Profile
月別の日記・感想
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


2017年03月28日

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(11)


 を読む。谷川ニコのマンガ。
 色々友達が増えたねえ、もこっち。しかしゆうちゃん、やっぱりゆうさんになってたのか!?
 このマンガは時間がちゃんと経過するから、段々先が見えて来たねえ。まさか卒業後もやらないだろうしな?

takarayat at 05:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ 

街道をゆく(1)


 を読む。司馬遼太郎の紀行エッセイ。
 あら、これも感想書いてなかったか。
 古本屋で¥100で購入。司馬遼太郎は好きなんだけど、「街道をゆく」シリーズはそれほど好きじゃないんだな。あまり纏まりがない、と感じられるから。街道をぶらついて、目についたものの感想を述べる、って内容。
 本巻は、「湖西のみち」「竹内街道」「甲州街道」「葛城みち」「長州路」が収録です。

takarayat at 04:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他の読書感想 

ダンジョン飯(1)


 を読む。九井諒子のマンガ。
 あら、これ感想書いてなかったかな?
 RPG世界のダンジョンを舞台に、モンスターを料理して食べるという、ある種のグルメ(?)マンガ。確か、昔RPGゲームで、実際モンスターを食料にするってゲームあったと思ったけどね。
 なかなか面白かったです。しかしこの世界、醤油とかあんのかよ。

takarayat at 04:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ 

2017年03月22日

干物妹!うまるちゃん(1)


 を読む。サンカクヘッドのマンガ。
 外では理想の女子高生、しかし家ではだらけきった女、うまるの物語。ちなみに「干物妹」は「ひもうと」と読みます。
 割りと面白かったが、謎も多い。八王子から徒歩20分の1ルームアパートに兄と二人暮らしだが、なぜこの様な生活形態なのか? さらにこのアパートにはうまるの学校友達も暮らしているのだが、彼女は秋田出身で、なぜここに一人暮らししているのか? 両親は秋田で健在な様だが、女子高生のアパート一人暮らしなど、危険ではないか?
 どうでもいいけど、このマンガ、「ヤングジャンプ」掲載なんだ。

takarayat at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ 

進撃の巨人(11)


 を読む。諌山創のマンガ。
 結局巨人って人間なのか? しかし畳みかける巻末嘘広告。2連発かよ。

takarayat at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ 

シャーリー(2)


 を読む。森薫のマンガ。
 少女メイドと女主人のお話ですが、ホントに細く長く書き継いで来たんだな。この2巻には、8年間に描かれた8本の作品が収録されています。そして特に完結はしていない。
 と言ってもその間年月が経っている訳ではないし、大きな出来事が起きる訳ではないし、日常エピソード系なので、これからも続きを描けるでしょう。作者もあとがきでそう言っているし。しかし3巻の発売は、いつになるやら……。

takarayat at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ 

ハドソン川の奇跡

 を見る。2016年のアメリカ映画。
 監督、クリント・イーストウッド。脚本、トッド・コマーニキ。主演、トム・ハンクス。
 実話に基づく映画。イーストウッドの映画にしては、割りとストレート、素直な映画な気がしました。と言っても、僕はそれほどイーストウッドの映画見てませんが。

takarayat at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2017年03月19日

老爺柿、植替え

 老爺柿を植え替えた。覚書き。

takarayat at 05:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

床屋と山田風太郎とドトール

 書き忘れてたが、先週日曜、床屋へ行って来た。ついでにブックオフへ寄り、たまってたマンガ等を売る。安かった。値段のつかない物も結構あったし。値段のつかない物は、マンガではなく一般書。山田風太郎の日記とか。まあこれはちょっと焼けがあったんだけど。
 そしてまたマンガを買う。
 その後ドトールに寄り、お茶しながら買ったマンガを読む。

takarayat at 05:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2017年03月09日

ナポレオン 覇道進撃(12)


 を読む。長谷川哲也のマンガ。
 対オーストリア戦。勝つには勝ったが……。やはり往年の強さが……。
 そしてジョセフィーヌとの離婚。

takarayat at 03:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ