2015年08月25日

おフレンチジョーク!!


ご無沙汰しております、書類作蔵です。
イタリアの続きです。
今年中に終わるかな??


パレルモからチェファールに移動しました。
ここの海岸は映画の撮影地という所で、そこに連れてってもらいました。

CIMG3437















さすが地中海、とても絵になります。
「今、ヨーロッパなんだ。」
と思わず感慨にふけます。
また、道中の道もおしゃれで、素敵です。
この頃イタリアはまだクリスマスです。

IMG_1942











CIMG3448
























その後、ガイドさんにコーヒーをおごってあげようと喫茶店に入りました。
そしたら、そこの店主がおごってくれました。
ありがとうございます。


CIMG3465
















コーヒーを飲んだ後、その喫茶店の前に教会らしき建物があったので行ってみました。
門は閉まっていて入れません。
すると、一人の観光客らしきご夫人が門の前に来られたので、話しかけてみます。

わし「Are you tourist?]
ご婦人「Yes」

話してみますと、フランス人だそうです。
そこで門越しにこの教会を指差して、教会の名前を尋ねました。

わし「What is this called do you know?」
(これの名前、知ってる?)





ご婦人「でィス いズ あ ゲ〜〜と.」


    (これは門だよ。)



わし「ん?」




絶対わざとです。



日本人がフランス人に敗北した瞬間でした。







  

Posted by takameaou at 18:38Comments(0)TrackBack(0)書類作蔵 | イタリア

2015年03月25日

ゴッドファーザー3の撮影地だそうです

書類作蔵です。
お久しぶりです。


ゴッドファーザー3の撮影地だそうです。
IMG_1918










帰国して見たのですが、主人公の娘さんがここで殺されておりました。

その状況を身を挺して演じる添乗員さん。

IMG_1920









迫真の演技でした。







  

Posted by takameaou at 17:07Comments(0)TrackBack(0)書類作蔵 | イタリア

2015年03月10日

初体験と、地中海の朝の風景

書類作蔵です。
ご無沙汰しております。

パレルモで宿泊し、次の朝。
ここはイタリア、トイレには奴がいます。
そうビデです。
IMG_1898









水とお湯が調整で出ます。
どっち向きに使うかは馬乗りらしいのですが、それだと湯を当てたい場所に当たらないので、トイレと同じ感じでまたぎます。


「ぬおおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜」


出てくるお湯(水)がきめ細やかな泡で、非常にソフテぃにあたります。
めちゃ気持ち良いし、癖になりそうですぅ。
そこから毎朝の儀式に取り入れ、ビデの愛好家となってしまいました。


窓からは地中海の風景が広がります。
空がとてもきれいです。
そして海には豪華客船が。
IMG_1895










ためしに父が持っていた米焼酎を窓辺においてみます。
IMG_1902










う〜〜〜ん、地中海がとたんに有明海に見えてくる。。。。。



  

Posted by takameaou at 17:34Comments(0)TrackBack(0)書類作蔵 | イタリア

2015年02月27日

パレルモで、大ピンチ!!

書類作蔵です。

セジェスタの後、今日のホテルのあるパレルモに行きました。
ずっと田舎からいきなり都会に来たので、かるくカルチャーショック。

ホテルに着いて荷物を置き、みんなでレストランに行きました。
CIMG3140









海沿いのレストランです。
船が打ち上げられてました。

CIMG3142








中に入ると、ほっぺたにピアス、へそ出しルック、ファンキーな服、声はだみ声のおねいちゃんがいてびびりました。
なんと店員さんでした。

食べたのはパスタ。

CIMG3145









なかなかおいしかったです。
んで、ホテルに帰ると、
持ってたパスポート、携帯電話入りのバッグが無い!!!

添乗員さんにお願いして、ホテルの方にレストランへ電話してもらいます。

「あれなかったら、帰国できないよ〜〜〜。(涙)」

マジであせりました。

レストランには無いとのこと。
バスかも。。。
バスの運転手さんに連絡します。


すると、あった〜〜〜。



バスの運転手さんがわざわざ届けてくれました。
バスの運転手さんは労働時間がきっちり決められていて、労働外で運転する事は会社からペナルティが来る可能性があるとの事。(バスに記録が残る。日本でいうタコグラフがある)
それにも拘らず、心配だろうと持ってきてくれました。
うれしかったです。

運転手さんとホテルの方にチップを渡し、感謝をしました。

「グラチェ、グラチェ」 (ありがとう)
「プレ〜ゴ、プレ〜ゴ」 (いんえの〜)

添乗員さん、お手間取らせてすみませんでした。

いや〜〜〜、焦った〜〜〜〜。
レストランで呑んだワインが効きすぎて、ころり忘れたようです。

皆様も酒呑んだときは、パスポートと携帯電話、注意しましょう。

そのあと、親父にボロクソ言われたなぁ〜〜〜。
(しかし、反撃の機会はあっさり来るのでした。)




  

Posted by takameaou at 15:11Comments(0)TrackBack(0)書類作蔵 | 日記

2015年02月20日

セリヌンテの代わりにセジェスタに行った 

書類作蔵です。

セリヌンテが入れなかったので、添乗員さんがセジェスタという近くの遺跡に連れてってくれました。
時間にして30分くらいでしょうか。
あっさり着きましたが、結構迫力あるところでした。

山の上に石造りのスタジアムらしきものがありました。
バスでそこまで上っていきます。
そこからの景色は圧巻でした。
IMG_1851









「これ作った人、どうやってこれだけの石をここまで運んだの??」
凄い事です。

IMG_1854













とにかくそのスケールの凄さに圧倒されます。
IMG_1871













下っていると、下に神殿跡が見えます。
この神殿は作りかけではないかと言われているものだそうです。
(柱に縦溝が彫られていないのがその証拠だとおっしゃられてました。)



IMG_1861








帰りは景色を見たく、坂を歩いておりましたが、凄い傾斜でした。

IMG_1870
















結果的にセジェスタ、大満足な感じでした。
セジェスタ、スゲー!!

そのあと、今日の宿泊場所のパレルモに向かいました。










  

Posted by takameaou at 18:47Comments(0)TrackBack(0)書類作蔵 | イタリア

2015年02月17日

閑話休題 in Italy

書類作蔵です。

イタリア(シチリア)に行って気づいた点をいくつか。

1、喫煙率高し!!
日本では喫煙者が肩身を狭い思いしている昨今。
しかしイタリアでは、喫煙者だらけ。
未成年らしき人は吸ってませんでしたが、男女問わず喫煙者が多かったです。
久しぶりに街中でタバコを吸ってる方々を沢山見ました。
こうしてみますと、日本の喫煙者って減りましたねぇ〜〜〜。



2、ライフル売ってた!
ラグーサをランニングしてたときに、見つけました。

IMG_1700











イタリアってライフル売ってるんですね。
遠慮がちに写真撮ったんでよく分かりませんが、ライフル屋さんです。
閉店時間は現地時間午後8時、サン・ジョヴァンニ・バッティスタ大聖堂の近くにお店はあります。
お買い求めの際はご参考にして下さい。
持って帰れるかは分かりません。
ちなみに石畳でランニングすると、ヒザへの衝撃がアスファルトの比ではないくらいあります。
しかも凸凹してます。

3、イタリアの方は明るくて、おしゃれ
イタリアの方はフレンドリーです。
自分がランニングしてたら、
「(坂じゃけぇ、)ゆっくりゆっくり」
とボディランゲージしてきたり、
「チャオ」
の挨拶のオンパレードです。

しかも、町にいる方の服装がおしゃれで、かっこいいです。


4、イタリアの雑貨店は、大きい紙幣は嫌う。
ランニングしてるとき、雑貨店に入って1ユーロぐらいの水を買おうとしました。
そのとき20ユーロしかなかったのでそれを出したら、店主が
「ダメだ」
と水を売ってくれませんでした。
添乗員さん曰く、偽札の恐れがあるので、大きい紙幣で安価な物は売ってくれないことが多い、とおっしゃられてました。
IMG_2174












ちなみにイタリア語で水は
「AQUA  NON GAS」
炭酸水は
「AQUA GAS STA」
です。
数少ない、覚えたイタリア語でした。


  

Posted by takameaou at 12:59Comments(0)TrackBack(0)書類作蔵 | イタリア

2015年02月12日

セリヌンテでのアクシデント

書類作蔵です。

アグリジェントからバスはセリヌンテへ向かいました。
憧れの地、アフリカが近いのですが、見えませんでした。。。



IMG_1837









IMG_1834









ひなびた感じでいい!!
シチリアでもここあたりまで来るツアーバスは少ないとの事。
理由は高速がここまで来てないからだそうです。

近くのレストランで昼食。
パスタとカジキのステーキだそうです。
カジキは魚というよりお肉、って感じでした。
カジキって初めて食べたかも。


そのあとレストラン近くのセリヌンテの遺跡へ。

IMG_1838
















ここでアクシデント。
なぜかまだお昼なのに、遺跡の営業が終わってました。
(添乗員さん曰く、遺跡施設のオーナーが既に帰ってしまったから、だそうですが、真相はよく分かりません。)

添乗員さんが必死に遺跡のスタッフに食い下がっておりました。
怒気をはらんだイタリア語が飛び交っております。
IMG_1842













どうなるんだろう??
バスの中で全員待機して、事の推移を見守ります。
すると・・・・








「・・・・じゃけど、どうなっとるンじゃ・・・、ワりゃぁ、そういうことじゃけぇ・・・・」






なんかイタリア語に混じって、日本語 (広島弁) で怒る声が聞こえます。
もしや???


「パ〜〜〜〜〜〜〜〜パ!!!!!」


うちの父が添乗員さんの加勢に行ってました。
もちろん父は日本語しかしゃべれません!!

しかし、父の加勢むなしく、結局セリヌンテの遺跡には入れませんでした。

う〜〜ん、残念。
でも、添乗員さんを思って、イタリア人に広島弁で必死に怒る父を見て、妙に和んだ自分でした。
そんなまっすぐな父が好きです。(結構、これで衝突しますが・・・)




  

Posted by takameaou at 18:43Comments(2)TrackBack(0)書類作蔵 | イタリア

2015年02月11日

アグリジェント 遺跡を見た 悲劇が少々・・

書類作蔵です。
3日目です。

アグリジェントで遺跡を見ました。
IMG_1815








このようなギリシャ系な建物を見るのは初めてなので、その迫力に圧倒されました。
なんか、「来たな〜〜。」って感じがすごくします。
感動〜〜〜。

IMG_1832











ひとしきり観光して、近くの売店で切手を買って友達や嫁さん、そして一緒に来ている父に日本へ手紙を出しました。
父の手紙には普段、恥ずかしくて面と向かって言えない、感謝の言葉をしたためました。
そして「これからもよろしく。」と。














その手紙











1ヶ月以上経っても、いまだ届きません。(涙)


どこに行ったのでしょうか、わしの書いた手紙・・・・・。









追記
この日、日本から持ってきた海外対応のドライヤーを使いました。




ぶう〜〜〜〜〜〜ん、ぶち!!



ドライヤーの電圧変更のつまみを100vにしたまま使ったため、お亡くなりになりました。。。(涙)
(日本100v イタリア220v(多分))
IMG_1800












これまでわしと一緒に数カ国回ったのに〜〜〜(涙)
突如の彼とのお別れでした。。。。

許せ!友よ!!



  

Posted by takameaou at 22:44Comments(0)TrackBack(0)書類作蔵 | イタリア

2015年02月07日

ビキニのネイチャン

書類作蔵です。

IMG_1783








カルタジローネを後にして、山の方のレストランでご飯を食べ、カザーレ荘というところに行きました。
途中の景色が雄大な丘で、美瑛を思い出しました。
添乗員さんがしきりに

「ビキニのお姉さんがいるぞ、そこには!」

とやたら男性陣をあおってきます。

もしやイタリア人女性のそういうサービスのある観光地か???

その間、女性陣はどうなるんだ??

と、いらない妄想が駆け巡ります。

カザーレ荘に着いたら、どうやらそこは昔のタイル遺跡が残っている所でした。

CIMG3020













なんとも昔の方はこんな細かな作業をし、すごいものを残してるんだな、と感心しました。
んで、てくてく歩いていると、、、

CIMG3039








ビキニの姉ちゃんって、これかい










まぁ、普通のツアーですから、こういうことよね。。。

その後、アグリジェントのホテルに行き、2日目が終了しました。

  

Posted by takameaou at 16:04Comments(0)TrackBack(0)書類作蔵 | イタリア

2015年02月04日

サンタ・マリア・デル・モンテの階段

書類作蔵です。

ラグーサを離れ、次はカルタジローネに行きました。

ここにはサンタ・マリア・デル・モンテの階段というのがありました。
全部で143段(?)あるそうです。(間違ってたらごめんなさい)
※クリスマス仕様
CIMG2942












添乗員さん「ここに来ると観光客の方の中に必ず数えながら上がる方がいらっしゃいます。」

ならば私は、上がる速さという新しい提案を!!
というわけで、全速力DASHで階段を登っていきます。

一つ一つの階段に幅があるため、上になるにつれて腿の前が痛くなってきます。

「ひぃ〜、ひぃ〜」

タイムは1分14秒でした。
途中から何にムキになってるんだと思いながらも、上りました。
上からの景色はきれいでした。

IMG_1751











ここでのガイドさんは女性でアレクサンドラさん。
おきれいな方で、英語で少し会話させて頂きました。
わし「May I take a picture with you ok?」 (一緒に写真とっていい?? )
  
わしの使う英語はこの程度です。

アレクサンドラさん「OK!」

と言うわけでツーショットで写真撮影。
さすがイタリア女性。
写真撮るポージングが決まっていました。
素敵だなぁ〜〜。


そのあと、階段下の出店でお土産買ったり、ジュース飲んだりしてました。
んで、アレクサンドラさんと楽しく会話して過ごしました。

英語少しでも話せると、モテるぞ〜〜〜〜!!


ちなみにカルタジローネでの移動手段が、

IMG_1747






観光バス(汽車??)でした。
(ちょうど車が写ってる。。。)


IMG_1750








そしてカルタジローネで日本語見つけました。
(写真撮ってごめんなさい)




  

Posted by takameaou at 17:47Comments(2)TrackBack(0)書類作蔵 | イタリア