October 18, 2018

父ジャスタウェイの金子馬 メジロジェニファーの2017(牡)

父:ジャスタウェイ
母:メジロジェニファー
母父:ホワイトマズル
生産:レイクヴィラファーム
馬主:金子真人ホールディングス
厩舎:?
価格:6,800万
誕生:2017/3/5

2018年セレクトセール(1歳)に上場され、金子真人氏に6,800万で落札されました。

父は乗りに乗っているジャスタウェイで、同馬主所有馬ヴェロックスに続いて今年もジャスタウェイ産駒のご購入です。

金子真人氏の所有馬というだけでドラフト人気は必至ですが、それもそのはず。
今更ではありますが、金子真人氏の偉業をまとめてみました。

・ダービー4勝(キングカメハメハディープインパクトマカヒキワグネリアン
・ダービー連覇(キングカメハメハディープインパクト
・牡馬三冠(ディープインパクト
・牝馬三冠(アパパネ
・父・母・母の父・母の母が所有馬である血統馬でのダービー制覇(ワグネリアン
・八大競走制覇(ディープインパクトアパパネキングカメハメハラブリーデイほか)
・所有種牡馬が世界一位の種付料(ディープインパクト
・おまけ:福永騎手でダービー制覇(ワグネリアン

近々追加されそうな偉業といえば JRAのGI競争完全制覇。
残すところは朝日杯、ホープフルS、大阪杯のみです。

これが毎年多くの馬を所有するクラブではなく個人馬主が残した成績なのだから偉業どころか、むしろ異常です。

さらに馬主業だけでなく、代表を務める株式会社図研も創業一代で一部上場させています。

本格的にタイムトリッパー説を疑っています…。


そんな金子真人氏が送り出す来期注目の一頭が本日の主役 メジロジェニファーの2017 です。

牝系にはイギリスGI 英チャンピオンS優勝馬 Northern Baby をはじめ、ヨーロッパ、アメリカと活躍馬を多く出している血統馬です。
日本での活躍馬では叔母メジロサンドラがいます。

父はジャスタウェイで母父はホワイトマズル。
世界一のレーティングに評価された父とイタリアダービー馬の配合馬です。

金子真人氏の次なる野望は日本馬初の凱旋門賞制覇!
世界に「メジロ」の名を広める意味でもこの馬でどうでしょう。

要注目です。

■牝系
Two Rings (牝 1970 Round Table)
 |-- Northern Baby (牡 1976 Northern Dancer)
 |       1着 - 英チャンピオンS(英G1)
 |              ドラール賞(仏G2)
 |              コートノルマーンド賞(仏G3)
 |       2着 - ラフォルス賞(仏G3)
 |       3着 - 英ダービー(英G1)
 |              エクリプスS(英G1)
 |              ガネー賞(仏G1)
 |              プランスドランジュ賞(仏G3)×2
 |
 |-- The Accomodator (牡 1981 Riverman)
 |       2着 - ピルグリムS(米G3)
 |
 |-- Jellapore (牝 1982 Raja Baba)
 |   |-- Secret Advice (牝 1987 セクレト)
 |   |   |   3着 - マーサワシントンH(米G3)
 |   |   |
 |   |   `-- Rahy's Secret (牡 1998 Rahy)
 |   |           3着 - ホーソーンダービー(米G3)
 |   |
 |   |-- Rajas Secret (牝 1988 Storm Bird)
 |   |   `-- Kimberlite Pipe (牡 1996 Take Me Out)
 |   |           1着 - ルイジアナダービー(米G2)
 |   |                  ロバートFケアリーメモリアルH(米G3)
 |   |           2着 - キングエドワードH(米G2)
 |   |           3着 - コノートC(米G3)
 |   |
 |   `-- Storm Ring (牝 1989 Storm Bird)
 |       |   3着 - プリンセスマーガレット(英G3)
 |       |
 |       `-- Ghost Ring (牡 1996 Silver Ghost)
 |               2着 - ペンシルヴァニアダービー(米G3)
 |
 `-- カンパナ (牝 1990 Sadler's Wells)
     |-- メジロサンドラ (牝 1996 メジロマックイーン)
     |       3着 - 日経新春杯(G2)
     |              カブトヤマ記念(G3)
     |
     `-- メジロジェニファー (牝 2007 ホワイトマズル) 3勝
         |-- ロジスカーレット (牡 2015 ダイワメジャー) 1勝
         `-- メジロジェニファーの2017 (牡 2017 ジャスタウェイ)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

October 15, 2018

Rカナロア×Dインパクト ヴィクターバローズ(モスカートローザの2017 牡)

父:ロードカナロア
母:モスカートローザ
母父:ディープインパクト
生産:ノーザンファーム
馬主:猪熊広次
厩舎:美 堀宣行
価格:4,100万
生年:2017/3/5

2017年セレクトセール(当歳)に上場され、バローズの冠名を使用されている猪熊広次氏に4,100万円で落札されました。

既に馬名「ヴィクターバローズ」で登録されています。

バローズ軍団の存在感は年々上昇していますが、そろそろ大物が登場しそうです。
それが紫菊賞を勝っているはず?の指名馬ロジャーバローズなら尚良しですが、このヴィクターバローズも大物候補の一頭だと思っています。
※例のごとく紫菊賞出走前にこの記事を書いています。

モスカートローザはPOGでも人気を集めたディープインパクト産駒で、ヴィクターバローズはその3番仔となります。

母の兄はPOGでも大活躍したフライングアップルで、祖母にはアメリカ重賞馬ローザロバータなどが出ている良血馬です。

ロードカナロア×ディープインパクトの配合で、今年の小倉2歳S優勝馬ファンタジストや期待の2歳馬ドナウデルタと同じです。
今後も活躍馬を増やしそうな勢いのある配合で、ヴィクターバローズのみならず、この配合は要注目です。

■牝系
May Day Ninety (牝 1989 Alydar)
 |-- ローザロバータ (牝 1995 Fire Maker)
 |   |   1着 - ピムリコディスタフH(米G3)
 |   |          ハニービーS(米G3)
 |   |   2着 - ルイヴィルBCH(米G2)
 |   |          チャーチルダウンズディスタフH(米G2)
 |   |          セイビンH(米G3)
 |   |          ガーデニアH(米G3)×2
 |   |   3着 - スピンスターS(米G1)
 |   |          ヘムステッドH(米G1)
 |   |          ゴーフォーワンドH(米G1)
 |   |          フルールデリスH(米G3)
 |   |
 |   |-- フライングアップル (セ 2004 Rahy)
 |   |        1着 - フジTVスプリングS(G2)
 |   |        2着 - 東京スポーツ杯2歳S(G3)
 |   |        3着 - 共同通信杯(G3)
 |   |
 |   |-- ナイスミーチュー (牡 2007 キングカメハメハ)
 |   |        1着 - シリウスS(G3)
 |   |               マーキュリーC(地G3)
 |   |        2着 - 平安S(G3)
 |   |               シリウスS(G3)
 |   |        3着 - 名古屋グランプリ(地G2)
 |   |
 |   `-- モスカートローザ (牝 2008 ディープインパクト) 2勝
 |       |-- モスローズ (牝 2015 ルーラーシップ)
 |       |-- グラッパディローザ (牝 2016 ワークフォース)
 |       `-- ヴィクターバローズ (牡 2017 ロードカナロア)
 |
 |-- Go Underground (牡 1998 Skip Trial)
 |       2着 - マクトゥームチャレンジR2(首G3)
 |
 |-- May Day Bluff (牝 1999 Pine Bluff)
 |   `-- メイデイローズ (牝 2008 Rockport Harbor)
 |           1着 - サンタイサベルS(米G3)
 |                  レイルバードS(米G3)
 |           2着 - チルッキS(米G2)
 |
 `-- Maggie Slew (牝 2003 Seattle Slew)
         2着 - アイオワオークス(米G3)
                ガーデニアH(米G3)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

October 10, 2018

ケイアイ期待馬!早くも馬名登録 ケイアイコブラ(ケイアイエレガントの2017 牡)

父:ディープインパクト
母:ケイアイエレガント
母父:キングカメハメハ
生産:松田牧場
馬主:亀田和弘
厩舎:栗 平田修
価格:---
誕生:2017/2/27

2015年のヴィクトリアマイルで2着に入り大波乱(3連単2千万馬券)を演出したケイアイエレガント
その初仔が本日の主役です。

この時期では珍しく、既に「ケイアイコブラ」で馬名登録されています。

馬名からわかるとおり母と同じく亀田和弘氏所有馬で、預託先は同馬主初のGI馬ケイアイノーテック(2018年NHKマイルC)と同じ栗東 平田修厩舎を予定しています。

…亀田和弘氏の期待度がビシバシと伝わってきます。

ちなみに生産牧場である松田牧場の稼ぎ頭は母ケイアイエレガントですし、馬主のみならず松田牧場の期待も絶大なはず。


父は世界のディープインパクトです。

母はキンカメ産駒なので、ディープインパクト×キングカメハメハ配合馬となります。

この組み合わせの勝ち上がり率の高さは、これまで何度も書いてきましたが、ワグネリアンのダービー制覇でさらに注目度UP!長打も期待できます。

なお、この配合馬は現在24頭デビューし、うち21頭が勝ち上がっています(&ダービー馬も輩出)。
世間での注目度ではディープインパクト×StormCatや、最近は聞かなくなりましたがステイゴールド×メジロマックイーンには劣りますが、その成績はそれらに勝るとも劣らない好成績です。


また、牝系にはGI馬 Bodemeister を含みアメリカ重賞馬が多く出ている点も、ディープインパクト産駒としては狙いやすい要素です。


非社台G生産馬の個人所有馬ですので、ディープインパクト産駒といえどもそれほどドラフト人気を集める事は無いと思います。
6月デビューの評判馬になっていれば別ですが、下位でこっそり狙える良血馬かと。

要注目。

■牝系
Spanish Parade (牝 1988 Roberto)
 |-- Parade Queen (牝 1994 A.P. Indy)
 |   |   1着 - ジョーネイマスH(米G3)
 |   |          ミセズリヴィアS(米G3)
 |   |   2着 - レアパフュームH(米G2)
 |   |          ジェニーワイリーS(米G3)
 |   |   3着 - スワニーリヴァーH(米G3)
 |   |
 |   |-- Untouched Talent (牝 2004 Storm Cat)
 |   |   |   1着 - ソレントS(米G3)
 |   |   |   2着 - デルマーデビュタントS(米G1)
 |   |   |          アルシバイアディズS(米G2)
 |   |   |
 |   |   |-- Bodemeister (牡 2009 エンパイアメーカー)
 |   |   |       1着 - アーカンソーダービー(米G1)
 |   |   |       2着 - ケンタッキーダービー(米G1)
 |   |   |              プリークネスS(米G1)
 |   |   |              サンフェリペS(米G2)
 |   |   |
 |   |   `-- Fascinating (牝 2011 Smart Strike)
 |   |           2着 - デルマーデビュタントS(米G1)
 |   |           3着 - シャンデリアS(米G1)
 |   |
 |   `-- Top Billing (牡 2011 Curlin)
 |           3着 - ファウンテンオヴユースS(米G2)
 |
 |-- キングナムラ (牡 1995 Seeking the Gold)
 |        2着 - 中日スポーツ賞4歳S(G3)
 |
 `-- Post Parade (牝 1996 A.P. Indy)
     `-- ケイアイエレガント (牝 2009 キングカメハメハ) 7勝
         |   1着 - 福島牝馬S(G3)
         |          京都牝馬S(G3)
         |   2着 - ヴィクトリアマイル(G1)
         |          中山牝馬S(G3)
         |
         `-- ケイアイコブラ (牡 2017 ディープインパクト)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

October 09, 2018

グランアレグリアの全弟 タピッツフライの2017(牡)

父:ディープインパクト
母:タピッツフライ
母父:Tapit
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング
厩舎:美 手塚貴久
価格:15,000万(募集価格)
誕生:2017/2/2

サウジアラビアRCに出走し、断然の1番人気にこたえた …と思う(※)グランアレグリアの全弟が本日の主役です。
※この記事を書いているのはサウジアラビアRC出走前です

全姉グランアレグリアは6月の新馬戦としては超破格 1.33.6 のタイムで圧勝しています。
前評判もかなり高かったものの、それ以上のインパクトでの勝ち上がりでした。
2着のダノンファンタジーも次戦を圧勝している事からも確実にクラシックの主役になると思ってます。

個人的には…、ドラフト前日にグランアレグリアの順位を下げてダノンファンタジーを選択した事から、あまり活躍してもらっては困るのですがダノンファンタジー共々、来年のクラシック戦線を盛り上げてもらいたいところです。


本日の主役である全弟は牡馬にかわり募集価格は1.5億です。

グランアレグリアも牝馬としては超高額の7,000万円でしたが、その姉の2倍以上の価格設定です。

アメリカのGIを2勝した名牝とディープインパクトとの配合で、牝系を辿ってもベッラレイアマルロスカフナなどの活躍馬が並ぶ筋の通った血統馬ですし、この高額設定も納得です。

また、ディープインパクト×Tapit という超豪華な配合馬でもあり、まだサンプルは少ないものの全姉グランアレグリアをはじめ距離短縮後2連勝中のアルーシャ(ザズー2015)などが出ています。
本場や全姉の活躍でこれからもっと注目を集めそうな予感です…。


預託先はPOGで最重要厩舎の一つでもある美浦の手塚貴久厩舎です。
グランアレグリアも名門 藤沢厩舎ですが、個人的には手塚厩舎の方がPOGでの安心度は上位だと思ってます。

確実にドラフト上位で競合必至の超良血馬ですので、参加人数によりますがほとんどのグループで1位で消える血統馬でしょう。

競合覚悟で1位で狙う!かは悩ましいところですが、とりあえず要注目です。

■牝系
Pink Dove (牝 1984 Argument)
 |-- マリスター2 (牝 1991 Baldski)
 |   |   2着 - デルマーオークス(米G1)
 |   |          ハニムーンH(米G3)
 |   |          リンダヴィスタH(米G3)
 |   |
 |   |-- ピンクパピヨン (牝 1998 サンデーサイレンス)
 |   |   `-- カフナ (牡 2008 キングカメハメハ)
 |   |           2着 - 小倉大賞典(G3)
 |   |           3着 - 目黒記念(G2)
 |   |                  ラジオNIKKEI賞(G3)
 |   |
 |   |-- マルロス (牡 2000 サンデーサイレンス)
 |   |       3着 - 新潟2歳S(G3)
 |   |
 |   `-- ベッラレイア (牝 2004 ナリタトップロード)
 |           1着 - サンスポ賞フローラS(G2)
 |           2着 - 優駿牝馬(G1)
 |                  関西TVローズS(G2)
 |                  府中牝馬S(G3)
 |           3着 - エリザベス女王杯(G1)
 |                  府中牝馬S(G3)
 |
 |-- Morning Dove (牝 1993 Fortunate Prospect)
 |   `-- Flying Marlin (牝 1999 Marlin)
 |       `-- タピッツフライ (牝 2007 Tapit) 米7勝
 |           |   1着-ジャストアゲイムS(米G1)
 |           |        ファーストレイディS(米G1)
 |           |        ハニーフォックスS(米G2)
 |           |   2着-チャーチルディスタフターフマイルS(米G2)
 |           |        ボールストンスパS(米G2)
 |           |   3着-ジェニーワイリーS(米G1)
 |           |        ミントジュレップH(米G3)
 |           |        マーシュアズリヴァーS(米G3)
 |           |
 |           |-- グランアレグリア (牝 2016 ディープインパクト) 1勝
 |           `-- タピッツフライの2017 (牡 2017 ディープインパクト)
 |
 `-- Moonshine Hall (せん 2000 スピニングワールド)
         3着 - トロントC(米G3)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

October 02, 2018

Dジャスティスの妹 マンビアの2017(牝)

父:ハーツクライ
母:マンビア
母父:アルデバラン2
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング
厩舎:栗 西村真幸
価格:2,800万(募集価格)
誕生:2017/2/27

今年の指名馬の中でも期待値はトップクラス!なダノンジャスティス
クラシック向けとは言えませんが、新馬戦では一頭だけ早送りのようなピッチ走法は印象的でした。
マイルも長いかもしれませんが、暮れは朝日杯、来年はNHKマイルで頑張ってもらいたい!
(POG期間後はスプリント戦線で期待!)

そんなダノンジャスティスの半妹が本日の主役です。

父はハーツクライにかわり、兄よりは距離に融通が利きそうです。

マンビアはカルヴァドス賞(仏G3)優勝馬で、叔父にアメリカ重賞2勝の Atlando やフランス重賞馬 Incanto Dream などが並ぶ良牝系です。

父との配合も良さそうです。
母は NorthernDancer の 5×5×4(12.50%)のクロスを持っていて、Lyphard クロスが発生しています。
同父のLyphardクロス持ちリスグラシューのようなキレッキレっな馬で馬である事を期待します!


預託先は開業4年目の若手、西村真幸厩舎を予定しています。
ちなみに、ノーザンファーム早来での育成はアーモンドアイを管理されていた岡厩舎とのこと。

要注目!

■牝系
Hail Atlantis (牝 1987 Seattle Slew)
 |   1着 - サンタアニタオークス(米G1)
 |
 |-- Atlantic Blue (牝 1992 Nureyev)
 |   |-- Algoa (牝 1998 )
 |   |   `-- マンビア (牝 2008 アルデバラン2) 仏4勝
 |   |       |   1着 - カルヴァドス賞(仏G3)
 |   |       |
 |   |       |-- Namibie (牝 2015 Dark Angel) 仏1勝
 |   |       |-- ダノンジャスティス (牡 2016 Kingman) 1勝
 |   |       `-- マンビアの2017 (牝 2017 ハーツクライ)
 |   |
 |   |-- Atlando (せん 2001 Hernando)
 |   |       1着 - サンルイスオビスポH(米G2)
 |   |              ニッカボッカーH(米G3)
 |   |       2着 - サンガブリエルH(米G2)
 |   |       3着 - ラクープドメゾンラフィット(仏G3)
 |   |
 |   `-- Incanto Dream (牡 2004 Galileo)
 |           1着 - モーリスドニュイユ賞(仏G2)
 |           2着 - カドラン賞(仏G1)
 |                  エドゥヴィル賞(仏G3)
 |           3着 - グラディアトゥール賞(仏G3)
 |
 `-- Divine Dixie (牝 1995 Dixieland Band)
     |-- Bandini (牡 2002 Fusaichi Pegasus)
     |       1着 - ブルーグラスS(米G1)
     |              スキップアウェイH(米G3)
     |       2着 - ファウンテンオヴユースS(米G2)
     |
     `-- Discourse (牝 2009 Street Cry)
             1着 - スイートソレラS(英G3)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

October 01, 2018

ノーザンF×サンデーRの1.5億円募集馬 スウィートリーズンの2017(牡)

父:ディープインパクト
母:スウィートリーズン
母父:ストリートセンス
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング
厩舎:栗 高野友和
価格:15,000万(募集価格)
誕生:2017/2/10

本日の主役はサンデーレーシングで総額1.5億円で募集されたスウィートリーズンの2017です。

この募集価格、ブエナビスタ2017には僅かに届かなかったものの、堂々2番目の高額募集馬です。
母スウィートリーズンはアメリカGI3勝馬ではありますが、繁殖としての実績も日本での知名度も低い中での高額設定。
これはかなりデキが良いのかもしれません。

近親にはアメリカ活躍馬が多くでており、エピカリスの米クラシック挑戦でにぎわっていた2017年のピーターパンSを優勝した Meantime や、叔母にフロリダオークス優勝馬ドントフォゲットギル等がいます。

ノーザンファーム生産、サンデーレーシングの高額募集馬、父ディープインパクト などなど、来期ドラフトでは上位競合が確実です。

要注目

■牝系
Whitesburg Express (牝 1985 Whitesburg)
 |-- Livermore Leslie (牝 1993 Mt. Livermore)
 |   |-- ドントフォゲットギル (牝 2006 Kafwain)
 |   |       1着 - フロリダオークス(米G3)
 |   |       2着 - CCAオークス(米G1)
 |   |              カムリーS(米G2)
 |   |
 |   |-- スウィートリーズン (牝 2011 ストリートセンス) 米5勝
 |   |   |   1着 - エイコーンS(米G1)
 |   |   |          スピナウェイS(米G1)
 |   |   |          テストS(米G1)
 |   |   |   2着 - フリゼットS(米G1)
 |   |   |          コティリオンS(米G1)
 |   |   |   3着 - ガゼルS(米G2)
 |   |   |
 |   |   |-- スウィートリーズンの2017 (牡 2017 ディープインパクト)
 |   |   `-- スウィートリーズンの2018 (牝 2018 ディープインパクト)
 |   |
 |   `-- Meantime (牡 2014 Shackleford) 米1勝
 |           2着 - ピーターパンS(米G3)
 |
 `-- Highland Gold (牡 1995 Slew o' Gold)
         1着 - ロスアンジェルスH(米G3)
         3着 - オールアメリカンH(米G3)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

September 27, 2018

ケイアイF 良血ロードカナロア産駒 グラナダの2017(牡)

父:ロードカナロア
母:グラナダ
母父:Galileo
生産:ケイアイファーム
馬主:?
厩舎:?
価格:?
誕生:2017/2/22

本日の主役はケイアイファーム生産のロードカナロア産駒グラナダの2017です。

グラナダはロード募集馬ですが、初仔である本馬はロード募集リストには入っていないようです。

今のところセールへの上場もありませんので、個人馬主への庭先取引の可能性があります。

もし取引先がケイアイファームのお得意様ダノックスあたりであれば激アツ!
それだけで盲目的に指名です!(たぶん)


牝系は世界的に見ても「超」が何個も付くミエスク一族です。
Miesque をはじめ Kingmamboリアルスティールなど超大物が何頭も出ています。

そんなミエスク牝系の母にミエスク牝系の種牡馬Kingmambo系ロードカナロアの配合です。
これにより、Kingmambo×Monevassia の全兄妹の3×3クロスが発生。
ケイアイファームの狙い通り(?)超大物登場となるか…、期待してしまいます。

ちなみに、母グラナダは Sadler's Wells、Nureyev を持っているので、現時点のロードカナロア活躍馬に多くみられる配合パターンには一致しています。

要注目です。

■牝系
Miesque (牝 1984 Nureyev)
 |  1着 - ジャックルマロワ賞(仏G1)×2
 |         BCマイル(米G1)×2
 |         サラマンドル賞(仏G1)
 |         マルセルブサック賞(仏G1)
 |         英1000ギニー(英G1)
 |         仏1000ギニー(仏G1)
 |         ムーランドロンシャン賞(仏G1)
 |         イスパーン賞(仏G1)
 |  2着 - ディアヌ賞(仏G1)
 |         クイーンエリザベス2世S(英G1)
 |  3着 - モルニ賞(仏G1)
 |
 |-- Kingmambo (牡 1990 Mr. Prospector)
 |    1着 - ムーランドロンシャン賞(仏G1)
 |           仏2000ギニー(仏G1)
 |           St.ジェームズパレスS(英G1)
 |           ジェベル賞(仏G3)
 |    2着 - サラマンドル賞(仏G1)
 |    3着 - ジャックルマロワ賞(仏G1)
 |           クイーンエリザベス2世S(英G1)
 |
 |-- East of the Moon(牝 1991 Private Account)
 |    1着 - 仏1000ギニー(仏G1)
 |           仏オークス(仏G1)
 |           ジャックルマロワ賞(仏G1)
 |
 |-- Miesque's Son (牡 1992 Mr. Prospector)
 |       1着 - リゾランジ賞(仏G3)
 |       2着 - フォレ賞(仏G1)
 |              モーリスドゲスト賞(仏G1)
 |
 `-- Monevassia (牝 1994 Mr. Prospector)
     |-- ウーマンシークレット (牝 2002 Sadler's Wells)
     |   `-- Wild Wind (牝 2008 Danehill Dancer) 愛2勝
     |           2着 - ダンスディザインS(愛G3)
     |                  レパーズタウン1000ギニーTR(愛G3)
     |                  ソロナウェイS(愛G3)
     |                  愛パークS(愛G3)
     |           3着 - 仏1000ギニー(仏G1)
     |
     |-- Rumplestiltskin (牝 2003 デインヒル)
     |   |   1着 - マルセルブサック賞(仏G1)
     |   |          モイグレアスタッドS(愛G1)
     |   |          デビュータントS(愛G2)
     |   |   3着 - オールバニーS(英G3)
     |   |
     |   |-- Tapestry(牝 2011 Galileo)
     |   |        1着 - ヨークシャーオークス(英G1)
     |   |               デビュターントS(愛G2)
     |   |        2着 - 愛オークス(愛G1)
     |   |               モイグレアスタッドS(愛G1)
     |   |
     |   `-- John F Kennedy (牡 2012 鹿毛 Galileo)
     |           1着 - ジュベナイルターフS(愛G3)
     |           3着 - バリーサックスS(愛G3)
     |
     |-- ラヴズオンリーミー (牝 2006 Storm Cat)
     |   |-- リアルスティール (牡 2012 ディープインパクト)
     |   |       1着 - ドバイターフ(首G1)
     |   |              毎日王冠(G2)
     |   |              共同通信杯(G3)
     |   |       2着 - 皐月賞(G1)
     |   |              菊花賞(G1)
     |   |              天皇賞(秋)(G1)
     |   |              フジTVスプリングS(G2)
     |   |              神戸新聞杯(G2)
     |   |       3着 - 中山記念(G2)
     |   |
     |   `-- プロディガルサン (牡 2013 ディープインパクト)
     |           2着 - 東京スポーツ杯2歳S(G3)
     |                  東京新聞杯(G3)
     |           3着 - 朝日セントライト記念(G2)
     |
     |-- キャサリンオブアラゴン (牝 2008 Holy Roman Emperor)
     |   `-- グラナダ (牝 2012 Galileo)
     |       `-- グラナダの2017 (牡 2017 ロードカナロア)
     |
     |-- Tower Rock (牡 2009 Dylan Thomas)
     |       2着 - 愛ダービートライアルS(愛G2)
     |       3着 - バリーサックスS(愛G3)
     |
     `-- I Am Beautiful (牝 2012 Rip Van Winkle)
             1着 - バランシーンS(愛G3)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

September 26, 2018

注目ブラックタイド産駒 ガラッシアファータの2017(牝)

父:ブラックタイド
母:ガラッシアファータ
母父:Distorted Humor
生産:ノースヒルズ
馬主:ノースヒルズ?前田幸治?前田晋二?前田葉子?
厩舎:?
価格:4,000万(募集価格)
誕生:2017/2/20

本日の主役は父ブラックタイドの牝馬ガラッシアファータの2017です。

昨日に引き続きブラックタイド産駒のレビューとなりますが、ブラックタイド産駒で思いつくのは牡馬ばかり…。
重賞勝ち馬は全て牡馬です。

ブラックタイド牝馬を指名するのは得策ではない?…のかもしれませんが、数少ない活躍ブラックタイド牝馬には共通点があります。

アスカビレンを筆頭とするブラックタイド牝馬トップ5は全て Mr.Prospector 系との配合馬です。
牝馬ならではのキレを阻害しない軽めの血がブラックタイドには良いのかもしれません。

そんなテキトーな仮説にあてはめるなら母ガラッシアファータは Mr.Prospector系 × StormCat なのでバッチリ。
牝系にも米GI馬 Countess Diana などアメリカ重賞馬が多く出ていますし、ブラックタイドのお相手としては理想的?なのかも。

生産者はマエコー率いるノースヒルズです。

馬主は不明ですが、もし母の馬主でもあった前田幸治氏なら期待値アップ!
以前書きましたが、前田幸治、前田晋二、前田葉子など個人名義馬とノースヒルズ名義馬との獲得賞金は圧倒的に個人名義馬が上位。

そんなわけで馬主が誰になるかも要注目です。

■牝系
T. V. Countess (牝 1985 T.V. Commercial)
 |-- Fighting Countess (牝 1992 Ringside)
 |   `-- Dawn Princess (牝 1997 Polish Numbers)
 |           2着 - セリマS(米G3)
 |
 |-- Countess Diana (牝 1995 Deerhound)
 |       1着 - スピナウェイS(米G1)
 |              BCジュヴェナイルフィリーズ(米G1)
 |              スカイラヴィルS(米G2)
 |              アルシバイアディズS(米G2)
 |       2着 - ナッソーカウンティS(米G3)
 |              デビュターントS(米G3)
 |
 |-- Kelli Cat (牝 1999 Storm Cat)
 |   `-- ガラッシアファータ (牝 2011 Distorted Humor) 地方1勝
 |       `-- ガラッシアファータの2017 (牝 2017 ブラックタイド)
 |
 `-- Shermanesque (牡 2004 Fusaichi Pegasus)
         2着 - ケンタッキーCジュヴェナイルS(米G3)
                バシュフォードマナーS(米G3)
         3着 - サラトガスペシャルBCS(米G2)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

September 25, 2018

良血!シルクのブラックタイド産駒 ボシンシェの2017(牡)

父:ブラックタイド
母:ボシンシェ
母父:Kingmambo
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング
厩舎:美 加藤征弘
価格:4,000万(募集価格)
誕生:2017/2/6

シルクで総額4,000万円で募集されたボシンシェの2017が本日の主役です。

父はブラックタイドです。
現2歳世代はキタサンブラックが頭角を現しだした2014年に配合された世代で、既にアガラスミッキーブラックなどクラシック戦線でも期待できそうな馬が出ています。

キタサンブラック登場前の2世代も全弟ディープインパクトの影に隠れる存在ではありましたが優秀な成績を残していましたので、ボシンシェの2017の世代(現1歳)以降はさらに活躍馬が多く出てきそうです。

大種牡馬 Sadler's Wells の影に隠れていた全弟 Fairy King(現役時代 未勝利)がエリシオファルブラヴを輩出したように、ブラックタイドも近い将来サイアーランク上位の常連になるはず!と期待しています。

ボシンシェの2017はそんな私の期待に余裕でこたえてくれそうな良血馬です。

母の7番仔で半兄には重賞2勝のグレンツェントが出ていて、祖母にはイギリスGIを3勝し、エクリプス最優秀芝牝馬にも選ばれた名牝 Hatoof です。

その他にもアメリカGI馬 Irish Prize や、愛ダービー馬として2014年ジャパンCにも出走した Trading Leather など、世界中の重賞レースで活躍する馬を量産している牝系です。

先述 Trading Leather はジャパンCを最後に安楽死の措置を受ける事になりましたが、ボシンシェ2017にはジャパンCと同じ舞台であるダービーでリベンジしてもらいたい!

要注目です。

■牝系
Cadeaux d'Amie (牝 1984 Lyphard)
 |   3着 - ヴァントー賞(仏G3)
 |          オマール賞(仏G3)
 |
 |-- Hatoof (牝 1989 Irish River)
 |   |   1着 -英1000ギニー(英G1)
 |   |         英チャンピオンS(英G1)
 |   |         ビヴァリーディS(米G1)
 |   |         アスタルテ賞(仏G2)
 |   |         オペラ賞(仏G2)
 |   |         EPテイラーS(米G2)
 |   |         ラクープドメゾンラフィット(仏G3)
 |   |         ミュゲ賞(仏G3)
 |   |   2着 -BCターフ(米G1)
 |   |         マルセルブサック賞(仏G1)
 |   |         オマール賞(仏G3)
 |   |   3着 -ムーランドロンシャン賞(仏G1)
 |   |
 |   `-- ボシンシェ Bochinche [米] (牝 2004 Kingmambo)
 |       |-- Tiger Danon (牡 2009 Tiger Hill)
 |       |-- グランプリエ (牝 2011 Footstepsinthesand)
 |       |-- ハイレベルバイオ (牝 2012 マンハッタンカフェ) 1勝
 |       |-- グレンツェント (牡 2013 ネオユニヴァース) 6勝
 |       |       1着 - 東海テレビ杯東海S(G2)
 |       |              レパードS(G3)
 |       |       2着 - みやこS(G3)
 |       |       3着 - ユニコーンS(G3)
 |       |
 |       |-- メイトサン (セ 2014 ダイワメジャー) 1勝
 |       |-- ボシンシェの2015 (牝 2015 マンハッタンカフェ)
 |       `-- ボシンシェの2017 (牡 2017 ブラックタイド)
 |
 |-- Insijaam (牝 1990 Secretariat)
 |   |-- Pictavia (牝 2002 Sinndar)
 |   |       1着 - セレクトS(英G3)
 |   |       2着 - モイグレアスタッドS(愛G1)
 |   |              ブランドフォードS(愛G2)
 |   |       3着 - 英オークス(英G1)
 |   |              グレンズフォールズH(米G3)
 |   |
 |   `-- Maputo (せん 2010 Cape Cross)
 |           1着 - ロイヤルホイップS(愛G3)
 |           3着 - アルラシディヤ(首G2)
 |
 |-- セットインモーション (牝 1993 Mr. Prospector)
 |   `-- Divine Task (せん 1998 Irish River)
 |           1着 - ジェベルハッタ(首G3)
 |
 |-- Irish Prize (せん 1996 Irish River)
 |       1着 - シューメイカーマイルS(米G1)
 |              サンマルコスS(米G2)
 |              サンガブリエルH(米G2)
 |              ファイアクラッカーH(米G2)
 |              ファストネスH(米G3)
 |       2着 - アルカディアH(米G2)
 |              ベイメドーズH(米G3)
 |              ラロシェット賞(仏G3)
 |       3着 - サイテイションH(米G2)
 |
 `-- Moonlight Sail (牝 1998 Irish River)
     `-- Night Visit (牝 2004 Sinndar)
         `-- Trading Leather (牡 2010 Teofilo)
                 1着 - 愛ダービー(愛G1)
                        オータムS(英G3)
                 2着 - Kジョージ6世&QES(英G1)
                        インターナショナルS(英G1)
                        エクリプスS(英G1)
                        ダンテS(英G2)
                 3着 - 愛2000ギニー(愛G1)
                        愛チャンピオンS(愛G1)×2
                        ジョッキークラブS(英G2)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

September 20, 2018

キャロ募集 注目のディープ産駒 レインデートの2017(牡)

父:ディープインパクト
母:レインデート
母父:Unbridled's Song
生産:チャンピオンズファーム
馬主:キャロットファーム
厩舎:美 木村哲也
価格:7,000万(セール) / 9,000万(募集価格)
誕生:2017/2/6

本日の主役はディープインパクト産駒レインデートの2017です。

2018セレクトセール(1歳)に上場され、7,000万円でノーザンファームに落札され、総額9,000万円でキャロットで募集されています。
ディープブリランテのようにノーザン生え抜き達を蹴散らす活躍を期待しています。


レインデートは米2勝馬の Unbridled's Song × Storm Cat という血統馬で、父ディープインパクトとの相性は良さそうです。

牝系は祖母の米GI馬 Missed the Storm をはじめ、米重賞2勝 Green Means GoCloud Scapes が出ていて、配合も含めかなり魅力的。

さらに私と相性の良い木村哲也厩舎への預託。
キャロ馬ですし人気必至ではありますが、これは上位指名かも!?

要注目。

■牝系
Missed the Wedding (牝 1985 Blushing Groom)
 |-- Missed the Storm (牝 1990 Storm Cat)
 |   |   1着 - テストS(米G1)
 |   |          アスタリタS(米G2)
 |   |   2着 - プライオレスS(米G2)
 |   |          アディロンダックS(米G2)
 |   |
 |   `-- レインデート (牝 2005 Unbridled's Song) 米2勝
 |       |-- ミュゼリトルガール (牝 2011 ディープインパクト) 2勝
 |       |-- セレブデート (牝 2012 キングカメハメハ)
 |       |-- ココアスエイト (牝 2013 ダイワメジャー) 地方1勝
 |       |-- ダノンケンリュウ (セ 2014 ディープインパクト) 1勝
 |       |-- レインデートの2016 (牡 2016 ディープインパクト)
 |       `-- レインデートの2017 (牡 2017 ディープインパクト)
 |
 |-- Green Means Go (牡 1992 Green Dancer)
 |       1着 - ベルモントレキシントンS(米G3)
 |              ヒルプリンスS(米G3)
 |       2着 - バーナードバルークH(米G2)
 |              ベルモントBCH(米G3)
 |              フォースターデイヴS(米G3)
 |              ヤングアメリカS(米G3)
 |       3着 - カナディアンターフH(米G2)
 |              WLマクナイトH(米G2)
 |
 |-- Rumors Are Flying (牝 1996 Kris S.)
 |   `-- Badge of Truth (牡 2003 Silver Deputy)
 |           2着 - サマーS(米G2)
 |                  グレイS(米G3)
 |
 |-- End of Story (牝 1998 Sky Classic)
 |   `-- Period (牝 2004 Mr. Greeley)
 |           2着 - シビラ賞(亜G2)
 |                  オメガ賞(亜G3)
 |                  イネスVロカ賞(亜G3)
 |                  エウドロJバルサ賞(亜G3)
 |           3着 - カルロスPロドリゲス賞(亜G2)
 |                  ミゲルアンヘル&セルマン賞(亜G2)
 |                  アブリル賞(亜G2)
 |
 `-- Every Cloud (牝 1999 Storm Cat)
     `-- Cloud Scapes (牝 2009 Smart Strike)
             1着 - エンデヴァーS(米G3)
                    ヒルズバラS(米G3)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

September 19, 2018

キャロ募集 注目のロードカナロア産駒 フロアクラフトの2017(牝)

父:ロードカナロア
母:フロアクラフト
母父:フジキセキ
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム
厩舎:栗 手塚貴久
価格:3,600万(募集価格)
誕生:2017/5/12

キャロットで総額3,600万円で募集されているフロアクラフトの2017が本日の主役です。

父は2年目も絶好調ロードカナロア。
2歳世代も既に重賞馬ケイデンスコールが出ています。

フロアクラフトはFairy Kingの血を持っており、これはステルヴィオと同じです。

父の代表産駒アーモンドアイはFairy KingとニアリーなNureyevを持っていて、現2歳世代注目馬であるサートゥルナーリアはFairy Kingの全兄弟Sadler's Wellsを持っています。
ということで、Fairy King、Nureyev、Sadler's Wells の血を持つロードカナロア産駒は来期も注目です!

牝系からは叔母に重賞3勝馬バウンスシャッセ、叔父に京王杯SC優勝馬ムーンクエイク、海外には英重賞2勝の Just James など、多くの活躍馬が出ています。

預託先は朝日FS馬アジアエクスプレスアルフレード、桜花賞馬アユサン、POG期間の重賞2勝(通算4勝)アイムユアーズ、前期はマウレアなどなど、POG期間の出走数および実績ともにトップクラスの手塚貴久厩舎を予定しています。

初仔だけに馬格は気になりますが、人気必至の血統馬。
要注目です。

■牝系
Fairy Flight (牝 1995 Fairy King)
 |-- Just James (セ 1999 Spectrum)
 |       1着 - チャレンジS(英G2)
 |              ジャージーS(英G3)
 |       2着 - デュークオブヨークS(英G2)
 |              クリテリオンS(英G3)
 |
 |-- リッチダンサー (牝 2000 Halling)
 |   |-- Stubbs Art (せん 2005 Hawk Wing)
 |   |       3着 - 英2000ギニー(英G1)
 |   |              愛2000ギニー(愛G1)
 |   |
 |   |-- フロアクラフト (牝 2010 フジキセキ) 4勝
 |   |   `-- フロアクラフトの2017 (牝 2017 ロードカナロア)
 |   |
 |   |-- バウンスシャッセ (牝 2011 ゼンノロブロイ)
 |   |       1着 - フラワーC(G3)
 |   |              中山牝馬S(G3)
 |   |              愛知杯(G3)
 |   |       3着 - 優駿牝馬(G1)
 |   |
 |   `-- ムーンクエイク (セ 2013 アドマイヤムーン)
 |            1着 - 京王杯スプリングC(G2)
 |
 `-- Blue Jack (せん 2005 Cadeaux Genereux)
         3着 - パレスハウスS(英G3)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

September 18, 2018

超高額!ダノンファンタジーの半弟 ライフフォーセールの2017(牡)

父:ハーツクライ
母:ライフフォーセール
母父:Not For Sale
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一
厩舎:栗 友道康夫?
価格:23,000万
誕生:2017/1/23

本日の主役は日曜日に未勝利戦を圧勝した?…はずのダノンファンタジーの半弟ライフフォーセールの2017です。
※この記事を書いているのはダノンファンタジー出走前です!

2018セレクトセール(1歳)に上場され、2.3億円もの超高額価格で近藤利一氏に落札されています。
同セールにおけるハーツクライ産駒としては堂々の歴代最高価格です。

ちなみにこの馬を落札した近藤利一氏。
過去の栄光にはまだほど遠いものの上昇気配が漂ってきました。
アドマイヤムーンのダーレー売却によって社台グループの怒りをかった等と噂されていますが、そのくらいから下降線を辿っていましのであながちただの噂ではないかもしれません。
ただ、2017産世代については本馬だけでなく前年セレクトセール(当歳)でも5.8億のイルーシヴウェーヴ2017も落札していますし、社台お得様の優待席を再び奪還するのはそう遠くないかも…。


ライフフォーセール2017の血統で目に付くのは母父の Not For Sale でしょうか。

日本に登録されている Not For Sale 産駒は全てノーザンファーム輸入繁殖牝馬で、それらの産駒は現在未デビュー馬も含み12頭登録されています。
その内訳はハーツクライ5頭、ディープインパクト4頭、キングカメハメハ3頭と全てトップサイアー。
まだあまり見慣れない名前ではありますが、Not For Sale へのノーザンファームの期待がうかがえます。

預託先はアドマイヤの超高額馬ですし友道康夫厩舎でほぼ間違いないと思います。

アドマイヤ復活の狼煙をあげる大活躍を期待します!
要注目。

■牝系
My Little Life (牝 1990 Ghadeer)
 |-- Doubt Fire (牝 2001 Ski Champ)
 |   |   2着 - ルイスフェルナンドシルネリマ大賞(伯G3)
 |   |   3着 - アルメイダプラド大賞(伯G3)
 |   |
 |   `-- ライフフォーセール (牝 2008 Not For Sale) 亜8勝
 |       |   1着 - ラプラタオークス(亜G1)
 |       |          ブエノスアイレス大賞(亜G1)
 |       |          ラプラタ1000ギニー(亜G2)
 |       |          ミゲルルイスモラレス賞(亜G2)
 |       |          ラウルアリステギ賞(亜G2)
 |       |          デルリAゴメス賞(亜G3)
 |       |   3着 - マヌエルF&エミリオネッコ賞(亜G3)
 |       |
 |       |-- ビートフォーセール (牝 2014 ハーツクライ) 地方1勝
 |       |-- ロクセラーナ (牝 2015 キングカメハメハ) 1勝
 |       |-- ダノンファンタジー (牝 2016 ディープインパクト)
 |       `-- ライフフォーセールの2017 (牡 2017 ハーツクライ)
 |
 |-- Farenheit (牡 2003 Spend a Buck)
 |       1着 - 州知事大賞(伯G2)
 |       2着 - ABCPCC大賞(伯G1)
 |              コスタフェラス大賞(伯G3)
 |       3着 - 州知事大賞(伯G2)
 |
 |-- Ilsanpietro (せん 2006 Mark of Esteem)
 |       1着 - J&BステイヤーズH(南アG2)
 |              レイシングアソシエイションH(南アG3)
 |       2着 - サマーC(南アG1)
 |              ヴィクトリームーンH(南アG2)
 |              ゴールドボール(南アG2)
 |              カラドックGC(南アG3)×2
 |       3着 - サマーC(南アG1)
 |
 `-- Olympic Leader (牡 2008 Know Heights)
         3着 - ABCPCC大賞ブラジル血統書杯(伯G2)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

September 12, 2018

ディープ×StormCat&近親ティズナウ! ジェニサの2017(牡)

父:ディープインパクト
母:ジェニサ
母父:Storm Cat
生産:下河辺牧場
馬主:サトミホースカンパニー?
厩舎:?
価格:庭先?
誕生:2017/3/13

本日の主役は名門下河辺牧場が送り出す良血馬ジェニサの2017です。

ジェニサは未勝利で引退していますが、血統は超の付く良血馬です。

牝系にはBCクラシックを史上初めて連覇し、エクリプス年度代表馬にも選ばれた歴史的名馬 Tiznow が並び、その他にも Tiznow の全兄 Budroyale、全弟 Tizbud、全妹 Tizdubai(ジェニサ2017の祖母)も米重賞馬です。


ジェニサ2017の配合は数々の名馬を出した ディープインパクト×StormCat です。

この配合が注目され出したのはアユサンの桜花賞、同年ヒロボクディープの青葉賞が発端だと記憶しています。
この2頭はともに下河辺牧場生産馬ですので、このニックス配合の生みの親は下河辺牧場だ!と思ってます。

ジェニサは輸入後サトノアイビス(現2歳)を輩出していますが、ジェニサ2017ジェニサ2018は続けてディープインパクト産駒なので、母はディープ用繁殖馬としての輸入でしょう。

馬主は不明ですが、里見氏ではないかと予想しています。
特に根拠はありませんが、持込馬サトノアイビスとこの超良血馬がセットで取引きされてないかなーって安易な発想です。

サトノ馬であればドラフト時期の露出は多くなりそうですが、非社台グループ生産馬なので良血ディープ産駒とはいえドラ1競合クラスにはならない?…と思っています。

要注目です。

■牝系
Cee's Song (牝 1986 Seattle Song)
 |-- Budroyale (せん 1993 Cee's Tizzy)
 |       1着 - マーヴィンリロイH(米G2)
 |              サンアントニオH(米G2)
 |              グッドウッドH(米G2)
 |              サンベルナルディノH(米G2)
 |              ロングエイカーズマイルH(米G3)
 |       2着 - BCクラシック(米G1)
 |              ハリウッドゴールドC(米G1)
 |              サンタアニタH(米G1)
 |              カリフォルニアンS(米G2)
 |              マーヴィンリロイH(米G2)
 |              サンパスカルH(米G2)
 |              サンベルナルディノH(米G2)
 |
 |-- Tiznow (牡 1997 Cee's Tizzy)
 |       1着 - BCクラシック(米G1)×2
 |              スーパーダービー(米G1)
 |              サンタアニタH(米G1)
 |              サンフェルナンドS(米G2)
 |              グッドウッドH(米G2)
 |              アファームドH(米G3)
 |       2着 - パシフィッククラシック(米G1)
 |              スワップスS(米G1)
 |              ストラブS(米G2)
 |       3着 - ウッドワードS(米G1)
 |              グッドウッドH(米G2)
 |
 |-- Tizbud (牡 1999 Cee's Tizzy)
 |       3着 - サンフェルナンドS(米G2)
 |
 `-- Tizdubai (牝 2001 Cee's Tizzy)
     |   1着 - ソレントS(米G3)
     |
     `-- ジェニサ (牝 2007 Storm Cat)
         |-- Five Star Rampage(牝 2013 Quality Road) 米5勝
         |-- Vedado (牝 2014 Girolamo)
         |-- サトノアイビス (牝 2016 Bodemeister)
         |-- ジェニサの2017 (牡 2017 ディープインパクト)
         `-- ジェニサの2018 (牡 2018 ディープインパクト)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

September 11, 2018

桜花賞馬のキンカメ産駒 マルセリーナの2017(牡)

父:キングカメハメハ
母:マルセリーナ
母父:ディープインパクト
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース
厩舎:栗 松田国英
価格:6,000万円(募集価格)
誕生:2017/3/24

ディープインパクト産駒初のGIでもある桜花賞馬マルセリーナの2番仔が本日の主役です。

一つ上の半兄ラストドラフトは桜花賞馬の初仔というプロフィールにしてはPOG本での扱いは小さかった印象です。
ノヴェリスト産駒というのが嫌われたのかもしれません。

2番仔であるマルセリーナ2017は父がキングカメハメハにかわりました。
父は後継種牡馬ロードカナロアやルーラーシップの活躍と自身の体調不良が重なって、すっかり過去の種牡馬のようなイメージが付いてしまってますが、まだまだ活躍馬を量産できると思っています。

募集価格は総額6,000万円。
思っていたよりお安めでした。
桜花賞馬のディープインパクト牝馬にキンカメを配合し産まれた牡馬 という事を考えれば1億円でも驚きません。

邪推ですが、デキが良くないのかも…。

預託先はマツクニローテで父をダービー馬にした松田国英厩舎です。

最近あまり目立たなくなった松国&キンカメの送り出すマルセリーナ2017の活躍を熱望します!

要注目

■牝系
Hambye (牝 1994 Distant Relative)
 `-- マルバイユ (牝 2000 Marju)
     |   1着 - アスタルテ賞(仏G1)
     |          エミリオトゥラティ賞(伊G2)
     |          セルジオクマニ賞(伊G3)
     |   3着 - アスタルテ賞(仏G2)
     |          リボー賞(伊G2)
     |
     |-- マルセリーナ (牝 2008 ディープインパクト) 4勝
     |   |   1着 - 桜花賞(G1)
     |   |          マーメイドS(G3)
     |   |   2着 - サンスポ杯阪神牝馬S(G2)
     |   |   3着 - ヴィクトリアマイル(G1)
     |   |          日刊スポシンザン記念(G3)
     |   |
     |   |-- ラストドラフト (牡 2016 ノヴェリスト)
     |   `-- マルセリーナの2017 (牡 2017 キングカメハメハ)
     |
     `-- グランデッツァ (牡 2009 アグネスタキオン)
             1着 - フジTVスプリングS(G2)
                    札幌2歳S(G3)
                    七夕賞(G3)
             3着 - マイルチャンピオンS(G1)
                    ラジオNIKKEI杯(G3)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

September 10, 2018

安牌!? シンハリーズの2017(牝)

父:ディープインパクト
母:シンハリーズ
母父:シングスピール
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム
厩舎:栗 石坂正
価格:6,000万(募集価格)
誕生:2017/4/21

6月に大阪で大地震(家の中がぐちゃぐちゃに…)、7月には大雨(行く予定の夏フェスが中止に…)、8月は記録的な猛暑(クーラー24時間稼働)、9月(先週)は超巨大な台風に襲われ(自転車置き場の屋根が吹っ飛ぶ…)、北海道では大地震(これだけは影響なし)。

こんな世の中だからこそ安全第一、来期はこれまで以上に安牌な指名で挑もうと思います。

という事で、本日の主役はPOGでも大人気な安牌?シンハリーズの9番仔シンハリーズの2017です。

キャロットクラブで総額6,000万円で募集されています。

この価格、牝馬としては当然高額値ですし、母の牝馬産駒の中では最高価格ではあるものの、ややお安めな印象です。

全兄姉シンハライトアダムスピークや半姉リラヴァティの活躍、兄弟の活躍馬も同クラブ募集馬ですし、ある程度固定客を計算できるとも思いますので、牝馬目玉として7,000万以上も予想していました。

とはいえ、安いわけではないので問題を抱えていると予想するのも難しく…。
この価格をどう評価するかがPOGの勝ち組、負け組の分かれ目なのかも…。

ちなみに私は「当然指名候補」だと思ってます。
(自称:勝ち組)

母もそろそろ高齢出産の域に達しているので、これまでのように盲目的に指名して良い状況ではないのかもしれませんが、それでも未デビュー馬ポロンナルワを除く7頭全て中央で勝利し、さらにうち3頭がGI馬を含む重賞馬です。

ポロンナルワも繁殖馬としてはデビュー2連勝で中京2歳Sを勝ったディーパワンサなどを輩出するなど、勢いのある牝系である事は間違いありません。


シンハリーズの2017は現時点で小柄ではあるものの、母は代表産駒である全姉シンハライトも420〜430キロでしたし、現在4勝をあげているミリッサは410〜420キロです。
他の血統馬なら指名回避な小柄馬ではありますが、シンハリーズ産駒では無視して良いのかも。
もし、小柄という事が価格に反映されているのであれば、一口馬主的にも狙い目なのかもしれません。

配合面でも母父シングルピールは父ディープインパクトと相性抜群の Ballade 一族ですし、Haloの3×4奇跡の血量クロスも魅力的。
シンハライトの実績もありますし信頼度アップです。

要注目

■牝系
Bayonne (牝 1988 Bay Express)
 |-- Baize (牝 1993 Efisio)
 |   |   3着 - モールクームS(英G3)
 |   |
 |   |-- シンハリーズ (牝 2002 シングスピール)
 |   |   |   1着 - デルマーオークス(米G1)
 |   |   |   2着 - パカラップS(米G3)
 |   |   |   3着 - アメリカンオークス(米G1)
 |   |   |
 |   |   |-- ポロンナルワ (牝 2008 Rahy)
 |   |   |-- アダムスピーク (牡 2009 ディープインパクト) 3勝
 |   |   |        1着 - ラジオNIKKEI杯(G3)
 |   |   |
 |   |   |-- シンハディーパ (牝 2010 ウォーエンブレム) 1勝
 |   |   |-- リラヴァティ (牝 2011 ゼンノロブロイ)
 |   |   |       1着 - マーメイドS(G3)
 |   |   |       2着 - 福島牝馬S(G3)
 |   |   |       3着 - 関西TVローズS(G2)
 |   |   |              チューリップ賞(G3)
 |   |   |              フェアリーS(G3)
 |   |   |
 |   |   |-- アダムスブリッジ (牡 2012 ゼンノロブロイ) 2勝
 |   |   |-- シンハライト (牝 2013 ディープインパクト) 5勝
 |   |   |       1着 - 優駿牝馬(G1)
 |   |   |              関西TVローズS(G2)
 |   |   |              チューリップ賞(G3)
 |   |   |       2着 - 桜花賞(G1)
 |   |   |
 |   |   |-- ミリッサ (牝 2014 ダイワメジャー) 4勝
 |   |   |-- シンハラージャ (牡 2015 オルフェーヴル) 1勝
 |   |   `-- シンハリーズの2017 (牝 2017 ディープインパクト)
 |   |
 |   `-- Kid Edward (牡 2007 Singspiel)
 |           2着 - ラホヤH(米G2)
 |           3着 - オークトリーダービー(米G2)
 |
 `-- Bayleaf (牝 1995 Efisio)
     |-- Folio (せん 2000 ペルジノ)
     |       3着 - モールコームS(英G3)
     |
     `-- Mayleaf (牝 2003 Pivotal)
         `-- Mayson (牡 2008 Invincible Spirit)
                 1着 - ジュライC(英G1)
                        パレスハウスS(英G3)
                 2着 - アベイドロンシャン賞(仏G1)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

September 05, 2018

ジャスタウェイ注目血統馬 ショウリュウムーンの2017(牝)

父:ジャスタウェイ
母:ショウリュウムーン
母父:キングカメハメハ
馬主:上田亙?
生産:ノーザンファーム
厩舎:栗 佐々木晶?
価格:?
誕生:2017/2/11

本日の主役は今絶賛注目中の ジャスタウェイ×ミスプロ系配合牝馬、ショウリュウムーンの2017です。

この配合はジャスタウェイ旋風の中心であり、現在オープンで活躍しているアウィルアウェイラブミーファインをはじめ新馬戦を強い内容で圧勝したトスアップなどと同じです。

また、ショウリュウムーンの2017はサンデーサイレンスの3×4クロスを持っていて爆発力も期待できます。

ショウリュウムーンは現役時代5勝(うちGIII3勝)をあげた実績馬で、POG期間には後の3冠牝馬アパパネを退けチューリップ賞(GIII)を優勝しています。

牝系には母以外にこれといった実績馬は出ていないものの、母ショウリュウムーンはその実績を認められたのかノーザンファームに繁殖馬として購入されています。

母の初仔オルフェーヴル産駒ショウリュウイクゾは早速新馬勝ちをおさめていますし、今後枝葉を伸ばす可能性は大きい牝系だと思っています。

個人的に父がジャスタウェイに変わってさらに期待値アップですし、要注目です。

■牝系
ミヨシチェリー (牝 1989 メンデス)
 `-- ムーンザドリーム (牝 2002 ダンスインザダーク)
     `-- ショウリュウムーン (牝 2007 キングカメハメハ) 5勝
         |   1着 - チューリップ賞(G3)
         |          京都牝馬S(G3)
         |          朝日チャレンジC(G3)
         |   2着 - 京都牝馬S(G3)
         |          トヨタ賞中京記念(G3)
         |
         |-- ショウリュウイクゾ (牡 2016 オルフェーヴル) 1勝
         `-- ショウリュウムーンの2017 (牝 2017 ジャスタウェイ)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

September 04, 2018

注目のゴールドシップ産駒 タニノハイクレアの2017(牡)

父:ゴールドシップ
母:タニノハイクレア
母父:クロフネ
生産:岡田スタッド
馬主:小笹芳央
厩舎:?
価格:3,500万
誕生:2017/3/15

来期POGの目玉新種牡馬といえば、社台SSのキズナ&エピファネイア。
そして打倒社台のビッグレッドファームで繋養されているゴールドシップの3頭でしょうか。

本日の主役はそんな打倒社台な岡田ファーム生産ゴールドシップ産駒タニノハイクレアの2017です。

2017年セレクトセール(当歳)に上場され、ホウオウの冠名を使用されている小笹芳央に3,500万で落札されています。

同氏は同年1歳セールでホウオウライジン(ガールオンファイア2016)を1.8億円もの高額で落札しています。
そんなホウオウライジンの落札価格と比べればかなりお安めになっていますが、こちらの牝系はホウオウライジンをも凌ぐ超一流です。

ディープインパクトを輩出したハイクレア一族で、近親にはダービー馬レイデオロ、NHKマイルC優勝馬ウィンクリューガー、帝王賞馬ゴルトブリッツなどGI馬をはじめ、キタサンブラックの父であるブラックタイド、POG期間の活躍が記憶にあたらしいアドマイヤミヤビが出ている牝系です。
なお、先述の高額馬ホウオウライジンもこの牝系です。

母タニノハイクレアも現役時代4勝の実績馬で、新種牡馬ゴールドシップとの相性はわかりませんが、従姉妹にあたる重賞馬ソリッドプラチナムはゴールドシップの父ステイゴールド産駒。
少しだけですが安心材料になるかも…。

母はこれまで6頭輩出しており初仔と2番仔こそ地方でしか勝ち星をあげれていませんが、中央3勝馬2頭を含め全6頭勝ち上がっています。

牝系も母の繁殖成績も良し。
ゴールドシップ産駒を狙っている方は是非チェックを。

大ハズレを引かない事をモットーとしている私としては、父ステイゴールドしかり、その仔オルフェーヴルしかり、ゴールドシップも打率より長打な種牡馬になる懸念があって積極指名とはいきませんが、今後の動向は要チェック!です。

■牝系
Highclere (牝 1971 Queen's Hussar)
 |   1着 - 仏オークス(仏G1)
 |          英1000ギニー(英G1)
 |   2着 - Kジョージ六世&QエリザベスS(英G1)
 |
 |-- ミルフォード (牡 1976 Mill Reef)
 |       1着 - プリンセスオヴウェイルズS(英G2)
 |              ホワイトローズS(英G3)
 |              リングフィールドダービートライアルS(英G3)
 |       3着 - グレイトヴォルティジュールS(英G2)
 |
 |-- Burghclere (牝 1977 Busted)
 |   |-- Capo Di Monte (牝 1982 Final Straw)
 |   |   |   1着 - ヴァインランドH(米G3)
 |   |   |   2着 - サンチャリオットS(英G2)
 |   |   |          マッチメイカーS(米G2)
 |   |   |   3着 - フィユドレール賞(仏G3)
 |   |   |
 |   |   |-- Dream Ticket (牝 1992 Danzig)
 |   |   |   `-- Magic Mission (牝 1998 Machiavellian)
 |   |   |           1着 - ロイヤルヒロインS(米G3)
 |   |   |           2着 - パロマーBCH(米G2)
 |   |   |                  クロエ賞(仏G3)
 |   |   |                  ジェニーワイリーS(米G3)
 |   |   |           3着 - メイトリアークS(米G1)
 |   |   |                  ラスパルマスH(米G2)
 |   |   |                  ウインスターディスタフH(米G3)
 |   |   |
 |   |   |-- Green Delight (牝 1995 Green Desert)
 |   |   |   `-- Balin's Sword (せん 2000 Spectrum)
 |   |   |          3着 - ジョンシェール賞(仏G3)
 |   |   |
 |   |   `-- Complimentary Pass (牝 1996 デインヒル)
 |   |       `-- Gweebarra (せん 2004 Lomitas)
 |   |               2着 - エイコムS(英G3)
 |   |
 |   |-- インヴァイト (牝 1986 Be My Guest)
 |   |   |-- リザーブシート (牝 1995 クリエイター)
 |   |   |   `-- ソリッドプラチナム (牝 2003 ステイゴールド)
 |   |   |           1着 - マーメイドS(G3)
 |   |   |           3着 - 愛知杯(G3)
 |   |   |                  マーメイドS(G3)×2
 |   |   |
 |   |   |-- ウインクリューガー (牡 2000 タイキシャトル)
 |   |   |       1着 - NHKマイルC(G1)
 |   |   |              アーリントンC(G3)
 |   |   |       3着 - 毎日放送賞スワンS(G2)
 |   |   |              阪急杯(G3)
 |   |   |
 |   |   `-- タニノハイクレア (牝 2004 クロフネ) 4勝
 |   |       |-- セントアモーレ (牝 2010 ブライアンズタイム) 地方1勝
 |   |       |-- グロリアスヴァレー (牝 2011 タニノギムレット) 地方1勝
 |   |       |-- グレイスフルワード (牝 2012 ハーツクライ) 1勝
 |   |       |-- エーデルメイシュ (牝 2013 ヴィクトワールピサ) 3勝
 |   |       |-- ウインシャトレーヌ (牝 2014 ダイワメジャー) 3勝
 |   |       |-- ハイエストクイーン (牝 2015 シンボリクリスエス) 1勝
 |   |       `-- タニノハイクレアの2017 (牡 2017 ゴールドシップ)
 |   |
 |   |-- ドレスデン (牝 1988 Lomond)
 |   |   `-- ペトラ (牝 1994 ヘクタープロテクター)
 |   |       `-- ミッキーペトラ (牡 2006 シンボリクリスエス)
 |   |               2着 - 報知杯弥生賞(G2)
 |   |
 |   |-- ウインドインハーヘア (牝 1991 Alzao)
 |   |   |   1着 - アラルポカル(独G1)
 |   |   |   2着 - 英オークス(英G1)
 |   |   |   3着 - ヨークシャーオークス(英G1)
 |   |   |
 |   |   |-- グリントインハーアイ (牝 1996 アラジ)
 |   |   |   `-- Jeremy (牡 2003 Danehill Dancer)
 |   |   |           1着 - サンダウンマイル(英G2)
 |   |   |                  ジャージーS(英G3)
 |   |   |           2着 - クイーンアンS(英G1)
 |   |   |                  ハンガーフォードS(英G2)
 |   |   |           3着 - サセックスS(英G1)
 |   |   |
 |   |   |
 |   |   |-- ヴェイルオブアヴァロン (牝 1997 サンダーガルチ)
 |   |   |   |   1着 - ドラローズH(米G3)
 |   |   |   |   3着 - ギャラクシーS(米G2)
 |   |   |   |          ジャストアゲイムH(米G3)
 |   |   |   |
 |   |   |   |-- リルダヴァル (牡 2007 アグネスタキオン)
 |   |   |   |       3着 - NHKマイルC(G1)
 |   |   |   |              毎日杯(G3)
 |   |   |   |              鳴尾記念(G3)
 |   |   |   |              小倉大賞典(G3)
 |   |   |   |              トヨタ賞中京記念(G3)
 |   |   |   |
 |   |   |   `-- ヴォルシェーブ (牡 2011 ネオユニヴァース)
 |   |   |           2着 - 目黒記念(G2)
 |   |   |           3着 - アルゼンチン共和国杯(G2)
 |   |   |
 |   |   |-- レディブロンド (牝 1998 Seeking the Gold)
 |   |   |   |-- ラドラーダ (牝 2006 シンボリクリスエス)
 |   |   |   |   `-- レイデオロ (牡 2014 キングカメハメハ)
 |   |   |   |           1着 - 東京優駿(G1)
 |   |   |   |                  ホープフルS(G2)
 |   |   |   |
 |   |   |   `-- ゴルトブリッツ (牡 2007 スペシャルウィーク)
 |   |   |           1着 - 帝王賞競走(G1)
 |   |   |                  アンタレスS(G3)×2
 |   |   |                  マーキュリーC(G3)
 |   |   |
 |   |   |-- スターズインハーアイズ (牝 1999 Woodman)
 |   |   |   `-- ダノンパッション (牡 2007 アグネスタキオン)
 |   |   |           3着 - デイリー杯2歳S(G2)
 |   |   |
 |   |   |-- ライクザウインド (牝 2000 デインヒル)
 |   |   |   `-- レディスキッパー (牝 2007  クロフネ)
 |   |   |       `-- アドマイヤミヤビ (牝 2014 ハーツクライ)
 |   |   |               1着 - デイリー杯クイーンC(G3)
 |   |   |               3着 - 優駿牝馬(G1)
 |   |   |
 |   |   |-- ブラックタイド (牡 2001 サンデーサイレンス)
 |   |   |       1着 - フジTVスプリングS(G2)
 |   |   |       2着 - きさらぎ賞(G3)
 |   |   |       3着 - 日刊スポ賞中山金杯(G3)
 |   |   |
 |   |   |-- ディープインパクト (牡 2002 サンデーサイレンス)
 |   |   |       1着 - 東京優駿(G1)
 |   |   |              皐月賞(G1)
 |   |   |              菊花賞(G1)
 |   |   |              有馬記念(G1)
 |   |   |              宝塚記念(G1)
 |   |   |              天皇賞(春)(G1)
 |   |   |              ジャパンC(G1)
 |   |   |              報知杯弥生賞(G2)
 |   |   |              神戸新聞杯(G2)
 |   |   |              阪神大賞典(G2)
 |   |   |       2着 - 有馬記念(G1)
 |   |   |
 |   |   |-- オンファイア (牡 2003 サンデーサイレンス)
 |   |   |       3着 - 東京スポーツ杯2歳S(G3)
 |   |   |
 |   |   |-- ニュービギニング (牡 2004 アグネスタキオン)
 |   |   |       3着 - 毎日杯(G3)
 |   |   |
 |   |   `-- ランズエッジ (牝 2006 ダンスインザダーク)
 |   |       `-- ロカ (牝 2012 ハービンジャー)
 |   |              3着 - デイリー杯クイーンC(G3)
 |   |
 |   `-- Bella Vitessa (牝 1992 Thatching)
 |       |-- ベッラベリッシモ (牝 1997 Alzao)
 |       |   `-- ジーニマジック (牝 2010 ダイワメジャー)
 |       |           3着 - デイリー杯クイーンC(G3)
 |       |
 |       `-- Yehudi (牡 2002 Sadler's Wells)
 |               2着 - クリテリヨムドサンクルー(仏G1)
 |
 `-- Wily Trick (牝 1988 Clever Trick)
     `-- Elegant Fashion (牝 1999 デーンウイン)
             1着 - アンガスアルマナスコS(豪G2)
                    AVキウニーS(豪G2)
                    ムーニーヴァリーオークス(豪G2)
             2着 - Qエリザベス二世C(香G1)×2
                    AJCオークス(豪G1)
             3着 - 香港C(香G1)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

September 03, 2018

前田幸二氏落札 注目キズナ産駒 フィオドラの2017(牡)

父:キズナ
母:フィオドラ
母父:Lord of England
生産:社台ファーム
馬主:前田晋二
厩舎:?
価格:9,000万
誕生:2017/1/28

来期注目の新種牡馬キズナ。

社台SSで種牡馬として繋養されていて、種付け料は250万円で設定されていています。
ここ数年の新種牡馬の初年度価格と比較するとやや安めではありますが、ディープインパクト直仔である種牡馬の中では堂々のトップです。

※ここ最近の目玉新種牡馬 初年度種付け料
オルフェーヴル 600万
ロードカナロア 500万
ジャスタウェイ 350万

※ディープインパクト直仔 初年度種付け料
キズナ 250万
ミッキーアイル 150万
ディープブリランテ 120万
ディーマジェスティ 100万
リアルインパクト 80万
トーセンホマレボシ 80万
トーセンラー 70万
ワールドエース 50万
ワンアンドオンリー 50万
ダノンシャーク 30万

上記のとおり、キズナは多くのディープインパクト産種牡馬の中では頭一つ抜けた価格設定となっています。

ライバルであるキングカメハメハは後継種牡馬ロードカナロア、ルーラーシップが大活躍、ハーツクライも今期新種牡馬ジャスタウェイが大活躍中。
まだ目立った後継種牡馬に恵まれていないディープインパクトですのでキズナへの期待は大きいです。

そんなわけで、本日の主役はキズナ産駒フィオドラの2017です。

2017年セレクトセール(当歳)に上場され、キズナのオーナーである前田晋二氏により 9,000万円もの高額で落札されています。
この価格は2017年、2018年のセレクトセールに上場された初年度キズナ産駒の中で最高落札価格です。

フィオドラは独オークスを優勝した名牝で、牝系には独重賞馬 Forthe Millionkiss をはじめドイツ活躍馬が多く出ていますので、この価格も納得の良血馬です。

一時期ドイツ血統馬とディープインパクトの配合馬を多く生産していた社台グループですが、ズブい馬を量産した印象ですが、(あくまで印象です。詳しく調べてません)
そういった意味では、ディープインパクトにStormCatのスピードが加えられたキズナの方がドイツ牝馬との相性は良いかも。

やはりキズナ産駒なので、前田一族の赤と水色の勝負服から大物登場を期待します。
要注目。

■牝系
Fox for Gold (牝 1989 Glint of Gold)
 `-- Forever Nice (牝 1994 Greinton)
     |-- Forthe Millionkiss (牡 2004 Dashing Blade)
     |       1着 - マイレントロフィ(独G2)
     |       2着 - ヘッセンマイル大賞(独G3)
     |       3着 - オイロパマイレ大賞(独G2)
     |              ヴィルトシャフト大賞(独G3)
     |
     `-- フィオドラ (牝 2011 Lord of England)
         |   1着 - 独オークス(独G1)
         |   2着 - ヴィンターケーニギン賞(独G3)
         |
         `-- フィオドラの2017 (牡 2017 キズナ)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

August 29, 2018

ジャスタウェイ成功配合? エレインの2017(牝)

父:ジャスタウェイ
母:エレイン
母父:キングカメハメハ
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:サンデーレーシング
厩舎:美 大竹正博
価格:1,600万(募集価格)
誕生:2017/2/16

初年度から大活躍中の新種牡馬ジャスタウェイ。

勝ち上がり率も去る事ながら、超大物?かもしれないヴェロックスや無傷の2連勝中アウィルアウェイなどが出ています。
このまま行けば近い将来ディープインパクトを脅かす存在、いや、それを凌駕する存在になるかも…とかなり期待しています。


ジャスタウェイ産駒は現時点で牡馬2頭、牝馬6頭、計8頭勝ち上がっています。

なお、牝馬6頭中4頭が Mr.Prospector 系牝馬との産駒で、Mr.Prospector を持っている という条件に広げれば6頭中5頭が該当します。
ジャスタウェイ自身の競争成績はやや晩成傾向でしたが、仕上がりの早いミスプロの血がええ感じに作用しているのかもしれません。

という事で、本日の主役はそんなジャスタウェイ×ミスプロ系配合馬であるエレインの2017です。

日本でのミスプロ系代表種牡馬といえば、おそらく満場一致でキングカメハメハ。
エレイン2017はジャスタウェイ×キングカメハメハの配合です。
既にこの配合馬から2勝馬アウィルアウェイが出ていますし、エレイン2017もそれに続ける活躍を期待です。
※その前に…、アウィルアウェイ(指名馬)が秋以降も大活躍してくれる事を切に願っています…


牝系には叔父にPOG期間重賞を2勝(皐月賞2着)し、古馬になってからはマイルチャンピオンS(GI)馬となったサダムパテック、叔母にヴィクトリマイルC(GI)優勝馬ジュールポレールなどの活躍馬が出ています。

エレイン2017の生産牧場は上記2頭の生産者でもあり、父ジャスタウェイの生産者でもある白老ファームです。

近年ノーザンファーム1強状態ですが、こういった牧場所縁の配合馬が王者ノーザンファーム生産馬をやぶる姿を見てみたい。

要注目です。

■牝系
ダイアモンドシティ (牝 1988 Mr. Prospector)
 |   3着 - アーリントンメイトロンH(米G3)
 |
 |-- Catienus (牡 1994 Storm Cat)
 |       2着 - サバーバンH(米G2)
 |              サラトガBCH(米G2)×2
 |       3着 - ホイットニーH(米G1)
 |
 `-- サマーナイトシティ (牝 1999 エリシオ)
     |-- サダムパテック (牡 2008 フジキセキ)
     |       1着 - マイルチャンピオンS(G1)
     |              報知杯弥生賞(G2)
     |              京王杯スプリングC(G2)
     |              東京スポーツ杯2歳S(G3)
     |              トヨタ賞中京記念(G3)
     |       2着 - 皐月賞(G1)
     |       3着 - セントライト記念(G2)
     |              毎日放送賞スワンS(G2)
     |              鳴尾記念(G3)
     |
     |-- エレイン (牝 2011 キングカメハメハ)
     |   |-- ハルノナゴリ (牝 2016 ステイゴールド)
     |   `-- エレインの2017 (牝 2017 ジャスタウェイ)
     |
     `-- ジュールポレール (牝 2013 ディープインパクト)
             1着 - ヴィクトリアマイル(G1)
             3着 - ヴィクトリアマイル(G1)
                    サンスポ杯阪神牝馬S(G2)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産 

August 28, 2018

ロードカナロア産駒 一子相伝 マーチャンテイマーの2017(牝)

父:ロードカナロア
母:マーチャンテイマー
母父:クロフネ
生産:千代田牧場
馬主:飯田政子?飯田正剛?飯田良枝?
厩舎:?
価格:?
誕生:2017/4/17

千代田牧場のロードカナロア産駒マーチャンテイマーの2017が本日の主役です。

牝系からはニッポーテイオータレンティドガールなどを筆頭に、千代田牧場を代表する活躍馬が多く出ています。

父はロードカナロア。
今更言うまでもない事ではありますが、高い勝ち上がり率と爆発力を兼ね備えたスーパーサイアーです。
アーモンドアイステルヴィオなどクラシック戦線で活躍している馬からダノンスマッシュアンヴァルアンフィトリテ など父を彷彿とさせるスプリンターまで、活躍馬を大量生産中です。


そんな今を輝く父と名門千代田の所縁牝系との配合…。


これだけでも魅力的ではありますが、母マーチャンテイマーは千代田牧場を支える名繁殖馬になる運命(さだめ)を持つ馬…。絶対指名です!

なぜなら一子相伝のMの後継者…。


曾祖母にあたるチヨダマサコは千代田牧場の前代表 飯田正氏の所有馬で、その妻である飯田政子さんの名前をもとに命名されました。

そしてそのチヨダマサコの仔マサコチャン、マサコチャンの仔マーチャンテイマー(マーちゃん)と代を重ねられています。

枝葉を伸ばしながらも、政子馬名の継承は一頭だけ。
つまり一子相伝。
北斗神拳と同じです。

マーチャンテイマーの2017も牝馬ですし、外部に出す事なく飯田ファミリーのどなたかが馬主になると思いますので、マサコ系の馬名が付けられる事を期待しています。

要注目。

■牝系
チヨダマサコ (牝 1977 ラバージョン)
 |-- スリードーター (牝 1982 サンプリンス)
 |   |   3着 - 中山牝馬S(G3)
 |   |
 |   `-- ミヤビペルセウス (牡 2000 バブルガムフェロー)
 |           1着 - 新潟ジャンプS(JG3)
 |           3着 - 阪神スプリングJ(JG2)
 |                  阪神ジャンプS(JG3)
 |                  東京ジャンプS(JG3)
 |                  新潟ジャンプS(JG3)
 |
 |-- ニッポーテイオー (牡 1983 リィフォー)
 |       1着 - 天皇賞[秋](G1)
 |              マイルチャンピオンS(G1)
 |              安田記念(G1)
 |              スワンS(G2)
 |              京王杯スプリングC(G2)
 |              NZT4歳S(G3)
 |              函館記念(G3)
 |       2着 - マイルチャンピオンS(G1)
 |              安田記念(G1)
 |              宝塚記念(G1)×2
 |              毎日王冠(G2)
 |              京王杯スプリングC(G2)
 |              京成杯(G3)
 |              ラジオたんぱ賞(G3)
 |       3着 - 毎日王冠(G2)
 |              報知杯弥生賞(G3)
 |
 |-- タレンティドガール (牝 1984 リマンド)
 |   |   1着 - エリザベス女王杯(G1)
 |   |   3着 - 優駿牝馬(G1)
 |   |          クイーンS(G3)
 |   |
 |   |-- シンコウシングラー (牡 1995 サンデーサイレンス)
 |   |       3着 - セントライト記念(G2)
 |   |              アルゼンチン共和国杯(G2)
 |   |
 |   `-- ライジングサンデー (牝 1998 サンデーサイレンス)
 |       `-- エーシンホワイティ (牡 2007 サクラバクシンオー)
 |               1着 - 中スポ賞ファルコンS(G3)
 |                      新潟ジャンプS(JG3)
 |               2着 - 東京ハイジャンプ(JG2)
 |                      東京ハイジャンプ(JG2)
 |               3着 - 新潟ジャンプS(JG3)
 |
 `-- マサコチャン (牝 1996 サンデーサイレンス)
     |-- ベストクルーズ (牝 2007 クロフネ)
     |       2着 - KBSファンタジーS(G3)
     |       3着 - 阪神ジュベナイルF(G1)
     |              京都牝馬S(G3)
     |
     `-- マーチャンテイマー (牝 2009 クロフネ) 5勝
         |   3着 - ブリーダーズゴールド(地G3)
         |
         |-- スチームパンク (牡 2016 ケープブランコ)
         `-- マーチャンテイマーの2017 (牝 2017 ロードカナロア)


   にほんブログ村 競馬ブログ POGへ  

   
   


takashix78 at 00:00|Permalink Clip to Evernote2017年産