宝ぼんさい  TAKARA BONSAI

良い盆栽を皆様へ!栃木の田舎でのんびり営んでいる盆栽屋のブログです。 当店の盆栽や山野草を四季折々ご紹介しております。伝えていきたい日本の文化や風情。気になる商品がございましたら御連絡ください。 栃木県栃木市 宝ぼんさい  info@takarabon31.net

宝ぼんさい通販サイト

  宝ぼんさい通販サイト

成木になるまで300年もかかる。碁盤や将棋盤の最高材。森の宝石ともいわれすでに日本種の成木は絶滅に近い状態。そんなこんなで幻の樹と言われている榧です。そんな幻の木の盆栽があったとは\(◎o◎)/!飛んでいって本当に幻になりそうな翼のような舎利!そんな、まぼろ ...

明けましておめでとうございます。昨年中の御愛顧誠にありがとうございました。本年も当宝ぼんさいブログおよび通販サイトともどもよろしくお願い申し上げますm(__)mhttp://www.takarabonsai.com/ ...

もうすぐハロウィンでございます。しかしハロウィンてのもなんだか分からず巷は大騒ぎ。ならばこの機会に盆栽もハロウィン商戦に参入させていただきます!?そんなこんなで今回はハロウィンチックな奴を~(◎◎)!珍品・珍樹をお探しなら宝ぼんさい通販サイトhttp://www.taka ...

ピラカンと言う人もいれば、ピラカンサと言う人もいたり、ピラカンサスと言う人も。学名は、Pyracanthaらしいのでピラカンサが有力みたいですがどれでも伝わります。ファスナー?チャック?ジッパー?これもどれでも同じです。カフェオレ?カフェラテ?カプチーノ?オッサン ...

「いちじく」?「いちぢく」?さて、どちらが正しいと思いますか?正解は一日ひとつづつ実を熟すことから「いちじく」が正解なのです。では、なぜ「いちぢく」と混乱してしまうのか?それは、あの有名なカンチョーの名に影響されているのです。実に影響力のある商標です。一 ...

これは「一位」という盆栽です。一位といえば、北京で開催された世界陸上ジャマイカのウサイン・ボルト選手が100mも200mも一位でした。しかしジャマイカにはまだまだボルト選手よりも足の速い方がいるそうです。陸上連盟は彼を捕まえ、選手に育成したいのですが、い ...

大迫力の流線美~(◎o◎)!なんともSFチックな真柏でございます。そもそもSFとはサイエンス・フィクションとやらの略なのだとか・・・しかし空前の真柏ブームの到来!もはや「SF」とはシンパク・ファン、もしくは真柏に心酔したシンパク・フリークを指す俗称となっております ...

こちら毎日毎日最高気温37℃↑暑くてたまらないのでゾっとするような盆栽をお見せします。深山に生息する怪樹黒檜。盆栽としては非常に希有です。と、この写真を撮るためにこの樹を運んだらさらに汗ダクダクになりました(-_-;)  ...

ウツギに属する種の花は総称されて卯の花と言われてます。豆腐の糟のオカラでさえも日本人はその白さを美称して卯の花とよんでいます。日本人の美意識の高さがうかがわれる表現です。しかし、これほど上品な日本人ですら「鼻クソ」は正式名称が「鼻クソ」で特にキレイな言い ...

今、世間では真柏が静かなブームらしいです。近々スゴイ真柏ばかりを集めた写真集も出版されるそうです。しかし「静かなブーム」って矛盾してるぜ!熱いぜ真柏!!宝ぼんさい送料無料キャンペーン継続中~!!http://www.takarabonsai.com/  ...

葉っぱが馬の顔に似ています。花が馬に付ける鈴に似ています?だから馬の鈴草といわれるてるという珍樹です。馬鈴芋がなる盆栽ではございませんよ~(゚д゚)ウマー ...

横から見ると敬礼してる真柏です。完璧厳重発送!かしこまりました!!盆栽通販「宝ぼんさい」梱包送料無料キャンペーン開催中です!!http://www.takarabonsai.com/ ...

花満開!今回は春のお得情報です!「宝ぼんさい通販サイト」おかげ様で1周年を迎えることができました。そこで1周年謝恩企画!4/1~5/15期間中全国全商品送料無料!よろしくお願い申し上げます。 宝ぼんさい通販サイト:http://www.takarabonsai.com/ ...

ごもんじゅは冬から春にかけて花を咲かせます。首里城の門前に植えられていたので「御門樹」と言われるようになったとの説があります。ちゃんと盆栽になっているものは本州では珍しいかもしれません。ところで首里城といえば幻の二千円札を思い出します。あれは国家レベルで ...

客「これ、何ですか?」私「それ、緋梅(ひばい)です」客「あ、そうですか・・」とのやりとりの末、売れずに残っている緋梅です。今年も見事に咲き誇りました。非売ではございません。販売しております。 ...

侘しさの窮地とも云える作品です。「昭和枯れすゝき」すら口ずさんでしまいうほどの衝撃です。貧しい親子にすら見えてしまいますが、これぞ侘び寂び、哀愁盆栽の極みです。貧しさに負けたぁ~、この町を追われたぁ~我を返り見、冗談言ってる場合ではありません・・・平成不 ...

豪快な盤根(ばんこん)を備えた樹振り見事な山もみじです。盤根とは盆栽用語で、細かい根が癒着(ゆちゃく)して固まったものと書かれています。しかし癒着とは本来は医学用語です。くっついちゃいけないものがくっついて悪影響を及ぼすことです。盆栽にとっては好都合です ...

座の素晴らしい梅擬きです。擬き(もどき)とは似て非なるもの。どうにも梅には見えないのですが・・・梅もどきといいます。それにしても、近頃のビールもどきの発泡酒といったら、区別がつかないほど美味くなりましたねぇ。ありがたや~ ...

唯一の日本産の木瓜と言われているクサボケの逸品小品盆栽です。今年最後のボケ納めです!本年も当『宝ぼんさいブログ』及び『宝ぼんさい通販サイト』http://www.takarabonsai.com/御閲覧iいただき誠にありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます。 ...

花もいいですが紅葉も素晴らしいずいなです。しかし、愛媛県ではレッドデータ(絶滅のおそれのある野生生物)に指定されました。四国や九州地方に自生していますが、道路拡張工事などで激減しているそうです。まずいな。。。 ...

元気ですかー!?この道を行けばどうなるものか危ぶむなかれ危ぶめば道はなし踏み出せばその一足が道となりその一足が道となる迷わずゆけよ行けばわかるさ いくぞ~!!1、2、3、ダ~~~!!!ってのは猪木です。。こちらはヒノキです。 ...

ご存知あかめそろは普通こんなにグッタリしてません。枝垂れ(しだれ)性のあかめそろです。その珍樹がしっかり盆栽になってます。珍品中の珍品盆栽です。珍樹~ハンターよ!『宝ぼんさい通販サイト』で販売中!http://www.takarabonsai.com/たまには宣伝させて下さい(ペコリ ...

今回は実なり豊かな常磐柿です。常磐(ときわ)とは植物の場合は常緑種のことをさします。常に葉が緑な事からこの柿は常磐柿とよばれています。下記の写真を御覧ください・・・ ...

文人調の洒落た老爺柿です。もう少し実が熟して色がつき、葉っぱが落ちたら最大の見頃のピークです。なぜその時期にブログにアップしないのかといわれても・・・見頃の時期までに出荷しなくてはならない切実な事情が・・・バナナと一緒なのです。  ...

『縮緬(ちりめん)かずら』 ラーメン屋ではありません。もちろん話題のチリメンモンスターでもありません。もし盆栽がしらす干しに混入していたら・・・それはそれで仰天ニュースです。 ...

すごい!シャチホコみたいな舎利してます。金色に塗ってみましょう。そしたらまた掲載します。ヾ(・∀・;)オイオイ ...

『樹海のオアシスか魔境の泉か?朝もやの中で釣り人は見た!迷い込んだ中年夫婦 立小便をしていた夫が突然転落白骨に!泉の祟りか?人食い魚か?背後にいた夫人の陰謀か?死亡した夫には莫大な生命保険がかけられていた。』そんな火曜サスペンスの長いタイトルみたいな景色 ...

どこぞの名物、栗サンドではありません。一年に三度実がなる三度栗です。冗談もほどほどに。。“仏の顔も三度まで!” 実はこのことわざ、仏様の顔を気安く撫でるな!というのが本当の意味なのです。マジメな話しです。 ...

先月お約束した涼を感じる盆栽を探してきました!!夏真っ盛りなのに雪化粧した松です。斑入り種の吹雪五葉松といいまるで雪が積もったような葉色をした珍品盆栽です。皆さま少しは涼しくなっていただけましたでしょうか?いゃ、そーでもない。。。猛暑ですから、もうしょー ...

消費税値上がり、電気値上がり、ガソリン値上がり・・・便乗して五葉松根上りです。でもお値段据え置きにしておきます。 ...

燃えたぎる炎のようなこの舎利!すごいでしょ?熱中症になりそうだ?近頃ホント暑いですからねぇ。。。涼を感じる盆栽探しておきます。 ...

右に曲がったと思えば左に反れて、揺すりの効いた幹模様の五葉松です。ブラジル・ワールドカップも紆余曲折。 日本、ブラジル・・・思いもよらない結末でした。次のロシアに向けて険しい道のり がんばれニッポン!!さて、明日はいよいよ決勝です。メッシのジグザグドリブ ...

ワールドカップ・ブラジル大会、残念ながら日本代表は予選敗退。この山もみじの株立ちが、頭を下げた日本代表に見えてしまいました。盆栽も嬉しい時、悲しい時で目に映る印象が変わり乙ですな~ あぁ、ネイマールも絶望的なら、ロナウジーニョよ出てこいや~!※宝ぼんさい ...

明日はついに負けられない戦いコロンビア戦です。今回はどんな盆栽で日本代表を応援するか悩んだ末、遠藤選手のループシュートが決まるようコレにしました。舎利がループを描いた天然素材、貴風サイズの真柏です。これでゴールは確実です。頑張れ日本!!※宝ぼんさいはサッ ...

谷渡りの木(タニワタリノキ)?ホントにこんな名前の盆栽なのです。ブラジル・ワールドカップ 本日、日本代表は 勝たねばならぬギリシャ戦に引き分けました。ワールドカップは山あり谷ありです。そんな日に谷渡りの木の花がみごとに咲きました。もうこれで谷は渡れます!あ ...

いよいよサッカーワールドカップ・ブラジル大会が開幕しました。世間はブラジルとサッカーの話題ばかりなので、ついには、この五葉松の大きい方も、ラモス瑠偉に見えてきました。頑張れ!日本!!※宝ぼんさいはサッカーワールドカップ日本代表を応援しています。 ...

現在6月、梅雨の真っ只中です。なぜかこの時期に柿の実がなっております。そう、この柿は一年中実を結ぶ稀な四季なりの老爺柿です。いつになっても実を結ばぬ拙者を嘲笑うかの様な、このガキめ~ ...

花穂がトラの尾みたいなことからトラノオと呼ばれています。野山、土手などで普通に見られるサクラソウ科の多年草ですが、鉢植えにして楽しんでいます。毎年6月になると綺麗なトラのシッポが咲き乱れ踊っているようです。毎年こんなに目を楽しませてくれて、ありがたいがー ...

花、裂開した実の形どちらかが楽器のチャルメラに似ているのでチャルメル草と言われているのですが、文献によっては花の形、違う文献には実の形、どれみれど違います。どれみてよいやらドレミ~レド ドレミレド レ~ ...

卯の花ガ咲きました。ウツギに属する種の花は総称されて卯の花と言われてます。豆腐の糟のオカラでさえも日本人はその白さを美称して卯の花とよんでいます。日本人の美意識の高さがうかがわれる表現です。立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花 山のあけびは何見てひら ...

半分枯れているような、セッコクですが、葉がなくなって枯れかけたた茎からだけ花を咲かせる不思議な植物です。声が殆ど枯れているスリムクラブの眞栄田、 あの声でコールセンターのバイトをしてたっていうから不思議です。  ...

力のある幹に、つくり込まれた枝棚、樹齢120年は経っていると聞いて敬意を表し脱帽しました。鶴は千年、亀は万年、それに比べりゃワシなんぞまだまだ赤子じゃいと翁も謙虚に脱帽しました。露わになった頭は120歳を超えていてもフサフサでした。雄姿で謙虚な御老松でし ...

真っ直ぐ伸びた杜松(としょう)一本立の直幹です。『一という字は 男の心 真一文字で 一直線 天を指さし 大地をふまえ 力強さは 誰にも負けぬ 俺は真っすぐ 一で行く 風に逆らい 一心不乱 口を結んで 四の五の言わず でんと構えた 一で行く』 北島三郎さんの「一」 ...

今年もパーティーモールのような美しい花を咲かせたトネリコです。この木の皮につくイボタロウ虫の幼虫が分泌する蝋(ロウ)物質をすべりの悪くなった戸に塗っていたことから「戸に塗る木」それがやがて転訛してトネリコと呼ばれるようになったと考えられています。このイボ ...

単調なタンチョウソウの写真ではまるでダジャレのようですので、写真にスタンプ加工を施してみました。ナイスじゃないすか! ...

盆栽界では、あまり目立たないポジションですが、根強い人気の米栂です。米栂(こめつが)は日本の固有種のツガです。同じ漢字で米栂(べいつが)があります。こちらは北アメリカから輸入される材木のことを指します。ついでですが、最中(さいちゅう)は何かのまっさなかの ...

湿地や水辺に育つキンポウゲ科の多年草です。こんな可憐な花が咲くのに、茎の姿が猿が手をのばした様に見えるので、この名前がついたとのこと。それにしても猿(サル)猴(サル)草とはくど過ぎです。昔、長嶋監督が「若いヤング・ジャイアンツは夢のドリームチームですから ...

新緑まぶしい春なのに・・・紅葉っ?春紅葉といい、個体差がありますが新芽の葉が紅い雑木類があります。しかし、夏にむけてだんだん緑色にかわっていきます。この春紅葉が見られる期間はもみじだけに、もー短いです。  ...

うぐいすかぐら 名前の由来の一説は、鶯がこの樹の藪に隠れるとの意味。花が咲いたよ ホーホケキョ 鶯が「ホーホケキョ」と鳴くのは、じつを言うと春だけです。しかもオスだけなのです。ですからウグイス嬢って奇妙な日本語なのです。正しくはウグイス坊やです。そうです ...

まんさくの名前の由来「先ず咲く」→「まんず咲く」→「まんさく」 訛りが原因でこの花はこう呼ばれています。ちなみに吸引力が変わらないことで有名なサイクロン掃除機。大村さんという方が発明したのでダイソンと呼ばれているわけではありません。 ...

このページのトップヘ