2021年10月13日

令和3年 天徳の恵までの道のり

周防大島の水場【天徳の恵】。
以前、大島大橋に船がぶつかって水道が断ち切られ、
島全体で1か月を越す断水が続いた時は、
島民が水場を求めて情報を出しあったものだ。

久賀と日前の間にある、天徳の恵もその1つで、
かなり前から知る人ぞ知る水汲み場とのこと。
車を停めて水が汲めるのもポイントが高いが、
取水口が低い位置にあって、タンクを直接付けることが出来ない。
ペットボトルで汲むしかないか。

とまぁ、この天徳の恵だが、
一度場所を知ると大丈夫なのだが、
行き方の説明となると、本当に難しい。

ということで、一番近いであろう、久賀からのルートを、
下記にまとめてみた。

まずは周防大島全体でいうとこのあたり。
※画像はクリックすると拡大されます
天徳図1

数少ないコンビニのある地域なので、
「セブンイレブンが海岸線にあるから久賀」
ぐらいの思いでだいたいあってる。
※もう1つ「日前(ひくま)」にありこちらは海岸線から少し離れてる

で、その久賀から嵩山(だけさん)という山へ向かう途中の、
オレンジロード上に天徳の恵があるので、
この2つの地図で表したルートを推奨する。

天徳の恵み地図1
天徳の恵み地図2

この久賀から山に伸びている【県道101号線】が肝で、
ここを上ると分かりやすいのだが、
いかんせん、101号線の入り口が分かりにくい。

ということで、詳しく説明。
久賀のコンビニを出て、
東へ300mくらい行くと【周防大島観光協会】があり、
オレンジ色の建物を通過して150mくらいで点滅信号を右折。
※観光協会から山側へ入る近道があるが、とても細くて迷いやすい

最初の要点 点滅信号。
DSC02263
信号の少ない地域なので、目印になりやすい。
点滅信号を右折すると、2車線の太い道で安心感が。
しかし、すぐにこの安心感も薄れていくのである。

「八幡生涯学習の村」
DSC02264
点滅信号から直線の終わりくらいに、
八幡生涯学習の村が見え、このあと緩いカーブ。

「八田八幡宮の大鳥居」
DSC02266
よく見てないと気付かないが、左手側に大きな鳥居が。
斜め後ろ方向に見えてくるので、
注意してないと分からないが、まだこれは目印というほどではない。

「101号線入り口 ここ重要!」
DSC02268
この天徳の恵ルートの最大の肝、101号線の入り口がこのなんでもない交差点。
看板はあると言われたが、曲がらないと見えてこない看板なので、
実質この風景の中にヒントを見つけるしかない。
それが「消防機庫」!!!!

このシャッターが下りた、消防の倉庫が見える交差点を左折。
夕方になると紫色のランプが付くので、暗い時間帯でも目印になる。


曲がると、今更のように、101号線と「嵩山」という看板が。
DSC02270
けっこう道が細くて、心細くなる。

DSC02271
みかん畑や川が見えてくる。
イノシシの出た跡もけっこうある。

53番札所の指看板
DSC02272
薄暗いところで、お地蔵さんと指の掘られた岩。
これは周防大島88か所霊場巡りのうち、53番札所の目印。

「手観音」
DSC02275
何も目印ないのかと思ったけれど、道沿いには、
「手観音」とかあるので、少しだけ気がまぎれる。

また川が見えてきた。
DSC02281
川沿いの道では、ザァザァけっこう大きな音が。
川を挟んで、石積みの棚田が見える。
これはかなりの棚田跡地だ。

一瞬行き止まりかと思うほどの180度ターン道路。
180度ターン
これはそごい。走り屋が喜びそうな道。
小さなお地蔵さんが2体あって滝のように落ちる水路も。

やはり何もない道路なので不安になるが・・・・・・。
久賀嵩山線の途中
ダンプカーの出口の注意看板さえ、
人口の香りがして懐かしく感じる。
この看板から100mくらいで、
この旅程の第2の肝、オレンジロードの交差点がある。

オレンジロードと帯石方面道路の交差点
天徳の恵への道
十字路に差し掛かると、帯石観音とかいた小さな看板が見える。
この看板が見える十字路を左折して東方向へ。

・・・行こうとしたら「通り抜けできません」の看板が!?
結論から言うと天徳の恵までは行けます。
天徳の恵への交差点
大雨の関係で、天徳の恵の先あたりで完全通行止めに。
しばらくの間は通れないとのこと。

さて、もうゴール間近。
この交差点から300m、30秒もあれば通り過ぎてしまう。
とはいえ、分かりにくいと評判なので、
時間をかけてゆっくりドライブで慎重に進む。

天徳の恵。
天徳の恵
評判通り、分かりにくい。
なんの看板もなければ、ぱっと見で水場など見えない。
あると言えば桜の木と、車が1〜2台停められる狭いスペース。

何か目印ないだろうかと周りを見ると、
道沿いのゴミの不法投棄の看板が目の前にあった。
これが、一番わかりやすい目印だろうか。
天徳の恵でゴミは捨てない
車を入れる際に、思ったより段差があるので、
ゆーっくり入るのを薦める。
また、ライトを点灯して奥にある水場を照らすべし。
昼間でも、暗いのでライトで照らすとよいかも。

天徳の恵
水量は豊富。
かなり出ているし、見た目が美しいので飲んでみたくなる。
が・・・今時のこと、慎重に。生水は飲まないのがよいか。
帰って煮沸して飲むか。

いや、手水に使って、体のお清めに使うのがよいか。
ということで、手を熱心に洗い、
額に水をつけてお清めさせて頂きました。

何かの土台が落ちてて、
多分、説明の看板でもあったのではないかと思う。
天徳の恵看板跡?

「生かされし倫(みち)。教へ語らむ天徳の水」
頂いたメモにあった言葉だが、この言葉でも掲げてあったのだろうか。

帰り道がまた、同じ道を帰っているのか不安になったが、
少しずつ見えてくる集落。
ほっとして、天徳の恵のことを忘れてしまいそうになる。

時間があれば、もちろん「帯石観音」や「嵩山山頂」にも、
行って欲しい。


記事 西山たかし

takashiclub at 01:00コメント(0) この記事をクリップ!

2021年01月24日

飯の山展望台リニューアル

周防大島の入り口にある小高い山。
【飯の山(いいのやま)】。

山頂には展望台があり、
近頃リニューアルしたばかりなので、
階段もきれいで登りやすく、
手すりの色は大島大橋と同じ色。

大島大橋

山頂までは車で行けるが、
狭い道なので注意が必要。
歩いても十分登ることが出来る山で、
お弁当を持ってあがるといい。

ふもとにある【大島本陣茶屋】では、
「山弁」という登山弁当を売ってるので、
これも一緒に楽しみたいところ。

大島大橋から、船のゆく姿を見たり、
対岸の電車を見たり、
橋を渡る車を見たり、
上空を横切る飛行機をみたり。

見渡せる、その楽しさと瀬戸内海がいい。

takashiclub at 10:20コメント(0) この記事をクリップ!

2021年01月10日

せとうちつなぐキッチンでの新年

気づけばお正月も過ぎて、
コロナ騒ぎもおさまらないものの、
なんとか平穏な日常を周防大島で過ごしている。

不安な気持ちは一層増す中でも、
新年くらいはゆっくりしたいと思って、
正月の3日は【せとうちつなぐキッチン郷の家】にて、
今年最初の外食を楽しんだ。

せとうちつなぐキッチン郷の家

静かなお正月だったと思う。
今までにない帰省客の少なさと、
繰り返されるコロナの速報。
周防大島も他人事ではなかった。

そうは言っても、
同じような思いで集まる人たちは、
距離を保ちつつも会釈をし、
少ない会話も、とても温かかった。

せとうちつなぐキッチン郷の家

郷の家のカレーも、台湾料理も、
本当においしくて、
お正月に食べる温かい料理は、
一層心を緩やかに、豊かにしてくれた。

小さな楽しみを、と思ったお正月だったが、
少しでも出会えた人たちとの交流があり、
未来を厚く語る青年の姿を見たり、
家族の団らんや、おめでたい話に心が躍った。

今年も、なんだかんだで、
周防大島のおいしいものを食べて、
この風景の中で遊んで、
子供と一緒に笑って生きたい。

takashiclub at 19:00コメント(0) この記事をクリップ!
掲示板
今になって
LINEスタンプ
作ってみた。
FaceBook

デジタル詩人
インスタグラムはこちら
FaceBook


コメント
Archives
記事検索