遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いします。m(_ _)m

 去年から、北朝鮮やらイスラエルやら、なんとなーく憂鬱な(そして我々庶民の立場ではどうにもできない)懸念事項が首をもたげていましたが、なんとか懸念が懸念のままでいてくれたので、無難に年越しができて良かったなと……。(^^;

 両親ともに東京都民(=田舎がない)ですし、海外旅行も趣味じゃないんで、正月に大きなトピックがないのは例年通り。二日酔いとゲームに消えた年末年始でしたが、別にそれでもいいや、という気分であります。のんびり出来るのはありがたいことです。


 さて。土曜日は、新年一発目、fujico overdrive通算299回目のリハでした。
 次回で300回……信じられないですなぁ。毎回3時間だから、計900時間。1回のリハで約20テイク演奏するとして、合計約6000テイク。……その割には、ドラム上手くならないですが。。。

 リハーサルは、新曲の煮詰め作業でした。今月中旬にドラムのレコーディングをやるので、今回固めないといけなかったわけです。まぁ、一応固まったので一安心。fujicoの得意なパターンでねじ伏せた感もありますがw、得意なパターンの曲が一つぐらいアルバムに入っていてもいいかな、と。

 一方、ドラムの演奏は、“悪いなりにそれなりにまとめた”って感じでした。当日、微妙に体調が怪しかったんで、腹巻きとかレッグウォーマーとか、身体を温めるアイテムをフル装備していたところ、演奏始めたら暑くて暑くてw。汗だくになっちゃって、もう大失敗でした。(^^;
 あと、今回は微妙に楽器のセッティング(位置決め)が決まらなくて困りました。これはなんというか、一種の贅沢病でして。普段から自分のエレドラで、バッチリセッティングが固まった状態でしか叩かないもんだから、楽器の位置がちょっとでもズレてるとなかなか調子が出ないわけです。こればっかりは前々からそうなんですが、なかなか克服できない問題。
 ホントはどんな状態のドラムセットでも、左右されずに演奏できるようになりたいもんなんですけど……ねぇ。環境の変化に弱い中年ドラマーは今年も相変わらずのようです。やれやれ……。┐(´ー`)┌

 スネアはSlingerlandのSoundkingを使用。音が太くていいなと思いつつも、もう少し派手目の成分が欲しい気分も感じてみたり。一昨年からブラスシェルとウォルナットシェルに凝っていて、そんなスネアを多く使ってきましたが、ちょっと変化が欲しくなってきたかなぁ。旧エレドラを売却して、今いくらか資金があるんで、次なる一手を模索してみようかな……なんて考えてもいるんですが、さて!?