~ようこそ、がるーだ工房へ~

Gadgetから自転車までと数多くの趣味を持つ一人の高専生の自由奔放なブログになります。

現在学校でプロジェクトを組んでいる「航空機の製作、自動操縦プログラミングの製作及び実験実証」の活動も書いて行きたいと思います。 

アレレレレレ………写真トレナイ……

こんばんは。
nexus7のレビューをしようと思ったのですが………アレ、アレレレレレレ?

写真がトレナイ………

せっかく文章書いたのに………

明日もう一回撮ってみます。


なんかレンズに罅が入って良い画質の写真がトレナインダヨナ………


できたらレビューします。


では、今日はこの辺で。

メニューバーを作ってみた

ブログをリニューアルと同時にメニューバーを作ってみました。

なんか最近色んなプログラムにハマってる希ガス


また、紹介しますね。

次回は先日購入したnexus7のレビューでもしようかと思います。

Twitter

リンク貼りました 

どうぞ。

まあ、とりあえず

こんな感じのデザインにしましたが、フォントが気に入らぬ。

次はフォント探しですかね。 

色々ネタもでてきて更新しやすい環境にもなったので地道にやってきます。

では、この辺で   


Twitterと連携させました。

リニューアル

お久しぶりです。

何時も閲覧していただきありがとうございます。

このたび がるーだ工房をリニューアルする事にいたしました。 

1週間程で今後の方針もふまえリニューアルオープンしたいと思います。

また、よろしければご覧ください。

久々の我が家に帰って来た訳ですが………

お久しぶりです。何日いや何ヶ月このブログを放棄してきたか……… みなさんスミマセンでした。
色々とあり更新しませんでした。 今は試験期間中なので終わったら更新しようかと思います。

ロボカップの方も色々と有りますし。  趣味のブログにしても良いかな……… それでは

今年つくったモノ  ぱーと1

みなさんこんばんは。

さて今日のテーマは 「今年作ったもの」ですね。

今年は、結構いろんなもの作りました。自分で作っていましたが以外と面白かったです。

今夜はパート1と言う事でアームを紹介したいと思います。

IMG_0599
どこかで見ましたねこれ。

今年の高専祭の時に作って搭載した新型アームですね。
コイツの最大の特徴は、アームの左右の稼働をピニオンギアとラックを使用して動かしている所です。
今までのアームとはだいぶ違う感じに設計しました。
IMG_0598


ラックで挟むので力は、かなり強いです。そのかわりピニオンにかなりの力が加わっているので、変な音はします。ギギギガガガガギガギガゴ ピンッ

IMG_0597
もう一つの特徴はラック式なのでアームの部分が予想以上に重かったので持ち上げるモーターを2個搭載しました。よって、このアームに使用されたモーター数は全部で3個という事になります。
で、次にこのアームがどのようにして動いているの解説していきたいと思います。

仕組みは簡単です。
キーワードで言うと時間差ですね。
アームを挟むラックは、モーターに電気を流したら普通にギアに力を伝達してラック滑らせますが
ラック自体を持ち上げるモーターには、ウォームギアを使用しているためパワーはありますが、物体に力を伝達する速度は遅いのです。

今回は、その仕組みを利用して開発しました。
案の定上手くいきましたが、このアームの最大の難点はとにかくでかいと言う事です。

もう少し小さくしたらもっといいと思うのですが、やはり難しいですね。
来年の研究材料にしてもいいですけどね。

こんな感じで新しいアームが作り上げられました。

明日は、パート2でGARUDA の6輪ヒストリー集でもやろうかな。

このアームが実際に稼働している動画を撮りましたので、近いうちにYouTubeにでも投稿しようかなと思います。

では、今日はこの辺で。





移植完了?

まだ、仮組ですけど実際に効果があるかどうか調べるために6輪の足回りとファンを搭載しました。
こんな感じです。
IMAG0054

見えにくいかもしれませんが、上からのです。
IMAG0057
一応ファンが中心にくるように設計。
実験してみたところ、6輪で一番ネックな中に爪楊枝が入ってくるのが無くなりました。
以外とイケル。

あしたは、モーターとか搭載したいんですけど上手くいくかどうか。

取りあえず中間報告でした。

では、この辺で。

これでいいんか知らんけど。

昨日、友人達と秋葉原に行ってきました。
で、この間ブログに書きましたファンを格納するために必要なファンを購入してきました。 

最初はツクモ行ったんですけど、これだ!ってなるモノが無くて隣にあるちょっと怪しい店に行って参りました。

こんなのです。
IMG_0010
次に横から
IMG_0012
結構薄いですよね。70角ファンにしては、厚さ10㎜は珍しい。値段の方は、1170円。
安い方かな〜
安さだけではしょうがないので、スペックを紹介。
・定格回転数:4400rpm 
・最大風量:29.36cfm
・軸受構造:1ボール1スリーブベアリング

こんな感じです。
パッケージには高速って書いてあってrpmもその場所に置いてある中で上の方だったので取りあえず購入。1170円だったしいいや。

いまいち性能がよくわからない。実際に電気を流して実験してみるのに限ります。

だめだったらPC用じゃ無くて、ラジコン飛行機用のモーターでも買いますか。

なんか不安だけど明日実験してみます。




拡散!拡散!

皆さん今晩は。

今日は、以前大会で見かけた串よけ対策をちょっとバージョンアップさせたというか、コンパクトに格納してみようと思いちょっと考えてみました。

では、どのように考えたかイメージと一緒に解説して行きたいと思います。


  Plan1                                Plan2
FAN2FAN
とま〜こんな感じ。因にグレーの円はファンで、大型1台か小型3代で運用予定。
多分大型1台がちょうどいい感じがします。RC用のファンでもいいのですが、PCパーツを改造して
取り付ける方向で実験してみたいです。薄いし。

一番心配なのは、ファンのパワーですね。薄くても風量がなければ意味ないですから(笑


以前大会で見かけたというのは、去年のロボカップの関東大会に出場していた「風神」というチームです。 

そのチームは、ロボットの上から床にむかって斜めに配置してありました。

真下に取り付けるとどのような利点があるのか?

・ロボット内部に設置することでコンパクトに仕上げることできる
・下に設置することで、6輪で一番対処にこまる串を拡散する事できる

実際にZEMが小さい扇風機を改造して搭載しようとかいう話をしていて実験していた所、
真下に風を送ってもちゃんと爪楊枝を拡散する事に成功しました。

ただ、どのくらいのロボットを作るかによってファンの大きさを考えなければいけないとおもいます。

今回は、自分がゼロからだしたアイディアでは、なくバージョンアップと言う事で記事を書きました。
実際にためしてみてもいいかもしれません。

では、今日はこの辺でゆるしてつかーさい。

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ