たかつやごじゃっぺ通信

たかつや酒店恋女房の独り言

2015年01月

150130_135130きのう、 きいちさん というお客様から、たまごとたくあんをいただきました。

たまごは、ひらがいです。さっそく たまごかけごはんをいただきました。

もちろん、たくあんも手作りです。

こんな贅沢はありませんよね。

今朝は、アルミ鍋いっぱいの けんちん汁を仕込みました。

これで、ばっちりお店の月末業務に集中できそうです。

はりきっているわけです!

150123_152617昨日は、天気予報で 「雪が降る」って言っていたので、、、

夫が 「その配達は、あした行くからいいよ。」

と言っているのに

「雪降ったら、行くの大変になるでしょう?」

「私が行くからいいよ!」って、配達して、閉店したら 「あったかくして寝る!」って

風呂からあがったら 夫、娘、息子がいなくなっていた。

カラオケいくか?とか言っていたけど、本当に行ったんかい、、、

半分あきれて、寝てしまった。

今日は、少し雪降ったけど、ほとんど雨だった。

夫は 「寒い、寒い」と言っていたが 雪だというので 例の暖かい下着にホッカイロを貼り付けていたので、

私は 寒くなかったよ。

やっぱり、雪降らないほうがいいなあ

150129_163157近所の人と新年会をしました。

私たちより 年上のご夫婦と親子 

年上のご夫婦のありよう はとても参考になりますね。

親子もそうです。

お互いを、いたわりあうことが大切なんですね。

おいしいものを食べて、飲んで しゃべって 歌って、、、

年に一度の集まりだけど とても楽しく 有意義な時を過ごしました。

感謝 感謝です。

150127_181954妹が 「お店に 飾るか〜?」といって

「蠟梅(ろうばい)」を持って来てくれ、活けてみたら 春らしくなった。いい香り

ろうばい、、、、

私は 何時も 狼狽、、、、

一日に一箇所だけ 片付けをやることにした。

書類とか、その場で 必要かどうか見極めて いらないのはすぐに処分しないと、、、

あとで、じっくり読む、、、

は、ぜったい無理。

情報が多すぎて、ついていけません。

2015012513090000
すぐ近所から、、、

 100キロも離れたところからバイクで、、、

松戸から 家族五人で、、、

バードウイッチの帰りに、、、

ご夫婦で歩いている途中です

と、いろんなお客様がきてくださり、今日もたくさんの方に、 おもしろい話を聞かせてもらいました。

お店をやっていると、とても楽しいと思います。

昼間はあったかかったのに 急に寒くなってきました。

夕飯は、なんにしようかな?

150120_155824夫と定休日に飲食店街に行ったら、なんやら人がいっぱいいて、ロケバス?

なんかやってるね。って言ったら 夫が 「ショッカーだ!」って

「仮面ライダー」の撮影だった。

面白がりの私はすぐにくいつた。

粉〜雪が舞いそうな寒さの中 ショッカー薄い全身タイツ

ジャンプするときは トランポリンつかうんだね?

で、よくみていたら スタッフがとても年配の方で、 「仮面ライダー」を 愛しているんだろうな

っていう感じがした。

私は 夫が 「もう 帰るぞ!」と言わなかったら もっともっと見ていたかったよ。

150117_150049朝、夫がいれたくれたコーヒーがとてもおいしかったので、話がはずんだ。

夫によると 「五人に一人が不倫している。」そうだ。

五人に一人って すごいよね! と私も 何情報かわからないまま 驚いた。

私も 夫も(あ、よく考えたらわからないよね?) 今のところ 不倫はしていないが 人の気持ちなんて
変化するから、これから先のことはわからない。

そんなことより 写真の 「きおろしせんべい」の まだ焼いていないのをゲットした私は そっちのほうが 楽しみでたまらない 。

150116_105158風のない 静かな天気 太陽がふりそそぐ って、すごく嬉しいね。

思わず、予定にない 金魚の水槽を洗ったりしちゃいました。

来福の弧被りが届きました。

おめでたい感じ満載ですよね!

樽をつくれる人とか、こもを作る人とか、少なくなってくるのかなあ?

なにもない、ふつーの日が ありがたいね。

150108_092123先日、風の強い日に、自転車を向かい風の中必死にこいでいる ちっちゃい人を発見。

「みそだ!(親友)」と思ったら みそだった。

みそは 新年になると 姉ちゃんのつけたはりはり漬けと おもしろグッツを持ってやってくる。

そのはりはり漬けは、なんともおいしくて 「また今年もはじまった。」という気になる。

来客が少なかったので、夫が酒をついでくれ 最初はみそだけ飲んでいたが、そのうち私も飲みだしてけっこうよぱっらた。

自営業じゃなくちゃ、そんなことありえないよね。

そのうち、けっこうな雨になったので、夫が自転車を軽トラにつんでみそを送っていってくれた。

夫に 感謝した。

150110_132117うちの爺ちゃん(90歳)は 通販が大好きだ。

年中、いろんなものが届く。

今回は ヒマラヤにもこの肌着一枚で登れる!というふれこみの、あったかい肌着。

寒がりの爺ちゃんにとって 必須のものだったに違いない。

上下で、かなり高いようだが、「あったかい!」と じいちゃんが絶賛するので、

「私にも買ってくれる?」と 言ってみた。

普段 物をねだらないので じいちゃんは 「へ?」と 言ったが 少し考えて

「買ってやっぺよ!」と 言った。

調子にのった私は 「祐ちゃんも 足腰が冷えるみたいよ」と言ったので

爺ちゃんは、二人分買うはめになった。

十年もつというので、じいちゃん百歳になるまで、着られるね!

かん高い声で 宣伝する通販会社の社長よ、見えないけど家はお得意様なんだよ!

↑このページのトップヘ