2018年03月06日

叙事詩を紡ぎ辿り着いた先

IMG_0189
 加藤卓雄アコースティックワンマン「下北沢叙事詩」、無事終了いたしました。無事…本当に無事だったのかは定かじゃないですね、ほんとしんどかったのと来てくれた皆さんにはお待たせしてしまったりして反省点多々です。俺は昨日の帰りの電車の中で脳内一人反省会をしながら帰りました。今日も脳内反省会で段取りの悪さの原因をいくつも探していました。店をやってる人ってすげーですよねマジでマジで。毎日お客さんが来ておおよそ10分くらいで料理提供してお金を頂戴して生計を立ててるんですからね。俺は経営者じゃないけど音楽以外でお金を頂戴する以上はきっちりやりたかった。でー、アコースティックワンマンで食事を提供すると決めたその日から研究に研究を重ねて皆さんが納得してくれるような味と体裁のものを作れるように努力しました。うーん、確かに味も体裁も納得出来ました…段取りね、ラプソディーの店長秋山さんにもスタッフさんにも厨房手伝ってくれたGOLDEN AGEテツヤにも必要以上に手間をかけさせてしまった。料理を出したいと秋山さんに相談した時に「絶対大変だ」って何度も言われたんですよね。でもこういうことをやれるのはラプソディーしかなかった。だからゴリ押しさせてもらった。達成感や充実感はあるんですがそれだけではダメですね。反省点は次に活かせるようにしなくては。俺としてのリベンジ、秋山さんにはお願いしてもっともっと段取り良く、お店に迷惑かけないでまた同じような企画をやらせてもらいたいと思います。

IMG_3413
 料理出すって言ってもアーティストが出すからまあこんなもんでしょ、みたいな甘ったれたもの作りたくなかったんです。趣味で料理やって片手間なもの出してすげーでしょ?みたいなのって格好悪い。料理に対する評価なんてされなくたっていい、だって金取ってメシ出してそれが美味いのなんて当たり前だと思いますから。音楽だってそうでしょ、好き嫌いはあっても金取って歌っていいライブだったーなんて当たり前ですから。でも妥協せずに色々研究を重ねて、あんなに忌諱していたハンバーグもなんとかそれなりに作れるようになりましたし、フレンチトーストも可愛く作れるようになりました。たくさん勉強して身になって、こういうことに挑戦してよかったと思いましたよ。店をやりたいわけでもないし、料理人になりたいわけでもないけど、だからって適当なもの作ってはいどーぞーじゃあやる意義ないですからね。自分が色々学んで、お客さんには納得してもらって、それが最高。感想をしっかり聞けたわけじゃないけど顔をしかめるような人はいなかったと思いますよ。
IMG_0884


 ライブやる前、ステージに上がった時は正直「え?マジで俺今からライブ??」って思うくらいしんどかったです(笑)。でもしっかりやれた。今回はアコースティックワンマン、通称卓雄の部屋ってことで来場者の顔色を伺わず、俺のやりたいようにやりました。俺の作った曲で引き出しにしまってあるような曲を中心に構成を組んで。中学生の時に作った曲とか歌ったの初めてでした。来てくれた皆さんの中で唯一高校の時の軽音楽部の先輩お一人だけが発表会かなんかで聴いたことある曲。あとバンドではカバーもやりましたが、オリジナルの「あんたの嘘」って曲は多分初めてライブで歌ったんじゃないかな。あれは21、2歳の頃に書いたと思います。四半世紀前か…。2015年、2016年にはスリークウォーターもやりましたし、なんか箍が外れてしまったかも。その時歌いたい曲歌えばいいんじゃねーのーみたいな。個人的な感想としてはバンドで歌ったブルージーな3曲はとても気持ちよかった。なんか派手な衣装着て格好つけてやってた昔に戻ったような感じで。他人が聴いてつまんないと思うような楽曲でも俺にとっては全部可愛い子供のようなものですからね。ワンマンライブで引き出しにしまっていた曲やって楽しかったなんてもう最高、またそういう楽曲のポテンシャルを引き出してくれた寺尾とひろゆきがいてくれたのもありがたいことです。カバーでは「名前のない馬」とか結構練習しましたね、ひろゆきもまだ慣れていないコーラス、しかも英語の曲を歌いました。吉祥寺シャッフルでの熱いライブも気持ちいいですが、アコースティックもまた良いものです。またこういうのやりたいですね。料理に関してはもう少し段取りをしっかり考えて、提供する側もお客さんもなるべくストレスの無いようにやれるよう努力しなくてはですが。
IMG_3452




2018年3月4日(日)
加藤卓雄アコースティックワンマン「下北沢叙事詩」
下北沢ラプソディー


加藤卓雄

ミニチュアピンシャーズ
Vo,G/加藤卓雄 | B/寺尾順平 | G/柴田"ひろやん"拡行



-acoustic solo-

1.こんな夜はお前に会いたい
2.心ン中の宝物

3.ブルー(1986年)
4.淋しくて、悲しくて(1987年)

5.少しでも会えたらいいのにな
6.さよならごっこ


-acoustic band-

7.盲目の馬
8.却来 -Reprise-

9.名前のない馬(カバー)
10.Don’t Know Why(カバー)

11.Hang Heavy On My Life(1993年)
12.Crying’ Heart In The Midnight(1993年)
13.あんたの嘘(1992年)

14.憐憫 -Little Coward Barks-
15.黎明 -Dawn Comes Again-
16.交錯点

en.イントロ(ソロ,1988年)



 下北沢ラプソディー代表秋山さん、そしてラプソディーの女性スタッフお二方ご協力ありがとうございました。そして先月左上腕を複雑骨折しながらも協力してくれた橋口哲也ことテツヤ(3/17(土)下北沢近松にて彼のバンドGOLDEN AGEが東京初ワンマンを行います)、どうもありがとう。そしてご来場の皆さん、俺の料理を堪能してくれた皆さん、俺のお店やさんごっこに付き合ってくれて本当にありがとうございました。グレービーソースに助言をくれた母、かおるにも感謝を。石垣女史写真ありがとうございました。寺尾、ひろゆきお疲れさん。6/24も楽しもうぜ。
IMG_3459


Share on Tumblr
takao_3quarter at 22:46|PermalinkComments(0)

2018年02月05日

3月4日(日)加藤卓雄ワンマンライブに関するお知らせ


 このブログではあけおめですね。皆様2018年はいかがお過ごしでしょうか。私加藤卓雄は特に変わったこともなく平平とライブをしています。2月になったばかりだというのにもう3本もライブやってんですからしんどいことです。それでも以前と比べたら減りましたよね、ライブ。最高に忙しかった頃は3日にいっぺんライブやっていましたからね。俺が歳食ったとかじゃなくてライブハウスシーンが変わったつうことでしょうな。ライブのお誘いとかガツガツ来なくなりましたから。とんと誘ってくれなくなったブッカーの皆さん、今どうしてるんでしょうかね。先日某ライブハウスで偶然会った昔馴染みのPAさんと色々話していたら金使い込んでクビになったブッカーの話とか聞きました。薄給で理念と熱意を以ってブッキングする時代は終わってしまったんでしょうかね。俺は俺で今も楽しく歌ってギター掻き鳴らしています。ライブハウスも大好きですね、相変わらずです。

 最近昔の、昔つってもスリークウォーターの曲というわけではないんですが、あんまりライブでやったことなかった曲をやったりして自分で楽しんでいます。これ、3月4日のワンマンライブ、下北沢叙事詩対策の副産物なんですよね。渋谷オークレスト、千葉ルック、横浜ベイシスなどでかつてやっていたワンマンライブの形態はすべてお一人様アコースティック状態でのワンマンでした。20曲ほど歌って、その中に「アコースティックコーナー」という昔の曲を数曲歌うコーナーがありました。曲調が変わって、所謂ハードフォークではなくソフトフォークな感じの曲を椅子に腰掛けて歌うわけです。サウンドは特に変わらずのフォークギター一本で演奏するお一人様アコースティックの状態なのでMCで「お待ちかねのアコースティックコーナーです!」とか言っても初めて見る人はポカーンとしていました。そりゃそうですよね、全編アコースティックなのにそのコーナーだけアコースティックを前面に押すんですから。そしていつしか俺の好き勝手なことをやるコーナーとして定着していきました。最終的にはアコースティックコーナーだけエレキギターで弾き語りしてなんのこっちゃよく分からなくなってきていた。なんていうんでしょうね、ちょっと途中で空気を変えたいっていうか、俺だって息抜きで楽しくやりたいんだよねーみたいな。で、アコースティックコーナーの呼び方も「タカオの部屋」とか呼ばれるようになって。

 今回の下北沢ラプソディーでのワンマンライブはタカオの部屋スペシャル版とでも言いましょうか、ハードフォークの雰囲気はあまり出さず、緩い感じでやらせていただこうかと思っているんですよね。もちろん一生懸命歌いますよ。ただ風来とか心月とか懸命にギターをかき鳴らして歌うような曲はやめてみようかと。店の雰囲気も白を基調とした明るい感じなので少し優しい雰囲気が作り出せたらいいなと思っていて。で、昔作った歌の中で優しすぎたり、どフォークすぎて歌うの躊躇するような曲、完全に死んでる曲を何曲か歌ってみようと思い立ったんです。天袋に押し込んだダンボールの中にルーズリーフやチラシの裏に手書きした歌詩が山ほどあって、それ引っ張り出してきて。いや良い曲たくさんあるんですよね。ところどころ難はありますが良い曲多いです。曲を作り始めた10代前半からスリークウォーターを始める20代後半までの10年くらいの間の曲群。難があるとすれば一人称二人称の表現が古臭いところですかね、あんたとかおいらとか使っていますから。一時期はそういうの封印していたんですけど歌詩眺めていたらちょっと歌ってみたいなーなんて思えてきて。とんでもなく恥ずかしい歌詩も出てきましたね。一人称がどうとかそんなんじゃないの、もう言ってること中学二年生。たしかに中学二年頃に書いてるからもうとんでもない。でもそんな曲も一曲くらいはやってみようと思っています。

 でー、で、ここからがワンマンライブに関するお知らせというかもう心の叫び、来場予定の方々へのお願いつう感じなんですが…

 俺の作る料理を出して皆さんに食べていただきたいと思ってあれこれ試行錯誤して張り切っているんですよね。完全にハワイアンとはいきませんでしたがそれでもラプソディーの雰囲気に似つかわしい料理を3品ほど作ります。採算度外視してなるべく安価で美味しいものを提供したい。そう、俺は儲けたいとか賞賛を浴びたいわけではなく、この5年の間に修行してきた自分の料理の腕がどんなものなのか試したいだけなんです。上手いこと写真を撮ってSNSにアップしたとしても味はどうなのか?って話ですもの。手抜きせず、お客さん第一で安価で美味しいものを提供できるように努力することをお約束します。初めてのフード提供、楽しみです。とても楽しみ。結果がどうであれ、自分の腕が試せるのはほんとにうれしいことなんです。美味くなかったらもう罵倒していただいて結構、それも励みとしてまた精進していきますから。

 でも、ですよ、でも。事前に食材は仕入れなくてはならないんです。おおよその数でこれくらい材料が必要だよなーとか。これもね皆さんが食事を食べたいかどうかも分からない、あるいは歌だけ聞きたい人もいて然りだと思っています。食材が余るのは構わない、でも品切れとか売り切れとか避けたい。一人でも多くの人に食べてもらってこの腕を試したいんです。ラプソディーワンマン行きますよーって言ってくれるのはほんと嬉しいです。でも出来ることなら少なくとも一週間くらい前までに前売り券を買う、あるいは前売り予約をしていただけるとありがたい。食材なんか残ったら自分で喰いますし、終演後関係者に食べていただいてもいい。足りなくなるのが一番悲しい。予算の中でやりくりして採算考えて売上見越してっつうことじゃないんです。どうぞこの点ご理解していただいた上でなるべく早いアクションをお願いしたいんです。加藤卓雄オフィシャルサイトからメールにて予約を受け付けています。もうほんとお願いします。今回のワンマンライブに関してはどんなに俺に近しい人でも早いアクションをお願いしたい。お金を頂戴して料理を提供するのは飲食店と一緒ですからそこらへんは一生懸命やります。でも仕入れとか料理の提供準備は初めてのことなので勝手がわからないんです。ほんとご理解よろしくお願いします。



フードメニューはこんな感じです。
IMG_0884
ジューシーハンバーグのミニロコモコ
※写真はイメージです。実際に提供される料理とは異なります。


IMG_3413
虹色フルーツのフレンチトースト(左)、394MG RECORDS謹製ローストビーフ(右)
※写真はイメージです。実際に提供される料理とは異なります。


値段は未定ですがひと品800円程度に収めたいと思っています。試作段階では量的にいっぺんに3品全部食うのは無理でしたが少し小さめにして頑張れば全部食えるぐらいに出来ればいいなと思います。もちろん全部注文しなくても構いませんし、料理は食べず歌だけ聴きに来ていただいても全然問題ありません。とにかく足りなくなるのが悲しいんです。ですから早めの前売り券購入及び前売り予約をお願いします。



▼3月4日(日) 東京/下北沢ラプソディー ※ワンマン
加藤卓雄アコースティックワンマン 「下北沢叙事詩」
ゲスト/寺尾順平(ウッドベース)、柴田"ひろやん"拡行(ギター)
開場18時30分/開演19時30分 | 前売2,500円/当日3,000円(+1drink)
※加藤卓雄プロデュースのフード販売あり

※当日ラプソディーは開場前の営業はしていません。入場が出来るのは開場時間の18時30分からです。

※フードの予約はしていただかなくて結構ですが、フード売り切れの際は何卒ご容赦ください。

※ライブ中も遠慮なく食事をしていただいて結構です。食事の際の音など気にせず食べてください。それが本人の望みです。ただ本人演奏中はスタッフが料理を提供します。あらかじめご了承ください。



poster_1


Share on Tumblr
takao_3quarter at 15:40|PermalinkComments(0)

2017年12月26日

並歩す八つの裸足。

IMG_2554 もう一週間以上経ちますね、12月17日、加藤卓雄ワンマンライブから。ほんとはもっと早く更新すべきだったんですがね、写真類なんか集めてそれ眺めながらあーだこーだ書き綴りたかったんですがリハーサル辺りの写真は皆無。我々四人でのワンマンももう3回目になりましたから今回はローディーやスタッフ無しで四人とシャッフル音響細淵君とシャッフル照明竹内さんの6人だけでステージ関係やりましたから。写真とか撮ってる暇なかった。打ち上げの写真は有志によって撮られたものが若干枚数ありました。でも所謂インスタ映えな写真としてローストビーフの写真ばかりが多数…。謹製寄せ鍋、スパム握り、にんじんグラッセを添えたハンバーグ…いろいろあったんですけどね。そう、みんな食べる事に夢中でしたから。それでいいんです。俺は写真撮ってインスタに投稿して欲しくて作ってるんじゃないんで構いません。夢中で食ってくれた方がありがたい。ワンマン感想がのっけから打ち上げの事つうのもなんだか奇妙な導入にはなりますが今回は大切な打ち上げだったんです。後述しますが来年に向けての腕試しというか、リサーチを兼ねた打ち上げ料理だったんです。次回からは記録係任命してやりますよ。特にハンバーグどうだったんだろうか。あっという間になくなりましたから味は問題なかったとは思うんですがね。


image1 特段アナウンスはしなかったんですが、ご覧の通り今回の加藤卓雄ワンマンは加藤卓雄ワンマンであって加藤卓雄ワンマンでありませんでしたね。今まで通称としていた加藤卓雄バンド、ミニチュアピンシャーズのワンマンになりました。ひろゆきが加入する以前にいつかバンドでワンマン出来るように何年かかけて準備していこうなんて話していたんですよね。俺としては3年ぐらいかけて曲数増やして、とか気長に考えていました。バンドって細かいとこ緻密にやっていくとやはり時間がかかる。まさしとは長年の活動歴があるのでまさしのやり方はなんとなく空気で分かる。寺尾とは音楽的な交流はありつつも実際顔を突き合わせて音楽制作するのは初めてでした。ひろゆきに関しては外から見ていて好いギター弾くなくらいのもんでしたから。今回のワンマンのリハーサルは正味6時間ほどしかなかった。それでもレパートリー増やす事が出来ました。他のアーティストはどうなのかよく知りませんが、俺はアレンジつうものに無頓着なんですよね。頭の中で鳴っている音をどうしても具現化したいとか思わない。頭の中で鳴っている音は所詮想像のものですからね。完全に再現できる事なんかあり得ないし。それより俺が想像だにしていなかった化学反応みたいなものが起きるのを楽しみにしてしまう。言い換えれば丸投げ(笑)。でもバンドって個性と個性とのぶつかり合いで、そこから生まれた未知のグルーブってすげー気持ち好いんですよね。今回のワンマンは時間の無い中でザッとやっつけたようなものが一番良かったりして、やっぱそれなりのメンバーだとシンプルでも気持ち良いもの出来上がるんだなと思わされて。俺としては全17曲は今までで一番少ないワンマンセットリストの曲数になるかもしれませんが、内容も濃かったしこれならいけると確信出来ました。MCで言っていた通り、前座でアコースティックで何曲かやろうかとも思いましたがそれも無粋じゃねーかなと。加藤卓雄ストーリーとしてはいよいよ俺様も前座にされるくらいバンドが華やかになりましたー、とやりたかったんですがね。今回はスタッフもいなかったんで泣く泣く断念しました。面倒臭いとかいうのはあくまでもポーズですからね、俺もいろいろ考えた上での構成でした。まあワンマンで前座やってもなんの挑戦もないお茶濁しになることは想像出来ましたしね。


37 あまり深く考えないままMCで発言してしまったんですが、後悔皆無なんで改めて宣言しておきますが来年2018年6月24日(日)に吉祥寺シャッフルで行われるライブは「ミニチュアピンシャーズ」として行います。仕事の関係で一番心配していた吉沢昌志からも参加の確約を得られたので。これな、ミニチュアピンシャーズが良いのかMINIATURE PINSCHERSが良いのかまだ俺にもはっきり見えてないんですよね。あるいは冠詞つけて「ザ!」みたいなのとか。平時の30分ライブとかなかなか出来ない状況ではありますがワンマンだけはしっかりやってしまうミニチュアピンシャーズ。今回はいつもよりも大勢のお客さんが観に来てくれました。ワンマンだけのバンドでもこうやって少しずつ支持者が増えてきている状況を鑑みるとまっすぐひたむきにやっていて良かったと思えます。音源もそろそろ欲しいですね。いきりたって楽しいことだけ追い求めて各自の生活ペース乱さないようにだけ心がけなきゃいけませんね。一週間でもうバンドが恋しい俺がいますから。


 ご来場頂いた皆さん、今回は特にお友達、親御さん、子供さん連れ立って観に来てくれる方が目立ちました。こうやって広めてもらえるのはありがたいことです。長年授業参観的に来てくれる皆さん(笑)、そうやって育ててもらえるのはとても嬉しいです。なんでもかんでもキャーキャー言われて許してもらっていたらバンドとしての成長ありませんから。これからも期待に応えるべくやっていきます。どうもありがとうございました。仲間たちも大勢来てくれました。1年ぶりのカタオカセブン君、遠慮も減って距離もグンと近くなった&Iの圭くんとトム、ワンマ…あこれまだ言っちゃダメだったのにMCで言っちゃってごめんねのGOLDEN AGEタツヤリュウタてっつぁんタカ3月17日下北沢近松でのワンマンみんなで力を合わせて頑張れよ、オキヤマことガムシロップのVo,momoちゃんを連れて来てくれたヨシダアキヒコ君、宇都宮市からお越しの横田悠二君、激ウマティラミス持参で駆けつけてくれたおかげで打ち上げで働かされてしまったLuce Solareさやちゃんどうもありがとう。


FullSizeRender 12 今年は10周年でGatewayグループのフリーペーパーGATEの表紙も飾らせてもらって、集客のないワンマンやって各地で追い出されて路頭に迷っていた俺の受け皿になってくれて快く店を貸してくれて次回のワンマンのスケジュールもすぐ出してくれる吉祥寺シャッフル中嶋店長ありがとう。前回は譜面台用のミニ照明を、今回は電源タップをパクってきてしまたのにいつも文句言わず一生懸命やってくれて、耳の悪い俺のモニターの細かな注文をすべて聞いてくれて環境を整えてくれる細淵PA、なぜか音楽の趣味はしっかり覚えられているのに名前いつも聞いちゃってごめんなさい、ロック知ってるから照明もクールで彩り添えてくれる照明の竹内さん、打ち上げの後片付け率先してやってくれて翌日にはお皿も全部洗っておいてくれる優しい広瀬さん、遅くまで居座る無遠慮バンドマンを見守ってくれた樋口さん、名前は聞けなかったけど俺の年齢見抜いた18歳の新人スタッフさん、吉祥寺シャッフルの皆さんどうもありがとうございました。


IMG_2656 さて、年末年始はライブ休んでゆっくりしようなんて思っていたんですがそうもいきませんでした。1月だけはと思いライブのお誘いはなるべく断っていたんですがそれでもあまりスケジュールの間隔は空きませんでした。年末は12/28のラプソディー3マン、大晦日の千葉ルック、年明けはラプソディー、シャッフルのライブと色々あります。また、有志によって呼んでいただいたライブがあります。伊勢原にあるネパールカレーの名店でのライブ、こちらはがっつりしたネパール料理付きのライブです。あまり馴染みのないネパール料理ですが、地域的にあの辺りだつうこともありカレーやナンといったものが中心だそうです。年明けに伺って事前に味わわせていただく予定なので楽しみです。そして待望のアコースティックワンマン。3年程前まではずっと一人の歌と演奏でワンマンしていましたよね。だから特別な感じは特に無く、さらに以前よりいっそうこぢんまりした形で行おうと思っています。しかしながらこのワンマンは加藤卓雄一世一代の挑戦です。いよいよ料理の修行の成果を皆さんに見てもらうその日がやってきたつうことです。加藤卓雄プロデュースのフードを提供するワンマンライブ、なるべく安価で美味しいものを提供出来るように毎日毎日計画を練っています。ラプソディーはハワイをコンセプトにしているらしいので行ったこともないハワイの、食べたことのないハワイの料理を猛勉強中です。ワンマンの打ち上げで出したスパム握りも沖縄の料理かと思いきやハワイ発だったみたいです。ただこのスパム握り、15個とか作ると死にます。2時間近くかかりましたから。スパム握りじゃない料理を出しますよ。飲食店で働いたことないので勝手は分かりませんが、手際良くやりたいものですね。ラプソディーは広いハコでは無いので前売券のお求め、前売予約はお早めにどうぞ。さらに6月24日はミニチュアピンシャーズのワンマンライブもあります。イベント事多くて楽しいことは楽しいですが、30分のライブも怠けずやります。毎回懸命に歌っていますので平場のライブにも是非足を運んでいただきたいと切に願います。

皆様には2017年も大変お世話になりました。今後ともどうぞ宜しくお願いします。押忍。




2017年12月17日(日)
KICHIJOJI SHUFFLE 10th ANNIVERSARY
加藤卓雄ワンマンライブ「吉祥寺交錯点 -凡庸の宴-」
吉祥寺シャッフル


加藤卓雄バンド通称ミニチュアピンシャーズ
Vo,G/加藤卓雄 | Dr/吉沢昌志 | B/寺尾順平 | G/柴田"ひろやん"拡行





SE "Bob Dylan/Hurricane"

1.土瀝青は乾いている
2.繋いだ右手は

3.情景のカンバス
4.残光のドン・キホーテ
5.S.S

6.盲目の馬
7.さよならの背景
8.黎明 -Dawn Comes Again-

9.友よ、陽炎の向こう側に君はいる
10.彷徨 -Rambler-

11.焦燥列車
12.灰燼

13.却来 -Reprise-
14.サイン -Sign-

15.交錯点
16.憐憫 -Little Coward Barks-

encore.配達されない手紙





▼12月28日(木) 東京/下北沢ラプソディー
「ビリー&RHAPSODY共同presents〜2017忘年会LIVE!」
出演 | 加藤卓雄 | ビリー(ビリケン) | 小関峻
※加藤卓雄の出演時間は20時15分予定です。
※セッションあり
開場19時00分/開演19時30分 | 前売2,500円/当日3,000円(+1,000円ドリンクチケット)
(問)ラプソディー 〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-1-7ハウジング北沢ビル2 5階 03-5656-3511



▼12月31日(日) 千葉/千葉ルック
「年越しライブパーティー 2017→2018」
※加藤卓雄と寺尾順平のデュオで出演します。
出演 | 加藤卓雄 | CARDIOID | 沼田謙二朗 | 千葉大輔(LESTER) | QLTONE | デカダンレトリヲ | 齋藤建志(BON BAY) | ダグアウトカヌー | サナキ(yEAN) | 比嘉郵(YUEY) | the swiss porno | カグライフ | 唱頂の大員 | 俵良次(ハイパービーム) | 仲村容保(Hydrop) | TEAM ABBOTT
※加藤卓雄の出演時間は21時54分予定です。
開場18時30分/開演19時00分 | 前売/当日1,000円(+1drink) ※年越しそば付き
(問)ルック 〒260-0015 千葉市中央区富士見1-6-2 043-225-8828



▼1月23日(火) 東京/下北沢ラプソディー
「新春の男達の唄」
出演 | 加藤卓雄 | 宮坂浩章(J.P.NAYUTA) | 内田政徳
開場18時30分/開演19時00分 | 前売2,000円/当日2,500円(+1,000円ドリンクチケット)
(問)ラプソディー 〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-1-7ハウジング北沢ビル2 5階 03-5656-3511



▼1月26日(金) 東京/吉祥寺シャッフル
「sound machine vol.182」
出演 | 加藤卓雄 | 河野りょう | DELMO | 内田政徳(夢うらら)
開場18:30/開演19:00 | 前売2,500円/当日3,000円(各+1drink)
(問)シャッフル 〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2丁目6-10 フジパームビルB1F 0422-42-2223



▼2月2日(金) 千葉/柏616
「KASHIWA 3MAN SHOW 〜 NEW WAVE Vol.3〜」
出演 | 加藤卓雄(ゲスト出演) | 松丸廉 | 大木大地 | 樋口和馬
開場18時00分/開演18時30分 | 前売2,000円/当日2,500円(+1drink)
(問)616(ロクイチロク) 〒277-0021 千葉県柏市中央町7-26 栄ビルB1F 04-7168-3616



▼2月19日(月) 埼玉/熊谷ヘブンズロック
「HEAVEN'S ROCK Kumagaya VJ-1 PRESENTS」
出演 | 加藤卓雄 | スマイルレンジャー | TADASHI | 他
開場--時--分/開演--時--分 | 前売2,000円/当日2,500円(+1drink)
(問)ヘブンズロック熊谷 〒360-0037 埼玉県熊谷市筑波1-130 048-524-4100



▼2月24日(土) 神奈川/伊勢原カトマンズバール
「this song/your song〜歌とネパールカレーを愉しむ夕べ」
出演 | 加藤卓雄 | イシカワケイ | 他
開場17時30分/開演18時30分 | 前売/当日3,000円(食事代込み)
(問)カトマンズバール 神奈川県伊勢原市伊勢原2丁目2-21-2F 070-6970-8449



▼3月4日(日) 東京/下北沢ラプソディー ※ワンマン
加藤卓雄アコースティックワンマン 「下北沢叙事詩」
開場18時30分/開演19時30分 | 前売2,500円/当日3,000円(+1drink)
※加藤卓雄プロデュースのフード販売あり
(問)ラプソディー 〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-1-7ハウジング北沢ビル2 5階 03-5656-3511
poster_1




▼3月9日(金) 兵庫/姫路駅前交流広場ステージA
「スマイルロックフェスティバル Vol.11」
出演 | 加藤卓雄 | スマイルレンジャー | &I
開演16時00分 ※オープンスペースでのライブ、観覧無料
(問)スマイルレンジャーオフィシャルサイト http://www.smile-ranger.net



▼3月10日(土) 兵庫/姫路ベータ
「ど田舎ロックよ、心に響け!」
出演 | 加藤卓雄 | スマイルレンジャー | &I | GRAND COLOR STONE
開場17時30分/開演18時00分 | 前売3,000円/当日3,500円(+1drink)
(問)ベータ 〒670-0012 兵庫県姫路市本町68-170 大手前第一ビルB-1 079-222-0486



▼3月11日(日) 兵庫/姫路ベータ
「第9回 ガンバレ東日本!チャリティーライブ!〜チケット代は義援金として寄付します〜」
出演 | 加藤卓雄 | イロトリドリ | 山本龍樹 | ヒサシブルース | 中村利紗 | 高橋和也 | &I | スマイルレンジャー
開場11時30分/開演12時00分 | 前売1,000円/当日1,500円(+1drink)
(問)ベータ 〒670-0012 兵庫県姫路市本町68-170 大手前第一ビルB-1 079-222-0486



▼3月29日(木) 横浜/関内ベイシス
※詳細未定
(問)ベイシス 〒231-0014 神奈川県横浜市中区常盤町3-25 サンビル2F・B1F 045-227-5528



▼2018年6月24日(日) 東京/吉祥寺シャッフル
「(仮)ミニチュアピンシャーズワンマンライブ」

メンバー | Vo,G 加藤卓雄 | Dr,吉沢昌志 | B,寺尾順平 | G,柴田"ひろやん"拡行
※詳細未定
(問)シャッフル 〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2丁目6-10 フジパームビルB1F 0422-42-2223





-打ち上げMENU-

加藤家秘伝の味〜山の幸たっぷり寄せ鍋
394MG RECORDS特製ローストビーフ、クリーミーマッシュポテト添え
グレービーソースたっぷりジューシーハンバーグ、にんじんグラッセ添え
胡椒の効いたスパムと卵焼きのハーモニー スパムにぎり



image1-4
画像提供 / スマイルレンジャー
加藤家に代々伝わるあっさりとしたダシを使った寄せ鍋。具材は冬野菜にキノコ類、鶏肉、豚肉などを入れました。キノコの風味を中心として具材の旨味が溶け出したスープはうどん、ラーメン等の麺のスープにも使えます。ニンニクを皮ごと焼いたものを裏ごししたペーストと味噌、豆豉を混ぜたものを入れて味を整えれば甘みのある本格味噌ラーメンのスープにもなります。※写真はイメージです


image1-2
撮影 / GOLDEN AGE タカ
394MG RECORDS特製ローストビーフ。岩塩、粗挽き黒胡椒、すりおろしニンニクを擦り込んだ牛肉をローストして作る打ち上げメニュー人気No.1の逸品。オーブンを使わず低温調理されているのでどこのご家庭でも簡単に作ることができます。マッシュポテトは牛乳と生クリームを加えてまろやか舌触りに仕上げました。


image3
撮影 / 石垣女史
グレービーソースたっぷりジューシーハンバーグ、にんじんグラッセ添え。肉の鮮度を保つため徹底的な温度管理の上作ったタネを肉汁を逃がさないように焼き上げました。ソースは伝統的なグレービーソースに醤油を加え和風に仕上げています。


image2-2
撮影 / GOLDEN AGE タツヤ
減塩スパムを黒胡椒で炒め甘めの卵焼きと合わせたスパムにぎり。好き嫌いの分かれるスパムの風味は黒胡椒で焼くことで減らすことが出来ます。スパムの空き缶を使って麺棒でご飯を押し固めています。



(c)2017 394MG RECORDS/KATOU TAKAO/KATOU TAKAO BAND ALIAS MINIATURE PINSCHERS

Share on Tumblr
takao_3quarter at 22:17|PermalinkComments(0)

2017年08月22日

出演時間

加藤卓雄、本日の千葉ルックライブの出演時間は21時20分です。

Share on Tumblr
takao_3quarter at 16:52|PermalinkComments(0)

2017年07月28日

スマイルレンジャー、食の記録

スマイルレンジャー、関東ツアー前半の食の記録です。





7月25日 夕食
パプリカを使って鮮やかに仕上げた青椒肉絲
花椒ちょい足し刺激的麻婆豆腐
鶏肉柔らか重慶飯店直伝の棒棒鶏
スタミナ生姜焼き
根菜と卵のスープ

FullSizeRender 3





7月26日 朝食
卓雄謹製モーニングプレートA
こんがり焼いたハムマヨトースト

FullSizeRender 12





7月26日 夕食
牛肉たっぷり、生姜の効いた肉うどん
新鮮卵の卵かけ御飯
いろどり温野菜、ミックスビーンズ添え

FullSizeRender 15





7月27日 朝食
卓雄謹製モーニングプレートB
鰆の西京焼き
ピリ辛キュウリの漬物
豆腐とネギの味噌汁

FullSizeRender 5





7月27日 夕食
夏薫るシーフードカレー、素揚げ夏野菜をのせて
完熟アボカドと漬けマグロのサラダ

FullSizeRender 14


FullSizeRender 4


FullSizeRender 6





7月28日 朝食
卓雄謹製モーニングプレートA
あざやか南瓜の煮物
鷹の爪の効いたピリ辛きんぴらごぼう
出来立てアツアツぶり大根
あさりの旨みたっぷりの味噌汁

FullSizeRender 13


FullSizeRender 2





引き続き頑張れよ〜♪

Share on Tumblr
takao_3quarter at 14:17|PermalinkComments(2)