丸山茂樹

2008年12月18日

今日は、栃木県にある丸山さんのゴルフ場「ファイブエイトゴルフクラブ」でのコンペ。朝5時20分に東京を出る!早!

ところで、このファイブエイトゴルフクラブの由来って、丸山さんが全米オープンの予選だかなにかで58のスコアで回ったことに由来するみたい。なんでも公式戦では世界記録らしくギネスにも載っているらしい。

ショットガンでインコース10番ホールからスタート。なにせ寒い。ちょっと雨もぱらつく状態。ティーショットはちょっと引っ掛け気味も距離をある程度稼ぐ。セカンドなんとかグリーンに載せてツーパット。パー。幸先の良いスタートだ。11番ボギー、12番はティーショットまた左に引っ掛けるも林から出てきて、2打目レイアップ。4オンして2パット。ボギー。13番は距離のあるパー3。ティーショットは左のグラスバンカーにつかまるもなんとかボギー。

14番でやっちまった。左にまた引っ掛けて林の中。脱出失敗して隣のホールへ。そこから出しやすいように隣のホールのフェアウェイにおいてなんとか木を抜いて戻す。だけどもう5打目、こいつもダフって6オン、2パットでダブルパー・・・やっちまったー。2打目色気だすんじゃなかったー。ダボでよかったのに・・・後悔しても後の祭り。

15番はティーショット左に行くも3オンしてボギー。が、またやっちまう。16番ショート。池越え。しかも池の右側には大きな木が2本。池の左側はちょっと遠くなっており、木を嫌って左に引っ掛けるとショートして池にいきがちなホール。左側にフェードボール打つのがいいのだろうが。案の定左に引っ掛けて池へ。。。ドロップエリアから3オンして3パット。6。ヤバイ。

次のホールは左ドッグレッグのミドル。ティーショット完璧。でも寒さのせいかセカンドはショート。3オンしてボギー。最終ホール。ファーストショットは右に出たけど崖からおちてフェアウェイへ。飛距離も稼げた。だけど次は池がらみなので、セカンドはレイアップ。3打目勝負も池を嫌い右プッシュ。4オンしてボギー。トータル49。なんとか40台。

お昼、お弁当を食べて小休止。さて後半がんばるぞ。

OUTコース1番、早速左にひっかけ。今日はこのひっかけショットが良く出る。スイングが悪い。左のクリークにつかまり1ペナ。ドロップして打ち直しはバンカーへ。ショートして5オンだけど、絶妙のアプローチで何とかダボ。アプローチはうまくなったな。

2番パー5はボギー。3番。3パットしてしまいダボ。4番、ティーショットが左のがけ下に落ちてアプローチ大オーバーしてしまい、ダボ。でも次はティーショットもうまくいって、よせワンでパー。だけど、次のロングまた大引っ掛け。林&崖下。なかなか戻らず、6オン2パットのトリ。しかし次の短めのショート。よせワンでパー。続いて狭い林を抜けていくミドル。ティーショットは完璧!アプローチウェッジでちょっとオーバーするも、2パットでパー。いい感じになってきた。

最終ホールミドルも、ティーショット抜群!ただ、ちょっとつま先下がりのラフ。残り160Yを6Iで打ったら・・・つい短く握るのを忘れてしまい、ちょいダフリ。ボールは無情にも手前の池に吸い込まれ・・・・あほなことをしてしまった。ダボ。

結局、49 48の97で平凡なスコアに終わったのでした。
このコンペは例年レベルが高く、97台だとほとんど上位に行けません。なぜかただのぺリア方式で計算されており、ハンデホールが少なく、私はハンデ14で計算されておりました。そらあ、上位にはこないわ。。。

寒い日は本当に飛距離がでませんなあ。

丸山茂樹の最新打法 DVD-BOX丸山茂樹の最新打法 DVD-BOX
販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2004-12-31
おすすめ度:3.0
クチコミを見る

来年は丸山さん、日本ツアーに本格参戦とのことですが、石川遼君とか片山プロとの賞金王レースが見物ですな。米国ツアーではドライバーの飛距離で苦しんだようですが、日本だとそんなにハンデにはならないもんね。あのアプローチ技は世界トップファイブに入ります。 

takapon_jp at 00:05コメント(3) 
ウェブ全体検索 by Google ブログ内検索 by Google
QRコード
QRコード
訪問者数