シェルの部屋

シェルやくーまたんは、毎日の癒しになる内容にしていきたいと思っています。                                     ラインは、いじめや家庭環境からくる貧困や育児放棄などで、色々な問題を抱えている子どもたちのことを考え、そんなことがなくなって欲しいな…という意味も込めて書いていきたいと思っています。

honobonoku-matan









『ほのぼのくーまたん』 文芸社

『ほのぼのくーまたん』 [Kindle版] 文芸社

『ほのぼのくーまたん』 [電子書籍版] 文芸社


fuyunoiriguti
パノラマロードの入口の丘は、冬の入口を思わせるものでした。

これから続くパノラマの丘が楽しみになった瞬間でした。


仕事が多忙のため、簡単な更新ですみません。。

今週も中盤ですが、がんばっていきましょうね☆



最後まで見ていただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいですm(_ _)m

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※いつもコメントをありがとうございます。
コメントのお返事は訪問に代えさせていただきます。
訪問できない方からのコメントは、こちらのコメント欄でお返事させていただきます。

honobonoku-matan









『ほのぼのくーまたん』 文芸社

『ほのぼのくーまたん』 [Kindle版] 文芸社

『ほのぼのくーまたん』 [電子書籍版] 文芸社



マイルドセブンの丘の横に生えている並木の向こうに日が沈んでいきました。
mairudosebunnyokohinoiri
並木の後ろに光る空が印象的でした。



今週も一週間ありがとうございましたm(__)m☆

素敵な週末をお過ごしください♪


最後まで見ていただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいですm(_ _)m

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※いつもコメントをありがとうございます。
コメントのお返事は訪問に代えさせていただきます。
訪問できない方からのコメントは、こちらのコメント欄でお返事させていただきます。


帯広行きの問題。

お父さんとは…

そのことで、また色々な問題が出てきてしまったりしないのか心配になった。

まさか優子は、咲さんからというのメールも駆使して、また僕にお金を出させようとしているのか…

彼女への愛情は、覚め始めていた僕だったが、咲さんからの昨日のメールと今日のメールを途中まで読んで、少し希望があり、やり直せるかもと少しだけ喜んでいた自分が、あまりに浅はかで愚かに思えた。

喜んだ先にお金の話…

そんな感覚なのか…

最後のお金の部分を読んで、僕は彼女のことが、恐ろしくなっていった。

もう、僕なんかの相手にできる人ではないのかもしれない。

そんな色々な思いに揺れながら、

「お仕事お忙しい中、お返事ありがとうございます。

出張終わりました。

井上さんの微妙な気持ち教えていただきありがとうございます。

僕は井上さんから今は恋人としては…

と言われているので、あまり会いたくないと思われているのはそういうことなんだと思い、正直言うと自信がありません。

松本さんはどう思いますか?

こんなこと聞いて申し訳ありません。

こんなこと言っても信じてもらえないかもしれませんが、僕は井上さんの気持ちを待ち、力になれることはなりたいと思っています。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいですm(_ _)m

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※いつもコメントをありがとうございます。
コメントのお返事は訪問に代えさせていただきます。
訪問できない方からのコメントは、こちらのコメント欄でお返事させていただきます。

honobonoku-matan









『ほのぼのくーまたん』 文芸社

『ほのぼのくーまたん』 [Kindle版] 文芸社

『ほのぼのくーまたん』 [電子書籍版] 文芸社



吹雪が去り、山の方に柔らかい日が射し始めました。
hokuseinookakaranotennbou
柔らかい日を浴びた広葉樹の紅葉も終わりの頃になる美田の丘を眺めていると、
観光の方々も、「北海道の紅葉はなんて美しいの!」という声をあげられていました。

つたない写真なので、うまく表現できてなくて申し訳ありませんが、厳しい気候の中に、時々見せてくれる美しさに私も感激してしまいました。



今週も一週間ありがとうございましたm(__)m☆

素敵な週末をお過ごしください♪


最後まで見ていただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいですm(_ _)m

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※いつもコメントをありがとうございます。
コメントのお返事は訪問に代えさせていただきます。
訪問できない方からのコメントは、こちらのコメント欄でお返事させていただきます。


このメールでも、やはり優子の文章と思われるところが見つかった。

優子は『会いたい、会いに』を『逢いたい、逢いに』という漢字を使うこと。

それも同じだった。

そこからも、やはり優子からのメールなのではと思いながら読んでいった。

咲さんのメールが彼女の本心だとすると、優子があまり会いたがらないのは、そんな理由なのか。

それが本当だとすると、そんなに悲観的にならなくてもいいような気さえしてくる。

しかし、それを鵜呑みにしてしまうのも、あまりに脳天気ではないのか…

益々分からなくなってしまった。

そして、咲さんが優子から借りているというお金の6万円は、前に優子に生活に必要なもので送った金額と同じものだった。

それを優子は咲さんに貸したとすると、今は彼女はまたお金に困っていることになる。

いや、いるはずのない人に、どうやってお金を貸すのか…

最終的にまたお金の話。

このようにしてまた僕からお金を・・・なのか…

これも優子の気持ちなのか。

ここで、心のサイレンがなっていた。

優子と会っているときの、あの目線の主がメールを打っていないか…

最後まで見ていただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいですm(_ _)m

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※いつもコメントをありがとうございます。
コメントのお返事は訪問に代えさせていただきます。
訪問できない方からのコメントは、こちらのコメント欄でお返事させていただきます。


このページのトップヘ