高槻支部主催 高槻市後援

平成31年1月13日(日)開催セミナー申込書はコチラ

 

メール:takatsuki-s@osaka-mankan.com

FAX:072-687-1136でお気軽に

もちろん携帯:080-3784-9386まで

お問い合わせください。

 

こんにちは

高槻・島本マンション管理ネットワーク

山口 俊一です。

 

年一回定期点検のおり、

屋上の水槽室(壁に開放部あり)内に設置された

高置水槽の内部に、鳥の羽などの異物が入り込んでいた

 

壁の開放部には金網が張ってあったが、

一部破損して鳩が入り込み、水槽室内には羽が散乱する

 

水槽のマンホール蓋は閉まっていたが

施錠されておらず、また、オーバーフロー管の

開放部には、防虫網が取り付けられていなかった。

 

定期点検は年一回行っていた。

 

原因:年一回しか水槽室の点検を行わなかったため

壁の防鳥ネットの破損を発見できず

 

鳥の侵入を許したために水槽室内に鳥の羽が散乱し

強風時にマンホールの蓋が浮き上がり

 

散乱している鳥の羽が侵入した

又は防虫網のないオーバーフロー管からの

侵入などが考えらてる。

 

点検業者は高置水槽内を点検後、マンホール蓋に

南京錠を施錠するようになっているはずだが

確認漏れだと考えられる。

 

すなわち、高置水槽周りの点検・整備不良による

トラブルです。

 

対策:

・施工業者にマンホールの施錠確認の徹底

・オーバーフロー管に防虫網を堅固に固定する

・壁の開口部には破損しにくい堅固な防鳥ネットを

取り付け、3ヵ月毎に高置水槽部屋の点検を行う。