いつか王子駅で』読了。何ということのない日々を書いているのに、なぜだか読んでいて明るい気分になるんですよね。目に入ってきたものをちゃんと見て、周囲にいる人とちゃんと接して、そんな生活の中でふと思い出した文章を読んで…。

こんな生活が送れたらいいなと思うのは、私にはこんなゆったりした生活が送れないからでしょう。私はもっと毎日バタバタしています(苦笑)。

作品中、主人公が昔の豊島区立中央図書館に行くシーンがあるのですが、これは新しい豊島区立中央図書館では絶対に駄目ですね。講師や翻訳の仕事をしながら地味に暮らしている彼には、旧豊島区立中央図書館で古い作家の全集を紐解く姿の方が似合う。

この本は、 大泉図書館の棚で手に取ってみたとき、ざっと読んだだけなのにやけに心惹かれて、いつか読む本リストに加えていた(私は練馬区立図書館では借りられないので)んです。それを、今の東葛西図書館の特集『このタイトルがすごいっ!』で再度見かけて、これはと読む運命にあると思って、その後に行った羽田図書館で借りてみました。借りるまでにやたらと時間がかかっていますが、それもこの本に相応しいかも(笑)。

せっかちなのはそう簡単には治らなさそうですが、やはりこの作品のような時間の過ごし方には憧れてしまいますね。とりあえず、あらかわ遊園で一人観覧車に乗るというのは、いつか真似してみたいと思います(笑)。

▼『いつか王子駅で』のレビュー
Amazon カスタマーレビュー