2004年10月27日

あらためて避難先ご案内

ご覧の通り、トップページで記事が表示されない状態です。
livedoorブログの掲示板で解決策らしきものが出てたのですが、
試しても上手くいかず、困ってます…

というわけで、現在当ブログは一時的に避難先で書いているのですが、
その避難先も表示されないので、あらためてご案内を。

避難先はこちらです → 新「それが鷹の道」

皆様、よろしければ覗きにいらして下さい。

なお、このlivedoorブログの方の過去の記事は
トップページでは表示されませんが、
最新記事や月別カテゴリーのリンクからはご覧頂けます。
  

Posted by takanomichi at 21:58Comments(0)TrackBack(0)

何だこれは?

なんか久々にこちらを見てみたら
トップページで記事が表示されてないんですが…

各記事ごとのページや月別とかのページでは
見られるのですが…
意味不明です…  
Posted by takanomichi at 07:39Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月07日

ちょっと避難します・・・

もうご存じの方も多いでしょうが、最近このlivedoorブログは、
はっきり言って非常に重いです。

日記の投稿にも非常に時間がかかり、日々寝不足の毎日…
日記投稿だけならまだしも、コメント記入も時間がかかり、
下手すれば「たいへんこみ合っております」のメッセージが表示されて、
書き込みが受け付けられなかったりします。
で、これは当然、当ブログにコメントを下さる方にも同じ現象が出ていると思われるので、
もはや看過できない事態と考え、しばらく緊急避難します。

避難先はこちらです → 新「それが鷹の道」
こちらが軽くなれば戻ってくるかも知れませんが、どうなるかは正直わかりません。

とりあえず今日からの日記は、避難先で書く事にしますので、
皆様、よろしければ覗きにいらして下さい。

しかし、今日の試合の内容で、いったい何を書こうか…(苦笑)
  
Posted by takanomichi at 21:54Comments(0)TrackBack(0)日常雑感

2004年10月06日

大事な初戦 勝った!勝った!

[本日のホークス]プレーオフ第2ステージ第1戦(福岡ドーム)

 ダイエー 9−3 西武

L 000 001 002 = 3
H 201 020 31x = 9

クリーンアップ、アーチ揃い踏み!
城島、猛打賞&4打点の大活躍!
ズレータ、大驚弾爆発!
先発新垣、7回1失点・7奪三振の好投!

やりました! 勝ちました!
前の記事にも書いた通り、今日の初戦は本当に大事だと思ってましたが、勝ちました!
試合の間隔が空いたというのもあるでしょうが、こんなに嬉しいのは久しぶりです。
  続きを読む
Posted by takanomichi at 23:34Comments(3)TrackBack(1)Hawks

いざ、リーグ最終決戦

しまった。高塚氏のくだらない話書いてたら、日付が変わってしまった(笑)

というわけで、今日から、プレーオフ第2ステージ。
いよいよリーグ優勝を賭けた最後の戦いです。

予告先発、発表されました。
 H:新垣 L:石井貴

当初、ホークスを得意とする西口の先発が予想されていましたが、
まだ故障が癒えないという事で、ライオンズは石井貴を先発にもってきました。
ホークスは、まずこのあたりにつけ入るスキがありそうです。
今季、石井貴との対戦は2回しかありませんが、防御率は8.10とホークス打線は打ち込んでますので、
自信を持って臨んで欲しいと思います。

最初の2戦、特に今日の初戦は何が何でも落とせません。
相手が当初の理想通り投手起用できない上に、
こちらは今年ホークス先発陣で一番結果を残した新垣が先発です。
これは負けられません。
リーグ奪三振王&チーム最多勝・防御率No.1の右腕に、大きな期待がかかります。
頑張れ、新垣! 抑えてくれたら、フォアボールが多かろうが、何だろうがいい!
(実際、フォアボール数もリーグ最多ですが(苦笑))

そして2戦目は、おそらく和田と松坂の対決になるでしょう。
今年5勝1敗と、徹底的にホークスをカモにした松坂。
苦戦は免れないでしょうが、この2戦目さえ乗り切れば、
この後に先発が予想される張、帆足には決して相性は悪くないので期待が持てます。
少々ホークス先発陣が打たれても、何とか打ち合いに持っていければ、と思います。

本当に重要な意味を持つ今日の第1戦、絶対勝って欲しいと思います。
  
Posted by takanomichi at 05:55Comments(0)TrackBack(0)Hawks

2004年10月05日

球界のどうしようもない大人 続編

先日、セクハラ疑惑による解任を当ブログでも取り上げた、元ホークスタウン社長・高塚猛氏。
世の女性の反感と失笑の嵐を巻き起こしたであろう高塚氏は、結局その後、
ホークスのオーナー代行も辞任する事となりました。(ちょっと前ですが、日刊スポ九州の記事
まあ、これは当然の事でしょう。

精神衛生上非常に良くないし、もう高塚氏の話はもう取り上げないでおこうと思ったのですが、
再びネタになる事が出てきたので、書いてしまいます。

今日の各スポーツ新聞なんかで出ていたようですが、毎日新聞がちょっと前に取り上げていました。
「高塚氏著書を経費購入−−社員には自費“強制”」

なんと会社の経費で高塚氏の著書を大量購入し、社員にも自費で購入させていたそうです。
もうなんとも呆れ返ります。
で、これで発生した印税って、当然高塚氏の懐へ流れるわけですよね?
これは間接的に会社の経費で私腹を肥やしているようなもの…こんな事が許されるのか?

それに、購入した著書は、あのホテル「シーホーク」のロビーや客室にも置いてあったって、
聖書じゃないんだから…
あの"セクハラ教本"「抱擁力」も、その大量購入したものの中にあったそうです(嘲笑)

ついでにそのセクハラ話についても、笑える(もちろん失笑という意味です)話があったので
→同じく毎日新聞の記事。記事の最後の方にご注目下さい。

「勤務中の女性社員に「『高塚さん愛してる』と言ってほしいな」と電話をかける」…
いやー、気色悪いですねえ。
ホント、何考えてるんでしょうかねえ、この人は。

もう言葉を失いました。私からはこれ以上何も言う事ないです。
あとは皆様、呆れるなり、失笑するなり、罵倒するなり、お好きにリアクションとって下さい(笑)
  
Posted by takanomichi at 23:59Comments(5)TrackBack(1)日常雑感

2004年10月04日

ええっ!ノーヒットノーランって…

当ブログの看板に反してセ・リーグネタが続きますが、
とにかくさっき知って、ビックリしたので書きます。

阪神・井川 ノーヒットノーラン達成!

  続きを読む
Posted by takanomichi at 23:18Comments(6)TrackBack(1)プロ野球一般

それは本当か?

041004_194627.jpg←という事らしいです。

私も学生時代、ほんのちょっとの間した事ありますけど、
運命が変わった覚えはないのですが…  
Posted by takanomichi at 21:12Comments(2)TrackBack(0)日常雑感

2004年10月03日

中日・川崎 最後のマウンド

激闘のプレーオフを見終わった後で半ば放心状態になっていましたが、
ハッと気がつき、テレビのチャンネルを、中日−ヤクルト戦に合わせました。
今日、昼頃何気なくネットをチェックしていて、こんな記事を見つけていたからです。

「中日・川崎 引退を表明」

かつてのヤクルトのエース、球界きっての巨人キラー、川崎憲次郎。
中日にFA移籍してからは、右肩の故障で3年間一軍で投げる事なく、
今年もここまでわずか2試合に登板したのみ。苦しい状況が続いていました。

しかし、引退するとまでは思っていなかったので、正直驚きました。
そして今日のヤクルト戦先発が最終登板。
おそらく1イニングだけだろうし、これは見逃せない。そう思いました。
  続きを読む
Posted by takanomichi at 22:45Comments(5)TrackBack(1)プロ野球一般

激闘の終わり〜プレーオフ第1ステージ第3戦

「今年のパ・リーグは面白い」
この言葉を当ブログでは何度言ってきた事でしょうか。
しかし今日もやっぱり同じ言葉を言ってしまいます。
プレーオフ第1ステージ第3戦、まさにこの言葉を象徴する試合になりました。
最後の最後まで目を離せない展開に…
  続きを読む
Posted by takanomichi at 21:04Comments(4)TrackBack(0)パ・リーグ

2004年10月02日

大記録とプレーオフ

↑我ながら、考えも脈略もないタイトルだな…
でも、やっぱり今日は、
「イチローの大記録」
「ますます熱いプレーオフ」
この両方の話にふれないわけにはいかないでしょう。
  続きを読む
Posted by takanomichi at 22:43Comments(4)TrackBack(1)プロ野球一般

めざせ連覇!

041002_132209.jpgまたまた自宅近くのダイエーにて。
過去の試合のVTRを流し、グッズ販売まで行う気合いの入れようです。

福岡のほうでは、店内で普通にグッズ売ってるでしょうけど、
こっちでは珍しい事なんです。  
Posted by takanomichi at 13:38Comments(2)TrackBack(0)Hawks

2004年10月01日

やっぱり野球は面白い

ついさっき、中日ドラゴンズの優勝セレモニーをテレビ中継で見ました。

試合は、最終的には延長12回の末に敗れてしまいましたが、
先にヤクルトが敗れていたので優勝決定。
とはいえ、12回に広島が突き放すまでは緊迫した試合展開で、
中日がサヨナラで優勝を決めるチャンスもあり、つい見入ってしまいました。

そんなわけで、昨日のブログであれだけプレーオフの事を書いていたにも関わらず、
なかなか西武ドーム中継にチャンネルを変えられませんでした(苦笑)
  続きを読む
Posted by takanomichi at 23:34Comments(5)TrackBack(0)プロ野球一般

2004年09月30日

プレーオフ前夜

仕事帰りに「週刊ベースボール」を買いました。
以前は、週によって買ったり買わなかったりだったのですが、ここ最近は毎週買ってます。
このブログを始めてからというもの、何かネタになるようなものはないかという事で(笑)

週ベ今週号で、今週号の記事の中にプレーオフ出場の3チームを
データ分析したものがありました。
それを読んでの印象は
「西武・日本ハム、どっちが勝ち上がってきても怖い…」
  続きを読む
Posted by takanomichi at 23:46Comments(2)TrackBack(0)パ・リーグ

2004年09月29日

球界のどうしようもない大人達

うちは毎日新聞をとっているのですが、今日の大阪版の夕刊のトップ記事はこれでした。

「ホークスタウン 高塚社長解任。セクハラ調査応じず」

福岡ドームなどの事業を行う「ホークスタウン」の社長であり、
今年4月までホークスの球団社長も務めた高塚猛氏が、社長を解任されました。
ホークス球団社長の時は、あの小久保無償トレード騒動で、
思い切り批判の目が向けられた社長として、ご記憶の方も多いでしょう。

今回社長解任となった経緯は、リンク先記事の通り、重大なセクハラの疑いがあっての事です。
毎日新聞夕刊の本紙には、氏がその著作で「セクハラにならない人はここが違う」と
持論を展開している事が紹介されていました。
読んでみると、その内容に寒気を覚えました。
  続きを読む
Posted by takanomichi at 23:23Comments(3)TrackBack(1)プロ野球一般

2004年09月28日

店長、全国表彰です

パ・リーグのレギュラーシーズンが終了し、タイトル獲得選手が決まりました。
今年もホークスからは多くのタイトル獲得者が出ました。
(と言っても、まだ成績だけで決まるタイトルのみで、投票とかで決まるMVPなんかは
 日本シリーズ終了後になりますが)

過去6人しか出ていない、球史に残る三冠王という大記録を打ち立てた松中。
選手会長としてチームを引っ張るかたわら、一年間高いレベルのバッティングを維持し続け、
この記録を残した事については、いくら賞賛の言葉を並べても賞賛し切れません。

それから、初の盗塁王をダントツで獲得し、最多安打のおまけまでつけた川崎。
故障に泣いた昨年とは違い、一年を通して頑張り、最多奪三振を獲得した新垣。
みんなすごいです。本当にいろいろ書きたい事はあるのですが、
今日はあえてもう一人のタイトルホルダーにふれてみたいと思います。

ルーキーながら最優秀救援獲得、三瀬幸司
今日はちょっとこの人について語らせて下さい。
  続きを読む
Posted by takanomichi at 23:42Comments(7)TrackBack(0)Hawks

2004年09月27日

大阪近鉄・ブルーウェーブ それぞれのフィナーレ

帰宅してヤフーBBの中継を見始めると、ちょうど9回表が始まるところでした。
そして試合終了、大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブの最後の瞬間を
しっかりと見届けました。

近鉄は、24日に本拠地大阪ドームでの試合を、サヨナラ勝ちで飾っていました。
今日の本当の最後の試合は勝利で飾れませんでしたが、
合併相手のオリックスが、最終戦を勝利で飾りました。
それぞれ、地元のファンの前で最後に勝つところを見せられたのは、よかったと思います。

球団が消滅するという事で、近鉄の選手とファンの悲しみばかりが、
報道などでも取り上げられているような気がしますし、
私自身もブログ内で、あまりオリックスにはふれていませんでした。

でも考えてみれば、オリックス球団は残るとはいえ、ブルーウェーブというチーム名は失われるし、
愛する選手達の何人かがいなくなってしまう悲しみは、オリックスも同じなんですよね。
そして、球場もグリーンスタジアム神戸→ヤフーBBから、大阪ドームに移ろうとしている…
主催試合の半分近くがヤフーBBで行われるとしても、神戸のチームという実感は薄くなってしまうでしょうね。
どちらのチームの選手にもファンにも、悲しみしか残らないこの合併…いったい何なのだろう。

「オリックス球団が残るからいいではないか」
「バファローズという名前は残るからいいではないか」
そんな事を言う人もいるようですけど、両チームの選手とファンにとって、そんな言葉はまやかしでしかない。
オリックス・バファローズというチームは、今まで見てきたブルーウェーブやバファローズとは、
まったく違うチームにしか見えないだろうと思います。
両チームのファンに、割り切って新チームを応援しようと言っても、事はそんなに簡単なものではないでしょう。

中継の実況の中で「来年からはオリックス・バファローズとして
新しい歴史が刻まれます」とかいうコメントがありましたけど、
今、二つの歴史が終わったところで、新しい歴史の事なんてまだまだ考えられません…

そんな思いで、試合後のセレモニーまで見てましたけど、ただ一つ救われたのは、両チームの選手に笑顔が見られた事です。
もちろん、内心はみんな悔しくて残念な思いなのでしょうけど、最後くらいは笑ってサヨナラしようと思ったのでしょうか。
様々な思いを胸に、スタンドのファンの歓声に応える、両チームの選手達。
そして、最後は両チームで監督の胴上げがあったり、フィナーレを飾る花火が打ち上げられたり、感動的なセレモニーでした。

二つのチームの歴史は終わりを迎えましたけど、せめて、私達野球ファンの記憶の中で、生き続けられるように…

大阪近鉄バファローズというチームがあった事を
オリックス・ブルーウェーブというチームがあった事を
そして両チームが感動的な試合を何度も見せてくれた事を、
ずっと忘れずにいようと思います。
  
Posted by takanomichi at 23:58Comments(3)TrackBack(1)パ・リーグ

2004年09月26日

気まぐれ札幌ドームツアー体験記

何を今さらと思われるかも知れませんが…
先週20日に札幌ドームで観戦した後、翌21日に大阪に帰ったのですが、
当日飛行機まで少し時間がありました。

ならば時間まで札幌観光でもしようかと思ったのですが、
札幌ドームに展望台があった事を、ふと思い出しました。
「あの展望台に行ってみよう」と思い立って、朝10時過ぎに札幌ドームへ向かいました。

ドームに着くと「ドームツアー」なるものがあって、
球場のブルペンやグラウンド等を見られると聞きました。
しかも、11時スタートのコースがもうすぐ始まるという時でした。

「せっかくだから参加してみよう!」
という具合に、気まぐれと偶然によって行く事になった札幌ドームツアー。
で、撮った写真をご紹介したいと思ったのですが、数が多くてブログでは無理。
そんなわけで無料ホームページ借りました。

では、こちらからどうぞ。

余談ですが、本格的にホームページを作るのは、実は今回が初めてでした。
ですから、最初は少し悪戦苦闘しました。(苦笑)
なんせ、ホームページやネットに関して、技術的な事とかあまり詳しくないもので。
そんな私の仕事がシステムエンジニアというのだから、世の中は不条理です(笑)

まあ、やっつけ仕事もいいとこなので、見栄えの良くないページかも知れませんが、
楽しんで頂けたら幸いです。
  
Posted by takanomichi at 20:55Comments(5)TrackBack(1)プロ野球一般

2004年09月25日

大阪の一番悲しい日

本当なら昨日この話を書きたかったのですが、
松中三冠王や日ハムプレーオフ進出という喜ばしい話とは並べて書けず、
何より自分の気持ちの整理がつかなかったので、一夜明けた今、書いてます。

大阪近鉄、本拠地最終戦をサヨナラ勝ちで飾る

あの「10.19」や「代打逆転サヨナラ満塁優勝決定ホームラン」をはじめ、
想像を超えるような感動的な試合を何度もしてきた大阪近鉄バファローズ。
今年、結局リーグ5位に終わる事になりますが、
球団合併が発表されてから、それに絡むポイントでの試合では必ずと言っていいほど勝ってきました。

合併合意が発表された6月13日、日本ハムにサヨナラ勝利。
ライブドア堀江社長が観戦に訪れた7月4日、オリックスに逆転勝利。
オーナー会議で合併が正式承認された9月8日、西武に接戦の末勝利。
そして昨日のサヨナラ勝利。
…一つ一つが、誰しも望まない球団合併に対する選手達の抵抗だったように思えます。
  続きを読む
Posted by takanomichi at 10:45Comments(3)TrackBack(0)パ・リーグ

三冠王とプレーオフ、喜ばしさも暫定なり

はじめにおことわりです。
以下の話は、ストによる中止分の代替試合がない事を前提とします。

まずは、ホークスファンとしてこの話から。

松中 三冠王確定!!!

今日(24日)、松中と首位打者を争う小笠原と、ホームラン王を争うセギノールのいる日本ハムが
最終戦を終えました。
その結果、両選手とも打率・ホームランで松中を上回るには至らず(ホームランは両者同数)、
2位に大きく差をつけた打点と並んで、三冠王が確定しました!
(日刊スポーツ九州の「PDF号外」(←こんなのあるんですね)はこちら

いやあ本当に嬉しいです。
何と言っても、両リーグ共に18年間も出ていなかった三冠王の誕生ですから。
これまで、どちらかと言うと城島の方が派手に映っていたりして、
4番を打ちながらも、目立たないとは言わないまでも、一歩引いたように映っていた松中。
しかし、これで球史に残る大打者として、とてつもなく大きな存在となりますね。
もし、今日セギノールにホームランが出たら、と思うと正直、不安でした。
しかし髪は、あ、いや神は松中を見放しはしませんでした。

それにしても、今季の松中はまさに獅子奮迅の活躍(←鷹のチームなのに獅子って、おい)
球界再編問題に絡んで選手会長としても忙しくなり、本当に大変な一年でしたが、
見事に最高の成績を残してくれました!
禁酒して節制に努めるなど、地道な努力が結実しましたね。

そして、ガラリと話は変わりますが、もう一つおめでたい話。

北海道日本ハム、プレーオフ進出!

今日の神戸でのオリックス戦、勝てばプレーオフ進出となるが、負ければその時点で夢断たれる、という
とんでもないプレッシャーの中、勝利をものにしました。

先日の札幌行きで、北海道のハムファンの方々と知り合えた事もあって、
自分の中では以前よりもファイターズに対する思い入れが強くなっていました。
(もちろん、ホークス以上にとまでは言いませんが(笑))
それだけに、何とかファイターズにプレーオフに出てきてもらいたいと思っていましたので、
これもまた私にとっては嬉しい事です。北海道のファンの皆さんも喜んでいるだろうなあ。
  続きを読む
Posted by takanomichi at 01:58Comments(9)TrackBack(3)