2010年07月28日

苦情申出の返信が来た

docu0051

おはようございます、書類作蔵です。
久々の青切符編。
まだ続きが細々と行われております。。。

ちょっと前のお話なのですが、苦情申出制度の返事が来ました。
内容を読みますと、どうやらOさんに対して指導を行ったとのこと。
ちゃんと対応して下さったのですね。ありがとうございます。
でも、どんな調査が行われ、どんな「指導」が行われたのでしょうか?
また、「指導」の文言のなかに、例の自分に襲い掛かろうとしたことが入っているのかどうか、疑問であります。

そこで昨日広島県の情報公開室に行って情報公開をしようといったところ、公安委員会の書類はあまり扱ってないとのこと。
時間が無かったのですぐ帰ったのですが、家帰って公安委員会のホームページを見ていたところ、面白そうなものがありました。

公安委員会の情報公開制度

インターネットで申請できるみたいなので、早速やってみますが、、、

「氏名は全角で入力して下さい」

と全角で入力しているにもかかわらず、上記のエラーメッセージがでて、前に進めません!!
トライする事5度。
諦めました。
郵送でします。。。

追伸:公安委員会の7月7日の議事録を見てみますと、苦情申出制度の議決が2件なされてます。
書類の日付から、このときに議決された1件が自分なのでしょうか??

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/takameaou/51693766
この記事へのコメント
さすが、師匠! やってますねー(笑)。

しかし、行政の言う「指導」なんてものは、柔道の試合で主審が行う程度(?)なのです!

したがって、師匠が追及(追究?)しようとされる姿勢が大切だと共感しております。

なぜなら、行政は追及(追究?)されるのがイヤだから(笑)。

たいていの市民(県民)の方は、途中で面倒くさくなって諦める…だから、行政はずいぶん助かっているのですよ(これホント!)。

ではまた、続編を楽しみにしております!


Posted by 真北区 at 2010年07月28日 22:53
真北区さんへ、返信遅くなり申し訳ございません。
暑いなか、体調はいかがでしょうか?

本人はいたって社会勉強ということで楽しんでやっております。
こんな経験、なかなかないですから。

行政のほうもずいぶん助かっているという話、確かにそうなんだと思います。
国民性の問題なんでしょうか??

とりあえず続きのネタ作りをしてますんで、またちょくちょく覗いてみて下さい。
Posted by 書類作蔵 at 2010年08月04日 09:35