練習

2009年10月14日

さて、この日はひらめき先生とのラウンドレッスン。
朝早く来てドライバーからアイアン、バンカーに至るまでレッスンしてからラウンドするのだ。

朝のドライバーの打ちっぱなしの調子は申し分なし。前に言われたアイアンの感覚で振れというのが非常にうまくいっている感じだ。
バンカーの練習では、青木功さんばりのショットを伝授してもらう。キーワードはハンドレイトのオープンスタンス、頭は左足の上、ボールは左足かかとの延長上、距離は目線の高さで調整、そしてアーリーコックでインパクトは左手を止める感じだ。青木功さんのバンカーショットをよーく昔のビデオでみてみるとよい。

青木功 ゴルフ殿堂入り記念 生涯ゴルフの方程式 (通常版) [DVD]青木功 ゴルフ殿堂入り記念 生涯ゴルフの方程式 (通常版) [DVD]
販売元:紀伊國屋書店
発売日:2005-04-23
クチコミを見る
 

で、ラウンドレッスン。1番からスタート。最初はボギーだったのだが、2番で痛恨の池ポチャでトリ。3番もトリと散々。なんだかラウンドレッスンで緊張している。ただし寄せワンはビシバシ決まる。7番もそれでパーを取ったりと。しかし、ドライバーの目標の立て方やアイアンの方向性の話がなかなか分からず、理解できぬまま51で前半を終える。

で後半。さらに混迷の度合いを増すラウンドレッスン。
寄せワンは相変わらずでビシバシ決まるし、ほめてもらえるが、アイアンの方向性に関する議論はまとまらなかった。でも最後の2ホールでやっと少しわかってきた。そのせいか10叩いてしまったが、17番の最後のショットはベタピンにつけた。

コツは、アドレス時の方向性のとり方にある。素振りが重要なのと、フェースの向きと体の向きの調整にカギがある。詳しくは今執筆中の頭がよくなるゴルフという本にて・・・・


 

takapon_jp at 18:16コメント(0) 

2009年06月14日

六本木ゴルフアカデミーでレッスンを受ける。
というのもドライバーが絶不調だったからだ。アイアンの精度は以前と比べて相当上がったににも関わらずスコアが伸びないのは、間違いなくドライバーのせいだ。

とにかく曲がりまくる。アゲインストの時など100ヤードちょっとしか飛ばないというのは言いすぎかもしれないが。ひどい。

それでも80台で回ることが出来たりするのは、それはそれですごいかもしれない。私のドライバーを見た人はそう思うだろうな。

ということで、矯正始め。

バックスイングのトップの位置を調整。やはり縦に上がりすぎている。そして切り返しで下のほうから下ろしてくる。でフォロースルーを高いところに戻す。

で、一番大事だったのがスタンス。以前はバックスイングをインサイドに上げるために極端なクローズスタンスだったものの、やはり生来のアウトサイドインの上げ方に戻ってくるので、クローズスタンスでカットに打っているような状態になっていたわけだ。

なので、スタンスを若干オープン気味のスクエアに戻す。でスイングプレーンを意識して、さらにスエーしないように頭の位置を動かさない意識をする。右足を出来るだけ動かさないように意識する。

それで数十球打ってみたところ、見事矯正できた!

やっぱり月イチは行かないとな。

もう一つ。バンカーショットを今更ながら習う。
バンカーショットの基本は、フェイスをオープンにして、ハンドレイトに構えて重心を低くするようにして、ゆっくり大きく振りぬくということは知っているんだけど。

改めて習ってみると、ハンドレイトが全然出来てなかった。びっくりするくらい、右寄りにシャフトを持ってきてグリップする。そうか、こんなにか。今までの私の構えは十分ハンドファーストになっていた。 

フェイスはそんなに開かずともこの構えなら、バウンスが使えて驚くほど簡単にロブショットが打てた。

ボールの位置だけど、ツアープロからはクラブフェイスとネックの間くらいに(というかネックのところ)置いて砂を打つって感じで言われたんだけど、そこまでやる必要はなく、フェイスの横に置いても十分スピンも掛かるとのこと。

なーんだ、簡単じゃん。。。なんで今まで出来なかったんだろ?
たぶん、今まではそんな事を理解する余裕が無かったのだが、レベルが上がっていてそれを理解する余裕が出てきたってことなんだろう。

次のレッスンが楽しみ。不安なところが段々なくなってきた!
 

takapon_jp at 18:46コメント(1) 

2009年02月18日

昨日も練習してきました。
ほとんどドライバーだけ。150球くらい打ちました。一昨日できたスイングプレーンの再確認です。

かなり再現性が上がってきています。真横にバックスイングする感じでやると、横からボールを引っぱたける感じで、飛距離アップにつながるあの、ムチを入れるような感じのスイングに一歩近づいた気がしてきました。

明日はいよいよコンペです。コースでOBを怖がらずに打てるようになれば、いいとは思うんですが・・・

この新しいドライバーどうなんですかねぇ・・・・
一つ前のTOUR BURNERはイマイチだったんですが。

テーラーメイド09 バーナー TPドライバー TourAD EV-6 TourAD EV-6 シャフトテーラーメイド09 バーナー TPドライバー TourAD EV-6 TourAD EV-6 シャフト
販売元:テーラーメイド
クチコミを見る
 

takapon_jp at 17:18コメント(3) 

2009年02月17日

すぐ右側にネットがある打席で売っていたので、スライスが怖いんですが、相変わらずアイアンはそこそこの球が打てるんです。

でもドライバーは最初やっぱりダメでどうしてもドローが打てません。昨日習ったスイングプレーンがなかなか思い出せない。まあ、それでも先週よりはかなりマシではあったのですが。

30分くらいトップの位置を調整していたら・・・・やっと見つかりました。スムーズにおろせるトップが。体感的にはほとんど横にクラブを回す感じですかね。10球くらい連続してドローの力強い球が打てるようになりました。昨日は結構アゲていたので。スライスだと曲がるまがる。

しかし休憩してまた打ち始めると元の木阿弥。
でも練習終了間際、理想のトップに持っていく再現性の高いルートを発見してまたドローが打てるように。

今日か、明日練習に行ってみよう。これで再現できたらいいなあ・・・・。

#あ、私は雑誌は毎週ゴルダイやパーゴルフ、隅から隅まで読んでいます。ど初心者のころははっきりいって覚えることが多すぎて役に立ちませんが、そこそこ打てるようになると、いろんなことがオートマティックに出来るようになるので、アプローチとかバンカーのコツとか、そういう細かいことを雑誌から吸収させてもらってます。

コースで出来るのは、覚えたことの1/10程度ですが、それでいいプレーが出来ると反復できますからねぇ。

GOLF DIGEST (ゴルフダイジェスト) 2009年 03月号 [雑誌]GOLF DIGEST (ゴルフダイジェスト) 2009年 03月号 [雑誌]
販売元:ゴルフダイジェスト社
発売日:2009-01-21
クチコミを見る
 

takapon_jp at 12:24コメント(3) 

2008年12月15日

最近スイングが割りと安定してきた。
前はドライバーショットがどこに飛んでいくのか分からないことが多く、そもそもドライバーでチョロったりすることすらあった。

そういうミスショットの原因は、一つはやはり下半身の動きに起因することが多い。バックスイングのときに左足がスエーしてしまい軸が大きくぶれる。これは全てのミスショットの原因。

また、体重移動が適切に行われなかった場合もミスショットが起こる。ドライバーはアドレスで右足に余分に体重をかける。そうすればスムーズに左足に体重移動ができる。アイアンショットでもバックスイングのときに右足に体重を移動する意識をつける。また右足体重でも右足の右側ではなく左側で踏ん張るようにする。

もう一つはスイングプレーン。スイングの練習とビデオチェックを繰り返し、バックスイングの上げる軌道を体にしみこませる。

このようなことを実行した結果、大抵のショットは悪くてもダボというような状況になってきた。

体幹を使った大きなスイングはある程度できるようになったので、次の課題はムチを振るようなスナップを効かせたショットである。これをマスターすれば、楽に飛ばせるようになる。また力強い球を出せるようになる。風に強いショットが打てるのだ。

重いクラブを振って練習しよう 

ティーチングプロ 2 TEACHING PRO 2ティーチングプロ 2 TEACHING PRO 2
販売元:パーフェクトゴルフ
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

 


takapon_jp at 13:51コメント(4) 

2008年12月03日

ひろ六本木ヒルズの目の前にあるゴルフスクールに行ってきました。いつも教えてくれる、コーチの内藤君です。

いつも、といっても実は月一も行きません。せいぜい二ヶ月に一回なのですが、これがすごいんです。最近のスクールは、リアルタイムにビデオ撮影した映像をすぐに見せてくれてスイング軌道をプロゴルファーと比較して見せてくれます。

プロの理想的なスイングに形を近づけると、アラ不思議。きれいに当たるし、飛ぶし。今日は課題のFWとアプローチの訓練を一時間くらいしてきました。

実はアプローチをきちんと習ったのは初めてだったりして。ただ、いろんな人に教えてもらったことを体系的に、理論再構成できて成果があがりました。

実はゴルフほど客観的にみてくれるコーチが必要なスポーツはありません。ダイガーウッズですら個人コーチがいるわけです。彼ですら一日ラウンドすると、スイング軌道が微妙にずれてくるんだそうです。それを毎日矯正です。

我々アベレージゴルファーは月一で十分変わります。打ちっ放しにいくと、どうしてもボールの弾道が気になりますが、いわゆる鳥かご練習場ではそれがありませんから、スイングプレーンやリズムの訓練に集中できます。どうしても軌道がみたければ、併設されているゴルフシミュレーターで確認することが出来ます。

まるで、六本木ゴルフアカデミーの回し者のようですが、そんなことはありません。実際ここに通ってからスコアがまとまりだし、先日初めてハーフ30台で回れましたし。でも多分合計で5回くらいしかレッスン受けてないはずです。それほど役に立つってことですね。

しかし・・・・よく私をゴルフ場で見かけたとかいううわさを聞くのですが、半分くらいはガセですね。誰か、似ている人がいるのでしょうかねぇ?

今日紹介するのは、練習したFWです。ニューVスチール。一番音と打感が気に入っています。ただ、ちょっと1Wとの比較でバランス的に重さが足りません。鉛でも貼ってみるかなあ。7Wはスチールシャフトにしたんですが。あと、ニューVスチールのラインナップからは9Wが消えたんですよねぇ。アベレージゴルファー的には4Iや5Iは難しいので、9Wは重宝するんですが。バックティから打つと微妙に190Y前後の距離が残るんですよねぇ。あと、池超えの190Yとかね。

でも、旧Vスチールの9Wをヤフオクで入手しました。リシャフトしないと・・・。


TaylorMade(テーラーメイド)V-STEEL(Vスチール)フェアウェイウッド RE*AX V FW TOURカーボンシャフト装着
TaylorMade(テーラーメイド)V-STEEL(Vスチール)フェアウェイウッド RE*AX V FW TOURカーボンシャフト装着
クチコミを見る


takapon_jp at 17:20コメント(4) 
ウェブ全体検索 by Google ブログ内検索 by Google
QRコード
QRコード
訪問者数