六本木ゴルフアカデミー

2009年06月14日

六本木ゴルフアカデミーでレッスンを受ける。
というのもドライバーが絶不調だったからだ。アイアンの精度は以前と比べて相当上がったににも関わらずスコアが伸びないのは、間違いなくドライバーのせいだ。

とにかく曲がりまくる。アゲインストの時など100ヤードちょっとしか飛ばないというのは言いすぎかもしれないが。ひどい。

それでも80台で回ることが出来たりするのは、それはそれですごいかもしれない。私のドライバーを見た人はそう思うだろうな。

ということで、矯正始め。

バックスイングのトップの位置を調整。やはり縦に上がりすぎている。そして切り返しで下のほうから下ろしてくる。でフォロースルーを高いところに戻す。

で、一番大事だったのがスタンス。以前はバックスイングをインサイドに上げるために極端なクローズスタンスだったものの、やはり生来のアウトサイドインの上げ方に戻ってくるので、クローズスタンスでカットに打っているような状態になっていたわけだ。

なので、スタンスを若干オープン気味のスクエアに戻す。でスイングプレーンを意識して、さらにスエーしないように頭の位置を動かさない意識をする。右足を出来るだけ動かさないように意識する。

それで数十球打ってみたところ、見事矯正できた!

やっぱり月イチは行かないとな。

もう一つ。バンカーショットを今更ながら習う。
バンカーショットの基本は、フェイスをオープンにして、ハンドレイトに構えて重心を低くするようにして、ゆっくり大きく振りぬくということは知っているんだけど。

改めて習ってみると、ハンドレイトが全然出来てなかった。びっくりするくらい、右寄りにシャフトを持ってきてグリップする。そうか、こんなにか。今までの私の構えは十分ハンドファーストになっていた。 

フェイスはそんなに開かずともこの構えなら、バウンスが使えて驚くほど簡単にロブショットが打てた。

ボールの位置だけど、ツアープロからはクラブフェイスとネックの間くらいに(というかネックのところ)置いて砂を打つって感じで言われたんだけど、そこまでやる必要はなく、フェイスの横に置いても十分スピンも掛かるとのこと。

なーんだ、簡単じゃん。。。なんで今まで出来なかったんだろ?
たぶん、今まではそんな事を理解する余裕が無かったのだが、レベルが上がっていてそれを理解する余裕が出てきたってことなんだろう。

次のレッスンが楽しみ。不安なところが段々なくなってきた!
 

takapon_jp at 18:46コメント(1) 
ウェブ全体検索 by Google ブログ内検索 by Google
QRコード
QRコード
訪問者数