2014年07月06日

[ ALL TIME BEST 15 ] vol.7 STEREOLAB 『Dots & Loops』

ドッツ・アンド・ループスドッツ・アンド・ループス
ステレオラブ

Warner Music Japan =music= 2008-08-19
売り上げランキング : 293965

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 時は97年。レディオヘッドが『OKコンピューター』を発表し、ヴァーヴが『Urban Hymns』を発表した。そして、ステレオラブの『ドッツ・アンド・ループス』が発表された。このあまりにキュートでポップで実験をさらりと手品のようにやってみせるステレオラブの本盤は、前述した2組のバンドの作品同等に評価されていい。
 いや、むしろ今聴いて面白いのは本盤なのではないかと思う。「ジャンルの融合」ではなく「ジャンルを溶け合わせる」表現の追及が鳴らされている。それは発表から約17年経っても面白く、興味ぶかく、楽しく聴けるのだった。
 要は時が経っても枯れることなく、常に聴き手をポップ・ミュージックという世界に没頭させる新鮮な驚きがに詰まっている。数十年経とうとこの音楽の面白さは変わらない。


Urban HymnsUrban Hymns
Verve

Virgin Records Us 1997-10-15
売り上げランキング : 65857

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Ok ComputerOk Computer
Radiohead

Parlophone (Wea) 1997-06-15
売り上げランキング : 3493

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


エンペラー・トマト・ケチャップエンペラー・トマト・ケチャップ
ステレオラブ

Warner Music Japan =music= 2008-08-19
売り上げランキング : 159590

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2014年07月01日

[ ALL TIME BEST 15 ] vol.6 Laura Nyro 『New York Tendaberry』

New York Tendaberry (Exp)New York Tendaberry (Exp)
Laura Nyro

Sbme Special Mkts. 2008-03-16
売り上げランキング : 150709

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 オールタイムベスト、その6。
 これまた有名盤で、「ローラ・ニーロを紹介されてもとっくに知ってるわい!」という方も多くいるとは思うのだけれど、僕としては入れずにはいられない異形の作品である。多くの場合、音楽を聴くことは何らかの快楽があるからだと思うが、本盤においては、快楽や熱狂とは違う、震え上がるような「怖さ」がある。聞いていて感じる体の芯から沸き起こる気持ちの昂りは、「楽しい」「かっこいい」を通り越して頭に刺さるような切迫感に似ている。たとえばそれは、音楽性は全く違えどビョークの『ホモジェニック』と同等のエモーションだ。もしかしたらビョーク以上かもしれない。恐ろしいほど感情的。しかし、あまりにも美しい。もし、「怖さ」が生んだ「美」があるとすれば、僕は本盤がそれだと思う。ヘッドホンで大音量で聴いていたらローラ・ニーロに身を乗っ取られる心地がする。大げさではなくて。


Original Album ClassicsOriginal Album Classics
Laura Nyro

Sony UK 2010-04-22
売り上げランキング : 17903

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2014年05月11日

近々再開予定

 このブログを今後更新する予定はなかったのですが、どういうわけか再開してくれという声があり、ちょこちょこと不定期に書き連ねようかと思います。その際は音楽に関することなのか、それとも別の事についてなのかは僕のさじ加減になってしまうのですが、よろしくどうぞ。
2013年05月18日

[ ALL TIME BEST 15 ] vol.5 Art Blakey & The JAZZ Messengers 『A Night In Tunisia』

Night in TunisiaNight in Tunisia
Art Blakey

Blue Note Records 2006-08-21
売り上げランキング : 21995

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 スタンダード・ナンバー「チュニジアの夜」は、アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの演奏が一番好き。特にウェイン・ショーター在籍時のそれは、もう、ね、ホントに、痺れる。で、トランペットがリー・モーガンでしょ。とにかく、吹きまくる。カッコいい。燃えます。モダンジャズの馬力ここにあり、という感じで。

 この盤、僕は試聴20秒くらいでレジに持って行きました。いわゆる即効性が高い作品ではあるけれど、その即効度のようなものが全く損なわれない。聴くたび、グッとこぶしを握ってしまう。
 こういう感覚論でジャズについて書くと、ジャズ好きのおっさんから「お前馬鹿だろ」とコメントがあったりするんですが、音楽聴いて興奮して「馬鹿」と言われてもね。興奮している最中は人間馬鹿になるもんです。

 話は変わって。「初めてのジャズ」みたいな本を開くと、だいたいにおいて、ジャズの最初の一枚は『カインド・オブ・ブルー』とか『ワルツ・フォー・デビイ』とか、『処女航海』だったりするんですが、本盤『チュニジアの夜』でもいいんじゃないかなと僕は思ってます。パブリック・イメージで言えば、ジャズとはムーディーで、アダルトで、オシャレで、というのがあるけれど、本盤にはジャズの異臭がある。下の方にyoutubeの動画を貼っておきますが、見てくださいよ、アート・ブレイキーのドラミングを。どくどくと脈打ってます。音が生きている、なんて言葉を使いたくなるほど。この、血のめぐりまくっている感じがいいのです。でもショーターのサックスはよく言われるように魔術的。続くリー・モーガンが盛り上げる。このアンバランスなようでいてバランスがいいというところが面白い。もちろん『モーニン』も良いんですが。

youtube

処女航海処女航海
ハービー・ハンコック

EMIミュージック・ジャパン 2008-02-20
売り上げランキング : 36662

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Kind of BlueKind of Blue
Miles Davis Jimmy Cobb John Coltrane Paul Chambers Wynton Kelly Cannonball Adderley Bill Evans

COLUMBIA/LEGACY 1997-03-27
売り上げランキング : 610

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


モーニン+2モーニン+2
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ リー・モーガン&ルディ・ヴァン・ゲルダー

EMIミュージックジャパン 2008-03-26
売り上げランキング : 9079

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Waltz for DebbyWaltz for Debby
Bill Evans Scott LaFaro

Ojc 2006-08-24
売り上げランキング : 1328

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2013年05月06日

[ ALL TIME BEST 15 ] vol.4 STAN GETZ & JOAO GILBERTO 『GETZ / GILBERTO』

ゲッツ/ジルベルトゲッツ/ジルベルト
スタン・ゲッツ スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト ジョアン・ジルベルト アストラッド・ジルベルト

ユニバーサル ミュージック クラシック 2011-06-22
売り上げランキング : 4057

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 出ました。また超有名盤。
 『名盤』みたいなディスクガイドを開けば9割方載っているんじゃないか、というくらい。
 そういった作品をわざわざ紹介するのもなんではある。でも好きなんだからしようがない。一生聴く、というか、一生聴きたい作品ですね。

 数年前に、菊地成孔とnaomi&goroの共演盤が本作と比べられたように、「ジャズとボサノヴァの出会い」という文脈で語られることが多い作品ではある。けれども、それぞれのジャンルが出会うなんてことは音楽に限らず当たり前で、ジャズに西洋音楽の要素はあるし、極限すれば、演歌にだって黒人音楽の要素はある。特に今の時代は、ジャンルの重要性は分かるものの、ジャンルという標識が音楽において本当に有効に働くことはあるのか、というのはひとつの題だと思う。
 例えばジェイムス・ブレイク。彼の音楽をジャンルで聴くのは困難だ。シンプルに言って、困難な聴き方なんてしたくないわけで、ジェイムス・ブレイクがダブステップなのかポスト・ダブステップなのかどうかは重要ではない。

 話が逸れた。本作『GETZ / GILBERTO』は、ジャンルで音楽を聴くことの重要性を問われる今の時代にこそ聴いてほしいと思うし、発表当時よりも今聴いた方が、単純に音楽として楽しめるんじゃないかと思う。しかも一生聴きたいと思える程すばらしいというね。
 まだ聴いていない方はぜひ。ホントにぜひ。

youtube

calendulacalendula
naomi & goro & 菊地成孔

commmons 2011-07-13
売り上げランキング : 26949

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


三月の水三月の水
ジョアン・ジルベルト

ユニバーサルミュージック 2010-05-12
売り上げランキング : 243446

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2012年08月16日

音楽メディアで書いた最近の記事

oono yuuki ディスクレビュー
http://cookiescene.jp/2012/07/oono-yuukitempestaskiti.php

TESUSABI ディスクレビュー
http://cookiescene.jp/2012/07/tesusabiself-released.php

POP ETC ディスクレビュー
http://cookiescene.jp/2012/07/pop-etcpop-etcrough-trade-host.php

ザ・なつやすみバンド ディスクレビュー
http://cookiescene.jp/2012/07/tnbtnb.php

THEラブ人間 ライブ・レポート
http://skream.jp/livereport/2012/08/the_loveningen.php

MONO ディスクレビュー
http://skream.jp/diskreview/2012/08/for_my_parents.php
2012年07月18日

[ ALL TIME BEST 15 ] vol.3 AUTECHRE 『ep7』

Ep 7Ep 7
Autechre

Nothing Records 1999-06-22
売り上げランキング : 22969

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 もはやオウテカは音楽の未来を背負っているわけでも、未来を鳴らしているわけでもなくなってしまったけれど、本作発表時はとても充実していた。ヒップホップをルーツとする彼らの音楽性はヒップホップの再解釈であり、また、それまでのあらゆるリズムからの脱却を試みていると僕には思えた。そして音に対する尋常じゃないまでのこだわり。本作よりも『LP5』や『コンフィールド』が好きな方がいるのは分かるけれど、繊細な音の美しさという点では断然こっち。


ConfieldConfield
Autechre

Warp 2001-04-30
売り上げランキング : 161466

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Autechre Lp 5Autechre Lp 5
Autechre

Warp 1998-06-22
売り上げランキング : 166601

Amazonで詳しく見る
by G-Tools