たかつやごじゃっぺ通信

たかつや酒店恋女房の独り言

2012年09月

120930_094400先週雨で延期になっていた金比羅すもうがありました。

写真のようにゼロ歳児からまわしをつけてとらせてくれるんです。

行司の人も土俵も本格的でかっこいいんですよ。

賞金も賞品もいただいて、なんか、子供が元気に育つようで嬉しいです。

小学生になると相撲もしっかりとっていましたね。


心配なのはこれからくるという台風。
家の周り見回ってきたけど、被害などでませんように!

2012092816050000季節限定/今年もあの人気の「芋焼酎もぐら」の2012年産新酒がやって来ました!「芋焼酎もぐら」の銘柄の由来は土から顔を出した芋を見たとき.もぐらを連想した事から名付けられました!     
「芋焼酎もぐら」はまるまる太った良質の芋「黄金千貫」の地力を生かす為.七窪の自然湧水を仕込み水に職人の技を持って丹念に仕上げました。2012年度「芋焼酎もぐら」の新酒は、本年度初収穫したばかりの芋「黄金千貫」を仕込み初蒸留致しました、本年度初の新芋焼酎です。この新酒「芋焼酎もぐら」は定番のもぐらとは一味違い麹感が生きたフレッシュな味わいとスッキリとした飲み口を楽しめる物と思います。またこの新酒「芋焼酎もぐら」を2年3年5年と寝かせ熟成感を楽しむのもおもしろいと思いますよ...何はともあれ芋焼酎党の貴方に是非飲んでもらいたい...フレッシュな「芋焼酎もぐら」です。お試しあれ...

●限定芋焼酎/2011年新酒「芋焼酎もぐら」720ml 1449円
お問い合わせは、酒のたかつや 0297-68-2415 Fax 0297-68-2474

2012041312100000紀伊国屋文左衛門とは...紀州和歌山を代表する江戸時代元禄期の豪商であり、「沖の暗いのに白帆が見ゆる、あれは紀ノ国ミカン船」と歌われるように江戸まで命懸けで船出して、江戸にミカンを運んで富を得た和歌山を代表する豪商です。その名前に恥じない豪快さを持ちながらも、杜氏と蔵人のきめ細やかな手作業.により、米一粒一粒に思いを込めてこの紀伊国屋文左衛門.五百万石全量純米酒はじっくり醸されました。紀伊国屋文左衛門.五百万石全量純米酒は、国際的な日本酒コンテスト「インターナショナル・サケ・チャレンジ 2011」で銀賞を受賞した純米酒です紀州和歌山の「長久」から新たな船出に旅立ちました。この紀伊国屋文左衛門.五百万石全量純米酒に使われる酒米「五百万石」は、山田錦・雄町(おまち)と並び「日本三大酒米」の一つと称され雑味が少なく「キレ」のある酒を生み出すことが特徴でこの紀伊国屋文左衛門.五百万石全量純米酒は、すっきりと淡麗で、くせのない味わいに仕上がったという。じっくりと低温で発酵したことで、芳醇な香りも楽しめる酒に仕上がった。価格も手頃でコストパフォーマンス抜群...芳醇な香りとすっきりとした軽快な飲み心地の純米酒です。紀伊国屋文左衛門.五百万石全量純米酒.是非お楽しみあれ!!
.
紀伊国屋文左衛門.五百万石全量純米酒 1.8L 2,100円 720ml 1,050円
お問い合わせは/酒のたかつや ☎ 0297-68-2415 fax 0297-68-2474

120927_185704妹の家の裏山から「椎の実」が落ちているのを発見!

夢中で拾って、フライパンで乾煎り。
晩酌のつまみに、、、。

ほんのり甘くて、懐かしい味。

まあ、食べるのは私だけなんだけどね。

また、妹に頼んで拾ってきてもらおう!

20100803140208例えば飲食店のレジのところで
「きょうは私が払います。」
「とんでもない、わたしが、、、、。」

「いやいや今回はわたしが!」

ちょっと押し合ったり、お金をつかんだまま、「わたしが払います攻撃」
のやりとり、

私はあれが「ツボ」でね。

それに遭遇すると心の中で「ヒー、ドンドン!」
って笑い転げちゃうのよ。

昨日もね、面白いの見ちゃいましたねぇ。

お礼なんだけどね、気持ちなんだからとってください。
いや、絶対もらえません。ってやつのおしもんどう。

で、笑うなじぶんよお!と、ちょっと自分も関わっていたことなので、
こらえるのが大変だった。

120925_134041久しぶりに「野良ぼうの師匠」の家にひょろっと顔を出した。

手ぶらで行っちゃたのに「よぐきた、よぐきた。」って歓迎してくれ、
ぶどうをハサミでとってくれたり、トマトをもいでくれたり、
みようがとってくれたり、、、、、

庭には金魚が「ええっ?」というほど繁殖してて、
花が咲いていて、、、

いいなあ、なんかその夫婦、たまんない

インターネットちゅうのも、携帯もなんもねえのよ(その割には情報満載)って笑ってたけど

やっぱりこの夫婦は私の憧れです。

20071108185544
ゆうべ、お笑いテレビで見てて
「痛いの痛いの飛んでけ」を略して「いたとん」

それ見てゲラゲラ笑ってたのよ。


さっき、実家に彼岸のお参りに行き、雨の中缶ビールの箱持ったまま激しく転倒!

骨折?と思ったくらい痛くてズボン上げて見たら、
膝小僧すりむき、、、、、。

、、、、、、

いたとん

201208282240000
朝は涼しかったよね? いや寒いくらいで早くからお墓参りにいったり、草取りもしたのよ。

ちょっと張り切り!
ビオラとべんり菜とサラダ春菊の種も蒔いた。

お彼岸の中日でお客様もいっぱい来てくださったのでよい一日でした。

2012091917380000この頃、よく虹を見る。

水曜日の夕方も夫と出先で「わあ、虹だあ!」って、ゆっくり見るために駐車場みたいなところに止まって眺めた。

車が来たので虹を指さしたら女の人も車から降りて眺めてた。
「教えてくださってありがとう。」
とその人は喜んでくれたのに

知らないひとに声かけるなんて、おばさんのするこだあ、
とむすめに言われた。

おばさんだもの

2012092011360000中国へ行った方からお土産にいただいたクッキーです。

今時、中国に行くなんて勇気あるなあ、、、、、、、、、、、、、、、、。
「うん、私、黙ってたら中国人だから。」とか言ってたけど。

てか、私、まいちにビクビクしながら生きてるのかなあ?

今日、ビオラのたねを蒔いたよ。自分で採った種だから発芽するかどうかわからないけど、
そんなことが自分にはなによりもの楽しみです。

↑このページのトップヘ