ライブドアニュースブロガーの株式投資日記

テレビにでてるアナリストなんてあてにならないと思われているあなた。 一緒に株で資産を増やしましょう。 また未上場の有望なベンチャーの紹介もしていきます。

19

ミクシィ利益はどこへ?プラットフォーム戦略の影。

業績予想の修正に関するお知らせ

平成22年3月期 第3四半期決算短信



中間期は上方修正して絶好調だったミクシィが、
業績下方修正ですか。


09.3期
1Q 1,013
2Q 998
3Q 949
4Q 827


10.3期
1Q 873
2Q 943
3Q 695
4Q 689(予定)


09.3期で業績ののびがとまって、株価ががたおちして、
ようやくもう1度のびを見せて株価も回復していくとこやのに
また急落ですか。


理由はこれです。
---------------------------------------------------------------------

平成21年8月より開始した新しいコミュニケーションサービス「mixiアプリ」は、急速に利用が拡大しております。

これに伴うページビュー(以下、「PV」という。)の増加により、「mixiアプリ」提供者にPV当たりで分配するアドプログラム費が当初計画以上に発生いたしました。

通期におきましては、PVは引き続き増加傾向であり、これに伴うシステムの増強による賃借料・減価償却費などのサーバー関連費用が増加すること、「mixiアプリ」提供者へのアドプログラム費が発生すること、新たにプロモーションを実施すること等により、当初計画より利益が減少する見込みです。
---------------------------------------------------------------------


予定外にmixiアプリがはやって、mixiアプリを作った会社に支払うお金が多くなったんですね。


mixiアプリがはやったってことは、PVも増えてるので、広告単価をあげればいいけど、景気悪いしゲームで増えたPVなので広告単価上昇にもっていきずらかったのかな。

完全にミクシィの読み違いですな。


ではmixiの利益がどこにいったかというと、
ようするにmixiアプリを作った会社です。


どういう企業があるのかというと、


ドリコム(漢字テスト)
AQインタラクティブ(ブラウザ三国志 for mixi)
ngi group(ミクモン)
カカクコム(マイ☆レストラン)
サイバード(みん顔!)
アドウェイズ(そうしてあなたは去ってゆくのね)
ジー・モード(ミクカレ。)


上場会社であげるとこんな感じでまだまだある。


今後はこういう会社がmixiの利益をとっていくので、
株を買うならこういう会社がいいでしょう。



ドリコムなんてかなり業績がんがんのびてますし、今後も期待ですね。

5

ソニー、驚きのV字回復!!

ソニーが驚きのV字回復の決算を、今日2/4に発表した。

売上高5兆4989億
営業利益878億
税引前四半期純利益738億

こういう結果だった。

何がV字回復かというと、中間期の決算までは、
営業利益 −582億
税引前四半期純利益 ー499億
という業績だったからである。


ようするに2009年度第3四半期(10月〜12月)だけで
1461億円という営業利益を稼ぎ出したのである。
2009年度第1四半期では300億円以上の赤字。
2009年度第2四半期で150億円以上の赤字から
恐ろしい回復。

分野別に見ても全事業で改善がみられる。

液晶テレビやデジタルカメラが入る
コンスーマープロダクツ&デバイス分野では、
去年第3四半期(10月〜12月)の営業利益198億円の赤字から
494億円の黒字に。

PC「VAIO」やゲーム事業が入る
ネットワークプロダクツ&サービス分野では、
59億円の赤字から194の黒字へ。

ブルーレイディスクが入るB2B&ディスク製造分野は、
83億円の黒字から101億円黒字へ。

映画分野は営業利益129億円の黒字から141億円の黒字へ。
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」もけっこう貢献したんですね。

音楽分野は営業利益が214億円の黒字から231億円の黒字へ。
スーザン・ボイルの「I Dreamed A Dream/夢やぶれて」や
映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」のサウンドトラックが好調だったようだ。

ソニー生命や、ソニー損保、ソニー銀行などが入る金融分野では、
374億円の赤字から350億円の黒字という素晴らしい回復。
これはリーマンショックの後遺症が消えたんですね。

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは、
183億円の赤字から159億円の赤字に少し回復。


このようにすべてが改善してきました。
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズはまだまだ
ですが、他分野がすごい回復です。

来年この収益が伸びないままでも恐ろしいことになります。
株価もこっからあがっていくんだろうな。
21

お医者様の新しい特権?!

エムスリー株式会社と株式会社ジェーシービーは、
医療従事者専門サイト「m3.com」の利用者数と利用頻度の
さ らなる向上を目指し、
2010年1月21日(木)午後より、発行対象を医師に限定した
提携クレジットカード「m3.comカード(エムスリードットコムカード)」の募集
を開始すると発表した!!

「m3.comカード」は、医療従事者専門サイト「m3.com」に登録している
医師限定のクレジットカードです。
「m3.com」のサービスご利用時にたまる「m3ポイント」が、
本カードでのショッピングや公共料金のお支払いの際にもたまります。

さらに利用金額に応じてポイントがかわるボーナスポイント制度をはじめ、
特選海外旅行参加や、書籍、家電製品、食品等の購入時にもさらにボーナスポイントが加算される追加ポイント加算店 も用意される。

すごいカードですよね。
医者が自分の仕事である医業の知識を検索するために
「m3.com」を使うとポイントがどんどんたまっていくんですよ。
医者というステータスは他の士族とは少し違いますね。


他にも年間22,500円払うと、
国内50店舗以上の高級レストランにて同伴者1名分のコース料金が無料になったり、 国内7施設のホテルにて、
指定のお部屋が通常料金の50%OFFになるそうです。

医者という職業は大学で6年も勉強しないといけないとか、
私学だとめちゃくちゃ高い授業料をとられたりもしますが、
やはりそれなりに報酬面でも報いられるんでしょうね。

じゃなきゃ、医者を囲い込むメリットなんかありませんし。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ