2005年07月

2005年07月30日

葡萄に2種類の蜘蛛1

蜘蛛1

葡萄の木に2種類の蜘蛛を発見。
個人的には蜘蛛は大嫌いですが
益虫なので、そのままにして置きます。
しかし巣を作りそこを
通過するたびに頭に蜘蛛の巣が
ひっつきます。
あまり気持の良いものではありません。





蜘蛛2

ひどい蜘蛛になると、
葡萄の1房を住処にして巣を作ります。
これにはまいります。
このまま放置しておくわけにはいかず、
巣の糸を取り払います。
こういった益虫がいる為に、
害虫がいなくおかげで葡萄・
キュウイは無農薬です。


take4700 at 19:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!家庭菜園 | 葡萄

2005年07月29日

盛夏のひまわり3

ひまわり全景
四国坂出では連日34℃と
うだるような暑さか続いています。
会社の入口に、ひまわりが植わっています。
出荷の女性が、種蒔した物です。

花壇に大きなひまわりを植えたので、
根詰まりしたのか成長がマチマチです。


ひまわりとミツバチ

中でも大きなひまわりをよく見ると、
中に3匹のミツバチがいました。
熱い中、元気に蜜を集めて
動き回っています。

盛夏のひまわりでした。

take4700 at 19:06|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!家庭菜園 

2005年07月28日

チソジュ−スが美味4

赤ジソ

3本植えた赤チソが
大きくなりました。
すでに1回は梅干用で
収穫しました。


チソジュ−ス
赤ジソを使って、チソジュ−スを作りました。
作ったといっても、母親です。
チソジュ−スと牛乳を
会社に持って行き、
混ぜ合わせて氷を入れ
冷蔵庫に保管していました。

事務所の女性に飲んでもらったら
結構好評でした。
でも今回は牛乳を少し入れすぎたみたい・・・

無農薬の赤チソから作っているので、安心です。




take4700 at 19:44|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!家庭菜園 | チソ

2005年07月27日

葡萄の色付き始め4

色付き始めのデラウェア


デラウェアが、
ほのかに色付き始めました。
全体的に色付いています。
昨年と比べると、1ヶ月遅いです。





色付き始めの藤稔

藤稔が、色付き始めています。
粒ごとに色付きます。
昨年と比べると、20日遅いです。


同じ葡萄でも、熟す状態が違うのがよく解ります。
どちらも植えて3年目で、今年からだいぶん収穫量が増えてくると
期待しています。
昨年は、ジベレリン処理(ホルモン処理)をしたのですが、
2回処理する時期の問題があって、
上手く処理できなかった為でしょうか。
今年は、ジベレリン処理をしませんでした。
ありのままの葡萄を食べてみたかった為です。
そのために、種があるし、そんなに粒も大きく
ならないと思います。

しかし今から楽しみです♪ d(⌒o⌒)b♪



take4700 at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!家庭菜園 | 葡萄

2005年07月26日

瀬戸の小エビと夏野菜のかき揚げ製造風景4

かき揚げ製造風景

今日は朝から8月販売予定の
「瀬戸の小エビと夏野菜のかき揚げ」の
製造をしました。
見ての通り1ケづつ
手揚げで作ります。
右のバットには出来上がりの
かき揚げが有ります。

1ケの大きさは、直径12cm・高さ5.5cmあります。
まず、7種類の夏野菜のかき揚げを作り、すぐに三つ葉を乗せ、小エビを5匹乗せて出来上がりです。
揚げる時間は最初から1分30秒です。
これより早いと芋・カボチャに火が通らず、これより遅いと揚げすぎになります。
素早い手返しがポイントです。
最後に、余った野菜で同じ大きさのかき揚げを作り、すぐに食べました。
揚げたてなので美味しく、ボリュ−ム満点です♪ d(⌒o⌒)b♪

2005年07月25日

梅干作り3

梅干し作り
3日前より梅を干しています。
実は、梅干作りは母が担当していて、
工程がよく解りません。
写真は一度漬け込んだものを、
取り出して3日3晩天日干しを
しているところです。


果樹園に梅の木が6本あり、
全て種類が違います。
甲州小梅・南高梅・豊後梅・
白加賀・鶯宿・樹齢50年位の品種不明です
小梅は受粉用で、本命は南高梅です。

ところが今年南高梅が順調に
結実していたのですが、
6月の空梅雨で全て落下し
枝の先端より枯れこみ始めました。
来年心配です。

梅の木は本来非常に強いのですが、やはり個体差があるのか、育て方が悪いの
か・・・
それと、昨日梨を見に行った時に、愕然としました。
1本早生の木があり、あと1週間で収穫となっていました。
袋かけも100袋程して、今年も甘い梨が食べれると思っていたら、鳥がネットの隙間から
入ってきて、90%を食べたり、ツツイテ落したりしていました。
本当にガックリきました。
早速ネットの補修と、落下していた梨をスコップで埋めてやりました。
何度も思い出すたびにガックリです。┐('〜`;)┌
鳥が喜んでくれたと思いたいのですが、納得いきません。



take4700 at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!家庭菜園 | 

2005年07月23日

ニラの刈り込み2

刈り込み前のニラ

刈り込み前のニラです。
雨がコンスタントに降れば、
葉先まで緑色なのですが、
雨が少ないと先端が枯れこみます。
食べなくても定期的に
刈り込みが必要です。

ニラの刈り込み
刈り込み後の写真をよく見ると、
ニラを刈り込んでカブだけが残っています。
こういう風に刈り込むと、
新芽が出て又収穫できます。
我家では1年間に
3〜4回収穫しています。


この状態で、2年間収穫し続けますが、3年目には葉が細くなりあまり大きくな
りません。
3年目には、一度掘り起し4本を一まとめにして植え替えています。
植え替えると又分ケツして20本前後に増えます。
2年に1度の掘り返し時には、根がすごく出て絡んでいます。

根が強いと、何度も収穫できると納得できます。
種から育てて、5年になりますが、何年間同じように収穫できるのでしょうか?
植替えを続けると、永久的に収穫できるのであればすごい植物です。
でも、ミョウガ・フキも定期的に植え替えると、半永久的に収穫できています。


take4700 at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!家庭菜園 | ニラ

変形巨大ナスの花1

変形巨大ナス1

ナスビを見ていると、
ひときわ大きな花がありました。
花が変形して花びらの数からすると
3〜4この花がひっいたようです。
大きな実を付けると思うので、
そのまま見守ります。


木が疲れてくると、変形果が多くなるのですが、たいていは短く曲がったように
なります。
木の勢いを見ると、確かに花付きは少し悪くなっていますが、まだまだ正常花が
付いています。
夏の切り返しは、もう少し後でと考えています。


2005年07月21日

里芋の葉の表面張力3

サトイモの表面張力
里芋の葉の、表面張力はすごいです。(@o@)
最近の車のワックスもこれに
近い所まで行っていますが、
これを越しているのは
無いと思います。
これを見ると、
自然の脅威を感じます。
里芋は、多雨地域が原産地で必然的に雨を弾くようになったのでしょうか?
でもここまで水を弾かなくても良いのではないでしょうか?

take4700 at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!家庭菜園 | 里芋

2005年07月20日

人参のトウ立ち1

人参のトウ立ち1
今年の3月20日に種蒔した
黒田5寸人参です。
7月始めより、徐々に収穫していますが、
1本(写真左)だけトウ立ちして
いる物を見つけました。
抜いて他のものと見比べると、
細く花芽を付けようとしています。

人参の中にも、変なやつがいるという事ですかネ

又、葉先が赤茶けて勢いがないものがあったので、
抜いてみると先が腐ってきていました。
7月始めの大雨で根腐れしたと思います。
人参はセリ科で水には強いと
思っていたのですが、長期の停滞水は駄目みたいです。
何でも同じですが、ホドホドニ・・・


take4700 at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!家庭菜園 | 人参

2005年07月19日

キュウイの成長4

キュウイ満開

香緑という品種のキュウイです。
果肉は緑が強く、香川県で
品種改良して生まれたようです。
5月22日に満開
(昨年より2週間遅かった)



キュウイの幼果
約2ケ月たった今、
大きさでは8割位になります。
収穫は11月で、
できるだけ木にならして置きます。
今から4ヶ月かけて、
残りの2割ほど大きくなり、
熟してきます。


熟すといっても、木上では完熟にはならず、11月の常温保管で2週間位で軟ら
かく完熟します。
リンゴと一緒にポリ袋に入れておくと、エチレンガスで1週間ぐらい早く熟すよ
うです。
我家では、箱に入れてそのまま2週間まちます。
2003年に植えて、2004年には15個程収穫し、3年目の今年は80個程
の収穫になりそうです。
今年の11月が楽しみです。




2005年07月16日

ねぎは強し1

ねぎは強し
マルチ内温度の上昇を防ぐ為に
ネギを抜いたものを置いていました。

もう50日位たつのに、
先日の大雨の後に見てみると、びっくり(@o@)

根っこは枯れているのに、
りっぱに新芽が出ています。

このままどこまで成長するか見てみます。
干しネギというのを夏の終りに売っているので、驚く事ないのでしょうか?
ネギ・ラッキョは土の上に、ほうって置いたらちゃんとつく。と言われるのが
解ります。


2005年07月15日

葉ゴボウの花2

葉ゴボウの花
葉ゴボウに花が咲きました。
いつもは、葉ゴボウの収穫が終われば、
すぐ根っこを抜くのですが、今年はその
ままにしていました。
そしたら1.2m位に伸び、
花を咲かせました。
毎年、葉ゴボウ・根ゴボウは種を
購入していたのですが、
今年は種を取って植えてみようと思います。
最近の種はF1種といって、その代しか使えないものが多く出回っています。
葉ゴボウは確かF1種で無かったと思います。
耐病性とか高収穫を目的に、品種改良が進んだ野菜はF1種が多いようですが、
なるべく昔の野菜を作りたいと思います。
トマトも昔は、もっと皮が厚く酸味・甘味とトマト本来の旨味があり、味か濃い
かったと思うし、きゅうりは両端が苦く、両端1cm位切って切り口を擦り合わ
せたら苦味が無くなるといって、すり合わせる事をしていたように思います。
その時のきゅうりも、味が濃いかったように覚えています。
昔の野菜は味が濃いかったY(=^(∞)^=)Y



2005年07月14日

野菜スティック3

野菜スティック
人参とキュウリを冷蔵庫で冷しておいて、
野菜スティックにして食べました。

きゅうりのシャキシャキ感と人参の
ポリポリ感がたまりません。(=●^0^●=)

きゅうりは収穫後なるべく
早く食べた方が良いみたい。

人参は、2〜3日置いて食べた方が美味しいと聞いた事が有りましたが、私は収
穫後なるべく早く食べた方がミズミズしく、人参そのものの味がして美味しいと
思います。
この野菜スティックは、モロミを付けて食べます。
どちらも無農薬なので安心して、美味しく食べれています。
今の時期は毎年野菜スティックにはまります。



take4700 at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!人参 | キュウリ

2005年07月13日

3色ピ−マン3

3色ピ−マン

3種類(3色)ピ−マンを
収穫しました。
緑色が普通のピ−マン
赤色がセニョリータ
黄色がバナナピ−マン
普通のピ−マンは長さが不足


セニョリータは、初めて作ったが早くに赤く熟してくれたのでOK
バナナピ−マンは最初の幼果から少し黄味かかっていて、熟したのかどうかが判
別し難いが、硬くなったので収穫しました。
短冊切りにして油炒めか、薄くスライスしてサラダにするか、どちらにしても色
鮮やかなので美味しそうです。


2005年07月12日

自家製枝豆は美味しい5

枝豆の残骸
実は、左の写真は娘(高校2年生)が、
一人で食べた枝豆の残骸です。
7月9日(土)夜遅く家に帰ると、
食卓の上に枝豆が大きなお皿に半分位ありました。
見た目あまり実が入っていなく、
まだ収穫が早かったかなと思いました。
ところが別のテ-ブルに
枝豆の残骸があったのです。

それも1人でこれだけ食べてる(@o@)
我家は、枝豆大好き家族です。
私が帰った時には、既に3人が同じ位食べていて、それも美味しそうな大きな実入りばかり・・・

枝豆美味
そこで悔しくて、翌日の日曜日に雨に降る中
傘をさして、自分で収穫してきました。
今年初めての枝豆です。
収穫し、すぐ茹で、アツアツを食べました。
美味しい(=●^0^●=)

3月20日と4月20日に時期をずらして
種蒔したのですが、ほぼ同時に収穫できています。

大きくなった実から摘み取っています。
今年は、カメムシの被害が初期に少しあっただけで、今はほとんど目にしません。
こんな美味しい枝豆を食べられるのは、自家菜園しているおかげです。
感謝!!m(_ _)m

take4700 at 22:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!家庭菜園 | 枝豆

2005年07月11日

宮崎県の郷土料理の冷汁もどき1

冷汁もどき

トントンさんからコメントで教えてもらった
、冷汁もどきを作ってみました。
宮崎県の郷土料理だそうです。
今年の4月にも、宮崎県に行った時に
タクシ−の運転手との会話で「冷汁」
の話が出ました。
宮崎では真夏に良く家庭で
作って食べるようです。

カレイの1夜干しを焼き身を取り、豆腐・白だし・白ゴマを足して良く混ぜる。
温かいご飯にかけて、ネギ・青ちそ・キュウリ・オクラ・ゴウヤ・しょうがを載
せ、かき混ぜて食べます。
豆腐の入れすぎか味噌の不足か、味がボケていて醤油をかけて食べました。
あまり食べなれない食べ方なので・・・(@o@)

でも確かにトントンさんの言われるように、味噌を入れるとゴウヤの苦味が少な
くなりました。

take4700 at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!くらし | グルメ

2005年07月09日

くぼさんちの豆腐3

久保社長
今日は、「くぼさんの豆腐」で有名な
(有)久保食品に行ってきました。
8月販売の「冷しきつね」9月販売の
「きつねうどん」の、
おあげの打ち合わせに行きました。
久保食品さんは、香川県綾歌郡宇多津町にあり、
「良い食品作りの会」に入会されていて、
商品(食品)に対して”安全で良質”を
モット−にしています。

おあげも、国産大豆を使用し、食油は圧搾胡麻油を使用しています。
前回伺った時には、製造工程も見学させてもらったのですが、おあげは一枚一枚手揚げをしていました。
手作業の大切さを、熱く語ってくれました。
安心して、仕入れられます。

久保食品店内
店内には、こだわった健康食品が並んでいて、
打ち合わせの間もお客様が沢山来られていました。

私も、豆腐・おあげ等を個人的に買いました。

take4700 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!グルメ | グルメ

2005年07月08日

辛味大根で食べる「野菜天ぶっかけ」5

亀城庵の店前
今週入って初めて亀城庵うどん店に
行って来ました。
今週はずうっと讃匠(亀城庵)の
通販の仕事で、沢山のお中元の注文を頂いて
現場(製造・出荷場)に入っていました。
あまりの忙しさ(贅沢です)に、
近くの亀城庵に行く事ができませんでした。

いつもなら、3〜4回/週にうどんを食べに行っていたのですが、今週は行けて
いませんでした。
店の表にも、スイカ・メロン・トマト・キュウリを氷を入れて冷しています。
13時20分に行ったのですが、ほぼ満席状態

野菜天+辛味大根
野菜天ぶっかけ+辛味大根を
注文しました。
辛味大根は、関東では日本蕎麦に
良く使われる薬味ですが、さぬきうどんに
使ったのは、香川県でも始めてです。
夏場は四国のような暖地では作れなくて、
群馬県の青果市場から取り寄せています。

初めて大根オロシにして食べた時は、辛くてショックを受けましたが、食べるにしたがって新鮮な辛味が癖になりヤミツキ状態です。
冷たい讃岐うどんに、揚げ立ての野菜の天ぷら+辛味大根、これら全てをかき混ぜて食べる「冷たいぶっかけうどん」 たまりません(=●^0^●=)

take4700 at 23:17|PermalinkComments(1)TrackBack(1)clip!枝豆 | 大根

2005年07月07日

セニョリータの色つき始め2

色つくセニョリータ1
昨日の午後より、久しぶりに
晴れになりました。
もう当分、雨はいらないかな。
  ≪わがままです。≫
セニョリータが大分色付き始めました。
大型のワンダ−ベルに比べて、
色付き始めは1ヶ月半位早いように思います。
昨年は8月末頃色付き始め、
9月の中頃に収穫しました。
はたして美味しいかどうかです。(=●^0^●=)

写真右下に見えるのは、ライムギです。
今年の春にライムギを、土中のセンチュウ退治に植えました。
6月19日に枯れてきたので刈り取り、夏野菜のマルチとして敷いていました。
今回の7月始めの強雨で、発芽し始めました。
このまま成長させると、1.5m位になるので夏野菜は日陰になってしまいます。
非常に残念ですが、抜き取ります。(もったいないヨ)

2005年07月06日

モロヘイヤは美味4

モロヘイヤ木
今日はモロヘイヤを収穫しました。
見た目は草木のようです。
病気・害虫は全然無いので、
完全無農薬です。
肥料もほとんどやりません。
3本発芽しましたが、
1家5人でこの夏は十分です。

モロヘイヤ収穫葉
葉だけを収穫します。
新葉だけを摘んで収穫なので、
ドンドン大きくなり
高さ1.5m程になります。
そうなると根っこも張っていて、
手では抜けなくなります。
この状態でも美味しくなさそう(@o@)

モロヘイヤのきざみ
ひたすら小さく刻みます。
刻めば刻むほど粘りがでてきます。
我家ではこれに刻み鰹節を入れ、
醤油で味付けし、温かいご飯の上に
載せて食べます。
見た目とは全然違い、粘りと独特の味で美味しい♪ d(⌒o⌒)b♪
体に良いのでしっかりと食べたいです。

2005年07月05日

ゴウヤチャンプル4

ゴウヤ4本収穫
ゴウヤを4本収穫しました。

太く長いゴウヤが良いと聞いたのですが、
我家のはすこしずんぐりむっくりです。

半分に切り、種を取り。種と実の間の
白っぽいところに苦味があると聞いたので
丁寧にスプ−ンを使って取りました。

いつもなら5mm厚さで切るのですが、今回3〜4mmと少し薄めに切り、
薄い塩水に10分ほど漬けて、苦味を取りました。

ゴウヤチャンプル

豆腐・豚肉・ゴウヤを炒め、
最後に卵で軽く絡めました。

豆腐が沢山あったので、
多く入れたのですが入れすぎみたい・・・

しかし、見た目は良くないが、美味しかった。

何時もは苦いといって少ししか食べない嫁も、今日のは美味しいと
言って沢山食べていました。
苦味を取るのが上手く取れたのが勝因(=●^0^●=)

2005年07月04日

栗の幼果3

栗の花
左の写真は、6月6日の栗の
満開時の写真です。
周りの白っぽいのが、おしべです。
中央の緑の小さい実と先から
出ている白いのがめしべです。
この小さい実が、大きくなって
栗になります。


栗の子供
右の写真は、6月26日の栗の幼果の写真です。
中央に2ケ付いているイガイガの実が
大分大きくなりました。
めしべが受粉して大きくなった物で、
横に見える茶色くなった長い枝みたいな物
がおしべです。
栗は風媒花で、人口受粉の必要がありませんが、
1本の木では結実しにくく、2種類以上の
2本の木が必要です。
又相性があるので、2種類どの品種でも良いとは限らないそうです。

我家の果樹園は、栗がどうしても大きく育たない土壌のようです。
4本(4種類)植えて、2種類が更に枯れました。
残った2種類頑張って欲しいものです。

take4700 at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!家庭菜園 | 

2005年07月02日

3色のなすび3

ナスビ白黒
千両二号という品種の
ナスビの幼果です。
朝写真を撮りました。
写真のナスビのヘタと実の間の
白い所は何か分かりますか?
良く見ると、実の部分も
濃いところと薄いところがあります。
実の先の濃いところは
2日前に出てきた所
薄いところは昨日に出てきた所です。
白い部分は昨日の日没後から今朝の日の出前までに生長した部分です。
日に当っていないので、白いままです。
10時間位で、こんなに成長します。o((=゜ェ゜=))o

ナスビは初期成長が大事で、最初頃にできた葉が大きいほど後の成長も順調です。
葉が大きく育つと、立派な花が咲きます。
立派な花はメシベが長く、立派な実になります。
「ナスの花は、千に一つのアダがない」と言われますが、7月終わり頃になると
木が疲れてきて小さな花・変形した花しか咲かなくなります。
そういった花からは、変形した実又は、結実しません。
よくいうアダ花です。
7月末頃に木を大きく刈り込むと、新芽が出て9月には又美味しい実をつけます。
有名な秋茄子です。
我家のナスビは、今のところ順調に育っています。♪ d(⌒o⌒)b♪


2005年07月01日

ピ−マン色々3

セニョリータ1バナナピ−マン1









毎年パプリカを数株作っているのですが、品種はワンダーベルで収穫までの日数
が長く、熟す途中で虫に食べられたり、病気になったりで満足に収穫できません
でした。
今年は少し変わった物を作りました。
セニョリータ(左の写真)
果高約4cm×肩幅約5cm、果重50〜60gの偏円形
果肉は厚く3〜5mm。完熟果の糖度は8度程度、食味極良。

バナナピーマン(右の写真)
果長10〜15cmのバナナのような円錐形
果色は黄緑色で熟度が進むに従って黄緑色からクリーム色→黄色→オレンジ→赤へ
と変色して完熟果は鮮やかな赤色.
サラダやマリネの飾りとして,また焼いて醤油や甘辛の油味噌にからめてもおい
しい.

どちらも今のところ順調に育っているようで楽しみです。

ああ それと先ほど雨が1時間ほど降りました。
本当に久しぶりです。
昨日、雨カエル(目つきは悪いが)にお願いしたのが良かったのか・・・