たかつやごじゃっぺ通信

たかつや酒店恋女房の独り言

2012年10月

20090926162815むすめにうだうだと心配してたら
「いちいち余計な口出しするな、とか、心配するな」みたいなこと言われたけど、、、、、、、、、、、、、。

自分でも思うんだよ。20歳過ぎたんだから自分で判断できるだろう、って、、、、、、

それでも50過ぎた親からみたら20代はまだ危なっかしい。

心配するなって言われても心配するよ、親だから、、、、、、、、

だって、50過ぎた夫のことをおじいちゃんとおばあちゃんは心配してるもん。

きっと、自分が動けなくなっても親は子供のことを心配するもんなんだよ。

121028_161056今日は、あんまり天気が良くなかったけどお客様がたくさん来て下さり嬉しかった。

お客様と話をしていて、あー!と勉強になることがいっぱいあるのよ。

自分が???・と思うことを聞いたとき、経験に基づいて「あ、そんなときはこうするといいよー」って教えてくれたりね。それはすごく助かりますよね。

こう、寒くなったら熱燗かおゆわりだろなあ、とかの会話も樂しい。

閉店前なのにちょびっと飲んじゃったりしてね。

121026_150915小学五年生の孫(女)から電話がかかってきたので「今日、何して遊んだ?」と聞いたら    「鉄砲ごっこ!」

えっ?なに、、、、どうやって遊ぶの?

「六年生が鉄砲撃つ真似して、こっちが、う!って撃たれる真似するんだよ!」

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

くだらない!、、、、、、、、、、、、、、、、

私たちの子供の頃とおんなじじゃん。

今でもそんなことやるのかい?とちょっとホットした。

2012102614060000薩摩宝山.初芋蒸は2009年秋から新たに登場した新焼酎バージョンです。2012年産/薩摩宝山.初芋蒸は今しか飲めない季節限定品です。創業1845年から受け継がれる伝統の一本、変わることなく旨さを磨き続ける宝山(ほうざん)シリーズの新焼酎。原料には、2012年産、鹿児島県産の「黄金千貫(コガネセンガン)」、麹米は厳選した国産米からの白麹、仕込水は薩摩鋒山の懐から湧き出る伏流水「さつま宝名水」を用いて仕込み、常圧単式蒸留。無濾過、無調整のまま、瓶詰めされた新焼酎です。
その年の天候によりお芋の育ちは微妙に変化します。新酒・薩摩宝山.初芋蒸は新焼酎の魅力であるフレッシュな味わいを残す為に「無濾過・無調整」にて瓶詰してあります。薩摩宝山.初芋蒸は柔らかな甘い香りと重厚な口当たりがしっかりと芋の味を感じさせてくれる芋焼酎の新酒です。

限定/2012薩摩宝山.初芋蒸 720ml 1,100円 1.8L 1,995円
お問い合わせは/酒のたかつや ☎0297-68-2415 fax 0297-68-2474

121026_150825良い天気です。こらからはあったかい布団に寝るのが楽しみでせっせと布団を干してます。

太陽をたっぷり吸い込んだ布団の気持ちいいこと!

で、ちょっとでも寒いのは嫌なので電気毛布もセットしておく。

昔、不眠症だったなんて嘘みたいに眠るのが好きになった。

20111102111754きのう、40歳くらい体重100キロの男の人(トッポっていうんだけどね)と話をしていたら、、、、

「バク転をするのが夢!やってみたくてしょうがない。」なんていうのよ。

ええっ?その年でその体で、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

実は息子が原っぱで遊んでいたとき「バク転やるから補助して!」って言ったの。

で元体操部だった私とむすめはしっかりジーパンのベルトをつかみ、息子がクルッっと回るのを補助するつもりだったのに、、、、、、、、、、、、、、、、


息子はただビヨーンって後ろにジャンプしただけで三人で大転倒!
三日くらい体痛かったよ。

トッポよ!やっぱりいきなりやるのはやめたほうがいい。

121020_115437良い天気ですねえ。

澄み切った空に金木犀の香り、、、、、。

そうそう、次女が三年か四年の頃だと思う。

あさ、金木犀(きんもくせい)の香りがとてもよかったので、娘に「この花はきんかくせ、(口からでまかせ)と言うんだよ、学校に行ったら先生に教えてあげな。お母さんは勉強ができる子より、花の名前をいっぱい知ってる子が好きだなあ。」と言った。

娘は「きんかくせ、きんかくせ、、、、、、。」とつぶやきながら出かけた。

帰って来た娘は「先生、すごーく笑っていたよ!。」と、自分も笑っていた。

しかし、その日以来、あんまり母の言うことは信用しなくなった。

121020_123929夏に自分用に買った帽子をおじいちゃんがかぶっていたのでぶったまげたが(熱中症になりよりいいか)と黙っていた。

その後も爺ちゃんはチョクチョクそれをかぶっていて孫たちも笑っていた。

最近は部屋の中でも、寒くてダウンを来ている時もかぶっていて帽子は「一体化」してしまったのかもしれない。

いまさら「そ帽子は私のだよ。」とは言えない、、、、、、。

121018_180921昨日、ひとつのものを買いに100円ショップに行ったのよ。

普段は時間に追われているから目的買いなんだけど、定休日(自分家)だったので、少しゆっくり見たら、面白いねえ、特に文房具!もともと文具類は好きなんだけど、書類とじるのはこれいいなあ、これで見出しをつけておくとすぐ見つかるな、、、とか

自分の店の事ばっかり考えていて、ああ、自分の店が好きなんだな、ってあらためて思ったよ。

あと、洗濯干すのに便利なの、とか生活用品も買ったらいっぱいになっちゃった。
ええっ?と思うほど買ったけど100円ショップなので驚くほどの金額ではなく、満足度は高かったと思う。

まいパパ、ゆく年くる年の予約ありがとう!
私、メールの返信できないのでここでお礼の言葉です。

2012101611420001>「おおまさり」というでっかい落花生を庭に作ってみた

二歳の孫と掘り起こしてざぶざぶ洗って今から殻ごと塩茹でする。

だいぶ時間がかかるらしいが、自分で作って、自分で茹でるのは初めてなので楽しみだ。

↑このページのトップヘ