★最新記事一覧★

(・ω・)ノ貼れというので  2007年10月05日  08:46
(・ω・)ノtest2  2007年05月22日  22:18
(・ω・)ノtest  2007年05月22日  21:30
(・ω・)ノ多謝!!  2006年01月19日  16:56
(・ω・)ノちょっとおもしろいこと  2006年01月12日  00:01
(・ω・)ノ七草粥なんて食べる前に  2006年01月08日  17:58
(・ω・)ノブログ納め  2005年12月31日  19:32
(・ω・)ノ振り返りぶーむ(に便乗)  2005年12月30日  19:03
(・ω・)ノスイッチ  2005年12月29日  23:22
(・ω・)ノ深夜1時のホットケーキ  2005年12月29日  02:29
(・ω・)ノ私的初雪  2005年12月23日  00:17
(・ω・)ノつばめのこころをもったあり  2005年12月20日  22:31
(・ω・)ノなんでだろう…  2005年12月20日  05:10
(・ω・)ノ氷がはった  2005年12月19日  21:41
(・ω・)ノバトンの嵐:Movies/映画バトン  2005年12月15日  12:22
(・ω・)ノバトンの嵐:ステキバトン  2005年12月14日  19:24
(・ω・)ノバトンの嵐:印象バトン  2005年12月13日  01:08
(・ω・)ノバトンの嵐:学生時代バトン  2005年12月10日  21:24
(・ω・)ノバトンの嵐─Дラーバトン  2005年12月08日  23:33
(・ω・)ノ他人事ではなかった  2005年12月06日  11:35

2007年10月05日

貼れというので

これはアメリカのゲームです。1度やってみてください。
これは、たった3分でできるゲームです。試してみてください。
驚く結果をご覧いただけます。
このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたった10分で願い事が
かなったそうです。このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を
貴方にもたらすでしょう。

約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。
たった3分ですから、ためす価値ありです。


まず、ペンと、紙をご用意下さい。先を読むと、願い事が叶わなくなります。


,泙此■曳屬ら、11番まで、縦に数字を書いてください。
■曳屬硲家屬硫に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。

3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味のある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同姓の名
前をかく)

必ず、1行ずつ進んでください。先を読むと、なにもかもなくなります。

ぃ粥ぃ機ぃ業屬硫それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さ
い。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。

まだ、先を見てはいけませんよ!!

ィ検■后■隠亜■隠曳屬硫に、歌のタイトルをお書き下さい。

最後にお願い事をして下さい。さて、ゲームの解説です。

1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。

2)3番に書いた人は貴方の愛する人です。

3)7番に書いた人は、好きだけれど叶わぬ恋の相手です。

4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。

5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。

6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。

7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。

8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。

9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。

10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。この書き
込みを読んでから、1時間以内に10個の掲示板にこの書き込みをコピー
して貼って下さい。そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、
貼らなければ、願い事を逆のことが起こるでしょう。とても奇妙ですが当
たってませんか?

  
Posted by takany at 08:46Comments(0)モブログ系

2007年05月22日

test2

テスト投稿その2  
Posted by takany at 22:18Comments(0)

test

テスト投稿  
Posted by takany at 21:30Comments(0)

2006年01月19日

多謝!!

アンケートにご協力いただいた皆様ありがとうございました!
ただいま集計と分析などしております♪
終わり次第ご報告しますね(*`・ω・´)b

ちなみに今日はゼミでした。

教授に会ったら開口いちばん、
「●●社から電話がこないなあ…届いた商品が間違ってたって言ったんだけどねぇ」
とのこと。
しかし●●社は私の内定先。
悪気はなかったみたいですが、軽くイジメなんじゃないかなぁと思いました。
なんか、とりあえず謝ってみました。

昨日は姐のおうちで坦々ゴマ鍋☆
サイドメニューもあって、ちょー美味しかった♪
ところでみなさん、

センブリ茶

ってご存知ですか。
笑っていいともで罰ゲームにもなっていたあのお茶です。
私は昨日はじめて飲みました。

けっこういけました
めちゃめちゃ苦かったです…

で、そのセンブリ茶が一体どこまで苦いのか!?
千回淹れても苦いというその名の由来は正しいのか!?
という検証を姐さんが体を張ってやるそうです。

物好きだな
ここから飛べるので読んでみて!(笑)  
Posted by takany at 16:56Comments(18)ニチジョウ系

2006年01月12日

ちょっとおもしろいこと

今日は内定先にいきました。新年講話会でした。

講話中の一場面、講師の方(男性)が一同を見渡して仰いました。

「男性のみなさんにお尋ねします」
「スタイルも抜群で美人で、しかもとても優しい女性がいたら、当然人気がでますよね?」

話をふられた人は頷くわけです。まあ、否定する要素はないですよね。
まあ、要は二つの良い要素を持った人は人気だ、ということのたとえなのですが。
しかしこれ、続きます。

「そして、女性のみなさん」
「仕事がバリバリできて、ハンサムで、しかもアナタだけにとても優しい男性」





「…そんな人いませんよ☆(めったにね)



..・:':;';:(゚ε゚ )ブッ!!
女性陣、思わず吹いてましたね(笑)
講師さん、そんな言い切ったら世の夢見る乙女達が嘆きます( p_q)

------------------------------

そういえば、新年の家族の話題づくりに一役かった「大人の脳力トレーニング(ニンテンドーDSソフト)」で、記憶をたどって絵を描こうというコーナーがあります。

ぷ○すまのコーナーみたいですね。

で、一つのお題が「竜」だったんですけど。



うちの父さんは堂々と「タツノオトシゴ」を描いておりました。



さすが我が父。
それで(*´・ω・`)いいんだろうか…

------------------------------

ちなみに今日は「毒舌っぽいよね」と見た目で推測されました。
「これでもまるくなったといわれるんだけど」と言ったら、吹かれました。
つまり
新しい環境なら(*`・ω・´)まだいじられキャラじゃなく生きていける証拠です!

…無駄な抵抗かしら…  
Posted by takany at 00:01Comments(7)ニチジョウ系

2006年01月08日

七草粥なんて食べる前に

無病息災を祈るはずの七草粥を食べる前に、風邪ひきました。
…あほですね。

新年早々卒論ほっぽって旅行とかいってるのがいけないんですね。
…あほですね。

こんなやつですが今年も宜しくお願いしますッ(>▽<)ノ

今年の目標は

「自立と自己管理☆」

です!
早速風邪引いてるけどな

いや、でもね。マジでひさびさにひどい風邪なのよ^^;
扁桃腺はれすぎで耳痛くてたまらない…(笑)なおれーなおってくれー。

あ、そうそう。激混みで有名な明治神宮。渋谷で徹夜バイト明けに飲んで、そのまま歩いてお参りしたんですがね。朝6時半の明治神宮はガラ隙でしたよー。
お賽銭を、箱でなくてガードマンに直接投げつける人がいるせいで(!)、彼らは賽銭箱の前で顔にカバーかけて立ってるんですけど、その努力が空しいくらい閑散としてました。逆にちょっとおもしろかったかも(笑)てなわけで、あそこにお参りしたいならあの時間がオススメです☆

ていうか、初夢が白い霧に覆われてばっかりの夢ってどうですか。
まさに

五里霧中

ってことですか… …(涙)

でもいいんだ!
いい年にするんだもん!!(*`・ω・´)ふんっ  
Posted by takany at 17:58Comments(13)ニチジョウ系

2005年12月31日

ブログ納め

82ab404c.jpg今年もあと数時間。

今年は働いて年越ししますよー。文字通り、来年は稼げる一年であることを祈って…?(笑)


かなしいこともあったけど、今年はよい一年だったと思っています。

あなたに逢えたから。

ともだちや家族のありがたみを痛感できたから。

…うん。

みなさんに貰った、たくさんの幸せとありがとうを胸に、頑張ってきます!

それでは、良いお年を。どうか、みなさんが暖かな気持ちで新年を迎えられますように。
  
Posted by takany at 19:32Comments(5)モブログ系

2005年12月30日

振り返りぶーむ(に便乗)

さすが年末、皆様一年を振り返るのがぶーむみたいですね。
せっかくなので、ささっと反省しておくとします。

今年の印象(1)「いやぁ、生きるって大変だなぁ」

前半:進学か就職か散々迷走。結局なんもしてないような…
中盤:内定を貰ったはいいが、人間関係などでへとへとに。
後半:内定式に遅刻とか。気づいたら卒論やってなかったし♪

今年の印象(2)「学生最後だ!遊んでやるぅ!」

前半:主に集まりや飲み☆あと、とある理由で引きこもって遊びがちに^^;
中盤:営業に出つつ、NYやドミニカいったり、韓国いったり。極めつけは浅草。
後半:仲間の結婚式、タンガデビュー、ディズニーや飲みなどなど♪

今年の印象(3)「パラレルワールド!?」

どこが生息区域なんだかだんだんわからなくなる日々です。
パラレルワールドとの間を行き来しながら生きてる感じかな。
ご存知の方はご存知…。

…あっ、もうないや(笑)
とりあえず、あとは卒論出して旅行でもいければ、悔いのない学生生活です☆
大掃除してやったし…エアコンフィルターめっ(*`・ω・´)  
Posted by takany at 19:03Comments(0)

2005年12月29日

スイッチ

カチッ。

どこかでスイッチが入る音がして、怜子は嫌な予感にはっと振り向く。振り向きざまに、手にしたナイフを音が聞こえた方向に向け、体をこわばらせて来るべき事態に備えた。

沈黙の中、永遠にも思える時間が流れる。怜子の、押し殺した息遣いだけが周囲に木霊し、やがてそれすら暗闇に吸い込まれ消えていった。

どれくらいそうしていたのだろうか、うっすらと怜子の額は汗ばんでいる。息を一度大きくつき、体制を変えようとしたその瞬間、それまで全身にこめられていた体の力が一瞬抜けた。そう、全ては、まさにその一瞬を引き金として起こったのだ。

すなわち、その一瞬から数十秒後には、怜子の手にもはやナイフはなく、そのかわりその手は、怜子を抱きしめる男の背中をしっかりと掴んでいたのである。

果たして、この間に何が起こったのであろうか。時を追って見てみることにしよう。

「うっ!」

怜子は、一瞬生まれた隙をつくかのようにふいに体の内側から突き上げた大きな衝撃に耐えきれず、思わず呻き、がくっと膝をついてしまう。そう、まるでガスの類を吸ってしまったかのように。

「…罠か」

怜子はきっと前方を見据え、小さく呟く。するとまるでその呟きに応えるかのように、暗闇がざわりと蠢き、ひとりの男がすうっと現れたのだ。

「人聞きが悪いことをいうなよ、怜子」

男は笑みすら浮かべ、馴れ馴れしい口調で語りかける。それとは対照的に、怜子の顔は青ざめ、口を開くこともない。ナイフを握り締めた手のぶるぶるという震えだけが、彼女の唯一のリアクションだった。

男は刃に臆することもなく、ゆっくりと怜子に近づいていく。二人の間が5歩ほどの距離になったとき、男はピタリと歩みを止めた。そして両手をゆっくりと開きながら、穏やかに語りかける。

「そうだな…あるいは罠かもしれない」

怜子の片眉がピクリと跳ね上がる。

「君もきいたはずだ、あのスイッチの音を…間違ってるかな?」

あえて沈黙を守り頑なな表情のままの怜子を見つめながら、男は続ける。

「そのうち君は、実に様々な苦しみを味わうことになるだろう…

他人の一挙一動に嫉妬し、自分の過去を恨み、時間の経過の遅さに悶え」

じりじりと怜子は後退る。

「…同時にこの上ない安らぎと幸福感を手に入れるだろう。しかしそれは中毒性が強い…求め狂うことになるかもしれないな」

そこで怜子はぎくりとして立ち止まる。スイッチの正体には、思い当たる節があったのだ。敵組織で密かに導入されたという新兵器。この上なく平和的に見える手段。それでいて相手には、降伏して幸せを貪るか、抵抗して滅亡するまで苦しむかどちらかの選択肢しか与えられないという究極の罠。

通称「恋愛スイッチT-68型」

…そう、怜子にはもはや、ナイフを捨て男の腕の中で生きる以外に生き延びる術はないのであった…

命を賭けた戦いの場では、緊張からくる動機を恋愛のそれとすり替えることはいとも容易く、危険な罠となる。しかしまた、人間とは不器用な生き物である。怜子と男のエピソードは語り継がれ、恋愛スイッチによる恋愛は、やがて長い長い戦いの時代のスタンダードな恋愛スタイルとなっていった…
  
Posted by takany at 23:22Comments(2)モブログ系

深夜1時のホットケーキ

c2092d19.JPG美味しいけどふとるよぉ…(T_T)
  
Posted by takany at 02:29Comments(2)モブログ系

2005年12月23日

私的初雪

87834309.JPG雪だあぁぁぁぁ!!白いよ!明るいよ!

今日は全国的に大雪だったみたいですね。…わたしは当然、性質上そとではしゃぐわけもなく、まさにこたつで丸くなってるワケですが(笑)

そんな私的初雪でした。数日はやいホワイトクリスマスといった感じでしょうか。
  
Posted by takany at 00:17Comments(2)モブログ系

2005年12月20日

つばめのこころをもったあり

ぼくは、あり。ちいさいちいさい、ありんこです。

まいにちまいにち、じょおうさまにおもいたべものをはこんでいます。えっさ、ほいさ。

なかまたちがいるからそんなにたいへんではないけれど、ときにはびっくりすることもあります。

そらからおちてくるひとつぶのナミダでみずびたしになったり、おおきいいきものがそばをとおるたびにじめんがゆれてたっていられなくなったりします。

そう、ぼくは、そういうちいさいちいさいいきものなのです。

あるとき、いちわのくろいとりが、ぼくのあたまのうえをとんでいきました。おっぽがふたつにわれていて、かっこいいとりでした。

ともだちが、あれはつばめというんだよとおしえてくれました。ぼくは、じゆうにそらをとぶことができるつばめになりたいとおもって、じょおうさまにそういいました。

そうしたらじょおうさまは、わらってこういいました。
「わたしたちはありなの。うまれてしぬまでちいさいちいさいありんこなのよ。」
ぼくはなんだかかなしくなって、うつむきました。
「でもね、ぼうや。」
じょおうさまはつづけていいました。
「あなたはありだけど、つばめのこころをもつありになれるのよ。」

つぎのひからぼくは、つばめのこころをもったありになろうとがんばりました。からだはちいさいちいさいありだけど、めのまえのたべもののことだけではなく、ともだちやまわりのけしきを、みるようにしました。

そうやってまいにちくらして、しばらくたったあるひのこと。

ぼくはいちわのつばめとはなすことができました。つばめになりたくて、せめてつばめのこころがほしいんだとぼくはいいました。

そうしたらつばめは、くびをかしげてこういいました。

「なんできみはつばめになりたいんだい。きみにはたくさんともだちがいるし、あたたかいいえだってあるじゃないか。
ボクたちは、さむくなったりあつくなったりするたびに、ながいながいたびにでないとならないんだよ。」

「きみのことがうらやましいとおもうボクのきもちがわかったなら、きっときみはつばめのこころをもつことができたんだとおもうよ。」
つばめはそういいのこしてとんでいきました。

つばめのはなしをきいてぼくは、ほんとうにありでよかったとおもいました。

ちいさいちいさいありんこだけど、ぼくにはつばめにないものがあるみたいです。だからきょうからは、つばめになるためではなくて、ありとしてがんばっていこうとおもいます。
  
Posted by takany at 22:31Comments(2)モブログ系

なんでだろう…

特に飲みすぎたわけでもなく、
特に疲れていたわけでもないのに、
はじめて飲んで気持ち悪さを体験いたしました。

飲み会自体は楽しかったし、
そこにはいつもとなんら変わらない私がいたと思うのですが、
帰ってきてぱったりと逝きました。

直前まで数値とにらめっこで頑張りすぎ?
予定たてこみすぎ??
原因がわかんない…けどとにかく限界感じました。

むしろ外でどうにもなるまいと頑張った自分が偉い。
とか思う勢いです。
でもほんとにごめんなさい。

ようやっと意識が復活した、そんな午前5時。
セミナーまであと6時間ちょっと…。  
Posted by takany at 05:10Comments(3)ニチジョウ系

2005年12月19日

氷がはった

befc728d.JPG氷ごしの新D。ちょーはしゃいだ☆(4年生ばっか…)
  
Posted by takany at 21:41Comments(4)モブログ系

2005年12月15日

バトンの嵐:Movies/映画バトン

9aa079fd.jpg←いつか誰かに言った覚えのある個人的名言。適当な人物設定、適当なシチュエーションで発言させてみました。そしたら遠近感まで適当になりました…orz

あなた的名言(知り合いが言ったでも可)教えてください!
1pか2pに収まる程度がベストです(笑)シリーズ化したいな♪(卒論しろよ)

いやぁ、ラビーからまわってきてたMovies答える前にさってぃーから映画バトンがきたので、まとめて回答しちゃいます!→  続きを読む
Posted by takany at 12:22Comments(10)バトン系

2005年12月14日

バトンの嵐:ステキバトン

b104e554.jpgペンで直接描いてみました。5分で…
以前より絶対速くなってる。久々に成長を実感中です^^

はぁ…配色って奥が深いなぁ。でも、こういう研究やってられる人達って幸せだなぁ。とか思いながら学会誌読んでます。目下、大ヒット中の論文テーマは

「からし明太子における色彩の味覚への影響」

これは、ちゃんとしたマジメな論文です。
読んでいたら、高校の頃に政治経済の授業用に私が書いた

「日本における"本場の"インドカレーブームとインド人IT技術者数の関係」

という論文を思い出しました。
きっと先生は笑いながら読んでくれたことでしょう。

今日はステキバトンです。ステキに答えられたかなぁ…→  続きを読む
Posted by takany at 19:24Comments(7)バトン系

2005年12月13日

バトンの嵐:印象バトン

ae1beb34.jpg-----------
死亡診断書
-----------
お名前: 貴兄 性別: 女
生年月日: 84/2/23
-----------
死亡した状況:
 あなたは恋人を狙う凶弾の前に、身を投げ出した。
 恋人の腕に抱かれながら、あなたはこう言い残す。
「私の分まで生きて……」
死因: 胸部被弾による失血死
死因の種類: 不詳の外因死
死亡した場所: 波止場
-----------

死に様占いに判断されました。
これを言ったら「ありがとう、生きるよ」と言われました。
二人分の診断結果を合わせると、凶弾の正体はチョコレートらしいです。
意味が分かりません。

あー、順番がわからなくなってきたけどいいや。印象バトンいってみましょ→
  続きを読む
Posted by takany at 01:08Comments(14)

2005年12月10日

バトンの嵐:学生時代バトン

dancer
昨日は、私達が師と仰ぐきょうこさんに、ダンサーお疲れ会を開催していただきました☆楽しい時間と豪華な料理をほんっとーーにありがとうございました!!

そうそう、本場の練習風景のビデオを見せていただいたりもしました。
言葉で表せない感動が随所に!色々な人の踊りや演奏のかっこよさに、面々の嬉しい悲鳴がこだました次第であります。オーラがすごい><

あぁ、趣味って大切だなぁ。

いや、そういう刺激を受けるとね、考えてしまうわけで。自分の一生という限られた時間のうちに、やりたいこと、手を出したいことはわんさかあるけど、実際にできる量はそこまでないわけで…。そのなかでセレクションして追求していくのが趣味になるわけだから、そこにかかるエネルギーは結構なものってことですよね。

で、どうせならなにか極めたいなぁと絞っていくと、私の場合はどーしても絵にいきつくんですよね。どこでもできるお手軽さ故かな…ふっと気がつくとラクガキしてますもん。やっぱり一番長く続いてる趣味だけあるんだろうなぁ。

長さでいうなら、ピアノも続いたほうだったはずなんですけど…譜面を覚えるクラシックピアノの性質から嗜好がどんどんかけ離れていったり、身近にそれがなくなったり(寮時代はまだあったんですけどね)して、結局レッスンをやめた=弾かなくなったになってしまいましたね。

んでもって、そこにかかってた分のエネルギーは、ダンスに移行しました。創作からサンバへ、かれこれ踊って6年強。これが好きだと思ったのは、多分誰かと一緒にやることだからなんでしょうね。仲間がいて、見せる対象がいて。音楽に才能があったなら打楽器もやりたかったですけども(笑)

なにが言いたかったかというと〜
趣味ってのは、働いて生きていくほかにエネルギーを注力できる、大切な対象。
そして、それを通じてできる友達って大切!ということです☆
広く浅くでも、何かにドップリでも、趣味友は大切にしましょう♪しますよ?(笑)

そろそろバトンがオマケ感覚になってきたなぁ。小中高時代がテーマです→  続きを読む
Posted by takany at 21:24Comments(3)バトン系

2005年12月08日

バトンの嵐─Дラーバトン

ヒマつぶしに携帯のネタ占いサイトをみていたら、こんなの発見↓
年下占い
名前と視点がアレだけど、タイプのネーミングと男女の説明読むだけでもフツーにおもしろい。ちなみに、姉妹サイトの年上占いは携帯からしかまだ見れない。そっちも基本は同じなんだけど、視点の違いが笑える。

例)男性の呼び方
年下→○○クンの傾向は…
年上→Mr.○○の傾向は…

ちなみに、my診断結果。

略 奪 愛 タイプ☆





…こんなのいやだぁぁぁぁぁぁ(涙)

それはさておき、姐御からもらったカラーバトン。卒論が色についてなのは嬉しいんだけど、数値ばっかでマジ泣けてくる今日この頃。→  続きを読む
Posted by takany at 23:33Comments(3)バトン系

2005年12月06日

他人事ではなかった

"Are you intending to graduate?"
普段のレジ画面からいつも通りNextボタンをクリックしたら現れるこの画面に、びっくりしたSenior達も多かったのではないだろうか。

そう、昨日は大学最後の履修登録の日だった。

今まで、「ふーん」と思って完全に他人事だと思っていた卒業申請書を出す身になってしまった。係りの人に差し出す書類がいつもより多い。そして書類を受け取る。

卒論期限は、ふむふむ。2月1日か。


…はやっ!!!
やばっ!!!


2ヶ月ないじゃん…
分析も記述もぜーーーんぶこれからなんだよ…


嗚呼、Junior以下の皆さん、卒論は計画的に…くれぐれも…
てなわけで、ひさびさにエンジンかかったのを感じた1日でした。
がんo(>n<)oばるもん!  
Posted by takany at 11:35Comments(4)ニチジョウ系