2008年02月12日

おっぱい

メル友の家に遊びに行く事になり、お互いに平日の夜にか空いてないからあまり時間が取れなくて、せっかく会うのにすぐにさよならじゃつまらないって事になって、その日は泊まりって事になった。
仕事が終わってからメールをし、メル友の家の最寄駅で待ち合わせ。
顔合わせをし、スーパーで食材を買っていって手料理を作って貰う事になった。
話に出ていた「巨乳」という言葉通り、かなり立派な胸の持ち主。
しかも結構大胆な子で、いきなり家でもいいって事と泊まりでもいいって事だから最初はちょっと不審な感じもしたけど、どうやら信用できそうだ。
家は1ルームだけど綺麗に掃除されていて、ベッドも広め。大きめのベッドで寝るのが好きとの事で、二人で寝ても十分な広さだった。
冗談のつもりで中に入るなりベッドに押し倒してみたりするが、抵抗する様子もなく逆に楽しそうに「嫌がるフリ」をしている。
そのままレイプごっこをしようって事になり、強引に服を脱がせて手足を縛り、荒々しく胸を愛撫していく。
「でけぇ胸してるじゃん」とか「そのデカパイで何人のを挟んできたんだよ?」とか厭らしい言葉を投げつけると、反応が敏感になってくる。
「お前、こんな風に乱暴にされて感じてるだろ?」といいながらアソコをいじるとヒクヒクと厭らしく締め付けてくる。
指でいじってグショグショにしていき、イク直前でやめてしまう。
しばらくしてからまた弄り、イク前にやめる・・・
繰り返しているうちに顔が必死に何かを訴えるようにトロンとした目で見つめてくる・・・・
レイプごっこだったのに、彼女のスイッチが入ってしまい何をしても嫌がらなくなってしまった。その後は、ご主人様とメイドって感じでたっぷりと奉仕させました。


sita

take102599 at 15:58│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔