2010年04月04日

iPhoneとTwitterと高橋大輔選手

ご無沙汰しております。

ここ半年ばかり更新をサボってしまっておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。正直な所、英語の勉強が少しサボり気味なので当ブログの更新を控えている状況です(笑)。

また英語の勉強熱が盛り上がってきそうな兆候もありますので、その際は以前の行進ペースに戻るかもしれません。

その際はきっとiPhoneとTwitterを駆使した英語勉強になるのではないかと思います(笑)

公私共に忙しい中で時間をどう配分するかというのは難しいテーマですが、最近はやはりiPhoneとTwitterが面白いと思ってしまいますね。特に通勤電車の中で利用できるというのは魅力的なガジェットであり、サービスであると思います。

メディアが喧伝するようなビジネス面、社会面でのインパクトがあるかは個人的には疑問ですが「合う人には合う」モノだと思います。

iPhoneとTwitterはどちらもGlobalな広がりを持っているので、うまく活用すれば英語力の強化に相当有効ではないかと思います。シンはそれ以前に日本語レベルでiPhoneとTwitterの便利さ、面白さにハマってしまったので、まだ英語の勉強には活用できていません(笑)

日本のスマートフォン市場もiPhoneの人気、Xperia等のAndroid携帯の新機種の登場に加えてSIMロック・フリーの動向が進んで来ると、拡大のペースが上がりそうですね。スマートフォンの楽しさと便利さは、通勤時間の長い人には特にウケルと思います。

さて、徒然書きましたが、久々のブログ更新で忘れてならないのが、高橋大輔選手、バンクーバー五輪の銅メダルと世界選手権での金メダル。素晴らしいですね。本当におめでとうございます!昨年1年をリハビリに費やし、よくぞここまでという偉業だったと思います。このブログはかなり前から意外と高橋選手に関する事を色々と書いてきたのですが、今シーズンは本当にドラマの様な展開でしたね。彼の凄まじいまでの努力が実を結んだのだと思います。本当に「塞翁が馬」の言葉を思い出しました。

ではでは。

桜の満開の中、自宅に持ち帰って仕事中のシンでした!


takao_rival at 14:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!徒然 | 物欲

2009年11月11日

久々の英語でしゃべり隊クラブとiPhone

ご無沙汰しております(笑)

ずいぶん久しぶりの更新ですが、みなさんお元気でしたでしょうか?

最近、英語の勉強もすこしご無沙汰になっているので、少々反省モードです(笑)

先週末は久々に「英語でしゃべり隊クラブ」のレッスンを受けましたが、ちょっとブランクがあったので、英語を喋る筋肉がぎこちなかった様な感じを受けました。あまりブランクは開けない方が良さそうですね。

近況としては、1ヶ月程前にiPhoneを購入しました。3GS、メモリー16GBモデルです。プライベート携帯は家族みんなでドコモを使っているので、電話やメールはドコモ携帯を使い、iPhoneはもっぱら携帯パソコン的な使い方をしています。会社の携帯もあるので持ち歩きが大変です。

iPhoneのどこでもネットにアクセスできるという利便性は素晴らしく、非常に重宝しています。これほど便利で、面白いとは思いませんでした。文字の入力方法や操作法が独特ですが、慣れると利便性が高く、使いやすいと思いました。アプリも色々な種類があって良いですね。英和辞書や英英辞書もiPhoneアプリの物を入れています。

私にとってiPhoneは携帯電話というより超小型パソコンという印象ですね。まだ使いこなせているとは言えませんが、英語の学習にも使えそうな予感がすごくします(笑)

ではでは。



takao_rival at 08:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!徒然 | 物欲

2009年09月21日

体育祭

NHKラジオ講座「実践ビジネス英語」を再び聴き始めました。単に英語の勉強だけではなく、アメリカのビジネス業界にてどんな事が話題になっているのかを知る事が出来るので、やはりこの講座は良いな〜と改めて思いました。

英語でしゃべり隊クラブを使ったスピーキングのトレーニングも少しずつ復活しています。まだ週1とまでは行きませんが。喋っていないと勘が鈍るというか、喋りにくくなりますね。

50イングリッシュでの口慣らしだけは毎日続けて来たので、口の回りは悪くないのですが、何かを伝えようとした時に単語や言い回しを思いつくスピードは確実に落ちているような気がします。時間を作って実践的な練習をしておかないといけませんね。

さて、今週は5連休ですね。連休前という事で先週は鬼の様に忙しかったのですが、その甲斐あってこの連休はのんびりと過ごしています。と、いっても家のイベントが目白押しなので、のんびり寝ていたり、Twitterを終日楽しんだりというようなのんびりではありませんが(笑)。

連休初日の土曜日は長男が通う中学校の体育祭。中学ともなると親が見に行かない家庭もあるみたいですが、我が家は家族全員で見に行きました。次男は先週、ドッジボールで右腕を骨折(ひびが入った)してくれたので、右腕包帯姿で応援です。

中学は成長期という事もあり、中1は小学生の延長の雰囲気、中3は高校生の雰囲気と、生徒間で子供と大人くらいの身長差があったりします。体格的には一番バラエティに富んだ学校なのだなと実感しました。

クラスによって雰囲気も違い、クールな感じのクラスと熱い感じのクラスにはっきりと分かれます。時代柄、クールな感じのクラスが多かったですね。ただし、対抗戦とかを見ると、熱いクラスの方が勝ってましたね。勝負事にはやはり精神面での勢いというものも重要なのかもしれません。熱いクラスの方があきらかに闘志が勝っていました。

クールなクラスと熱いクラスの違いは何かというと、コアとなる生徒がいるかどうかが分岐点なのかなとカミさんと話をしました。なんだかんだで中学ともなると、他の人にどう見られているかが気になり、なかなかおバカな事が出来にくくなります。みんながそうやって一歩引いていると、なかなか熱くはなれないのかなと。多少、みんなが引いていても、やろうぜやろうぜと周りを巻き込めるキャラクターが一人いると、その人をコアにして、クラスがまとまってゆくのかもしれません。

熱いクラスを見ていると、積極的に声を出し、周囲を巻き込む男女生徒の姿が見られました。おそらくは彼等、彼女達がコアになっているのでしょう。

コアになれる生徒は生まれつきの素養といった物が大きいかもしれませんが、それほど稀有な素質では無いような気もします。あまりクールに拘らずに、たまには格好悪いと思われるかもしれないけど、一生懸命にやる事で周りに熱を伝播する事を心がけて行くと、クラスがだんだん熱くなってくるのかもしれません。

これは、中学校のクラスだけの事ではなく、広い意味での全てのチームに当てはまる事かもしれないなと思いました。会社や仕事のチーム、地域や行政を動かすチーム、国政を動かすチーム、全てに言えそうな気がします。

微力ではありますが、自分も自分の所属するチームに熱を与えられるように日々振舞いたいと思います。


takao_rival at 07:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!徒然 | 子供と遊ぶ

2009年09月10日

『獣の奏者』

「獣の奏者」(上橋菜穂子著)を全4巻読み終えました。素晴らしいファンタジー、素晴らしい物語でした。

「獣の奏者」はNHKのアニメ化で存在を知り、以前から気にはなっていました。上橋菜穂子さんの守り人シリーズを読んで大変良かったからです。今回、1,2巻の文庫版が出たので機テ蛇編と供ゲ獣編を文庫版で一気に読み、止まらなくなって掘ッ亀疂圓鉢検ゴ扱詈圓鮹厩塰椶覇匹濬えました。

機↓兇琶語は一旦、完結しているのですが、掘↓犬任呂修寮茲鬚△┐涜海韻峠颪事でさらに壮大な物語と展開しています。

通して描かれているのは、命とは何か、人とは何か、人と人との繋がりを含めた命と命との繋がりとは何か、国とは何かという事です。

物語として非常に面白く、引き込まれる内容ですが、同時に考えさせられる事も多く、内容が充実した本だと思います。

登場人物もみな魅力的で、読者を惹きつけてくれます。また、舞台となる世界の描写が素晴らしく、自分がその世界の中で息づいているような気分を良く味わいました。

子供から大人まで、幅広い世代の人達に読んで頂きたい良書だと思います。




takao_rival at 06:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!おすすめの本 

2009年08月30日

総選挙とラジコン・サーキット

いよいよ総選挙ですね。

シンは先程、投票場に出掛けて投票を済ましてきました。気のせいか、いつもよりもたくさんの人が投票に来ている印象を受けましたね。

選挙と一緒に最高裁判所裁判官の国民審査も実施されます。今回は、一票の格差について合憲と判断した裁判官の方の審査も行われますので、まだ、投票に行かれていない方は、今朝の新聞に意見広告(全面広告)が出ていますので、そちらを読んで(1分間で読めます)、切り取って、選挙に行かれる事をおすすめします。

どの候補者、どの政党に投票するにせよ、投票率は高い方がのぞましいとシンは思います。特に選挙権を持つ若い方には、出来るだけ選挙に行って頂きたいですね。個人が政治に対して最も影響力を与える事ができる権利ですので、有効に活用して頂きたいと思います。

さて、話は変わりますが、昨日、長男、次男を連れて、車で30分ほどかかる場所にあるラジコンのサーキット場に行ってきました。長男は本格的なラジコンをこの間買って、悪戦苦闘で組み立てていましたが、彼のサーキット・デビューです。

シンもラジコンのサーキット場があるなんて知らなかった程ですので、長男ともども素人さんす。サーキット場に行って走らせてみても、なんだか車の調子が今一つなのですが、どこがおかしいか良くわかりませんでした。

その時、そばにいた「上級者」の方が、色々とアドバイスをしてくれたり、ラジコンの調整を確認してくれたりと、とにかく親切にしてくれたのです。20代後半位の方でしたが、見ず知らずの親子に丁寧に助言をしてくれました。

助言の甲斐もあって、その後の走りは前と違ってかなり良い走りになったみたいです。上級者の方には親子で深くお礼を申し上げました。

帰りの車の中でも、家に帰っても「あの親切な人がいてくれて本当にありがたかったね」とみんなで言ってました。困っている時に、知らない人の親切というのは本当にありがたいんだなと子供達も痛感した様です。

「僕も困った人を見たら親切にしてあげるんだ」という子供達の言葉が嬉しい夜でした。

P.S 

Twitterがテレビ番組のワールド・ビジネス・サテライトで紹介された様で、いろいろと注目が高まってきている模様です。シンもTwitterを始めて数ヶ月ですが、#twnobelという140文字の超ショートショートの創作にはまってしまっている状態です(笑)。今、一番欲しいものは「iPhone」ですね〜。TwitterはPCや携帯電話からも使えますが、いろいろと話を聞いているとiPhoneと相性が大変良いみたいです。



takao_rival at 10:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!徒然 | 子供と遊ぶ

2009年08月19日

夏休みのオートキャンプ

ご無沙汰しております(笑)。

大阪から東京へ向かう新幹線の中で、ブログのエントリーを書いています。N700系新幹線の無線LANは本当に便利ですね。最近、新幹線の中では仕事をしているか、Twitterをしているかという話もありますが(笑)。

さて、先週1週間は夏休みで9連休でした。夏休みのクライマックス・イベントが8/13〜8/15にかけての家族でのオートキャンプです。なにもわざわざお盆時にと思う方もいらっしゃると思いますが、子供達の予定がそこにしか合わなかったもので…。

久々のオートキャンプでしたが、前回のオートキャンプが大層暑かったので、今回は少しでも涼しい所と、標高の高いキャンプ場を狙って空きを探しました。いくつかあった中で選んだのが「あさまの森オートキャンプ場」。標高が1,100mと高いので、涼しさに期待したのと、出来てから1年と新しいキャンプ場なので、綺麗そうな予感がしたのでここに決めました!

結論から言うと、ここはとても良いキャンプ場で、今までのキャンプ(そんなに行ってませんが)一番快適な3日間を過ごす事ができました。AC電源があればもっと便利だったのですが、それを差し引いてもおつりが来るくらい良かったです。森の中のキャンプ場で木も多く、管理人さんご夫婦も親切で、ユーティリティー棟とかも新しくて綺麗でした。気が多いと日陰が多いので良いですね。

とはいえ、実は、キャンプの印象で一番重要なのは天候だと思います。今回はとにかく天候に恵まれたので、それが好印象に結びついたのは否定できませんが、それを考慮に入れても良いキャンプ場だったと思います。

晴れると昼間はさすがに暑いですが、夜や朝はとても涼しいです。長袖を1枚は持っていった方が良いですね。それと、森の中なので、虫もいますから、スクリーン・タープがあるととても便利だと思います。スクリーン・タープはとても重宝しました。

お風呂は近所の菱野温泉の常盤館という所に車で行って、旅館所有の小さなケーブルカーでちょと高い所に上り、景色の良い露天風呂に浸かってきました。8/13の夜は特に空いていて、途中で貸切状態でした(笑)。8/14の土曜日はさすがに多くの方がいらっしゃいましたが。

温泉でゆったりして、夕暮れの風に吹かれて遠くの小諸市や上田市の夜景を見るのは本当に気持ちが良かったです。

お盆時というの事で、行きかえりの移動は大渋滞を覚悟していたのですが、8/13の行きは拍子抜けがする程混みませんでした。まぁ、花園ICまで下の道を通って行ったのが良かったのかもしれません。帰りは軽井沢に寄ったり、碓氷峠旧道を降りたり、横川で温泉に浸かったりと寄り道しながら、わざと遅く帰ったのですが、それでも夜中の10時頃に関越で渋滞につかまってしまい。最後の最後は渋滞にはまってしまいました。

翌日は丸1日かけて、キャンプの道具を洗ったり、しまったり、車を洗ったり掃除したりで大変でした。思うに2泊3日のオートキャンプに行くにはシンの家ではその前後に準備で1日、片付けで1日が必要になりますね。

とにかく、気持ちの良いキャンプで子供達も大喜びでした。

準備、片付けが大変ですが、また行ってみたいですね!



2009年08月11日

映画『ボルト』と地震

先程、大きな地震がありました。埼玉でも長く揺れましたが、静岡県では震度6の場所もあるとの事です。台風も近づいてきているので、被害が少ないと良いのですが…。

先日も大きめで長い地震がありましたが、今回両方の地震の時にシンはたまたまTwitterをチェックしていたので、リアルタイムの地震情報を体験する事画できました。情報の鮮度が高いので、災害時におけるTwitterの有効性が垣間見れた気がします。

Twitterをやっている人でしたら、 @earthquake_jp  とか、 @p2pquakeは地震情報が早いので、フォローが必須なアカウントだと思います。 上記リンク先のWebページはTwitterをやっていない人でも見れますので、どんな地震情報かを見る事は可能です。ご興味があればご参考まで。

さて、話は変わりますが、昨日、息子2人と映画『ボルト』を見てきました。実は、先週の金曜日に長男(中2)が怪我をして鎖骨を骨折してしまい、右手使えない、外に出れない、遊べないという可哀想な状態になっていたのです。そこで、気分転換を兼ねて近所のシネコンに行ってきました。

長男とシンだけなら、話題のアニメ『サマーウォーズ』を見に行きたかったのですが、小4の次男の受けを考えると、ちょっとリスキーかなと思ったので、家族向けなら鉄板のディズニー/ピクサーの『ボルト』を見に行きました。3D映像の吹替版です。

『ボルト』は3Dも効果的に使われていて、迫力もあり、物語も良く出来ていて、良質の映画だと思います。たまに大人が聞いてもはっとするような台詞もあって良かったと思います。冒頭のアクション・シーンは「格好良い」の一言!楽しい映画でした。

『ボルト』の前座というか、冒頭に『カーズ』のスピンオフ3D作品が出てきます。5分か10分くらいのミニ・ムービーですが、メーターが夜の東京を舞台にドリフト・レースを繰り広げるという迫力ある作品です。アメリカ人からは日本がこういうイメージで見られているのかという事も推察できて笑えます。

我が家は『カーズ』も大好きで、子供達はドリフトも大好きなので、予期せぬボーナス・プレゼントをもらったみたいに大喜びをしていました。

夏休み3日目は映画を楽しんだ日でした!



takao_rival at 06:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!徒然 

2009年08月09日

夏休みと『ものづくり教室』

おはようございます。

昨日よりシンも夏休みに入りました(笑)。久々の9連休です。来週分の仕事も目処をつけておかなければならなかったので、休みに入る直前は目の回るような生活でしたが、なんとか切り抜ける事ができました。

曇り空が多く、あまり夏休みという感じがしませんが、楽しく有意義にリフレッシュしたいと思います。

さて、先週末は工作好きな次男(小4)とさいたま市の青少年宇宙科学館でやっている「ものづくり教室」に行ってきました。

土曜日の8時45分位に会場に着いたのですが、会場の周りは長蛇の列。これほど人気があるとは知らず、見込みの甘さに苦笑してしまいました。既にスタッフの人から、ここら辺に並んでいる方までチケットは残らないだろうとの案内が。とはいえ、翌日の対策の為に情報収集しておきたかったので、一応並んでおきました。当然、並んでいる途中でチケットが売り切れてしまいました。

もの作り教室の1日分の定員は約100名ですが、シンが並んだ時の行列の長さはおそらく200人位はあったのではないかと思います。

妻と相談して、日曜日は朝6時に現地入りする事にしました(笑)。朝はシンが並んで、9時近くになったら妻が次男を連れてくるという段取りです。シンは座る所と本があれば、いくらでも時間がつぶせますので(笑)、チケットの残りをやきもきするよりは、気合を入れて並んでしまおうと思った訳です(笑)

6時過ぎに現地入りした所、すでに並んでいる子がいました。声をかけてみると、1番目の子は5時半に並び始めたとの事。気合が入り様に感心しました。さっそく折り畳みチェアを出して、シンは読書三昧モードに突入しました。

6時、7時と時間が経つに連れて、列の長さも順調に増えて行きました。家族で最初から並ぶケース、お父さんやお母さんが先行して並ぶケース。何番目かを数える為に先頭の様子を見に来る人もたくさんいました。おそらくですが、土曜日よりも日曜の方が列の長さの増え方は急だったのではないかと思います。先頭の方に何時から並んだかを尋ねる人も多く、「5時半」との答えにびっくりしている方が多かったですね(笑)

9時、チケットの売り出し開始です。3番目でしたので、やきもきせずに朝一番の回のチケットが買えました。ちなみに今回のものづくり教室のテーマは「ミニ・プラネタリウム」でした。

9時20分より、ものづくり教室がはじまりました。24人の子供達はみんな嬉しそうだけど緊張気味か。親も中に入ってみれるのが良いですね。説明担当のスタッフさんは女子大生的な方が2名。アシスタントスタッフは中学生のボランティアの皆さんが8名でした。それと科学館の職員の方ですね。

最初に大型なモデルで作り方を説明。重要なポイントは復唱する形になっており、いろいろカリキュラムが工夫されていると感じました。スタッフ、アシスタントスタッフの方も一生懸命で好感が持てました。

次男からは黙って見ていてというリクエストがあったので、あえて黙ってみてました(笑)。ミスしてもスタッフの方に聞いたりして、独力でリカバリーしていました。何とか完成!終わってみると、意外と時間は短かく感じましたね。

雑感ですが、朝6時前から並ぶ程に、科学系のものづくり教室に人気があるというのはとても良い事だと思いました。逆にそこまで並ばないといけない程、供給が少ないというのはちょっと問題があるのかもしれません。

これだけニーズがあるのであれば、もっと機会や定員を増やしても良いと思います。一つの施設ではキャパや要員の都合上、限界があると思いますので、学校や公民館、児童館等の施設の活用や、高校生、大学生のボランティアやアルバイトを活用すればWin-Winのプランが作れると思います。コストはかかりますが、参加者負担でカバーしても良いでしょうし、こういう事に国や自治体はもう少し予算を割いても良い気がします。

理科離れが喧伝されていますが、ニーズやポテンシャルは高いと思いますので、あとは興味をどれだけ育てて上げられるかがポイントだと思います。ものづくり教室や工作教室の様な、子どもの興味をかき立てるようなイベントがどんどん増えると良いと思いますね。



takao_rival at 07:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!徒然 
blogランキング
blogランキング参加中です。
このblogを面白いと思って  
頂けたなら、クリックして  
応援して頂けると嬉しいです。
blog ranking
アクセスカウンター
無料カウンター出会い出会い映画SEO出会い出会いSEO対策SEM