たに200億円近い公費負担が生じる計算とのことです。
厳しい財政状況の中、新たな財政負担を生じさせるべきではありません。
私は地方議員年金の復活には反対をしており、これからも引き続き議員年金復活には反対の意思を表明し続けていきたいと思います。


千葉県議会議員
松戸たかまさ

ご意見・ご要望をお寄せください!

2017-08-08-22-31-52

先日の地元町会の役員会でいただいた要望の一つ、「県道の維持管理」に関して県の担当者に要請しておきましたが、早速作業に取り掛かっていただきました。
ありがたい限りです。

また、昨日の新松戸駅での駅頭演説の際に信号機設置の要望をいただきました。
本日現場を確認してきましたが、確かに交通量が多い場所でした。
早速県警に要望致します。

2017-08-08-22-33-16
2017-08-08-22-33-54


頂いたご意見・ご要望には必ず早急に対応致します。
是非気軽にご意見をお寄せください。

千葉県議会議員
松戸たかまさ

「政務活動費の使途」はこれ以上透明化する必要なし?!

昨年の県議会から、政務活動費透明化に向けての請願が提出されております。
今回の定例議会でも、以下2件の請願が提出されました。


1.政務活動費収支報告書等のホームページ上での公表を求めることについて
2.政務活動費収支報告書等を電磁的媒体でも交付することを求めることについて


私はこれらの請願を採択するべき(千葉県議会でも透明化を図るべき)と考えています。
政務活動費の原資は、住民の皆様の税金であるため、その使途を明確化し、より便利な方法で住民の皆様に広く公開するべきです。
しかし残念ながら、これまで継続審査中でしたが、今回の定例議会において不採択(上記請願について取り組む必要なし)という決定がなされてしまいました。


今回、自民党をはじめとする会派が、上記請願を受け入れる必要なしとした根拠は以下の通りです。

1.政務活動費収支報告書等について、現在でも希望者は議会事務局に足を運ぶことで、閲覧、写しの交付はなされているので透明性は十分に確保されている。

2.都道府県レベルで、収支報告書等をホームページで公開している団体の大半は政務活動費にかかる不祥事がその端緒となっている一方、千葉県議会では不祥事はなく、その使途基準も厳しいため請願を受け入れる必要性はない。

3.ホームページ上での全面公開を行うためには、初期費用として約200万円、毎年のランニングコストとして約200万円かかる。


しかし、より多くの方に、より便利な方法で政務活動費の使途について知っていただくこと(情報公開を推進すること)は、県民の皆様の利益につながります。
また不祥事が無いから、ネット上での公開、電磁媒体での交付は不要であるというのはよく分からない理屈です。税金を原資とする政務活動費の使途をより透明化し、情報公開を推進することは、政務活動費の使途の適正化にも資するものであり(不祥事の抑制にもつながるものであり)、政治・行政の責務であると考えます。
費用の面は、確かに約400万円の費用は多額ですが、政務活動費の透明化のために必要な費用だと考えれば、民主主義のコストとして県民の皆様にご理解いただけるものだと考えます。


いずれにせよ今回、上記請願は拒否されてしまったので、私たちとしては新たに「千葉県議会あり方検討委員会」の設置を提案しました。
情報公開の推進は議会改革、行政改革の大きな要素であり、今後も要請し続けていきます。


また今回の定例議会で常任委員会や審議委員等に変更が出ています。
私は県土整備常任委員会については留任となり、新たに議会運営委員会委員、千葉県国土利用計画地方審議会委員を兼任することになりました。


千葉県議会議員
松戸たかまさ

県立学校改革に向けて 〜千葉県立東葛中学・高校の取り組み〜

東葛


東葛


東葛


東葛

先日、千葉県立東葛飾中学校・高等学校を訪問しました。
今回の目的は、平成26年度に新設された「医歯薬コース」の現状を確認することと、平成28年度に開校した「併設型中学校」の現状を確認することの2点。


私が県議会議員になって1期目・1回目の定例議会で、東葛地域に中高一貫の県立学校がない現状をお伝えし、東葛地域に中高一貫の県立学校を設立していただけるよう要請してから早6年。2年前にようやく東葛地域に東葛中学が開校しましたが、今回は授業風景も含めて現状確認をさせていただきました。


東葛中学の授業風景はレベルの高さ、先生・生徒双方の授業にのぞむ真摯な姿勢に衝撃を受けました。
国語の授業はディベート形式で激しく意見をぶつけ合っており、英語の授業は先生も生徒も英語で意見を述べ合う実践的な形式で行われていました。数学も難解かつ抽象的な問題をテンポよく解いていました。
県立中高一貫校では、私学の中高一貫校とは異なり、先取り学習ができないため、授業では中学3年間で学ぶ内容を深堀して、ディベートやプレゼン等に力を入れているとのことでした。


ただ、東葛中学の学生も1,000人から80人を選抜したとはいえ、授業内容に追いつけない学生が出てくることもあります。
東葛高校への進学を希望する学生は100%進学できるため、いかに授業についていけない学生をサポートするかというのも重要な課題のようです。
そのため東葛中学では月曜日の放課後に、先生や高校の生徒による補講を設けているようでした。


一方、東葛高校に新設された医歯薬コースですが、受験勉強のみのコースというより、プロフェッショナル養成講座という印象を受けました。
1年次には医療業界に進むうえでの心構え・倫理観等を教え込むとのこと。ここで進路変更する学生もいるようです。特殊な世界なので、早い段階で適性を見極めて進路を決定できるのは素晴らしい取り組みだと思います。
2年次には実際の医療現場でインターンシップに参加するとのこと。国立がん研究センター東病院にて胃カメラの実習をするなど実践的な内容となっています。
3年次には、本格的な受験勉強となります。
こうした努力が医療系大学の合格実績に出始めました。
2015年度の医学部合格者数:7人。
2016年度の医学部合格者数:11人
2017年度の医学部合格者数:15人


今後、東葛中学の生徒が高校に進学するようになります。
東葛中学と東葛高校とがどのように融合するのか、今後が楽しみです。


千葉県議会議員
松戸たかまさ

イタチごっこが続く鳥獣対策

【20170628】鳥獣対策議連

本日で6月定例議会の代表質問及び一般質問が終了しました。


明日以降、6月定例県議会で上程されている予算案や条例案等を、それぞれ担当の委員会に振り分けて、各常任委員会内で議論を行うことになります。


私は本年度も「県土整備常任委員会」に配属されましたので、常任委員会では県内インフラ(道路・橋・下水道等)の整備・維持・管理に取り組んでまいります。


ところで、6月定例議会というのは年度初めの定例議会となるので、定例議会中に各種議員連盟の総会が一気に開催されます。
議員連盟(議連)というのは、特定の目的・政策を実現するために活動する組織のことを言います。
私もいくつか超党派の議連に所属しています。


私が所属している議連をざっと挙げると下記の通りです。
千葉県議会スポーツ振興議員連盟
千葉県議会観光立県推進議員連盟
千葉県議会空き家対策推進議員連盟
千葉県議会地震・津波対策議員連盟
千葉県議会資源エネルギー問題懇話会
千葉県議会有害鳥獣対策推進議員連盟


今回の6月議会前半戦は、こういった議連の総会・勉強会に出席させていただいていました。
尚、写真は「千葉県議会有害鳥獣対策推進議員連盟」で配布された資料です。
現在、千葉県の郡部では「イノシシ」被害が問題となっています。
多額の予算を計上して様々な対策事業を行っていますが、年々被害が増加しており、完全にイタチごっこ状態のようです。


有害鳥獣による地域への影響はもはや「被害」というより「災害」の域に達しつつある、と表現している方もいらっしゃいました。
都市部選出の私にはピンと来ないテーマですが、それだけ千葉県は広くて、多様性のある地域だということです。


議連では勉強会を通して地元の問題を取りまとめ、国に対して意見書や陳情を提出するなど、地域の声をしっかりと届けています。
今後も引き続き地域の声を政策に反映できるよう取り組んでいきます。


千葉県議会議員
松戸たかまさ

移動交番車の増車

本日は6月補正予算案のうち、治安対策として実施する「移動交番車配備事業」について書かせていただきます。


移動交番車の増車は、以前、予算委員会にて私も取り上げたテーマの一つです。


刑法犯認知件数の多い地域(松戸市・柏市などの東葛地域や市川・船橋などの葛南地域)に対して、より集中的に警察資源を投入するべきだと提言しました。
例えば移動交番車なども、東葛・葛南地域へ集中的に配備するべきだと提言し、県警本部長からも同様の認識を持って取り組んでいただけるとの答弁がありました。


今回の補正予算案では、7,663万6千円の予算が計上され、刑法犯認知件数の多い県北西部を中心に移動交番車を順次増車することとしています。
松戸東警察所では平成30年4月から運用開始となる予定です。
その他、浦安警察署や習志野警察署でも平成30年4月から、行徳警察署や野田警察署では平成31年4月から運用開始の予定となっています。


今後も引き続き治安対策については取り上げてまいります。


【20170613】都市計画道路開通式


今回の補正予算とは関係ありませんが、先日「松戸都市計画道路3・3・6号(八ヶ崎〜二木区間)」の開通式に出席させていただきました。
旧北部市場についてショッピングモールが建設される話が進んでいるとのことであり、その前を走る松戸都市計画道路3・3・7号の更なる渋滞が懸念されていますが、新たな都市計画道路の開通が渋滞緩和につながればと思います。


千葉県議会議員
松戸たかまさ

6月補正予算案 〜救急医療を守るために〜

本日は補正予算案の中から、医療・福祉に関する施策について説明します。


まずは救急医療についてです。
高齢化の進展で、119番通報件数・救急車出動件数が急増しており、これに伴い119番入電から現場到着までの時間(現場到着時間)も長くなっています。
平成27年中の全国平均をみると、現場到着時間は8.6分であり、8年前と比較すると約1分遅くなっています。
1分1秒を争う中で現場到着時間が遅くなる一方であることは、大きな問題です。


このような中で解消しなければいけない問題の一つが、不要不急の119番通報です。
タクシー代わりに救急車を呼ぶ、深爪や虫歯といった軽症、ペットの病気で呼び出すといったケースもあるようです。
また、救急車出動に伴う費用は、都心で1回あたり4万円強とのことであり、財政負担の点からも不要不急の119番通報への対処を検討する必要があります。


勿論、痛みや出血に動揺する通報者が119番通報の要不要を判断するのは非常に難しく、また軽症だと自分で判断しても、実際は重い症状につながる危険性もあり、一律に規制することは難しいという事情もあります。
ただ、適正な利用を促すことで、緊急性の高い事例に効率的に出動し、より多くの命を救える可能性があるのもまた事実です。


そこで、3年前の県議会一般質問にて、東京都や愛知県、奈良県、大阪市、札幌市などで実施している取り組みを参考に、「救急安心センター」の設置を提言しました。


救急安心センター事業では、24時間365日体制の相談窓口を設置し、医師や看護師をその相談窓口に配置して、救急要請すべきかどうか迷った場合のアドバイスや応急手当などの案内を行っているとのことです。
また利用者にとって覚えやすく使いやすいように、共通番号#7119を使用しているようです。


救急医療を持続可能なものとするために提言をしましたが、今回の補正予算案において「救急安心電話相談事業」として提案されています。
平成29年11月から運営開始予定となります。
予算額は3,024万円(債務負担行為:1億4,100万円)。
時間は24時間とまではいきませんが、月曜日から土曜日は午後6時〜午後11時、日曜祝日は午前9時〜午後11時となります。


これからも地域の未来のために、既成概念・既得権益にとらわれることなく、議会でも提言を続けていきます。


その他の事業及び予算案は以下の通りです。


【新規事業】
骨髄移植におけるドナー支援事業:200万円
千葉県社会福祉センター整備事業:3,400万円
ちば認知症こどもサポーター事業:650万円
福祉タクシー導入促進事業:7,000万円


【既存事業】
就学資金の貸し付けによる医師・看護師の確保対策:3,924万円(当初予算とあわせて8億2,946万円)
暮らしを支える・ちばの在宅医療推進の取り組み:3,110万円
がんセンター施設整備事業:12億8,200万円(当初予算とあわせて15億3,100万円)
介護基盤整備交付金事業:3億9,000万円(当初予算とあわせて22億9,125万円)
特別養護老人ホーム等の開設準備支援等事業1億6,000万円(当初予算とあわせて22億2,497万円)


千葉県議会議員
松戸たかまさ

6月補正予算 〜待機児童対策として新規に7億円〜

本日は補正予算案の中の「子ども・子育て世代への支援の充実」について説明します。


まずは保育対策についてですが、待機児童解消に向けた新事業に約7億円を計上しています。内訳は以下の通りです。


(1)千葉県保育士処遇改善事業:5億5,000万円
(2)保育士人材確保等事業:9,637万7,000円
(3)病児保育施設整備事業:4,964万円


今回の補正予算案の中の注目政策の一つ「千葉県保育士処遇改善事業」は、保育施設の待機児童対策の一環として、不足している保育士さんを確保するために実施する事業です。
千葉県内の市町村と連携して、保育士さん1名につき月額2万円の助成を行うこととしています。
10月からの実施を予定しており、予算額は5億5,000万円です。


「保育士人材確保等事業」として約9,638万円を計上し、保育士資格の取得を支援する事業や保育士資格を持たない短時間勤務の保育補助者の雇上支援を実施することとしています。


また要望の多い「病児保育施設整備事業」も計画。
病児保育施設の施設整備を支援するために、補正予算案では4,964万円を計上します。


その他、保育関連事業以外の主な事業は以下の通りです。


(1)オリンピック・パラリンピックを活用した教育推進事業:990万円
(2)教室不足の状況が著しい特別支援学校(市川・君津・市原)の整備事業:4,000万円
(3)私立学校経常費補助(一般補助):約227億3,000万円(当初予算と合わせて347億1,572万8,000円)


尚、この私立学校経常費補助による、子供1人あたりの補助単価は次の通りです。
私立学校の振興と保護者負担の軽減を図るために、千葉県は県単独で補助単価を相当額上乗せしています。
高等学校(全日制):348,215円
高等学校(通信制):69,504円
中学校:320,416円
小学校:318,912円
幼稚園:188,553円
専修学校(高等課程):174,108円
専修学校(専門課程):12,000円


千葉県議会議員
松戸たかまさ

平成29年度6月補正予算案概要

間もなく6月定例県議会が開会となります。
6月15日の議会開会に先立ち、各種議案の事前説明を執行部より受けました。


森田知事3期目、最初の定例県議会ということで、6月定例議会では大型補正予算案が提示され、また平成29年度から平成32年度までの新たな千葉県行政改革計画・財政健全化計画が議論されます。


今回のブログでは補正予算案の概要を書きたいと思います。


補正予算案の総額は964億3,300万円。
当初予算と合算した予算規模は1兆7,261億6,100万円(前年度比122億6,100万円増)となり、過去最大の予算規模となります。


今回の補正予算案の目玉事業、新規事業は以下の通りです。


まずは子ども・子育て世代への支援の充実です。
喫緊の課題である保育士不足対策として、民間保育所に勤務する保育士の給与を改善するために、市町村と連携して保育士1名につき月額2万円の助成を行うこととしています。
また、保育士試験受験のための学習費用や、保育補助者の雇上げ費用、病後児保育施設の整備などに対する補助制度を創設する予定です。


次に医療・福祉の充実についてです。
救急医療を今後も維持するために、どのように不要不急の119番通報に対処するかは重要な課題ですが、今回の補正予算で救急安心電話相談事業を新たに実施することになります。
また認知症サポーターについては、補正予算案では小学生を対象として認知症サポーターの取得を促進することとしています。
要望を頂くことの多い高齢者や障がい者などの交通手段の確保充実については、福祉タクシー車両の導入費用に対する助成制度を創設する予定です。


治安対策としては移動交番車の増車が挙げられます。
今後2年間で10台追加配備することとしていますが、松戸市にも1台追加で配備する計画となっています。


千葉の魅力発信事業としては、外国人おもてなし語学ボランティア育成事業、訪日外国人観光客誘致キャンペーン事業、オリンピック・パラリンピック普及・教育推進事業等が予定されています。


詳細についてはまた別途書かせていただきます。


千葉県議会議員
松戸たかまさ

千葉県有料道路の民間委託に向けての第一歩

昨年から愛知県では、有料道路8路線の運営を民間委託しています。


道路整備特別措置法では、地方の有料道路を運営できるのは、都道府県など道路管理者か地方の道路公社に限られており、愛知県は国家戦略特別区に指定されたために全国で初めて有料道路の民間委託を実施しました。


有料道路の運営権を売却する方式(コンセッション方式)によるもので、民間事業者は最長30年の運営権として愛知県に対して1,377億円を支払い、受託運営を開始しました。
コンセッションは国や県などに所有権を残したまま民間事業者の資金やノウハウを活かす手法です。


千葉県でも、県道路公社が手掛ける有料道路について民間運営の可能性の検討を始めることになりました。
この調査事業が、国土交通省の官民連携支援事業18件の内の1件として採択されました。
調査事業として国から1,700万円の交付がなされることも決定しました。


人口減少が一層進み、またインフラ老朽化が深刻化する中で、インフラをどのように維持管理・運営していくのかというのは非常に難しい課題です。
官民連携が必ずしも正解であるとは限りませんが、より効率的に、そして安定的にインフラ運営を行っていくための手法の一つとして積極的に検討するべきだと思います。


千葉県内では県以外にも、柏市及び船橋市が官民連携支援事業に採択されました。
柏市は下水道管の老朽化対策を包括的に民間委託するための調査事業であり、船橋市はJR南船橋駅前の市有地の有効利用策を民間事業者と検討するとのことです。
今後は各地の上下水道や空港等についても民間委託が進むことが考えられますが、果たしてどのような方法が地域にとってベストな選択であるか、未来を見据えて冷静に考えていきたいと思います。


千葉県議会議員
松戸たかまさ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ