薄毛40代童貞ナンパ日記

40代童貞TAKAが薄毛に負けずに童貞喪失するまでの過程を報告するナンパ日記。

素人童貞喪失

メールで2回目のアポを誘うとしばらくしてオーケーがきた。



都内の駅で待ち合わせして、食事をする。



お酒をすすめたが



ほとんど飲んでくれなかった。



飲めないわけではないので



今夜は警戒しているのだろう、と思った。



ここでこっちの期待が薄れてしまった。



食事のあとカラオケへ。




今日は厳しいかも、と思いつつ



最後にホテルへ誘うと



予想に反して



意外と



あっさり



オーケーが出た。



意表を突かれた感じ。



近くのホテルでゲット。



ちなみに



これが



人生で初の素人ゲット



つまり素人童貞喪失となった。

アポ

都内の駅構内で待ち合わせ。



それから居酒屋へ。



飲んで食べて



趣味や日常の話しをして



時間が過ぎる。



くつろぎつつも話は楽しかった。



手を握るが、



居酒屋ではそこまで。




居酒屋を出ると



彼女は



駅のほうへ歩き出す。



今日は最後まで思い切って誘えないまま、



駅まで見送り、



最後に軽く



別れのキスをして



この日は終わり。



少し弱気になったかな、と反省。



その後



彼女にメールを出すと



「今日は楽しかった」と



返事が来た。

バンゲ 素早く返信あり

半ば熱意、



半ば惰性で



この日一人で街に出る。



週末の夜の都内の繁華街。



15分に一人くらい割合で声をかける。



バンゲも含め、



なかなか思うようにはいかず、



時間ばかりが過ぎていく。



夜なので



時間が過ぎるにつれ、



通りを歩く人の数も少しずつ減っていく。



今日はこれで切り上げよう。



しかし、



駅へ向かう路で



最後にもう一人



声をかけると、



なかなか反応がよい。



立ち止まって、



簡単な会話をやりとりしたあと、



食事に誘ったが、



この日はもう自宅に帰らないといけないという理由で、



とりあえずメルアド交換して別れる。



ここまでの間およそ5分。



その日に携帯でメールを送ったら



素早く返信あり。



あとで、互いの都合の良い日を調べた後、



具体的にアポをする約束をした。

河木ナンパ塾総括4

3回目の講習では、


自分以外の誰かに



個別に



観察してもらうことにより



自分一人で気づくよりもずっと早く



自分の問題点に気づき



修正できることを



身を持って学びました。



こちらの第一声に対して



女性の反応がない原因を



知ることができました。

ナンパ塾総括3

2回目の講習中の



連れだし成功は、



おかげさまで



自信につながりました。



結局バンゲできませんでしたが、



それでも自分的には



一歩前進といった感じです。



また、



2回目で教わった、




相手の反応が弱そうでも、



●●の●を●●ている限り、



●●に思い切って●●●●や、



●●●を試みることが、



その後の進歩のためにも重要だという



河木さんの指摘は



(未だにその実行をあきらめてしまいがちですが)



今後の自分の課題として意識しておくべきことのひとつです。



〜次回に続く

河木ナンパ塾総括2

講習1回目と2回目では、



最初に声をかけるときの●●●●を注意していただきましたが、



これは役に立った指摘だったと思います。



まず、できる限り相手の警戒心を下げるように、



ある程度●●を●ることと、



自分の●●を相手に●●るようにすること。



声をかけることに自信がないうちは、



弱気になって相手の●●から



●●気味に



●を●●てしまったり、



相手と目を合わせることを



こちらが避けてしまいがちですが、



●●●●を変え、



相手をきちんと見ると同時に、



●●も●●に●●るように心がけるだけでも、



今までと比べて、



即座の拒絶は



少なくなったような感じがしました。



〜次回に続く

河木ナンパ塾総括1

これまで受けた3回の講習を振り返ってみて、



気がついたことを書かせていただきます。






1回目では、



身なりなども含めて



女の子(および他人一般)の目から



自分がどのように見られているのか



想像力を働かせることの大切さを学び、



少し「はっ」としました。




自己満足的な慣れきった外見はひとまず捨てて、



客観的な視点から見た自分の好印象を



できるだけ引き出せる工夫をすることが大切だと



河木さんに言われて、



なるほどと思いました。




(自分がいわゆる「いい人」でも、いきなり声をかけられる相手からは最初は警戒されるので、出会ったときの一瞬の印象がかなり大切で、そこを手を抜いてはいけないようです。)



〜次回に続く

河木ナンパ塾 3-3

その後、



何回か河木さんと僕二人で女性一人をナンパする。



いわば助け舟を出してもらう状態。



その後また一人で声をかける。



今日はバンゲも連れ出しもできなかったが、



何人かとは路上での会話を楽しめた。



それ以上に、



●の●し方について



新たな発見があって



役に立った講習だった。

河木ナンパ塾 3-2

その後、



反省点を意識しながら



再度声かけに挑戦。



今度は反応がよくなった。



前回の課題も今回の課題も重要なものだが、



特に一人でナンパをしていて



心に余裕がないときなど、



つい、以前の悪いやり方に戻ってしまうこと多い。



これは講習だけでなく、



日々の実践で改善していくしかない課題だ。



〜次回に続く

河木ナンパ塾 3-1

前回は●●●●が課題だった。



今日も前回と同じように



指名された女性に声をかける。



●●●●は意識しているのに、



声をかけた中で



こちらの第一声に対して反応がなく、



ときには気づかない女性もいる。



河木さんが声をかけた女性の近くを歩いて、



原因を究明してくれる。



自分では問題ないだろうと思っていたが、



現実には問題があったのだ。



それゆえ反応が悪くても、



「眼シカ」と思い込んでいたのかもしれない。



あとは話すときの●●法についても少し指摘を受ける。



自分がこれで問題ないだろう、と思ってしていたことでも



実際は問題がある場合も意外と多い。



それに気づくためにも



自分以外の誰かに



個別に観察してもらい



助言をもらうことが



大いに役に立つと感じた。



ナンパに限らず、



他人からの観察を受ければ、



ときに自分一人で気づくよりも



ずっと早く



自分の問題点に



気づくことができる。



〜次回に続く

河木ナンパ塾 2-3

話しはなごやかに盛り上がったと



僕は感じたが、



離れていてなかなか会えないだろうから、との理由で



最終的にバンゲはできなかった



(それ以外にもなんらかの理由があったのだろう‥)。



しかし、



連れ出しが思っていたほど



難しいことではないことに



気づいたことで



(もちろん、多くの女性に声をかけることは、そこに至るまでも最低限必要な条件だろう)



有意義な講習だった。

河木ナンパ塾 2-2

数人目に声をかけた女性との会話が



比較的長く続き、



その後喫茶店への連れ出しに成功。



彼女は仕事でたまたま上京していたらしい。



仕事や趣味などの話をしているうちに



時間が過ぎ、



気がついたら



講習の終わりの時刻が過ぎていた。

河木ナンパ塾 2-1

前回の課題(特に立ち位置)を意識しながら、



第二回の講習をはじめる。



前回と同じく、



河木さんが指名した女性に声をかける。



今日はなによりも



女性に対して自分の印象を良くする



声の掛け方を意識しながら



声をかけてみる。



(女性を選んで指名しているせいもあるのかもしれないが)



いつもより「眼シカ」や



露骨な拒絶は少ないように思えた。



〜次回へ続く

河木ナンパ塾 1-3

その後、何人かの指名した女性に声をかけ、


その都度新たに良くなった点と


改善すべき点を指摘される。




講習時間いっぱい、


このような実践と


フィードバックを繰り返す。




講習の最後に


今日気づいた課題を


河木さんと一緒に整理する。




今日は、


今まで気づかなかった改善すべき点に


少なからず気づいたことで、


役に立った講習だった。

河木ナンパ塾 1-2

その後、路上へ。


週末の夕方の繁華街で、


人通りも多い。


このような環境でナンパをしたことは


それまで結構あったが、


何故だか今日は


あらためて緊張する。




自分の外見(ファッション)は


もう少し工夫をしてきたほうがよいと指摘された


(少々気合が入っていない格好だったかも‥)。




実習開始。


河木さんが指名した女性に


声をかける。


声をかけ、(歩きながら)会話を続けている間、


河木さんが少し距離を置いて


背後から観察してくれている。


その女性と別れてから、


●●●●をもう少し●●てやってみるよう言われ、


今度はその通りに


別の指名された女性に声をかける。


声を掛けたときの相手の反応が


少しよくなったように感じた。




 〜次回へ続く

河木ナンパ塾 1-1

初めてお会いした河木さんは、


どちらかというと物静かで、


控えめな感じがした。


しかし、


命令調の押し付けがましさがなく、


ゆっくりと言葉を選びながら


助言をしてくれているようで


好感がもてた。




はじめに、


僕のこれまでのナンパ歴や


今後改善したい点を


喫茶店で聞いてもらう。




実習前のアドバイスのなかに、


自分を他人の目を通して見るように


客観的にとらえること、


第一印象よくするよう工夫すること、


などがあったかと思う。




それから、


僕自身は40を過ぎているので


ややナンパにハンディがあることを自覚するように、


との一言もいただいた。




 〜次回へ続く

薄毛40代童貞ナンパ師TAKAのこれまでの歩み

藤田サトシ氏のモテない男のナンパ塾


草加大介ナンパ塾を受けて、


半年近く、


時に仲間と、


時に一人で、


時間のあるときに不定期に


ナンパを試みてきた。




しかし、


連れ出しがほとんどできないし、


声かけするときの恐怖心は完全になくなってはいない。




きちんと成果を出し、


自分に自信をつけるためにも


なんでもいいから


役に立ちそうなことを試みてみようと思いつき、


ふと河木ナンパ塾を受けてみることにした。




なにかを学べるのではないかと期待して受講を決めた。

薄毛40代童貞ナンパ師TAKAの自己紹介

【名前】TAKA(タカ)
【年齢】40代後半
【頭髪】極度の薄毛
【服装】GAP
【経験】童貞
【狙い】20代の若い女の子

【職業】バレると困るので秘密
【住所】東京
【昔に受講したことがあるナンパ塾】藤田サトシのモテない男のナンパ塾、草加大介のナンパ塾
livedoor プロフィール
記事検索