ユーチューブで管理組合と自治会の違いを学ぼう

 

高槻・島本マンション管理ネットワーク

山口 俊一です。

 

ご質問は、

メール:takatsuki-s@osaka-mankan.com

FAX:072-687-1136でお気軽に

もちろん携帯:080-3784-9386まで

 

マンションにはいろいろな考え方をお持ちの方が

住んでおられます。そこで所有権をお持ち方で組織する

管理組合の円滑な運営のためには、まず誰が組合員で

あるかの把握から行う必要があります。

 

財産を共有し毎月〇万円という費用を支出している

団体ですから、いったい誰と一緒に所有しているのか

確認しておきたいものです。

 

管理組合自らが区分所有者名簿を作成し適正に管理

保管しましょう。

管理会社が作成し保管している場合でも組合の手元にも

用意しておくべきでしょう。

 

賃借住戸がある場合は居住者(賃借人)名簿も

作成しておきましょう。

 

個人情報の保護は大切ですが、名簿がないと管理費や

修繕積立金の滞納があった場合に、納入義務がある

区分所有者への適切な督促が行なえない、緊急時に

区分所有者や賃借人への連絡が行えないなどの問題が

発生します。

 

・名簿に必要なことは次のとおりです。

1.   住戸ごとに、世帯主名、電話番号、不在の場合の

緊急先が記載されていること。

2.   区分所有者名簿と居住者名簿の2つの名簿の

作成が望ましい。

3.   定期的に最新の内容に更新すること

(改正適正化施行規則認定基準の1つになる)

4.   外部への流出には十分注意すること

5.   可能であれば、災害時等に支援が必要か否かの

記載

(例:寝たきり等で避難に際して介護が必要かを把握)