なんか、思わず衝動買いしてしまいましたw。
fcjump
 たまたま情報が出た直後にネットを見ていたんで、そのまま予約まで一直線。(^^;

 いやはや、見事なおっさんホイホイですねぇ。なんかこう、ジャンプのカラーページに載ってたゲーム情報って、子供心に妙にそそられたんですよね。だもんで、ついポチってしまいました。おっさん一名、まんまと引っかかったって感じw。

 キャラクターもののゲームなんて大体はつまらないんだってちゃんと分かっていたはずなのに、画面写真を見る度に「今度こそは!」と期待を抱いては敢えなく轟沈。少年時代はその繰り返しでしたw。思い出すなぁ。

 ドラクエは別格としても、それ以外はかなりクソゲー率が高いラインナップで、ゲーム機としては全く期待できないですが、“思い出装置”としては素晴らしいじゃないかと。(収録された中で実際に面白かったのは、ドラクエを除けば、それこそキャプ翼ぐらいのもんだったような……)

 荷物が届いたら、テレビに繋いで「うわ〜、やっぱつまんねぇ〜」とか言いながらゲームするのが楽しみです。(^^)

◆ ◆ ◆

 近頃の個人練習では、ただひたすら左手の訓練に明け暮れています。左手と左足が上手く動かないことが、僕の場合、上達の妨げになっている……と気付いたのはもう何年か前ですが(ブログにも何回か書きました)、その後、基礎練を続けて、“ある程度できる”ところまではいったものの、完璧には届かないまま伸び悩んでて……。

 そこで、何とかもう一度気合いを入れ直して、フォームの研究みたいなことを始めました。できてるつもりだった左手の動きも、詳細に観察してみると、なんか微妙〜に右手の動きと違ってる……。いやぁ、研究すればするほど、人間の腕の動きって複雑です。かれこれ一ヶ月近くそればっかりやってますが、ここ数日でやっと光明が見えてきました。

 なんというか、苦手なことって、一回腰を据えて“壁”を突破するまでしっかりやりきらないとダメですね。今まで伸び悩んでいたのは、要するに探求が甘かったんだなと思い知らされました。

 例えば、外国人タレントで日本語が上手な人でも、発音とかは完璧なところまで行かずに止まってるケースが結構多いですが、やっぱ“ある程度できてる”ってところで満足しちゃうと、そこで固定しちゃうんでしょうね。

 上達には何か……執念みたいなものが必要なのかな……と。(^^;