シェルの部屋

シェルやくーまたんは、毎日の癒しになる内容にしていきたいと思っています。                                     ラインは、いじめや家庭環境からくる貧困や育児放棄などで、色々な問題を抱えている子どもたちのことを考え、そんなことがなくなって欲しいな…という意味も込めて書いていきたいと思っています。

honobonoku-matan









『ほのぼのくーまたん』 文芸社

『ほのぼのくーまたん』 [Kindle版] 文芸社

『ほのぼのくーまたん』 [電子書籍版] 文芸社


セブンスターの木の周りのたくさんの人の波に驚いて、その周りの丘の風景を見てまわりました。
kiiroioka
すると、辺り一面に広がる黄色いお花畑を見ることができました。

こちらには人がほとんどおらず、青い空に丘一面に黄色く咲く風景を、ゆっくりと見て、感じることができて、とても幸せな気持ちになりました。


今週も一週間ありがとうございましたm(__)m☆

素敵な週末をお過ごしください♪


最後まで見ていただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいですm(_ _)m

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※いつもコメントをありがとうございます。
コメントのお返事は訪問に代えさせていただきます。
訪問できない方からのコメントは、こちらのコメント欄でお返事させていただきます。

という、来るはずもないと思っていた咲さんからのメールが届いた。

このメールを見ると、咲さんはいるのでは…
とも思いたくなった。

が、それよりもまた、真面目な内容を書いているときの文章の書き方が、前回同様に、あまりにも優子に似ていたことが、気になってしまった。

たとえば、『ところで』を『所で』という風に、接続の言葉に漢字を使いたがるところが、真面目な文章を書くときの優子のメールや手紙の癖だった。

そして、それが時々間違えていても使っていることが多かった。

また、前回同様、「、」が少ないのも彼女の特徴だった。

もう一つ、最近…つまり咲さんからのメールが来るようになってから、優子のメールがくだけはじめたのが気になっていた。

思えば、元々派手な絵文字を使わなかった彼女が、咲さんからのメールが届くようになってから、絵文字がやたらと多くなっていたことが気にはなっていた。

このことは、つまり優子と咲さんからのメールは別の人間が書いているように見せるための工夫なのではないかと感じた。


このときはまだ、自分の根拠のない妄想だったのだが。


ただ、一方で僕は疑い過ぎだろうと自分に突っ込みながら、メールを読んだ。

そして、このメールのような気持ちで、僕に腕時計をプレゼントしてくれたのならば、そのあと彼女がはしゃいでいたということが本当だったら、僕と彼女はまだやっていけるのではないか。

優子の誕生日は、本当にお母さんと過ごすのだろうか…

でも、咲さんにそう言わせておいて、松本か山下か分からないが、あの男と過ごすのだろうか。

そして何より、咲さんの会社の店舗が名古屋まであるほど大きなものだったのだろうか。

咲さんの服の会社には、前に優子もアルバイトで働いていたが、ネット販売中心で、一度僕が優子のお店に服を見に行きたいと言ったときに、店舗はないようなことを言っていたことを覚えていた。

あれから2ヶ月程で、名古屋に支店ができるほどになるものだろうか…

ならば、咲さんを名古屋に行くことにして、僕に咲さんと会うことをあきらめさせようとしている。

これも嘘なのではないかとまで感じた。


最後まで見ていただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいですm(_ _)m

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※いつもコメントをありがとうございます。
コメントのお返事は訪問に代えさせていただきます。
訪問できない方からのコメントは、こちらのコメント欄でお返事させていただきます。


honobonoku-matan









『ほのぼのくーまたん』 文芸社

『ほのぼのくーまたん』 [Kindle版] 文芸社

『ほのぼのくーまたん』 [電子書籍版] 文芸社

himawari
先月見ていただいた北瑛のひまわりの丘をさらに行くと、
sebunnsuta-1
丘の上にぽっんと立つ「セブンスターの木」が見えてきます。
sebunnsuta-3
元々は「北瑛の一本木」と呼ばれていたそうですが、 タバコのセブンスターのパッケージに採用されてから、「セブンスターの木」と呼ばれるようになったそうです。

美瑛の有名な観光スポットでもあるこの木のまわりには、たくさんの方々が集まり、この木を眺めたり、写真を撮っておられました。

私などは人の多さに驚き、ここから少し離れた丘の風景を見て帰りましたが、その様子はまた今度に…

今週も一週間ありがとうございましたm(__)m☆

素敵な週末をお過ごしください♪


最後まで見ていただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいですm(_ _)m

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※いつもコメントをありがとうございます。
コメントのお返事は訪問に代えさせていただきます。
訪問できない方からのコメントは、こちらのコメント欄でお返事させていただきます。

honobonoku-matan







『ほのぼのくーまたん』 文芸社

『ほのぼのくーまたん』 [Kindle版] 文芸社

『ほのぼのくーまたん』 [電子書籍版] 文芸社






ku-matanntouzyou




秋になりましたので、くーまたんの話も秋のお話にさせていただきました。

『きらきらの思い出』の続きです。

前回の続きからご覧ください。


BlogPaint
今日も一生懸命お仕事を頑張ったのに、

またしかられてしまっことがショックだったくーまたんがお家に着くと、

玄関はシーンとしていて、いつも元気にお出迎えをしてくれるちびくまさんの姿が見えません。
BlogPaint
不思議に思いながら、お部屋に入ると、

ちびくまさんがベランダに向かって1人、もの思いにふけっていました。

どうやらちびくまさんは何か悩みがあるようでした。

そして、ぐうたら共和国のとびらを開けて、故郷でもの思いにふけっていると、
BlogPaint


牛子さんが、心配をして話しかけてくれました。

元気のないちびくまさんを見て、牛子さんは、心配をしてくれて、メールの内容はどうかと思いますが、くーまたんにメールをくれました。

くーまたんは、そのメールを見て、ぐうたら共和国に来て、ちびくまさんを元気付けようと、ちびくまさんの大好きなひぐまんのとんかつを食べに行こうと誘いました。
1













牛子さんは、ちびくまさんのことも忘れて、また都合のいい妄想(?)をはじめてしまいましたが、

ぐうたら共和国の丘を越えて歩いていくと、ひぐまんのとんかつ屋さんが見えてきました。




次回に続きます。。

次回をお楽しみに。。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいですm(_ _)m

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※いつもコメントをありがとうございます。
コメントのお返事は訪問に代えさせていただきます。
訪問できない方からのコメントは、こちらのコメント欄でお返事させていただきます。

honobonoku-matan









『ほのぼのくーまたん』 文芸社

『ほのぼのくーまたん』 [Kindle版] 文芸社

『ほのぼのくーまたん』 [電子書籍版] 文芸社


ぜるぶの丘から丘を更にのぼっていくと、ケンとメリーの木が見えてきます。
kenntomeri-noki
丘をのぼりきったところにぽっんと生えているこの大きなポプラの木の場所は、昔、ケンとメリーのスカイラインのCMに使われたところのようで、この名前が使われているようです。

収穫も終わり、畑も赤く染まり始め、秋が進んでいるのが分かるようなケンとメリーの木の丘でした。

木の向こうに旭川の就実の丘でしょうか…

奥に小さくで申し訳ありませんが、山のような大きな丘の上の畑が見えました。


今週も一週間ありがとうございましたm(__)m☆

素敵な週末をお過ごしください♪


最後まで見ていただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいですm(_ _)m

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※いつもコメントをありがとうございます。
コメントのお返事は訪問に代えさせていただきます。
訪問できない方からのコメントは、こちらのコメント欄でお返事させていただきます。

このページのトップヘ