2017年03月11日

さすらいの旅に

そろそろ2年ですね。

2017年度の部門予算も決まって平和な日々に戻りました。

昨日は、きりんと二人でグランとルナに人探しの旅に出てました。

当時の敵対クランの英雄がいたのでアジトに案内してもらいました。

shinji
takayuki198 at 17:09|この記事のURLComments(0)

2017年03月05日

アップデート!ザケンきたよ!

ザケンがきました!
同盟で一度だけ行きましたが強すぎて撤退したようです。

アップデートが来たということで大分時間が空いてしまいましたが2月に起きたことを振り返ろう。

まず、2月上旬です。
私のサブに岬君というキャラがいるのですが敵対に襲われるようになってから無視しながら狩りしていたらある日こうじゃんに言われたのです。。フリテレ3000枚と共に。。。「これ渡すからもっと目立つところで狩りしてね」と。当時は、アップデートが迫ってるということでレベル低い人を優先的に傲慢11Fの範囲狩りにいれていたので敵対に手薄であることはバレないように工夫したかったのです。※監視あったのでバレてたと思いますがw

0の境界が来た今となっては微妙かもしれませんが3人とかごく少数でやってた日もあったので殆ど襲われることなく効率的に全体のレベル引き上げが出来たことは大きかったです。結果として翼君と岬君のゴールデンコンビは襲われまくったですけど!とても楽しかったです!

2月の中旬ごろに、LAのMMが復帰したとのことでLA要員の一部の方はそちらに移動していきました。元鯖から付き合いがあった人がついていくのは当たり前ですし、いろいろカオスな感じにしてくれそうなので楽しみです。※ルナ鯖の人で復帰してくれる人がいるとうれしい!うちからもゆとりんがLAに移動していきました。

ゆとりんは外野からではわからない魅力があるんですね。
なんだかんだ1年以上一緒にやってきた中で、血盟を大きく盛り立ててくれたので本当に感謝です。
在籍当時に色々なことに対して外野が迷惑だと感じたことがあったとしてもそれは血盟が許可をしたことですから。
12月頃からLOLにはまってて中々ログインしなくなっちゃったこともあったのでMMがきっかけで復帰してくれたのであれば本当にうれしいな!
今後どのような道になるかは不透明ですが、何があっても仲間であった過去は変わらんのでお互い頑張ろう。
アスピさん、アスタさんも本当にありがとうございました。


最後に血盟戦の状況ですが、うちとしては情勢は全く変わってないかなという感じです。後発だったヘル組の人たちとサブ転生してた人たちのレベル追いついてきたので同盟全体としても大分伸びしろもありますね。
アップデートも来て、うち以外のレベルも上がってきてどのようにサーバーが動いていくのか。その中に自分たちは多分いるだろうし、個人的には楽しみで仕方がないです。少なくとも勝ち負けして悔しい><みたいな状況が欲しいですね。ログインしたらPVしかしない日とかあってもいいなあ。とりあえずウーサがドゥーム覚えてやばいのだけは何とかしないと・・・



一応ポイントはこんな感じ。
無題

takayuki198 at 00:26|この記事のURLComments(2)

2017年02月02日

第5期オリンピアード終了!

惜しくも英雄取れませんでした!
Anikiに全勝してたらいけたはずだったのですがどうやら無理でした!
しかし、Anikiと戦った後に他のDAと数回当たりましたが
装備のスペックもさることながら動きが全く違いますね。
超楽でした。
血盟のPvPには絶対数に比べて参加率が低いので
脅威を感じることは現状ほとんどないですが、今後はわからないですね。
気を引き締めましょう(^_-)-☆

オリンピアードですが、私達の同盟はいわゆる談合ということをしています。
ちなみに当然ですが、やるかやらないかはオリンピアード開始時に話題になりました。
話題となったのは、布告を受けるリスクについてです。
僕はルナ鯖出身なので、談合というのは敵味方どちらもやっていて当たり前だと思ってたのでぼけまさんに「布告を受けるリスクをちゃんと考慮しないといけない」と言われた時、意味が分からなかったんだよね。
どうやらオリンピアードを個人で戦う物だと理解してる人がいるからという話で、むしろそれの方が多数派かもねと言われてびびった記憶があります。
オリンとか敵対から英雄を出させないように工夫してこちらの英雄を増やす物だと考えてグループで戦う物だと考えていたから新鮮な意見でしたね。

今回のオリンの仕組みとして職業格差により、高レベルでポイントを自力で取れる職でない人が英雄を取りづらい仕組みになっています。Lv50台、60のキャラにぽんっと英雄取られる可能性が高いことも含めてマッチングシステムの改善は必要だと思います。その結果談合が出来なくなるコンテンツであれば良いですね。


こういった背景や当時は敵対はいませんでしたが、BOT(Meltsのポイントが伸びてる)ことも考慮して当時は以下の通りに方針を確定。

 ッ鵡腓鬚垢詒楼蓮Д優ロ以外も含めて全部。(書いてたら思い出した。高レベル後衛職にたいする配慮です。)友好同盟(ウーサ)と競合したところは譲れる職であれば譲る。
◆ド杞陲気譴襯螢好:ウーサのところに言われたら考える。BOTが英雄を取らなければ同盟としても積極的にやる理由もない。※この点については、ウーサにはジオから事前に話していますね。
.他の同盟が談合したら:場合分けするが、何かしらの対応はありえる。

とまあ、こんな感じです。
同盟としては「談合をして布告をされるかもしれないリスク」を取ったわけです。

その後、第一期オリンピアード後にtakasabureさんからレベルに話があったのです。
談合が嫌な血盟員がいるから何かしら考慮出来ないかと。これに対しては具体的な妥協点を話し合うことで3週目まではガチでやる方向で確定。そしてそのタイミングでギラン城での血盟戦が開始したというGMWとしては何とも微妙な結果でしたね。。。

血盟戦が始まってからは今後布告されるリスクより現状を優位に進める方を取って談合をしている感じですかね。今後この優先順位が変わる出来事があれば積極的な談合はなくなるかも知れませんが。それはまだわからないですね。

僕が英雄になることはないな。下手過ぎるもん。



takayuki198 at 08:49|この記事のURLComments(0)

2017年01月10日

血盟戦状況について【書いたよ!】

こうじゃんにポイントをツイッターに貼られたので何を書こうかしら。

ランキングにしよう。

ネクロ視点の敵対脅威ランキング
1位 アンダーテイカーさん
⇒シリエンテンプラーの英雄さん。硬いし、魔法通らないし、LSあるしの三重苦!
高確率でPvPに参加しているので1位です。単独で倒せると調子にのって負けることも多々!マッスルハンターさんと組み合わせてくるとDC着るべきかマジェ着るべきか非情に迷いますね。年明けから暇だから道楽でSK作ってますが(今のところバレてない)LSがあるから強いってわけでもないですね。僕が操作するとまじゴミです。

2位 マッスルハンターさん
⇒ゴリラです。ジロ入ったら耐えれない。PvPにも大体いますし、うちの被ゲット上位だと思います。敵対にいるゴリラっていつも強い人多いよね。oceanのSBを思い出します。

3位 ウーサ
⇒ネクロの英雄だった人!敵になる相手にウーサだけはやだなって思ってたけど敵になったらやっぱり強かった。最近は忙しいみたいで中々ログインみないけど元気かな。オリンでは動きの差からほとんど勝てない。いるときは絶対PvP来るから怖い(>_<)

4位 あみだらさん
⇒サイレンス!サイレンス!サイレンス!気づいたらサイレンスかけられてる。けけではないか疑われている人。高確率でPvPに参戦してくる印象。魔法が痛いよ。

5位 ネジさんさん
⇒スペシン!火炎ネジゾーンの人!帽子来る前は的だわーと思ってたけど帽子来てから怖くなりました。PvPにはほぼ常にいますね。

6位 Mooncalfさん
⇒開戦してから1ヶ月ぐらいかな?それまでは火曜日のPvP時間というゴミ時間(この時間のPvPはジオ全体としてまともにやってない)以外はほとんど死んだことなかったので余裕ぶってました。そんな中、忘却でフェイタルワンパンされたのが凄い印象に残ってますね。GvGでは真っ先に狙ってますが無敵帽子使って上手く逃げられることも多く課題です。


大体こんな感じかな?
takayuki198 at 20:06|この記事のURLComments(5)

2017年01月09日

あけましておめでとうございます。

早いものでも2017年ですね。

今年一年もいい年になりますように。
最近は、PVも活発になってきて楽しいです。
といってもゴールデンタイムは殆ど変わりませんが。。

勝ったり負けたりみたいなことを延々と繰り返したいですね。


hanabi


takayuki198 at 02:41|この記事のURLComments(0)

2016年12月16日

血盟戦の歴史(GMW編)

OcOさんからリクエストあったので書きますね。

LTMへの布告の直接的な理由は彩月さんがゆとりん以外の血盟員に先制で攻撃したからです。

ただこれも積み重ねなんですよね。一回だけでは布告はなかったでしょう。まず、うちとLTMはご存じの通り同盟関係でした。
といっても血盟戦には参加してこないボス狩り、戦争のみ共闘してたような本当の意味で同盟とは呼べない間柄だったでしょう。結局盟主が持ち逃げして解散。LunaticAが来たけど血盟の安い物を買ったりしてからSW入り。
今LTMにいるメンバーは関係ないですがこの頃からLTM嫌いな人は出て来た感じだったね。
また、野良時代に旧LTMメンバー(〇者)に殺された人もいたのでヘイトは高かったね。

それから月日が流れて年度始めあたりだったかな?LTMが活動再開するって話がありました。この時にまた一緒にやるかどうかって話になったんです。結局戦争で戦いたいからと一緒にやらないことになったのですが、いずれ敵になることを宣言されてるなら今潰しとくべきだろって話が血盟内でもありました。特にその当時、SWの転生がLTMに行く可能性も高かったので。ただうちには信頼しているヘルがいてそことの関係もあったので強硬な態度はとれず。

その後は、あまり活動している様子もなかったのですが、6月ぐらいでしょうか。元ヘルのメンバーがLTMに加入しました。ヘルGMWに残ったメンバーをよそにBOTに謝罪した人だったので、そこでも強硬な態度を取るべきだと主張したメンバー(私も含めて)がいました。

その後、当時ブラックボックスとしていた傲慢の団長イベントで監視をするという敵対行為がありGMWとしては次何かあったら布告することが確定。

そして、ゆとりんと他の血盟員がR巡回してる際に、ゆとりん以外の血盟員を彩月さん(あみだらさんかも?)に先制攻撃されたことで血盟として布告という形です。

ちなみに、彩月さんについてはmyonnではないかという話があるんですがどうなんでしょう?EriorosuがLOP時代に彩月さんから「俺はmyonnだよ」っていう話があった後にmyonnからwisが来たということでした。当時のLOPがmyonnとわかってて血盟に加入させてる点が解せないですがね!さすがに事実確認してると思うので、わかる人いたら教えてほしいな。彼がmyonnで無いのならなんで彼はmyonnを騙ったのでしょうか。

gouman
takayuki198 at 13:31|この記事のURLComments(0)

2016年11月29日

主観的のみの記載をすること

伝次郎の紹介は延期になりました。だって伝さんだから許されるよねって話に嘘がありましたから。オリンでパンサーなし、Cクリなし。みんなブチぎれてました。(僕以外)

あ、伝次郎がMOBヘイトしてくれると思って透明化入れなかったのにヘイトしてくれなくてMob死したんです。伝次郎さんは敵対の短剣さんの動画があるので40回見て反省してください。(イイネ!もおしてあげてね)


そういえばオリンでウサナナさんの談合がありましたよね。敵対の短剣さんのハウラーさんタイラントさんとの闘いについてです。

同盟内でも話題にはなりましたね。ハウラーさんに関しては上手い方だと認識しているので不自然に感じる人は多かったです。(こんな感じだったと思う:ハリケーン(ハウラ)>スイッチ>バックスタッフ>デッドリー>スイッチ>バックスタッフ)

タリス入れないとかいつもの反応速度じゃないなとか言われてましたね。タイラントさんにいたっては、相手をタゲることなく完封でしたからね。


ちなみにビショさんとの闘いに関しては、その時点でお互い英雄候補だったのだからガチでやるでしょう。なのでそれが談合してない理由の証明にはならない。

とまあ主観的且つこちらの都合の良いように書くとこんな感じです。でもそういうもんだよね。こういうのは推測の域を出ることはないです。だって証明のしようがないから。


敵対の〇〇がやったぞ!>やるわけがないとか言われても主観的に思ったことを主張するしかない。
ゆとりんが〇〇やったぞ!>やりそう!絶対やってる!



なんか一人だけやたらジオ内でヘイトの高い人がいるのでその人を思いながら書いたのになんか違う方向になってしまった。。。言いたかったのは相手を落としつつ自分主観が絶対正しいように書いてるけどなんかそれはどうなんですかね?ってことだったのですが。



<素晴らしい年始の挨拶>
nensiaisatu
takayuki198 at 00:55|この記事のURLComments(4)

2016年11月22日

アインの暴君

クラシックが始まって、1か月ぐらい経過した頃でしょうか。れべるに言われたんです。「ナルミさんがクラシックはじめるよ」と。

僕はルナ鯖の惨劇を思いながらこう言いました。
あぁ、これでアイン鯖も彼の支配下に置かれることになるのかと。


彼はルナ鯖であらゆる敵対をなぎ倒してきた猛者でした。彼に逆らってルナ鯖に残った人はいませんでした。亡者に出たら1回の巡回で複数人を倒してくるのは当たり前。聖者に出たら何もしてないのに相手が死んだりしてました。最盛期には、アジトの管理人に弓を一発撃っただけで4人の敵対が死にました。


そんな彼のクラシック初日、僕は2mを要求されました。この頃の2mは僕にはとても大きかったです。でも逆らうとどうなるかは火を見るより明らかでした。当然、他の人も同じように思ったらしく、たった1日で彼は成金になってました。それがついこの間「あの時の2mだよ」と返ってきました。当時の価値とは全然違うけれど、返ってきただけで僕は満足でした。


彼は、狩りより課金釣りが好きでした。課金釣りがあったのでレベル55の壁も一番に抜けました。課金釣りがあったのでレベル60の壁も一番に抜けました。課金釣りがなかったのでレベル70には一番遅くなりました。

そしていまレベル77の壁を課金釣りで抜けようとしています。

今日の朝、彼からラインが来てました。「忙しくて中々リネが出来ないけど、俺がいないときはお前と伝次郎とカデシュが3倍働けな? そうすれば、俺の5分の1ぐらいの働きにはなるからよ。」僕は、わかりましたと答えました。

さあ、今日も頑張ろう。
ou
takayuki198 at 01:17|この記事のURLComments(10)

2016年11月14日

血盟戦の歴史(GMW編)

なんかブログのコメント欄にいろいろ書かれてるなと思ったら
掲示板に書かれてしまっていたのね・・・この恥ずかしいブログ・・・。
もう仕方ないのでブログ村登録しました。
10年前から書いてるブログなので昔の記事は恥ずかしすぎて非表示にしときました。

元敵対さんが言うように、あんたらが何してきたのかという点についてちょっと考えてみようと思います。

まず、うちは個人敵対と血盟敵対を区別して考えております。
※これあんまりしっくりこなかったんですよね。なんだろう個人敵対って?ライブじゃ見たことなかったけどクラシック特有ですか?

仝朕妖対:あくまで個人敵対。
誰も助けないから勝手にやれよというスタンス。個人敵対をするにも当然血盟主に理由を話して承認をもらう形から始まります。 大抵の場合は、煽りをされたとかそんな話ばっかです。PT中だろうが、何だろうが個人が狙われる分には手出しはなし。        

落としどころも個人の裁量次第。※重要ポイント※


僕も一度だけ、煽りを受けたことに起因してWBさんと個人敵対をしたことがあります。
1日で終わりました。今後は仲良くしてねというゆとりんには真似できない条件で停戦しました。

血盟敵対:血盟全体として敵対すると判断した場合のみ。 血盟戦を終了するかは盟主が判断。

,聾朕佑里海箸覆里如↓△砲弔い匿┐譴泙靴腓Δ。

<第一戦:LA> 結果:ボロ負け(僕の主観!現盟主は引き分けと主張!ゆとりんはどう思ってるだろうか。)

狩場でのもめ事から敵対に発展。当初は勝てると思ってた人が多かったけど、結果はボロ負け。
僕個人はレベルも低くワニ島で、ReaperCrewさん、ドンさん、轆轤歌さんと戯れてました。
その頃にも日記書いてるけど、ライブじゃ何百人が敵だったので全然巡回甘いじゃん!とか思ってたけど、高レベル狩場は少ないから高レベルの人は大変だったよね。当時の盟主判断なんかも色々いけてなくて本当駄目だったな。

<第2戦:秘密> 結果:ボロ負け→BANの力は偉大だね。
DMYと秘密が組んだことによる敵対関係の始まり。同日内に、LAと和解。攻城戦を主体としていたヘルワークス、Zodiacも加えて同盟関係に。これ未だによく和解したと思うよね。LA組とはここからの付き合いです。もう一年が経過したと考えると早いですね。
ゆとりんを筆頭にLA面子と一緒にやれたのはプラスがかなり大きいね。

血盟戦は単純なレベル差が凄くて私たちのパーティーは田中太郎ゲームと称したリコゲームを毎日10回以上繰り返しながら槍範囲やってました。
DVにいた秘密のBOTに「めげない」というキャラがいてこのキャラから名前を取って、たかゆPTはめげないPTと呼ばれながら毎日狩りに行っては襲われてというのを延々としてましたね。

流れが変わったのは1月の中旬ぐらいかな?秘密の盟主であるおれんじーながBANされたのと、こちらの1軍PTが70+になってきて相手にスタンが入るようになってから形勢が変わった。
1月下旬の戦争で人数差も大きかったですが、勝てたところから一気におせたのと同時にBOTがINしなくなった感じでしたね。

この血盟戦では、レベル差が大きく常に劣勢でしたが全員がメインを上げることの重要性をわかっており、安易にサブに逃げなかった点が大きかったですね。
それがみんなのモチベーションにも繋がった部分はあったんだと思います。やっぱりメインのログインが減ってくると、メインを育てたい人から見たらやること限定されちゃうからね。

あとは、おちゃ、めみん、ナルミ、カデシュさん、莉羅さんとある程度毎日やろうねと決めたメンバーがいたことも大きかったと思います。

ちょうどそのころグランカインからWayの2大KMの一人、きりん子さんが来たのは個人的にはモチベも含めてうれしかったですね。初日に、課金釣りしてておちゃと笑いましたがw

<第2戦(番外編):SW>
忘れてました。
知っての通り、BOT支援血盟としてうちは敵対をしてました。
当初2PTとかで狩りをしながらやってましたがゲリラ的に狙ったりを繰り返した結果
1か月後には1PTを切るような形で狩りをしてる感じでしたね。
inatokからハザボを取り上げたあたりから、向こうのINも減ってきた感じです。
BOTがいなくなってからは、基本的には狩場で見かけたら常に排除を延々としてた感じ。
個別対応はするだろうけど、最後のほうまで残っていた6〜7名は許さんでしょうね。

<第3戦:狩り豚オンライン>
BOTのまりゅと決闘して遊んでいたBAYFLOWをゆとりんが殺した際に、煽ってきたことが起因となり血盟として敵対。
1回だけだったら血盟として布告するかは議論になったかもしれないがこの人の場合、前にも同様のことがあったことから血盟として布告をしました。
基本的に向うからの交戦は、BAYFLOWとそれに同調した2名だけでした。
それ以外は、こちらが襲って向こうが死ぬかBをしていう形だったかな。
殆ど交戦がない間で、向こうの盟主から問題を起こしたメンバーを除名したので許して欲しいと停戦要求が来たのでPVにかかった消耗品請求(いくらだったかな、大した額ではない。)⇒停戦交渉するという話になった。

和解条件は以下の通り。

BOTに英雄を取られる職が出てきそうな場合、オリン協力をすること。
敵対行動の禁止。
BOT排除の全面協力。


一旦ここまでにしよう。
残りは、また別記事にして書きます。
takayuki198 at 01:10|この記事のURLComments(17)

2016年11月12日

必殺技仕事人

血盟戦が始まって四週間くらいでしょうか。
情勢も含めて軽く書いときます。

『優先順位』
まずは血盟戦最優先、狩りは二の次でした。
血盟戦で一番に優先したのは敵対の槍範囲潰しです

現時点で高レベル狩場は限られており槍範囲が可能な箇所は傲慢とDVCのみです。(不味いことを想定すれば火炎と過去戦もありですが)
ここさえ潰せば槍PTはできずに泥沼のPVに引きずりこめる予定でした。

まあ、実際はそうならなかったので血盟、同盟として方向転換がありました。
社会人タイムは狩りもしながらPVをすること、低レベル層の引き上げを早急にしていくこと。

現時点では、それが出来ているのでうちらにしてみたら当初目的に比べて
良い条件で血盟戦は進められているということにはなるでしょう。

こうなってくると大体流れは私たちが秘密相手にやってた時と同じ形になります。
やる気のある人だけでPTを組む、朝練をするという形になる。
朝の監視もしていますが人数差もあり、こちらが負ける可能性もあるので
排除や邪魔はしていない時が多いです。
人数の把握は毎日しているのでこれ以上人数が増えたら対策はするでしょう。

とまあ、こんな感じです。






privatemethod





タイトルの回収が出来ていなかったので僕の必殺仕事人キャラを挙げておきます。
このとき、マッスルハンターさんを粘着してたらサブキャラで煽り行為をされたので
20回ほど殺してたら起きなくなったシーンです。

僕、会社の後輩にねよく言うことがあるんです。上司の受け売りなんですけど。

「折衝をして相手に非があることを主張するときは、こちらの瑕疵がないことをしっかり確認してから言うんだぞ。実はこっちが悪かったとか、お互い様みたいな話になったからダサいからな」と。



談合王、独占広報、リスタ何とか。煽りキャラ一杯いますね。
takayuki198 at 07:17|この記事のURLComments(6)

2016年11月03日

トリコロ隊

ホラーの神様(マジェおめ)こと伝次郎発案のトリコロ分身隊。
いつ来るかわからない血盟戦のために皆で作っていました。

真ん中は教祖であるトリコロ様。
何号まで増えたかわかりませんが
フィールドを縦横無尽に駆けまわっています。

torikoro






血盟戦の状況は、思った以上に交戦がなくて悲しい。。。
社会人タイムはこちらがある程度主導権を取りながらやってるかな。
実際、PVも決まった人しか出て来なくなって来ているのでやったりやられたりは大分少なく。。。
GMWとしては数か月間は狩りが出来なくてもというスタンスで始めた血盟戦だったけれど
ルナ鯖みたいな熱いPvではなくて少し残念かなあ

ウーサが英雄なったからそこが楽しみかな?!

朝起きたら色んな意味で面白いチャットが続いてたので取ってみました。
血盟戦のポイントは、戦争分(タカナナ:5P、OutCast:10P、ブリタニア:5P)を差し引いたのが
フィールドでやりあった分って感じかな。

ketumeisen
takayuki198 at 12:11|この記事のURLComments(0)

2016年10月19日

開戦

ウーサのところと開戦しました。
単純にGMWから見た経緯だけ書いとこう。
way出身なもので、そもそも常識が他と違う気がするのでご勘弁を。

■まず前提となる同盟の関係性について
基本は、対等関係でお互いの血盟方針は結構違う。
GMWはスポ戦もある程度認めてたしね。
揉め事が起きた場合はお互いの意見をまとめて盟主間で方針を決める形かな。
(これまでは、GMWがもめ事起こすパターンが多かった、、、?)

■経緯(個人主観多いです)
《戦争前日》
タカナナからレベルに祭りで攻めたいという話がある。
多分アデンはNPCが強すぎて攻めてきても
面白くないよみたいな話があったのかな。
結局ギラン攻め。
ギランはヘル管轄なのでぼけまさんに確認してねってことに。

《戦争当日》
ぼけまさんとタカナナで話があり、ウサナナが攻める分には問題なし。
他が来たら布告するとの話で合意したと聞いた。
この時点でどうなるか不明なのでGMWは静観。
戦争開始後、ギランにブリタニアが来たため、ヘルが布告。
その後、ヘルにウサナナが布告。ブリタニアがウサナナに加入。
喋ったことがあるぷる太郎経由でネジさんに他来たら布告するってタカナナと話してたのを知っていたのか確認。聞いてないとの回答。
GMWとしては、バイウムをまずどうするんだという点にかなり焦点が当たっていた気がする。
元々一般の手伝いもしながら布染してる人多かったからね。
戦争は特に問題なく、ギラン防衛。

《戦争後》
GMWとしてどうするか議論。
問題点は、大きく3点。
.丱ぅΕ爐匹Δ垢襪。
⇒僕一般のお手伝いまでしたんですよ?
とゆとりんが言ってたのが印象的だった。
どの口が言うんだよとw

▲屮螢織縫△鬚匹Δ垢襪。
⇒仲裁するならまずはここから話すのだろうと考えてた。レベル差あるし戦っても向こうは色々かわいそうなことになるなぁと思ってた。

ウサナナをどうするか。
⇒タカナナはどうでもよかったけど個人的に
ウーサのところとは戦いたくはないと思ってた。

話した結果は以下の通り。

対応としては◆↓⇒,僚腓嚢佑┐襦
GMWとしては停戦する方向で動き、ダメだったら
血盟戦してもいいというスタンスになったかな。
僕個人としてはヘルと言う同盟を見捨てる決断は
ありえないよと主張した気がする。
(LTMの件があったからね)

まず、△砲弔い得鐐菽罎縫劵▲螢鵐阿靴燭里
僕だったのでそのまま話すことに。

GMWからの条件は、
1.同盟を抜けること
→ウサナナからはヘルに対して先制で布告があったので、まずは区別したかった。 については、レベルがウサナナと話してたのでブリタニアと停戦すればあとは収束に向かうかなと考えてた。
2.敵対行動をしないこと
→これはある程度ヘルに歩調を合わせる形になったなと今更思うけどヘルに向けて停戦を交渉する材料にしたかったかな。

結果としては、ネジさんからウサナナ同盟としてやっていくので
そのようにお伝えくださいと即答がありました。
この時点で、GMWも参戦していくことで確定した感じ。

バイウムの件は非常に残念(ゆとりんがバイウムやりたいと主張したのも予想外)でしたが、
戦争血盟でやっている以上、仕方なかったのかもしれない。
布告理由もライブっぽくってなんだかんだ楽しそうではある。

大まかな流れはこんな感じかな。

開戦後は、LTを同盟にINするなどなり振り構わずきてるので
お互いガチの戦いが出来そう。

優勢な時もある、劣勢な時もある。
みんなが少しずつ血盟にいる意義を考えれば劣勢であっても何かを見いだせる。
劣勢の時に一緒にやってくれた人こそ本当の仲間だと思います。
自分たちもそうだし、相手もそうであってほしいと思います。

敬意を払いつつも敵対となったからには容赦なく。
takayuki198 at 00:45|この記事のURLComments(0)

2016年08月25日

君の名は。

楽しみすぎる。

新海さんの映画特有の重なるセリフが大好きだな。

秒速5cmの切なさとはちがったハッピーエンドの物語らしい。

どうしても見たくて一人で予約してしまった。土曜日が楽しみだ。
takayuki198 at 21:12|この記事のURLComments(0)

2016年03月09日

計画性

気がついたらもう3月です。桜の咲く季節はもうそこでしょうか。
今年は例年の年度末に比べるとかなり落ち着いている感じ(⌒‐⌒)

リネージュの方はそろそろ中長期的に考えないといけない時期かなぁ。
takayuki198 at 09:01|この記事のURLComments(0)

2016年01月02日

すごく気になる出来事

昨日は千葉県で有名な所に初詣に行ったんだけど
俺の人生の中ですごく大切な人を見かけた気がした。
失礼かと思ってチラ見はできなかったから確証ないけど。

てか、本人だったら本当にびびるな。

元旦から凄い過去を思い出した。
人生で一番楽しかった頃。
とてもいい思い出。

過去があるから今がある。
いい年になりますように。
takayuki198 at 23:43|この記事のURLComments(0)

2016年01月01日

2016年

今年もよろしくお願いします。
目標を立ててコツコツとやりたいものです。

縁を大事に。
その道が本当に良い道でありますように。
takayuki198 at 20:11|この記事のURLComments(0)

2015年12月20日

リネージュ楽しい。

こんな感じで楽しくやってます。

Shot00245Shot00252
Shot00257
Shot00258
takayuki198 at 01:04|この記事のURLComments(1)

2015年08月29日

レベル上げ

仕事が終わったから、狩りをしています。
メインもだけど、サブで血盟ポイントを稼ぎながらちまちま遊んでいます。
PVPはあれば面白いね、やっぱ。
なんか何のためにレベル上げしてるのって話になるけど
結局戦うためだよねって感じで。

血盟戦の印象としては、wayは狩りを優先していることが結構多い感じ。
これは僕も含めてなんだけど、敵対の方達も必要以上にどこかを
巡回していることもない。

ルナにいたころは、1¥敵対が来ない状態で狩りできれば十分だったけど
そういう状況ってのはそうそうない。
僕の場合は、自分で狩り環境は整えてるからってのもあるんだけど。

あとはやっぱりやさしい人が多い感じ。これはお互いだと思う。
敵対になれば、NPCと同じような感覚でプレイはしてるつもりなんだけど
ずーーっと粘着するとか少しでも相手が嫌がることをやろうとか
そういうのはあんまりなくてクリーンなPVPをしてる。

そういった意味ではスポーツ戦争にかなり近い。

まあ、血盟戦が始まった理由は、そもそもよく知らないけど
REVELが頑張ってる間は、wayの旗背負って頑張ろうではないか。


lv51 62%、Lv44 56%、Lv41 28%、Lv38 65%
takayuki198 at 01:24|この記事のURLComments(0)

2015年08月14日

楽しいゲーム

リネージュ2は、なんだかんだ楽しい。
ドラクエ10とは違うタイプ層。

wayのメンバーはだいぶいなくなっちゃって悲しいけど
ルナサーバーで敵対だった人とかと日々楽しく遊んでます。

敵対も出来てちょっとやる気を出してレベル上げしてみました。
もうちょっとレベル高くないと厳しいけど、後衛職育てないと
自前でbuffが出来ないしね。
PVPは、勝ったり負けたり面白いよ。

仕事のほうは、まあまあです。
10月から別プロジェクトに行くことになりそう。
でもまあ、思うけどネトゲのリーダーやってる人は
プロジェクトリーダー、マネージャーに向いていると思うよ。

現実のがよっぽどいい子が多い。

lv50 56%
takayuki198 at 02:08|この記事のURLComments(0)

2015年06月06日

休日に入れない

久々に、中々の障害です。

先週土曜日から引っ張られて、
今週はずっと忙しかったです。

明日も午後レビューだけしに出社しないと・・・。

組織という枠組みの中で偉くなれば当然
発言力は大きくなる。

最近自分の発言の仕方を考えなければならないなと
思うことも多い。

そんな葛藤の中日々頑張っています


lv 44 4.28%
takayuki198 at 01:21|この記事のURLComments(0)
ブログ村
Recent Comments