2006年11月

2006年11月30日

スイトピーとトマト料理とカリブロの蕾

スイトピーとほうれん草
夏に豆を植えてた畝に、10月3日に
不耕起で片側だけほうれん草を種蒔しました。
手前がほうれん草ですが、順次収獲しています。
奥側にスイトピーの花が育っています。
豆類の後に、スイトピーは育つのでしょうか?
花なので連作障害はないのでしょうか?
今のところ順調に育ってるようです。

青切りトマト
先日桃太郎の青切りトマトを収獲し、
本日調理してくれました。
十一郎のママさん が、青切りトマトの
フライを作られ美味しそうだったので、
作ってみました。
青トマトを輪切りに切って水気を取り・・・


トマトのフライ
十一郎のママさんが、コーンミールが良いと
言ってたので近くのスーパーで探したようですが
売ってなく、普通のパン粉で揚げたようです。
揚げると緑が薄くなった(^^;;;)
酸味も弱くなった気がします。

ケチャップを垂らして頂きました。

今度はサイコロに切ってサラダで頂きます。
カリブロの幼果
KTさんが、カリブロをUPされていました。
私も栽培しているのですが、どうかな〜って
思って見てみました。
中心に凄く小さな蕾がありました。
見えます?
KTさんと比べると全然小さい。
カリブロの変わったところは、
新葉が渦巻状に出てくるところです。
どんな蕾?になるのか楽しみです。



banner_04ランキングに一押ししてね!


take4700 at 22:15|PermalinkComments(15)TrackBack(0)clip!

2006年11月29日

キャベツと赤キャベツとナバナ

キャベツの巻き始め
9月16日に定植したキャベツが、
やっと巻き始めました。
外葉が結構広がってるので、
大きな玉になるのではと期待しています。
不織布をかけていまるので、
上からの蝶々の攻撃は防いで
くれてるようです
セロリと競い合って成長しています。
赤キャベツの巻き始め
同じ日に定植した赤キャベツです。
こちらも不織布をかけています。
赤キャベツは普通のキャベツと
比べて虫害が少なく、我が家では
栽培しやすいほうです。



ナバナの畝
9月25日に種蒔したナバナです。
ここにきてグングン大きな葉を
展開し始めました。
昨年は9月半ばに種蒔し、
11月末には収穫を始めていましたが、
今年は秋が暑かったので種蒔を
遅らせた為か、成長が
少し遅れているようです。
ナバナの蕾
中心を良く見ると、
1株に小さな蕾ができていました。
12月に入ると収穫できそうで、
楽しみです。





banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月28日

讃岐うどんとトマトとブロッコリー

ちくわ天とかけうどん
今日は亀城庵うどん店 でうどんを食べました。
このセットが冬場の讃岐うどんの基本形です。
かけうどんに、竹輪の天ぷらと野菜の天ぷらです。
竹輪の天ぷらは、讃岐ではゲソ天と
並んで代表的な天ぷらです。
寒くなると、こういったメニューが増えてきます。
これで550円。

中玉トマト
今年はトマトが変なんです。
7月末に一度収獲が終り、そのまま放置していたら
再度花が咲き実が付き始めました。
これは中玉トマトです。
ゆっくりと赤くなってきています。

でも、夏の旬の味ではないです。

桃太郎トマト
桃太郎トマトも同じです。
まだ茎葉も元気だし、
実も大きくなってきています。
でもさすがに赤くはならないと思います。
別に邪魔にならないので、
枯れ上がるまでそのまま放置しておきます。


ブロッコリーの生長
待ちに待ったブロッコリーに、
幼果ができていました。
白菜にはまだまだ害虫が沢山いるので、
ブロッコリーには不織布をかけています。
大きくなったので下が開いていますが、
上からの蝶々の攻撃は防いでくれてるようです。
これなら後10日位で収獲できるかな。



banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月27日

白菜とセロリの軟白と野菜の収獲いろいろ

白菜収穫
8月7日に種蒔し、9月10日に定植した
「無双」が本格収穫期に入ってきました。
種袋を見ると67日タイプと有りました。
種蒔から110日で、定植からは77日経過しています。
○○日タイプって定植からですかね?
相変わらずヨトウムシ・黒いも虫・カタツムリの
被害が酷く、外葉を7枚位のけてもこの状態!!
後何枚のければ良いのでしょうか?
セロリ1
11月3日に軟白化させる為に、
新聞紙を巻いたのですが、
24日経過したので外してみました。
まあまあ綺麗に軟白できたのではないでしょうか。
外葉を4枚欠きとって収獲しました。
又新聞紙を巻きましたが、この調子で
数回収獲できます。

セロリ2
比較の為に、新聞紙を巻いていないのも
収獲しました。
左がそのままの栽培です。
これも結構混植していたので
上に伸びていますが、緑が濃くて強そうです。
右が軟白化したセロリです。
少し色が白く、茎の間接が長くなっています。
食べると筋が少しやわらかく、香りは弱くなってると
いってもセロリの香りは十分しています。
もう一度新聞紙を巻いたので、これからもっと白くなって軟らかくなってきます。
今日の収穫
昨日、小雨の中収獲しました。
白菜も虫食い葉をのけると小さくなりました。
下仁田ネギも十分太くなって甘さが出てきました。
九条太ネギを初めて収獲しましたが、
葉先まで軟らかくて美味しくなりました。
春菊も今から美味しくなります。
ミニトマトはまだ赤くなっていますが、
甘味よりも酸味が強い(^^;;;)
桃太郎トマトは青切りで収獲して、調理を頼んでいますが・・・


banner_04ランキングに一押ししてね!


take4700 at 19:30|PermalinkComments(20)TrackBack(0)clip!白菜 | セロリ

2006年11月26日

フェイジョアの収獲と小松菜と水菜の本葉

フェイジョア
今日は朝から小雨が降り続いています。
先週、畑のフェイジョアの実が熟してきました。
フェイジョアはあまり知られていない果物?です。
低木性の常緑樹なので、
生垣で使われる人もあるようです。
枝が広がってきていたので、年初に剪定で
小さくしましたが今年も
沢山の実を付けてくれました。
実の味は、パイナップルとバナナを
合せたような微妙な味です。

フェイジョアの花
今年の6月半ばに咲いたフェイジョアの花です。
大輪の綺麗な花を咲かせてくれます。
花だけでも楽しめます。




フェイジョア落下
フェイジョアは実が熟すと、
ポトポト地面に落ちます。
外皮が硬いので問題ありません。
収獲は地面に落ちた綺麗な大きな実を拾い集めます。
このまま食べると酸味が強いので、
2週間ほど追い熟すると酸味が消えて
微妙に美味しくいただけます。

小松菜本葉
11月5日に種蒔した小松菜が
やっと本葉がでるまで育ちました。
種蒔から20日経っていますが
この時期には成長がゆっくりですね。
不織布を掛けて栽培していますが、
もう取ってしまうか、トンネルに
しようと思っています。

水菜の本葉
同じく5日に種蒔した水菜です。
こちらも水菜らしい本葉が出始めています。
こちらも20日でこれなので、
ゆっくりとした成長ですね。
正月までには収獲開始できるでしょうね。




banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月25日

最後のナスとそら豆定植

最後のナス
いくら暖地の讃岐でも、
ナスが終わろうとしています。
花も咲くのですが、実が大きくなりません。
虫食い跡やナスの先端部に傷ができて
もう駄目のようです。
これは千両二号で、3日前の写真です。



最後の小ナス
せっかく実ったので、
小さいながら収獲をしました。
大きさもバラバラで、このまま煮ても
食べれないでしょうね。
あとに残ったナスの木はそのまま残し
エンドウの支柱代りに使います。


ナスのからし漬け
小ナスを使って辛し漬けを作りました。
先端の傷ついてる所や、皮が硬く
なってるので半分以上皮を剥き漬け込みました。
2日間冷蔵庫で漬け込み、
3日目に取り出して頂きました。
たまに苦いのがあるのですが、
小ナスの辛し漬けって、美味しいですね。
今まで大きくして漬け込んでいましたが、
ナスの旬の時期に作ってみたいものです。
そら豆定植
ご近所からそら豆の苗を頂きました。
「余ったので植えてくれる」って40本です。
我が家でも種蒔していますが・・・
讃岐では今の時期にはまだ成長するので、
少し大きいかな〜って苗です。
赤オクラ・唐辛子の栽培後に不耕起で、
苗を植える小さな穴を掘って植え付けて、
マリーゴールドやモロコシの残渣をマルチとして置きました。
それにしても、汚い畝ですね。
そら豆発芽
11月10日に種蒔した我が家の
そら豆がやっと発芽し始めました。
藁マルチしている間から、本当に
小さな芽が出てきはじめました。
上の頂いた苗とは全然違いますね。
できるだけ小苗で越冬したいのですが、
頂いたそら豆と、これからの成長の違いが見れます。
頂いた苗は予定していた場所に定植したので、
我が家で育てたそら豆を植える場所をどこにしようか悩んでいます。


banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月24日

甘夏と八朔とエンドウと丸オクラ

甘夏みかん
1ヶ月前には緑色していた甘夏みかんが、
ここの寒さで黄色く色付き始めました。
この状態で、来年の3月までおいていて
収獲を開始します。
まだ先の長い話ですね。


八朔
年内に収獲予定の八朔です。
八朔はまだ緑が濃いです。
八朔は12月に入ると黄色く
色付き年末には収獲し、
そのまま食べると酸味が強いので
しばらく置いておき、甘味が出てきて
食べ始めます。
炬燵の中で、八朔は良いですヨ
スナップエンドウ
11月5日にナスビの畝に種蒔した
スナップエンドウが発芽しました。
もう少ししたら藁で防寒と、
ナスの枯れ枝を支えにするように
枝を誘引するものを取り付ける予定です。



グリンピース
これも5日に種蒔したグリンピースです。
グリンピースの栽培は初めてですが、
豆ご飯が食べたくて種蒔しました。

一つ心配な事が、同じ日に種蒔した
サヤエンドウが全然発芽していません。
昨年の種の残りを蒔いたのですが、
それが悪かったのかな〜
種を買ってきて、今週末にでももう一度種蒔予定です。
丸オクラの最後
takaさんから種を頂き、
10月始めより収獲し始めて、
最近まで沢山の収獲をしていた丸オクラが、
そろそろ終りを迎えたようです。
最近でも花は咲きますが実が大きくなりません。
葉の出方も悪いようです。
何本かを残して種取り用にする予定です。

一番左は、電柱ですヨ。



banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月23日

温州みかんとほうれん草

パッションフルーツ
お隣さんが来て「これパッションフルーツの花ですが、
うどん店にでも飾って!」って持ってきてくれました。
パッションフルーツは果物時計草と言われ、
花が時計の文字盤になってるように見えます。
熱帯植物で、暖地の讃岐でも露地栽培は無理です。
お隣さんもハウスが無いのでどうしたのでしょう?
店に持ち込み、飾ってもらいました。
つる性なので飾りが難しい!!
もう少し綺麗にならないかな〜。
温州みかん
畑の温州みかんが色付きました。
この温州みかんは普通種で、
色付いてもしばらく樹上で熟らします。
瀬戸内海沿いではみかんの産地が多いのですが、
どうも我が家の畑では風土が合わないのか
美味しい温州みかんができないのです。
腰高で皮が厚いのです。
最も栽培管理が出荷農家のように細かくできず
放置してるのが主な原因だと思うのですが・・・
実はこのみかんは、自分で作った苗から始めたのもです。
カラタチの実から種を採り、翌年春に植え付けて翌年鉛筆の太さになった物に温州みかんの枝を接木し育てたものです。
種植えから初収獲まで8年位かかったので、甘いみかんができないのですが、愛着がありますネ。
晩生の温州みかん
これは晩生の温州みかんです。
品種は「青島」と言います。
色つきが遅く、今から黄色くなり熟れてくるようです。

収獲までは大分先のようです。



不耕起のほうれん草
9月17日に不耕起畝に種蒔した
ほうれん草が大きく育ってきました。
この畝にはセロリと混植していますが、
セロリが大きく巾を広げ出しました。
ほうれん草も数回収獲していますが、
段々大きな株になってきて
美味しくなってきています

ほうれん草の発芽
10月29日に種蒔したほうれん草が
生え揃い本葉が出始めました。

もう1回目の間引き時期ですね。

9月に種蒔した時と比べて寒いので
成長がゆっくりですね。


banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月22日

信濃スイートと白盃蕪と芽キャベツ

信濃スウィーツ
信濃スイートが真っ赤に熟れ始めました。
信濃スイートはネットで調べると、
甘味と歯ごたえと日持ちの「ふじ」と、
果汁が多く甘味に秀でている「つがる」の交配種。
ちょっと前までは[あじぴか]と呼ばれていた。
生産量がまだ少ないので、貴重品だそうです。
苗を植えて今年で4年目です。
昨年は1個収獲できましたが、
初めての収獲だったのでこんなに真っ赤には熟しませんでした。
暖地の讃岐でこれだけ色付くのは初めてです。
信濃スウィーツ3個
信濃スイーツを3個収獲しました。
あと4個成っていますが、色つきが悪いので
もう少し経ってから収獲します。

横にふじも植えているのですが、
ふじの方が色付きからもう
少し後の収獲になりそうです。
どんな味か楽しみです。

白盃蕪
9月23日に種蒔した「白盃中蕪」です。
もうすでに小蕪から中蕪の大きさに
なってきています。
間引きしながら頂いています。
蕪は茎葉が浅漬けにしたら
美味しいのですが虫害があり、
その部分を除けて食べています。
蕪スープも美味しいですよね。
芽キャベツ
7月7日に種蒔した芽キャベツです。
種蒔当初は、虫害がひどく沢山発芽した中で
残ったのが3本でした。
7月23日にも追加で種蒔しましたが、
こちらも3本しか残りませんでした。
この写真は早いもので、茎も太くなり
葉茎の根元に小さな芽キャベツの
赤ちゃんができ始めました。
下のほうの葉を欠き取り、芽キャベツを大きくします。
綺麗に揃って大きくなってくれたら良いのですが。
コンパニオンプランツで、セロリも植えていますが平気で青虫が沢山います。
芽キャベツは2回目の栽培で、1回目は憶えていないぐらいの収獲だったので、
今回のリベンジが楽しみです。




banner_04ランキングに一押ししてね!


take4700 at 20:16|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!カブ | リンゴ

「さかいで光輝里フェスティバル」出展

手作りうどん
社内で作っているのですが、
何か解りますか?
1週間位前から社内で作っています。
大まかな作りは外注で作って貰いましたが、
細かい作りは社内で手作りしています。

チューブライトを取り付けています。

手作りうどん光
暗くして点灯してみました。
これでも解らない???

正解:どんぶりからうどんを
箸で持上げてるところです。
こんなイルミネーション見たこと無いですよね。
社内の若い人が考えて自作してるんです。

うどん飾り
例年12月になると
「さかいで光輝里フェスティバル」を催しています。
2006年12月3日(日)〜2007年1月8日(月・祝)
JR坂出駅の北広場で、市観光協会・市民の
協賛でやっています。
昨年までは亀城庵では、家型のモニュメントを
出展していたのですが、今年はハナミズキの木を
利用しての出展です。
昨日組上げた物を、取り付けに行きました。
取付を終わってテスト点灯しましたが、昼間なので全然見えません。
12月1日から点灯するようなので、出来上がりが楽しみです。
坂出駅北口を出て正面にあるので、お近くにきた時はぜひ見て下さいね。


take4700 at 18:16|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2006年11月21日

人参と長ねぎ

人参の幼苗
10月17日に種蒔した
「黒田五寸人参」ですが、
綺麗に生え揃ってき始めました。
そろそろ間引きと、
畝間に草木灰をやろうと思います。
間引き菜が楽しみです。


人参本格収穫
こちらは8月27日に種蒔した
「向陽二号」「時無し五寸」人参です。
肩も張ってきてるし尻詰まりも良く
又色付きもいいようです。
これは耕起栽培から収獲で、又根も無いようです。
追い肥としては、草木灰を少ししただけです。
やはり「向陽二号」の方が綺麗に
仕上がってるようです。
曲りネギ
11月3日に長ネギを寝かせ、
曲りネギを作ろうとしています。
このように新芽が上に向いてき始めました。
今後少しづつ土寄せをしてやります。

上手く曲ってくれたらいいな〜


長ネギと下仁田ネギ
真っ直ぐな長ネギと
下仁田ネギを収獲しました。
下仁田ネギも十分太くなってるようで
本格収獲時期に入ったようです。

こう並べて見ると、根の量が全然違います。
下仁田ネギのあの太さは、
この根の量からくるのでしょうね。



banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月20日

大根3種類と甘酢漬け

さい大根
今日も朝から雨模様で一雨ごとに
寒くなってきています。
9月23日に遅く種蒔した、
「耐病総太り さい」大根です。
ここに来てやっと地上部に少し出てきて
これから太り始めるようです。
9月の末に種蒔すると、讃岐でも
2ヶ月での収獲は難しそうです。
大根ではこれが最後の種蒔ですが、なんとか収獲できそうです。
紅芯大根
9月16日に種蒔した、
紅芯大根が収獲適期になりました。
10日程前から収獲を始めていますが、
寒くなってきたので成長もゆっくりです。
葉は虫害でやられていますが、
大根には影響ないようです。


源助と紅芯大根
同じ日に種蒔した源助大根と
紅芯大根を収獲しました。
源助大根は短根なのでお裾分けしても
使いきりサイズなので大変喜ばれます。




大根人参の甘酢漬け
大根・人参が収穫最盛期に入ってるので、
甘酢漬けにしてもらいました。
大根・人参・柚子皮・昆布・唐辛子と
シンプルな材料で簡単に漬かります。
漬けた翌日から頂けるので
無くなればすぐ作ってくれます。
これに紅芯大根を入れると、
全部が赤くなるので入れません。
ポリポリ・カリカリと美味しいですヨ。




banner_04ランキングに一押ししてね!


take4700 at 19:33|PermalinkComments(28)TrackBack(0)clip!大根 | グルメ

2006年11月19日

タカノツメとマンバ

タカノツメ
今日は朝から小雨が降り、
雨の合間に畑にいきました。
一雨ごとに寒くなってきました。
唐辛子のタカノツメです。
赤く色付くのを待ってるのですが、
まだ緑のままのものがあります。
今年は暖かいので、
白い花がまだ咲いています。
マンバの畝
たかなの一種で、讃岐では
「マンバ」と呼んでいます。
ここ1週間で急に大きくなって
畝が見えなくなってきました




マンバの葉
マンバの葉を5枚かき取りました。
大きな葉なので1回分がこれ位で
十分です。
レタスも収穫しましたが、
それと比べて大きな茎葉です。
寒さに当たると、葉の表面にテリが
出てきて甘みが増してきます。

マンバのけんちゃん
「まんばのけんちゃん」という
讃岐の郷土料理です。
マンバをあく抜きの為下茹でし、
切ってオリーブオイルで炒め、
少しのだしとおあげ・豆腐をいれて
たき込み、醤油・みりんで味付けします。
薄味でマンバ独特の味が美味しいのです。
讃岐ではこれを食べると、
冬がきたと感じる料理です。





banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月18日

ターサイと芋虫と大根とレタス

ターサイ
10月12日に種蒔したターサイです。
9月に種蒔したかったのですが、
虫害がひどく遅蒔きした為まだこの大きさです。
種蒔後不織布をかけていたのですが、
大きい虫害も見られます。
ターサイにとっては讃岐の今の寒さは寒くないようで、
葉が大きく、立ってるようです。
もう少し寒くなれば、葉が小さくロゼット状に平たくなってくると思います。
そうなってくると甘さも出てきて美味しくなります。
大きな虫
虫嫌いな人は拡大して見ないで下さい。
私も驚きました。
白菜・大根の畝から黄色い物が出てきたと思ったら・・・
なんと、大きな黄色いいも虫です。
これは、モスラの幼虫??(古!!!)
本当に巨大で、私でも手で触れませんでした。
何の幼虫かな?
これが蛹になって孵化したら、何になるのでしょうか?
美味しい白菜をたっぷり食べたのでしょう。
聖護院大根2
9月23日に種蒔した聖護院大根が
大分大きくなってきました。
株元を見ても蕪のように、
丸くなってるのがわかります。
今食べる大根は別にあるので、
できるだけ大きくして収獲しようと思っています。


二弾レタス
10月15日に定植したレタスが、
大きくなってきました。
ここに3列×4列で12株植えています。
定植後不織布をかけていたのですが、
最近は寒さに当てるために取り外しています。
もっと寒くなれば、葉が傷むので
再度不織布を掛けてやるつもりです。
良く見ると少しの虫害は見られますが、本当に虫害の少ない野菜です。



banner_04ランキングに一押ししてね!


take4700 at 19:12|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!大根 | レタス

2006年11月17日

ミズナとリンゴとオクラと玉ネギ定植

ミズナの発芽
11月5日に種蒔した
ミズナがやっと発芽しました。
いくら暖地の讃岐でも、朝晩の
冷え込みがあるので成長もゆっくりです。
不織布を掛けていますが、虫害がなくなれば
外して太陽いっぱい浴びさせたいですね。
冬のお鍋に美味しいですね。

リンゴの色付き
このリンゴは「ふじ」です。
りんごの色付きの差です。
上の少し赤くなってるのは
袋をかけていませんでした。
下の2個は袋掛けしていて、
色付けするために袋を外したとこです。
暖地の讃岐ではリンゴは甘味が出にくいのですが、
この木のふじは樹上で完熟させるとかなり甘くなります。
讃岐ではリンゴは作りにくく、病気・虫でほとんどやられて
例年2割位の収獲になります。
12月中旬まで樹上でおいて、それから収穫となります。
11月のオクラ
丸オクラです。
7月末に種蒔したので、
最後の頑張りを見せてくれています。
5月に苗を買って定植した五角オクラは、
もう変形果しか出来なくて終りのようです。
丸オクラも花は咲かせてくれますが、
葉が出てこないようなのでそろそろ終りのようです。
種取りはこの頃のが、子孫を残すために
一生懸命になりいい種になるようです。
長く、沢山の収獲ができました。
普通玉ネギ定植
普通玉ネギの定植をしました。
と言っても、母が全部植え付けてくれました。
例年200本定植してるのですが、
今年は苗を300本親戚から頂いた為、
捨てるのはもったいないので全部植えたようです。
平日に苗を頂いたので手伝いできず、
大変だったと思いますが、これで来年も
自家製の新玉ネギが食べれます。
今年の苗が少し大きくなってたようで、切って定植したようです。



banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月16日

白菜とキャベツと大根と黒大豆

お黄にいり2
10月16日に種蒔し、11月5日に
定植した「お黄にいり」ミニ白菜です。
定植した時には小さな苗でしたが、
不織布トンネルの中で
少し大きくなってきたようです。
朝晩の気温が下がってきたので、
これから上手く育ってくれたらいいと
思っています。
春取りキャベツ
園芸店で来年4月取りの
キャベツの苗を買ってきて、
11月5日に定植した物です。
白菜と同じ畝に定植しましたが、
こちらの方が勢いが良さそうです。
来年の4月まで定植から
7ヶ月かかりますが、楽しみです。

宮重大根
9月16日に種蒔した「総太り宮重大根」が
大きくなり本格収穫時期に入ったようです。
種蒔後丁度2ヶ月経過しました。
これ以後は、ゆっくりと太ってきます。
主に2回目の漬け物用として
利用すると思います。


黒豆のハゼがけ
日曜日に黒大豆を刈り取りし、
はぜ掛けしていました。
その時には葉が沢山付いていて
賑やかだったのですが、茎葉を取ると
何か淋しくなってしまいました。
豆がはぜる位まで乾燥させて、
それから豆を取り出して収獲となります。
皆さん枝豆で食べられたようですが、
そこはグッと我慢して、冬の煮豆用の黒大豆の収獲となりました。



banner_04ランキングに一押ししてね!


take4700 at 20:18|PermalinkComments(22)TrackBack(0)clip!白菜 | 大根

2006年11月15日

ビワとカブとナスと干し柿

ビワの花
ビワの花が咲き始めました。
一つの花芽?に花が数百個咲きます。
小さな蕾が白い小さな花を咲かせます。
果物の中でも、地味な花です。
この中から摘果して2〜3個にし、
袋をかけて来年の6月に収獲となります。


聖護院大株
9月9日に種蒔した「聖護院カブ」が、
大分大きくなってきました。
初期には不織布を掛けていたのですが、
黒いも虫で葉がボロボロになりましたが
最近やっと虫害が少なくなりました。
カブの表面が少しガタガタですが、
大きくなればなくなるのでしょうか。
間引き菜といっても十分小カブ位の大きさになっていますが、抜き取って食べています。
クロワシ米茄子
クロワシ米茄子が最後の頑張りを見せています。
中々大きくならないし、長く待つと
茄子の種が固くなってきています。
もうそろそろ終りかな〜

11月中旬なので十分ですよね。



吊るし柿
日曜日に収獲してきた渋柿を、
我が家の女性陣が皮むきし、
吊るし柿が出来ました。
全部で200個位ありました。
最近雨が多いので、
上手く乾燥するかどうか心配です。
上手く乾燥できて、正月に甘い干し柿を食べたいです。






banner_04ランキングに一押ししてね!


take4700 at 20:17|PermalinkComments(20)TrackBack(0)clip!カブ | ナスビ

2006年11月14日

虫食い白菜と源助大根

白菜1
白菜に相変わらず虫害がひどいです。
ヨトウムシ・黒い芋虫・カタツムリがきて
旺盛な食欲で、食事しているようです。
外葉は見ての通りボロボロで、
巻いている内側の葉にも沢山穴をあけています。
比較的虫害の酷いものから収獲します。

虫より早く食べなきゃ!
白菜2
切り取り、外葉を除けてこうなりました。
まだ葉先は穴が開いてますが、
これを取るとなくなります。

これを持ち帰り、しゃぶしゃぶで使いました。
妻が大きな虫が2匹出てきたと言ってました。

聞こえない振りです。

いつになったら虫が居なくなるのかな〜
源助大根切り
9月16日に種蒔した「源助大根」を、
収獲開始しました。
短根性の大根で、京野菜だそうです。
カノンさんの源助大根が、中に穴が開いてた
ようなので心配していたのですが、
大丈夫のようでした。


源助ふろふき大根
ふろふき大根にしてもらいました。
夕方調理し、夜遅く帰ったのでもう一度
温め直して頂きました。
2度温めたようですが型崩れもなく、
味がしみ込んで美味しかったです。
今からは、こういった温かい根野菜が
美味しいですね。
妻は短根大根なので、
使いきりで良いとも言っていました。





banner_04ランキングに一押ししてね!


take4700 at 19:15|PermalinkComments(26)TrackBack(0)clip!白菜 | 大根

2006年11月13日

渋柿とほうれん草と漬物大根

渋柿の実
昨日畑で、渋柿が熟れていました。
植えて15年位の木です。
柿で15年では、まだ若木になります。
収獲しやすいように、冬季の剪定で
3m位の樹高に仕立てています。
毎年、沢山の実を付けてくれます。


渋柿収獲
1本の木を全部収獲しました。
バケツに2杯と、コンテナ7分目の収獲になりました。
数日掛けて、皮を剥き吊るし柿にします。

例年なら渋柿でも鳥がつつくのですが、
今年は被害が少ないようです。
何か気候の変化か?鳥の数も減ったのでしょうか?

不耕起ほうれん草
10月3日に種蒔したほうれん草です。
この畝は夏にインゲン豆を栽培していた所で、
不耕起で畝の半分に種蒔しています。
奥側にはナバナを植えています。
ナバナには虫害が多く見られます。
冬草と一緒に大きくなってきています。
間引きもかねて、美味しく頂いています。

漬物大根収獲
漬物用の大根を収獲しました。
全部で約40Kgです。
主に8月27日に種蒔した「YRてんぐ」で、
少し不足したので、9月16日に種蒔した
「宮重大根」を5本足しました。
宮重大根は20日程種蒔が遅かったのですが、
太りが早く見分けがつかなくなりました。



banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月12日

ニンニクと三つ葉と赤玉ネギと果樹収穫

ニンニクの茎葉
10月1日に植えつけたニンニクが
順調に成長しています。
ネキリムシで欠株が見れますが、
後からもう一度植えつけました。
来春には新しい茎葉が勢いよく
出てくるので成長が揃うと思います。


三つ葉
ミョウガの間に三つ葉を植えたのですが
こぼれ種で、どんどん増えて
いろんな所から出てきています。
今の時期には、三つ葉は勢いがいいようです。




赤玉ねぎ定植
赤玉ねぎを定植しました。
園芸店で50本買ってきました。
普通玉ねぎはもう少し先で
定植しようと思います。

ネキリムシの被害がないと良いですが・・・


果樹収穫
果樹を収穫しました。
柿が2種類で、手前が禅寺丸です。
奥の富有柿と比べると、
少し腰高です。
黄色はカリンです。
リンゴは、普通リンゴと姫リンゴです。
温州みかんとキュウイもあります。

秋の収穫祭でした。


banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月11日

ソルゴーとブロッコリーと紅芯大根

ソルゴ再生
緑肥・土壌改良の目的で
植え付けているソルゴーです。
9月始めに一度刈り取り地上部を敷き藁で
利用しましたが、そのまま放置していたら
もう一度芽吹きこのようになりました。
冬場の風除けには良いのですが、
どうしようかと悩んでします。

ブロッコリーの幼果
9月17日に定植したブロッコリーに
やっと幼果が確認できました。
本当に小さいです。
これから何日位で収獲できるか
楽しみです。



紅芯大根
紅芯大根が大きくなってきたようなので
試しに収獲しました。
こういった色付きの根野菜は、
暖地では色が出ないと思っていました。
切ってみてビックリです。
表面は少しピンク色ですが、
中は綺麗に赤くなっています。
これって収獲適期ですよね。
紅芯大根漬け
早速、薄く切って甘酢に漬け込みました。
薄切りだったので1日で漬かっています。
昆布・人参薄切り・ゆず皮を一緒に漬けました。
普通の大根と比べて水分が少ない為か、
漬け込んだ容器に水があまり出ていないようです

見た目が綺麗で、さっぱりとして
美味しいですヨ。



banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月10日

見張り番と人参と黒大豆とパプリカ

白菜の見張り番
最近夜の気温が下がってきた為か、
白菜に虫が少ないように思います。
でも、外葉はボロボロですが・・・
見回ってると、居ました見張り番!!
最近雨が降らないのですが、元気そうで
お腹がパンパンに膨れています。
沢山の虫を食べてくれたのでしょうか。
頑張れ!!カエル君。
人参の本葉発生
10月17日種蒔した人参です。
本葉が2枚ぐらい出てきています。
そろそろ1回目の間引きの時期ですが、
隣の人参の葉が当たるように少しだけ
間引きます。
今までは順調に成長しています。


黒大豆
8月7日に種蒔した黒大豆です。
種蒔が少し遅かったので心配でしたが。
実をつけてくれました。
莢もぷっくらと膨らんできています。
茎葉が枯れ始めましたが、もう少ししたら刈り取りし、
ハゼ掛けして乾燥し収獲しようと思っています。
冬の黒大豆の煮豆が楽しみなんです。

赤パプリカ
赤パプリカがまだ元気です。
今年は、赤と黄パプリカを作ったのですが、
赤パプリカの苗が¥100、黄パプリカの苗が¥250でした。
収穫量は、赤の方が2倍ぐらい多く収獲できました。
苗が高い黄色はどうしたのでしょうか?
皆さんはどうですか?




banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月09日

まんばとエシャロットと不耕起人参

マンバ
マンバが順調に大きくなってきています。
たかなの一種で、讃岐では「まんば」と呼ばれ
豆腐・あげと一緒に煮込んだ郷土料理で
「まんばのけんちゃん」があります。
まんばの葉が寒さに当たると独特の癖のあるものになり、
それの煮物が美味しくなってきます。
春にトウ立ちした蕾は、独特の辛味が出て
浅漬けで食べると、これも美味しいのです。
寒くなって美味しくなるのが楽しみです。
エシャロット
8月末に植え付けた、エシャロットが
順調に分球してるようです。
花火のようなピンクの小さな花も終り、
葉が沢山出てきました。
ここまでもラッキョと全く同じですね。



不耕起人参エリア
今年初めて不耕起で人参を栽培しています。
根菜類は不耕起で栽培する自信がなくて、
いつも耕起栽培をしていました。
今回も8月26日に両方で種蒔しました。
地上部茎葉の成長は、ほぼ同じ位に
なっています。
人参は120日位かかるので、
12月末頃の収獲になります。
耕起と不耕起人参
耕起と不耕起栽培の違いを見たくて、
75日と早めですがテスト的に抜き取りました。
左が耕起栽培で、普通の人参です。
右が不耕起栽培で、根が真っ直ぐに伸びていません。
首の部分はほとんど変わりが無かったので
期待してたのですが、これでは歴然と差が出ました。
この畝は3年間不耕起ですが、まだまだ土ができていないことが解ります。
もっと良い土にして、チャレンジします。



banner_04ランキングに一押ししてね!


take4700 at 19:17|PermalinkComments(25)TrackBack(0)clip!人参 | マンバ

2006年11月08日

ほうれん草と蕪と白菜と紅芯大根

ほうれん草の双葉
10月29日に種蒔した
ほうれん草が発芽しました。
1日芽出しで水につけて種蒔しましたが
ここまでに8日かかりました。
品種はトラッド(サカタ)です。
暖地では9月から翌3月まで種蒔できるようです。
いつもはタキイの種を販売してる園芸店で、
今年のほうれん草はこれが良いと薦められました。
さて、美味しくできるでしょうか?
白盃カブ
9月23日に種蒔した蕪が
大分大きくなってきました。
品種は「白盃中蕪」で、8〜14cmになると
袋に書いていました。
今の時期の蕪は虫害が多いので不織布をかけて
栽培していて少し葉を食べられていますが
綺麗です。
間引きなの蕪の茎葉の浅漬けが美味しくて、随時間引きしています。
白菜定植
10月16日に種蒔した白菜を、
定植しました。
「お黄にいり」で定植後40日で
収獲できる小型の白菜です。
12月の半ばからの収獲になるようですが
今は虫害が多いので不織布をかけています。
もう少し寒くなってくると不織布を外して
藁マルチで栽培の予定です。

紅芯大根
9月16日に種蒔した紅芯大根が
丸みを帯びてき始めました。
切ると中が赤い蕪型の中国大根です。

どうやって食べるのが美味しいのでしょうか?
初めての栽培なので、楽しみです。

banner_04ランキングに一押ししてね!


take4700 at 19:18|PermalinkComments(18)TrackBack(0)clip!カブ | 大根

2006年11月07日

玉ネギ収獲と白菜収獲と茄子素麺

玉ネギ収獲前
ホーム玉ネギの茎が折れてきました。
初めての栽培なので、収穫時期がわかりません。
普通玉ネギは6月に茎が半分位折れると、
収獲していました。




ホーム玉ネギの収獲
日曜日にホーム玉ネギを収獲しました。
30玉植付けし、30玉できました。
その中の1玉は分球し、5玉ほどは小さいですが
後は普通玉ネギより少し小ぶりですが、
満足いく大きさです。
茎を吊って保存します。
普通玉ネギは苗を定植して175日位かかりますが、
このホーム玉ネギは70日の収獲でした。
これで、味・保存性が良かったら、来年はもっと沢山作ろうと思います。
キャベツ・トマトの収獲
カタツムリ退治に苦労した白菜を、
収獲しました。
最近は黒い小さな芋虫と、
小さな黒い殻の固い虫の害がひどくて、
外葉はボロボロになってきました。
レタスも初収穫です。
レタスは虫食いもなく綺麗に結球しました。
ナスもキュウリも成長がゆっくりですが実を付けています。
丸オクラ・インゲン・シカクマメは相変わらずです。
ナス素麺
収獲した秋茄子で、茄子素麺を作ってくれました。
我が家では秋茄子でよく作る料理です。
茄子と素麺だけの単純料理ですが、
これが美味しいのです。
食欲が少ない時にもこれなら美味しくいただけます。



banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月06日

カナリヤナスとエンドウの不耕起栽培

カナリヤナス
カナリヤナスが沢山実を付けています。
例年、見付きが悪いのですが、
今年はどういった訳か、沢山実を
付けすぎて1箇所2個に摘果しています。
まだまだ小さいのですが、これから
大きくなって黄色くなってくれます。
葉は、虫食い穴が沢山開いていますが、
体制に影響ないので捨ておいています。
サヤエンドウの種蒔
日曜日にエンドウの種蒔をしました。
今年のエンドウは、サヤエンドウ・
スナップエンドウ・グリンピースの3種類です。
ナスの栽培している畝に、不耕起での種蒔です。
ナスの畝は東西にあるので、畝の北側に
貝殻石灰を蒔き軽く混ぜて植え穴を作ります。
そこに種を2粒づつ蒔きます。
手前側に3箇所種蒔しています。
サヤエンドウの種蒔1
横から見たところです。
ナスの木に平行に種蒔しています。
畝の上があまりにも汚いので、
種蒔してるのがわからないですね。
畝の横にはマリーゴールドが咲いています。



サヤエンドウの種蒔2
種蒔した後は、軽く土をかけて、
その辺の草も掛け、ついでに
マリーゴールドも切り取って
かけてやしました。
その後、水をやって、これで終了です。
ナスの木は枯れ上がりますが、そのまま放置し
春にエンドウの蔓が伸びるときに
ナスの枯れ枝をガイドにして上に伸びていきます。
これが不耕起栽培で、楽ですよ。





banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月05日

ふるさと祭りで100円うどん

うどんテント
3連休の最終日の日曜日に、
アイレックス(文化センター)で
”ふるさと祭り”をやってました。
朝から花火を打ち上げて賑やかです。
獅子舞をしたり、カラオケをやったり、
菊花展などをやってました。
ここは自宅から歩いて5分と近くです。
お昼に「しっぽくうどん」を売ってるので食べに行きました。
大型のテントを張っていて、中で沢山の人がうどんを食べていました。
しっぽくうどん
これが「しっぽくうどん」です。
なんと、1杯100円!!!
もちろん2杯食べましたよ。
かけだしの中に、鶏肉・里芋・
大根・人参・ネギ・きのこ・
ゴボウが入っています。
写真では解りませんが温かで、
食べると体の芯から温まります。

野菜売り場
野菜売り場もありました。
大体が地元の野菜のようです。
安いのもあるし、高いのもあるようです。
ほとんど栽培してるので、
もちろん買いませんでした。




banner_04ランキングに一押ししてね!


セロリの軟白化と里芋2種

セロリ紙巻1
キャベツのコンパニオンプランツで、
一緒に植えてるセロリが大きくなって
きたので軟白化してみようと思います。
キャベツと同じぐらいに成長し、
もさもさになっています。



セロリ紙巻2
まず、セロリの下葉と
脇芽を全て欠き取ります。
手前に置いてるのが欠き取ったものです。
セロリがすっきりとします。




セロリ紙巻3
新聞紙で巻いて、2箇所くくります。
上が少し広くして、
上部の葉に光が当たるようにします。
あまり筒型に縛ってしまうと、
光合成が上手くいかずに
成長が遅くなるようです。
軟白化すると、香りは少し弱く
なるようですが、柔らかくて食べやすいのです。
それに食べる1節目の長さが長くなります。
里芋2種類
里芋を2種類栽培しています。
赤芽系の芋と、石川早生という品種です。
左が石川早生で、小芋・孫芋を食べます。
親芋はゴリゴリして硬いので食べません。
右は赤芽系です。
こちらは親芋と小芋を食べます。
この親芋は柔らかくてキメが
細かで美味しいです。
今年の夏には雨が少なかったので、どちらも小芋の付き方が少ないようです。
里芋は雨の量で、出来が決まってくるようです。
里芋の煮付け
石川早生を、早速調理してもらいました。
単純に煮付けにしました。
すごく柔らかでもっちりして
美味しかったです。
里芋は収穫して、すぐに食べるべきですね。




banner_04ランキングに一押ししてね!


take4700 at 18:41|PermalinkComments(16)TrackBack(0)clip!セロリ | 里芋

2006年11月04日

赤トンボと曲りネギ栽培

赤とんぼ
早朝畑に行くと、不織布の上で
赤とんぼが休んでしました。
讃岐の昼間はまだまだ温かく、
23℃位あり菜園仕事ではすぐに汗ばむ陽気です。
不織布の上で体を温めていたのか、
すぐに飛び立ち居なくなりました。


下仁田1本ネギ
1本長ねぎと、下仁田ネギを収獲しました。
讃匠で鍋のうどんのメニュー撮影に
使おうと思って少し早いのですが収獲して
会社に持ち込みました。
同時にスーパーで長ねぎも買ってきました。
スーパーだ買ってきた長ネギの写真はないのですが、
さすがにこの長ネギの白い部分が2倍位ありました。
でも、太さは同じ位ですが持つと軽く、
緑の葉の部分が色が薄かったです。
これを見ると大量の肥料と水をやって早期に長くさせて栽培したのだと感じました。
当然味は、自家製の方が美味しかったですヨ。
曲りネギ1
リラさん が長ネギの岩盤寄せ?を
記事にしていましたが、それを見て
「曲りネギ」を思いつきました。
東北地方で有名で、ネギの生長途中で
横に寝かせ変えて、真っ直ぐ上に
成長する性質を使って栽培するネギのようです。
ネギにストレスを与える事によって、
甘味が出て柔らかくて美味しくなるようです。
横に寝かすタイミングが解らないのですが、長ネギは沢山作ってるのでやってみました。
まず、畝の土を除けて平にし、掘り出したネギの根の部分がなるべく中心にくるように斜めに置きます。
曲りネギ2
根の部分に少しだけ土を掛け、
藁を乗せ、堆肥を乗せます。
その上にサツマイモの枯れあがった
蔓を乗せます。
サツマイモの蔓はいい肥料になるようです。
更にその上からネギの分岐まで土を掛けて
たっぷり水遣りしました。

曲りネギ3
最後に乾燥防止の藁をかぶせて終りです。
太さ的にいって、収穫時期に入ってると
思いますが、さてこの先どうなるかが楽しみです。






banner_04ランキングに一押ししてね!


2006年11月03日

ハナミズキとゴボウと葉ゴボウと焼き芋

我家の紅葉
もう寒い地方では紅葉がはじまってる
ようですが、讃岐では今月末頃かと思っています。
玄関先のはなみずきが紅葉が始まっていました。
毎日見てるのに気が付かなかったです。
讃岐ではゆっくりと寒くなってくるので、
一気に葉の色が変わるのではなく、
緑の葉も中には混ざっています。
今朝これをみて、秋を実感できました。
ゴボウの生長
ゴボウが順調に育っています。
8月27日に種蒔したサラダゴボウと
大浦ゴボウです。
手前がサラダゴボウで、奥のほうが
大浦ゴボウですが差がわかりません。
どちらも12月に入ってからの収獲ですが、
大浦ゴボウは来年春から更に大きくなるので
それ以後の本格収獲の予定です。
1年葉ゴボウ
同じ日に種蒔した、葉ゴボウです。
この葉ゴボウは年末まで大きくなり、
真冬にいったん地上部が枯れ、
来春元気な新葉が出るのでその茎を収獲の予定です。
来春トウ立ちしなければ、そのまま放置しておいて
次の年も収獲できるのですが、どうなりますかね。


2年葉ゴボウ
これは昨年9月4日に種蒔した葉ゴボウです。
今年の春に少しだけ収穫して、
しのまま放置していたのですが、
トウ立ちせずにそのままでした。
今年の冬には地上部が枯れますが、
来年春には美味しい茎葉が出て
美味しくいただけます。


焼き芋
先月からサツマイモを収獲していますが、
それを使って焼き芋を作りました。
家庭のオーブンで焼いたので、
弱火で30分近くかかりました。
比較的小型の芋を使ったのですが、
綺麗な飴色になりホクホクして
美味しかったです。





banner_04ランキングに一押ししてね!