2007年06月21日

現代の子供の運動能力 3

現在、子供のスポーツに携わってきてやっぱり感じるのは全体的に運動能力の低さ。僕等の子供時代では普通のレベルが今の運動神経の良いレベルになってるのは否めない。確かに中には「おっ」と思わせる子供も中にはいるけどそのほとんどがサッカーをやってたり野球だったりやってる子。でもそれは優れているからなんかしらのスポーツをやってるってよりスポーツをやって能力が上がったってのが本当のとこだと思う。そう考えると子供の運動能力が低下してるというよりは上げる機会が減っているというのが実状なんだと思う。
食べ物や生活自体昔とは比べものにならないくらい向上して、事実欧米化している。現代の子供は手足も長く体つきも確実に欧米化している。スポーツの世界でもトップレベルに近づいているのはみんなも承知の通りだと思う。じゃあ何が子供の運動能力を下げさしているのだろうか?現代のなにがいけないのか?

今更ゲームの普及や遊び場の減少を理由に上げる気はない。僕が思い感じる原因とは野球、サッカー等のチームやその周りの環境が一番問題でダメなんじゃないかと思う。
野球に限れば昔と同じで閉鎖的で試合に勝つ事ばかりで子供の大切な将来を担っている責任感なんて持ち合わせていない指導者が多すぎ!基本をしっかり教えるのが一番大事なのに、妙な技術ばかり教える。それならまだしも知らないのに思いつきで教える…上に進んでから間違った基本を直すのがどれだけ大変な事か。知らないなら勉強しろよ!ってのが多すぎる。まあ指導者がそうなら親も親。まず問題なのは始めるきっかけで、親自身がやってきたからとか、近所の子がやってるからとかで始めさせる。現在やってる子達でどれだけの子が楽しく感じ、何人の子が好きで始めたのか?子供は興味を持ったら本当に吸収が早い。だからせめて特に小学生の指導者は楽しさを一番に伝えるようにしてもらいたいものだと、僕は考えています。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
楽天市場