高松宮記念 新中京芝1200mを考察

高松宮記念


【開催日】3月下旬(2014/03/30)
【競馬場】中京競馬場・芝1200m

中京競馬場


高松宮記念(G1)が開催される中京競馬場は、2012年に改修され、新芝1200mコースが誕生。
最後の直線が約100m伸びて、現在は412mとなっています。
中山競馬場に次ぐ、上り勾配2.0%の急坂が設けられて、さらにタフなコースへと生まれ変わりました。
今の中京で強い競馬をして勝った馬は、その後に東京や中山、阪神、京都でもそのまま強い競馬をするようになった気がします。

高松宮記念への影響


高松宮記念は1996年に、秋のスプリンターズスSと対になる春の短距離王決定戦を決めるG1競走に昇格しました。
コース改修前の高松宮記念は、スピードだけでなくコーナリングと密集馬群をさばく技術を伴うG1として有名でした。
コース改修後は、大回りのコーナーに、100mも延長された直線に、さらにアップダウンによる負荷が加わったコースへと生まれ変わりました。
これにより、小回りで直線は短くほぼ平坦という旧中京コースの独自性は完全に無くなり、蓄積された過去の血統データなどはリセットしておく必要があるでしょう。


コース改修後の高松宮記念のデータはコチラ(2012年以降のデータ)


高松宮記念を含め、2014年の最新の重賞レースの情報を詳しく知りたい方は下記の無料メールマガジンを購読してみてはいかがでしょうか。
毎週レースの最新情報を速報で届けてくれる無料の競馬メールマガジンです。


当たる競馬予想はコチラ
競馬初心者の方や女性の方でも簡単に競馬を楽しむことができます。予想を読んで馬券を買いに行きましょう!
当たる競馬予想


高松宮記念の予想2014|出走予定馬情報、レース傾向、展開予想ブログのトップへ戻る