たかつやごじゃっぺ通信

たかつや酒店恋女房の独り言

B2787E50-14BB-41D2-848F-674E1678B2EB
我孫子の駅で待ち合わせて、さよちゃんが私と櫻子を炭火で焼く焼き鳥屋さんに連れて行ってくれた。

人生2度目の焼き鳥屋、と言ったら さよちゃんは驚いていた。

そこの焼き鳥のまあ、旨いこと!

酒の旨いのは、うちに売るほどあるので、食べることに集中した。

何年かぶりに会っても、気を使わないで楽しく飲めるのがさよちゃんの才能というか、みんなを虜にする魅力

幸せな気分になって私は帰ってきたが、二次会に繰り出した、二人がどこに行ったかは 謎。

CD8D7E8B-FFAF-45ED-9EA1-E17B0B382AFD
3人目の子供を産んで退院するとき、道端に咲く秋桜(コスモス)がきれいできれいで、、

赤ん坊の名前を秋桜にしようか?と思って、櫻子という名前にした。

だから、毎年 秋桜がさいたら、まい日お店と自宅にかざります。

きれいです。

CE982897-0709-453E-A2E6-C4347BA7DB1E
お店の前のポストの所が、酒のポリケースでおっつけてあるだけで、すごくダサかったのよ。

何年も前から気になっていたのに、なかなか手をつけられなくて、、、

で、息子に相談したら、天気もいいし、やっちゃうべー ということになり、お金をかけずに、あるものを利用して、やったらすっきりした。

これで、ポストのまわりに、ビオラでも植えたら素敵になるなあ。

とてもいい一日になりました。

89E891D3-5FBC-4E4C-B3D7-C97ED18320F4
お店の前にぶら下がってるガイコツに

母ちゃん、久しぶりだな!

と、声をかけている客がいた。

くそー、、、

4CA3163F-0C5C-4B02-84ED-85E4F98CDD61
息子が、お店をハロウィンにしたてあげた。

お店の前にはガイコツまでぶらさげて、なんとも言えない雰囲気を醸し出してる。

夫と私にはできないなあ。

さらに30日には仮装して、ワインを飲むそうです。

なんだか、おもしろくなりそうだ。

CD638568-79D0-4026-A444-7EAEFB4DAFAD
昨日は、庭の柿を採りました。

こういうことは、家族で大騒ぎしながらやると楽しいよね?

やってたら、みてた中野さんからコーヒーの差し入れが入ったりしてなんとものどかです。

櫻子が、お母さん!銀杏拾いとか、柿もぎったりするのって楽しいね、好きになっちゃったよ。って言った。

そうだよ、まだやったことないけどやりたいのは、きのこ狩り、山栗拾い、春の山菜採り そんなのもやってみたいなあ。

FD5A71D2-3210-41A3-A0CB-5911BBDA3493
久しぶりに予定のない定休日

実家の父と母の顔を見に行った。

姉もいて、孫の授業参観に行くと言うのでくっついて行った。

我が母校でもあるのだ。

邪魔をしないように、遠くから眺めていたのだが、姉の孫しんりちゃんは私に気づいて笑顔で手を振ってくれた。

嬉しいものである。

携帯も持たない、すっぴんで無防備なのんびりした1日は とてもいいものである。

8DCE9EE8-083E-414B-A623-756E809F9D81
眠っていた土蔵の中を櫻子が3カ月かけて、空っぽにしてくれた。

お宝は出てこず、ほとんどが ガラクタ。

物の無い時代に、いつか使うだろうととっておいたんだろうね?

毎日、毎日 へこたれずに娘よ、よくやってくれた!

ここで、バトンは息子に渡された。

何をしようとしているのかな?

業者に頼らず、自分で少しずつ補修していくみたいよ。

結構、私もこんなことやるの好きなのよ。

少しは手伝うからね。

14C17E7F-198E-4F08-8434-C6775C4AB0E5
昨日、みっこの銀杏拾いの話を聞いて

どうしても自分もやってみたくなった。

夫に瞬足で帰ってくるから!と言って 櫻子と教えてもらった所に直行。

そしたら、もう いっぱい銀杏が落ちてて、二人は興奮した。

みっこに教わった、ぴゅっと皮をむいて収穫するやり方でやった。

櫻子と、楽しいね!と、言い合い 櫻子のどっちがいっぱい採れるか?の挑発に乗っかって、2人は夢中になった。

帰ったら、2人は夫に大目玉をくらった。店の仕事をせずに何をやっているんだと。

でも、こんな楽しいことはまたやってみたいと思うばかりだ。

34E385B7-4EC3-4619-97FE-167FDBEBD616
数日前にみっこが 今から天神様に銀杏拾いに行く!と、張り切っていたが、

いま、持ってきたので早速、網でコロコロ炒って塩つけたら、ビールのうまいのなんのって、、、

封筒に入れて、電子レンジでパンパンってやるやりかたもあるけど、網の上で炒った銀杏はこの季節最高です。

この翡翠色がなんとも言えない。

↑このページのトップヘ