2010年06月13日 17:20

5月のゴルフ情報アップデート。

最近ゴルフ情報は有料メルマガのほうに書いているので、ちょっと遅れ気味でブログにはアップデートすることにしています。

もろもろ「まぐまぐ」で週1回発行してます。読者が増えてくればコンテンツも充実させられますので是非加入してみてください。月額税込み840円です。 
堀江貴文の
ブログでは言えない話

ブログよりもディープで
興味深い話題を提供
>> サンプル 

5/2 今日は朝からゴルフ。微妙に昨日のニコ生収録が響いていた。朝早すぎだけど、まだ若洲ゴルフリンクスだったので大丈夫かな。今日は某ゴルフが上手い元子役タレント君とラウンド。渋いゴルフ。だって340YPAR4で5I握ってティーショットするんだもん。さすがオヤジキャラ。んで私はといえば、なんだかしまらないゴルフ。PAR4ではパーを3回とるものの、ひとつはボールロストして打ち直しのOBパーだし。というわけで前半は49で後半は47の96。でも朝早かっただけあって、終わったのは2時過ぎという早さ

5/3 というわけで箱根に移動。てか飲みすぎて二日酔いなのに最初のスタート。富士屋ホテル仙石ゴルフコース。1917年開設の日本でも4番目に古いゴルフコース。ティーショットは最初の組だったので、始球式ボールでティーショット。ただリズムはなんとかなってドライバーは多少散らばるもののまあまあまとも。だからこそセカンドがんばってOBなんかも出したりパターも微妙に入らず前半55後半50の105という情けない成績。せっかく上杉隆氏主催の栄えある第一回東京脱力新聞杯ゴルフトーナメントだったのに。。。ダブルペリアで25位の飛び賞にいただいたワインは、冨士屋ホテルでの宴会に消えていきました。。。

5/9 朝からゴルフ。この日はイーグルポイントゴルフクラブだ。最初のホールこそ、パーで上々の出だしだったのに次のホールでトリを叩いてずるずる後退。なんかアプローチがぜんぜんよらなくなってきた。ショットはまあまあなんだけどなあ。前半は調子上がらず52。よーし、後半はがんばるぞーって意気込んだけど最初っから駄目でアプローチはあいかわらずざっくり、トップの連続。たぶんタイミングが合っていなかったんだろう。この日のハイライトは16番ショートでワンオンしてバーディ決めたことくらい。。。でも最後はなんとか元の調子に戻れたかな。でも52,55の107という悲惨なスコア。

5/10 この日も朝からゴルフ。ついつい天気が良かったので連続して行ってしまう。仕事がたまるのを承知の上だ。今日はカメリアヒルズカントリークラブ。久しぶりである。朝からなんだか様子が違った。ティーショットもセカンドも完璧だ。前日は100ヤード以内がことごとく失敗していたのだが、1番ホールはきっちりパーオンしてパーを取った。これは幸先いい。2番はなんだかセカンド引っ掛けてアプローチで3オンだったが、惜しくもはずしてボギーだったけど、次はヨセワンでパー、ワンオンでパー、パーオンでパーとすごい感じだ。一番ハンデキャップが難しいとされる6番でもティーショットはほぼ完璧で、上り205Yを4Iで打ったらつま先上がりだったのだけど、ちょっと外から入って少し右にスライスしたのに、距離はぴったり、でも木の横でピンにアプローチできず。しかも3パットして痛恨のダボを叩いた。しかし、その後はパー・ボギー・ダボと40で上がり、上々の成績だった。昼食後、悲劇は起こった。一番苦手の10番。ティーショットをあせってしまい左にひっかけOB。欲張った。ちょっとスライスして右の林でも我慢すべきだった。あと祭り。打ち直しが右の林で結局8スタート。もったいない!でも調子のいい日は元にもどるんだね。その後ボギー先行だったが上がりは連続パー!で46で上がり、40 46の86と久々に80台。なんと昨日に比べ21もスコアが改善した。それだけへたくそなんだろうなあ。。。
5/21 朝から千葉のヌーヴェルゴルフ倶楽部。久しぶりのゴルフ。強制執行シール付き(笑)だけど執行官は使っていいっていってたから使ってる(合法)。あ、シールははがせないけど。でも重大な失敗を。なんと!パターを他のバッグに入れていて忘れてきたのだ。やばい!これはやばい!急遽ゴルフ場からパターを貸してもらうが、しっくりこない。それでもなんとか3パットは1回に抑えた。しかし、16番ショートではアプローチを失敗し、ダボになってしまうなどパターを持ってこなかったダメージは効いている。
前半は47だったものの、今年最高気温で食後の午後からのラウンドは疲労が蓄積してきて大変な事になる。特に16番でダボ叩いたらその後ダボでしかも18番はセカンドをスライスしてOBしてしまう。でも打ち直しをグリーン近くまで寄せ、アプローチを絶妙に寄せてなんとかダボで52。で合計99。うーむ、もっと精進しないとなあ。。。

5/23 朝から一路霞ヶ浦ゴルフクラブを目指す。しかし遠い。茨城空港の近所だ。今日は雨が降りそうだったが、どうなるだろうか。さあ1番ホール。このゴルフ場は広くてのびのび打てるな。でもちょっとタイミングミスってダボスタート。しかし、その後3連続ボギーで、ショートでパー。ドライバーは相変わらず不安定なのだが、そこまでぶれない。アイアンはタイミングが多少ずれるときダフったりするが、その辺は力まない暗示をかけることでカバーできる。前半はなんとか47で上がる。
昼飯は、特製ハンバーガー。でかいが旨い。
後半はダボスタート。でもボギー、パーとやはりパー3のパー率が高い。一発良いショットを打てばいいのが気楽なのか。しかし最終ホールでやっちまった工業。浮島グリーンで9も叩いてしまった。ちょっと気が抜けたかな。47 52のぎりぎり99。まだまだである。
帰りは事故渋滞でその間パソコンで仕事してた。

5/25 朝から一路熊本へ向けて出発。と、いきなりANAの荷物検査場でチケットが認識されない。カウンターに行くと使用する機材が変更になりスーパーシート設定が無くなったのだと。は?みたいな感じで、しかも久々にバスで小さな代替用機材に乗り換えてああ。。って感じ。
んで、くまもと阿蘇カントリークラブ。知人がオーナーになって、初めてのここでゴルフコンペ。料理の鉄人達が参加するコンペだ。陳さんとか坂井さんとか皆ゴルフ好き。理事長は彼らの兄弟子格にあたる熊本キャッスルホテルの斉藤社長。で、私の成績はといえば、いきなりなめてかかって、強風の中いきなり1番で8も叩き、名物馬の背3番ホールではOB2回で10の大たたき。せっかくベタピンにつけた8番でもバーディを逃しパー止まり。結局後半もイマイチで、最後は3パット3連発ダボ3連発で52 50の102。あーあ。

5/26 朝7時に起こされ眠気眼。きょうはくまもと城南カントリークラブでゴルフコンペの続き。しかし、想像以上の苦難が待ち受けていた。実はこのゴルフ場、私の生涯ベストスコアである84を出したコース。そのせいかこのコンペでは私のハンディはなんと12(!)に設定されており、優勝など夢のまた夢なのだ。
さらに、先週シニアのプロゴルフ大会が行われていたらしく、グリーンは超はやい。ローラーもかけてあるのでボールが止まらない。そんな具合で前半インコースは55も叩いてしまった。てかやばい。われわれのパーティもパーをとったのは私だけ。なんてレベルが低いんだ!
昼飯を食べて後半。気合を入れて望むも3ホール目くらいまでは良かった。ドライバーもたまに凄く当たる。一ホールだけ昔のようなドローの飛距離出る球が戻ってきたりもした。しかしメンタルが弱っている。セカンドショットで失敗したりする。速いグリーンに恐れをなして3パットの山を築いた。てなわけで後半も55の110というビッグスコア。誉ある「敢闘賞」をゲットしました。そう。最下位ってことよ(笑)。ハンデ設定がおかしいんだよ!

5/29 早朝に起きて千葉のザ・カントリークラブ・グレンモアに。ピートダイ設計ということは、定番のアイランドグリーンもあるわけだ。コンペ名はアラフォー社長コンペ。そうかもうアラフォーか。。。男女社長20名が繰り広げる熱戦のスタートである。
インコースから。このこーす見た目めちゃくちゃ狭い。だけどここでアイアンをもって引っ掛けてOBとかだと一日たぶん引きずるのでドライバーをもってかるーく振った。そしたらまっすぐ。ピンに向かって一直線。アラフォー女性社長たちの黄色い?声援が飛ぶ。でも素直に喜べる。パーオンしてパー。そしてあろうことか11番ホールもワンオンしてパー。すっかりアラフォー女性社長たちは私がシングルクラスの上手い人だと思い込んでる。しかし、そうは問屋がおろさない。でも12番ロングもティーショット、セカンドまではシングルさんだ。しかし、3打目をのせられないと、4打目もショートして結局ダボ。そこから4連続ダボである。上がってみると48。いつもと大して変わらん。
昼飯は肉にした。そうだ夜も肉を食べるんだったと後悔。
午後も同じく1番からパーを取った。今日はティーショットが曲がらないんだよ。だけど、2番でやっちまった工業。3打目をガードバンカーに落として4回も叩いた。最近バンカーが調子悪い。しかも100ヤード未満のアプローチが下手になってる。しかも今日はパターも入らないときてる。どうしようもない。その後も叩きまくり。結局後半は53も叩いてしまい、トータル48 53で101の100叩き。全然上手くならない。

5/30 この日は朝から宍戸ヒルズでゴルフ。来週に日本ツアー選手権が行われるコース。ぼうぼうのラフと超早いグリーンでの勝負だ。練習グリーンが速すぎたのでビビッて最初の頃はショートしまくり。くだりは早いが上りはそうでもないんだ。そして例年よりラフの伸びが遅い感じだ。さて最初のホールは緊張してトリ打ってしまった。インコースから。でもなかなか調子が伸びず。やっぱりパットでビビッてしまっている。17番は二打目が難しい名物ホールだが、ティーショットが左に引っかかったので二打目は出すだけ。でも3打目なんとかグリーンエッジまで運んでボギー。でも最終ホール。ティーショットがわずかにスライスして前の木がスタイミーに。セカンドはグリーンに向けて打つもやっぱりちょっとスライスして木の間を抜けていく。そこで葉っぱに当たったのでみていた同伴競技者は下に落ちると思ってみてたら落ちてこない。葉っぱの上に載ったのではないかということだったが、キャディさんはそんなことは無いという。しかし散々探したのだが、見つからないのでやはり木に載ったのだという結論になり打ったら、グリーンの手前にボールを発見。ラフが深くて見つからなかったのだ。結局精神的にきてトリだった。前半53。。後半はアウトコースから。左にひっかけたがうまくカート道に当たってグリーン近くのラフに戻ってきてくれた。でアプローチが寄ってパー。幸先いいぞ。しかし4番ロングで痛恨のティーショットミスでOB。ダービーの馬券なんかネットで買うからだ。そっちに集中していてゴルフがおかしくなってしまう。でも次のショートでまたパーを取った。しかし、7番ミドルが距離延長されててグリーンの手前左横に大きく池が張り出してきており、非常に難しくなっていた。ティーショットが良かったのに、二打目は逃げてボギー。結局後半は49で49 53の102回というイマイチなスコアになってしまった。

ホリエモンが目覚めた“頭を使う”ゴルフホリエモンが目覚めた“頭を使う”ゴルフ
著者:堀江 貴文
販売元:財界展望新社
発売日:2009-11-28
おすすめ度:3.5
クチコミを見る
 


 


コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ウェブ全体検索 by Google ブログ内検索 by Google
QRコード
QRコード
訪問者数