ドラマ・アメリカ

2009年06月18日

ライトスタッフ [DVD]ライトスタッフ [DVD]
出演:サム・シェパード
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2008-06-11
クチコミを見る

3年ちょっと前、たまたま、映画SAYURIのジャパンプレミアを見に行った時、隣が映画監督の行定氏で私が宇宙開発に興味があるという話をしていたら、ぜひ観たほうがいいよと薦められたのがこの作品だ。

実質的主人公のチャック・イェーガーは空軍のテストパイロット。世界初の飛行機による水平音速飛行を成し遂げた人物だ。なぜ「水平」がつくかと言えば、急降下飛行などでは既に彼が成し遂げる以前にもどうやら、音速の壁を越えていたらしいのだ。

ともかく、彼は有能なパイロットが集結するアメリカ空軍のテストパイロットの中でも、エースであった。しかし、同時期アメリカが立ち上げたマーキュリー計画のパイロット募集が行われ同僚のパイロットも応募し、そして7人のアメリカ初の宇宙飛行士が誕生し、世の中の注目を集めていく。しかし、チャック・イェーガーは宇宙飛行士になる道を拒否し、テストパイロットを続けていく。この対比が物語を興味深いものにしている。

ラストは壮絶だ。最初から宇宙飛行を目論んだマーキュリー計画とは別に、空軍ではチャック・イェーガーの音速水平飛行以降、高速高高度飛行を行う試験機での実験を続けていた。

NF-104試験機でチャック・イェーガーはソ連の持つ高高度記録に挑戦するのだ。まるで、自分から離れ星の世界を目指していった、宇宙飛行士達を追うかのように・・・・。

実際には、同時期X-15という試験機で別の人物が高度100kmを達成しており、翼を揚力に利用する飛行機で宇宙空間に行った最初の例となり、その後スペースシップワンが約40年後に初めて、民間で達成することになる。

ライトスタッフ - wikipedia を参考にしました。









takapon_jp at 14:04コメント(1) 
ウェブ全体検索 by Google ブログ内検索 by Google
QRコード
QRコード
訪問者数