2013年01月

2013年01月26日

アスパラガスの植え替えと里芋・生姜の掘り上げ

アスパラ苗1

今日は暖地の讃岐でもとても寒くて
最高気温が6℃までしか上がりませんでした。
それに風が強くて、長く菜園作業はできませんでした。
そんな中で、アスパラガスの畝の様子です。
茎葉は初冬に枯れあがって、地上部には何も見えません。
この畝には種蒔きから栽培を始めて、
もう5年になるアスパラガスの株があります。
同じところで栽培していると、何故か枯れる株があるので、
今日は10株ほど植え替えることにしました。

アスパラ苗

株のまわりをスコップで掘り、1株づつ掘り上げて植え替えです。
もうこんなに大きくなっていました。
隣にスコップを置いてるので大きさが解ると思いますが、
沢山伸びた根を、なるべく切らないように掘り上げます。
この細い根の中に、来春出るアスパラガスの
栄養分を貯めてるんですね。
10株掘り上げるのに、何度も休憩して汗をかきました。
スコップ作業は、重労働ですね。

里芋

畑の畝の上に、枯草や土を盛り上げて防寒している
里芋と生姜を少し掘り上げました。
普通の気候だとそのまま防寒しても、寒さで溶けて無くなるのですが、
暖地の讃岐では、大丈夫なんです。
草の上で水をかけて土を流すと、きれいな里芋と生姜が出てきました。
里芋はこれで2鞍です。
美味しいしっぽくうどんが楽しみです。

banner_04 ランキングに一押ししてね!
ランニングに参加しています。
現在567位!  宜しくお願いします。

2013年01月12日

新年の梅の木と本鷹唐辛子と人参

梅


2013年 遅くなりましたが新年あけましておめでとうございます。

とても、久しぶりのブログの更新になりました。
昨年より仕事内容が変わり、出張に出ることが多くなりました。

それでは、今年初めての記事
果樹園の植え付けて4年目栽培の梅の木です。
梅の木は、成長が旺盛で毎年沢山の枝を長く伸ばしてくれます。
これを放置しておくと、上に上にと伸びて、
実を付けてくれなくなります。
10cm前後の結果枝を沢山出させるのが、冬の選定のポイントになります。
昨年伸びた50cm〜1mの枝を、剪定していくのですが、
先端付近で切ると、今年10cm前後の結果枝が沢山出ます。
逆に根元付近で切ると、今年また強い枝が出て、長く伸び花が咲きません。

それと枝全体に太陽の光が当たるように、
広く枝が張るように仕立てています。
梅は品種にもよりますが、2月に入るともう花を咲かせるので、
蕾の小さな今月中旬頃までには剪定するようにしています。

唐辛子

ハウス内で栽培していた本鷹唐辛子です。
いくらハウスの中でも、夜温が下がってきたので、
緑の実を付けたまま葉が落ちてきました。
路地ではすでに赤くなって収穫してしまいましたが、
やっぱりハウス内は気温が高いので、赤く熟さないようです。
緑の本鷹唐辛子を収穫して、いけるかどうか解らないのですが、
大きな段ボールの上に広げて乾燥させてみます。
そのまま食べても十分辛いのですが、保存するために
乾燥させますが、どうなのでしょうかね。

冬人参

冬の寒さに当たった人参です。
品種はタキイの向陽2号で、形も綺麗だし
色付きも良いので気に入っています。
さすがに、寒さに当たると甘くなりますね。
茎葉も太陽の光にできるだけ当たろうとして、
地面に広がった形になっています。

banner_04 ランキングに一押ししてね!
ランニングに参加しています。
現在627位!  宜しくお願いします。

take4700 at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!人参 |