定例会初日の質問(H29年9月定例会)


一斑質問の内容。
白石 英行議員 自民党

1. 政策立案過程における自治基本条例の成果と課題
2. 地方主権の確立に向けた行動
3. 団体補助金制度の転換と新たな文化プログラムの実施
4. 職員数や外部委託経費のバランス
5. 地域連携に「交流都市紹介状又はパスポート」の発行
6. 地域産業の情報発信力
7. 再開発と地区計画
8. エリアマネジメントの活用
9. 民泊抑制の条例制定
10. 区内国私立学校と取り組む貧困連鎖の解消


品田 ひでこ議員 ぶんきょう未来(民進党所属)

1. 「健康都市宣言」と「がん対策推進条例」制定で戦略的な取組を
2.乳がん検診の完全無料、超音波検査とマンモグラフィ検査の併用を
3. 保健サービスセンターの改善と3階を区民の保健室・健康ゾーンに
4.専門家による小中学校「がん教育」を全学年で受けられるように
5. 音羽通りの南側から江戸川橋までの無電柱化工事を早急に
6. 巻石通りのバリアフリーと無電柱計画の取組と今後の予定は
7. 幼児教育の無償化に向けた段階的取組と今後の予定は
8. 旧労働会館の土地利用、後楽幼稚園こども園化、清掃事務所の統一
9. Bーぐるの路線拡大とバスターミナル設置等、早期な実現を




関川 けさ子議員  日本共産党

1. 2016年度の決算等について
2. 区民要求を後回しにする基金積み立ての財政運営は改めること
3. 決算の余剰金を予算化するなどして区民要求の実現を
4. 再度の戸籍住民課誤送付問題、民間委託はやめ直営へ戻すこと
5. 20の窓口業務が委託可能に、これ以上の委託はやめること
6.異常な補助金投入の春日後楽園再開発は、補助金を見直すこと
7. 国民の権利を守る立場から医療、介護などの改善を
8. 高齢者医療・介護の負担増と給付抑制問題について
9. 元町公園、旧元町小学校保存問題について



以上 文京区議会議員 高山泰三