高槻支部主催 高槻市後援

平成31年1月13日(日)開催セミナー申込書はコチラ

 

メール:takatsuki-s@osaka-mankan.com

FAX:072-687-1136でお気軽に

もちろん携帯:080-3784-9386まで

お問い合わせください。

 

こんにちは

高槻・島本マンション管理ネットワーク

山口 俊一です。

 

国土交通省が5年ごとに調査する平成25年度

マンション総合調査結果によると


マンション管理組合の役員の選出方法は上図の如く

順番(輪番)72.7%と最も多く、次に立候補が32.3

3番目が推薦22.8%となっており

 

多くのマンションでは、輪番制で役員を決めている

ことが分かります

 

輪番制とは、事前に住戸ごとに順番を決めておき

持ち回りで順番に理事を決めておく方法です。

 

一般的に1年任期で理事の全数を改選しますが

最近任期を2年とし、半数ずつ交代していくという

方法がでてきています。

 

立候補制については、自ら理事をやりたいという人が

立候補し、理事に就任する方法です。

 

実務上は、まずは、理事会で立候補者を募った上で

立候補者がいない場合には、輪番表に従って立候補者を

理事会で選出している管理組合がほとんどです。

 

立候補制のメリットは区分所有者から信頼が厚い方が

理事長になった場合は管理運営の合意形成が比較的

容易に進みやすくなることです。

 

しかし、デメリットとして

 

立候補制とる場合大規模修繕工事を受注したい等

他の目的があって立候補することもあり

 

管理規約の中に「役員は、その関連する企業を含め

管理組合と契約し、又は見積書に提出等営業行為を

することはできない」との倫理条項を設けることも

検討課題です。

平成28年度改正標準管理規約第37条の2を参照

 

輪番制でのメリットは、公平性という観点から

全ての区分所有者が理事の経験をしておくことができ

 

理事を経験することで、建物の状態、設備の設置位置・

状態(いつメンテするのか余分な工事をしていなか等)

マンション管理に関心を持つことができます。

 

その他、輪番制では事前にいつ役員になるか分かるので

事前に外部セミナー等で勉強して気持ちの整理をして

おくことができます。

 

役員は一般的に年一度通常総会で選出し決定をしますが

輪番制だと役員になる時期が予め分かるので

計画が立てやすくなります。

 

デメリットとしては、輪番であまり理事会活動に

積極的でない方が役員になった時に

理事会活動が停滞してしまう懸念があることです。

 

また、輪番制に従って自分の順番が回ってきても

理由をつけて断ることで、役員のなり手が確保できない

ことになります。

 

そうすると、管理会社のいいなりになり

蓋を開けて見れば、修繕積立金が不足して

大規模修繕工事ができなくなり管理不全の

マンションになってしまいます。

 

マンションは標準管理規約第7条第1項に示すように

住戸番号を付した住戸1つに所有権があり、

それぞれに考え方が異なるので合意形成が難しくなる。

 

そこで、区分所有法、マンション管理適正化法

管理組合で承認された管理規約でシバリを設けて

運用しています。

 

最後に「自分のマンションは自分で守る」を

スローガンに試行錯誤しなから運営されることを

祈ります。

 

そのお手伝いをするのがマンション管理士です。

 

この1年素晴らしい年であることを!!